Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

成長期のベンチャーの日常課題を技術で解決する何でも屋エンジニア募集!

株式会社ポケットチェンジ

株式会社ポケットチェンジのメンバー

全員みる(7)
  • 東京大学でコンピュータ科学を学ぶ傍ら,フリーランスとして数々のプロジェクトに参画.
    オトバンクやGunosy,PKSHA Technology等,複数のベンチャーにプログラマとして参画,様々なプラットフォーム開発を手掛ける.

  • 創業時から同社代表をやると同時に、主にソフトウェア、ハードウェア開発を行う。キオスク端末で動くソフトウェアクライアント、フロントエンドのUIのディレクションから設計実装まで、筐体内部のハードウェアとやり取りするデバイスドライバ、PCからハードウェアへ通信を分配する中継用の回路基板、コインを仕分けする機械、またその回路基板、すべてのファームウェアなど、サービスの多岐にわたる領域を横断的に担当

  • 東京大学大学院学際情報学府修士卒。修士在学中から創業直後のグリー株式会社に参画、OSSのWebフレームワークや大規模データ分析システムの設計・開発などに従事。その後、(株)チケットスターにて、プロ野球チームの公式チケット販売サイトなど、高負荷サービスのインフラと運用業務に従事。ポケットチェンジ では、キオスク端末や各種インフラ構築・管理などをリード。得意分野はPHP, MySQL, Solaris, ZFS, InfiniBandなど。

  • 奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科卒。在学中は機械学習の研究をしており、博士一年で中退しアルゴリズム売買システムの開発、運用会社を立ち上げた。以降はフリーランスとして活動。Common Lispが好きで、Lisp系言語のコミュニティShibuya.lispに運営として参加している。Lispを使った人工知能プログラムの開発に興味がある。趣味は自転車で寺社巡り、ゲームなど。

なにをやっているのか

  • 空港・街中で設置される緑色のキオスク端末

ポケットチェンジは、旅行で余った外貨を電子マネーに交換するキオスク端末を製造し、空港駅等でサービスを運営しています。日本人旅行者の方々は、帰国時に旅行で余った外貨を日本で便利に使える電子マネーに交換できますし、日本を旅行したインバウンドの方々は、日本からの出国時に、余った日本円を現地で使える電子マネーに交換することができます。
2017年に羽田空港に設置したのを皮切りに全国各地の空港を中心として約40台程設置し、現在では、旅行のインフラとして認知が高まってきており、沢山の方々に利用していただいています。2018年にはGoodDesign賞を受賞しました。
________________________________________________

最近では、現金と電子マネー双方を扱うの経験を活かして「ポケペイ」という、アプリを使った電子マネープラットホームをリリースしました。( https://pay.pocket-change.jp/ )
「ポケペイ」は、誰でも(どんな企業でも)簡単に、オリジナルの電子マネー(ハウスマネー)を無料で作って発行することができるオープンプラットフォームです。発行されたマネーはアプリにて相互に交換しあったり、外部の既存電子マネー・ギフト券などと交換することができます。
Web管理画面から簡単にマネー管理行うことができ、決済システムを自分(自社)のアプリに簡単に組み込んで提供することもできます。さらに、決済機などハードウェアも自社で開発、提供し、硬貨や紙幣からハウスマネーにチャージできるチャージ機が標準で準備されています。

地域通貨や、飲食チェーンのクーポン券、スーパーマーケットのハウスマネー、テーマパークのマネー、催事のマネー、施設内通貨、自社サービスのコイン、など、様々な企業、団体様に導入のご相談を頂いています。
________________________________________________

ポケットチェンジは、営業、デザイン、開発、生産、製造、運営、プロモーションまですべて自社で行います。すべての領域が垂直統合されているため、それぞれの領域で、相互にフィードバックをかけながらサービス開発を進めています。

なぜやるのか

  • 海外旅行から帰って来て、両替できない小銭が家に溜まっている…。

現金の煩わしさから、人々を解放する
__________________________________

最も煩わしい現金、それは旅行の際に出る外貨小銭。
私達は、まずこれらの「煩わしい現金」を「便利に使える電子マネー」に交換するというシンプルなアイデアからスタートしました。
最終的には、このキオスク端末を世界中に設置し、あらゆる現金からキャッシュレス手段への架け橋にしていきたいと考えています。
また、電子マネーを簡単に作れるプラットホームを整備することにより、よりキャッシュレス化を促進し、現金の煩わしさから人々を解放していきます

どうやっているのか

チームメンバーはまだ20人ほどで小さいですが、多くが開発者です。Web業界を渡り歩いてきた粒ぞろいの優秀なメンバーが集っています。そのメンバーで全国40台ほどあるポケットチェンジ端末の開発、運営、保守を行っています。カルチャーとしてはWebスタートアップのカルチャーそのものです。
ポケットチェンジは端末メーカーではないと同時にWeb(アプリ)のみサービス事業者でもありません。我々が運用するサービスはハードウェアも含めて一貫してサービスの延長として捉え、そのデザイン、開発、生産、運用まで含めてすべて自社でやっています。
徹底してWeb屋の手法で、アジャイルなイテレーションプロセスをまわす事により運用しながら改善していっています。
現在はまだまだ人数の少ない会社(しかもやっていることが多い)なので、各々のメンバーがかなりの裁量をもち仕事に取り組んでいます。

こんなことやります

■TL;DR
創業期のベンチャーで日常的に発生する課題を,技術で解決するエンジニアを募集します.
目的や成果物が多岐に渡るため,言語等への拘りがなく,問題解決に喜びを覚えるタイプの方が向いているかと思います.
課題解決がミッションなので,目的を遂行する上での手段や方針については自由な裁量が有ると言うことも出来ます.

■課題
ポケットチェンジは2017年の羽田空港への設置から順調に成長し続けていますが,未だ少人数で開発が行われており,
・バックエンドサーバ(Scala)
・クライアントサーバ(Node JS)
・クライアントフロントエンド(ReactJS)
で開発を分担しています.
しかし,例えばマーケティングに必要なデータのスクレイピングによる収集,或いは管理画面の新機能開発,或るいは公式Webサイトの他言語対応,というような日常的に発生する課題については,上記の担当の創業メンバーが流動的な体制で開発しているのが現状です.

■ミッション
上記のような日常の流動的な課題をプログラミングでクイックに解決すること

■必須スキル
・HTML・CSSの理解
・2つ以上のプログラミング言語が"チョットワカル"

■歓迎する開発経験
現行の要素技術
・Scala
・AngularJS
Ruby on Rails
・Wordpress
・Node JS
・React JS

■マッチしそうな人物像
・プログラミングは手段で,問題解決が好き
・昔は言語やフレームワークへの拘りが有ったが,一周回って何でも良くなってしまった

会社の注目の投稿

募集情報
探している人 何でも屋エンジニア
採用形態 中途採用 / 副業・契約・委託
募集の特徴 言語を活かした仕事 / 海外に出張あり / Skypeで話を聞ける / 留学生さん歓迎 / 週末からのコミットでもOK / 友達と一緒に訪問OK / 学生さんも歓迎 / ランチをご馳走します
会社情報
創業者 青山 新, 松居 健太
設立年月 2015年12月
社員数 20人のメンバー
関連業界 情報通信(Web/モバイル) / 情報通信(基盤/SI/パッケージ) / レジャー

応援している人(64)

全員見る

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(64)

全員見る

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

東京都港区芝4-3-5 ファースト岡田ビル 3F