Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

農業の未来をファイナンスから変革するCFOをWanted!

seak株式会社

seak株式会社のメンバー

全員みる(3)
  • seak株式会社 代表取締役の栗田です。
    新しく農業を始めたいひとに、農地の確保から販路の開拓に至るまで、農業に必要な全ての機能を一括して提供する垂直統合の農業プラットフォーム「LEAP」を開発・展開しています。

  • seak株式会社の柳沢です。農業インフラを作っています。

    高品質で稼げる農業をしていくためには、水源・電源・施設の最適化が不可欠です。

    水源・電源の最適解は農地の集約状況により変わります。
    施設の最適解は地域・気候・販路・栽培技術・資金力により変わります。

    複雑な要素が最適に統合された栽培環境をこれからの1年で全国津々浦々に立ち上げていきます。

    全国の沢山の関連企業・男気溢れる職人さんとのネットワーク網を築いていきます。日々汗をかいて研鑽して、日本の農業を支えるインフラ・栽培環境をつくりあげます。

  • seak株式会社 ディレクターの佐藤です。

    農業プラットフォームLEAPに関するシステム全般のディレクションを行っておいます。ソフトウェアからハードウェアまで、時には採用や組織開発にも携わっております、みんなを幸せにするような仕組みを創っていきたいです。

なにをやっているのか

  • 59d5e858 cb07 4e41 af42 456b5bf2f079?1536156129 現在、神奈川県藤沢市においてビニールハウス栽培を実践しながら、『LEAP』という農業プラットフォームを構築しています。
  • Fd248859 5a05 464a af8b 232e8b183b5d?1536155862 農業の未来を創るプロフェッショナル集団を目指しています。

日本の農業を変革するかもしれない、 画期的な農業プラットフォームを構築しています。

農業プラットフォーム『LEAP』は、日本の農業に大きな変革をもたらすかもしれません。なぜなら、その目指すところが、「誰でも、カンタンにできる農業の仕組みを提供すること」だからです。

なぜやるのか

  • 767d5e45 8d95 4d7e 88bd 75ff0fc1e1f0?1536156394
  • 0c80f683 6934 41c8 81d4 fbe72ea52789?1536156305

ここ何年もの間、農業の現場は深刻な後継者不足に悩まされています。農業従事者がどんどん歳を重ねて引退していくため、農業従事者の減少、高齢化が大きな問題となっています。その原因の一つとなっているのが、「就農(新たに農業を始める)時に立ちふさがる数々の壁」です。

農業は、始めようと思ってすぐに始められるものではありません。まず、各自治体で2年間ほどの農業研修を受ける必要があります。しかし、ようやく研修が終わっても、提供される農地は何年も耕作が行われていない『耕作放棄地』だったりするのです。
私たちが研修後に提供された農地も、木が30本ほど生えた場所でした。ご存知かもしれませんが、農作物の収穫量やおいしさ、病気に対する強さなどは、土に大きく影響されるため、耕作放棄地で農業を行うには、土をつくるところから始めなければなりません。これでは、売れる農作物を収穫するまでに時間がかかってしまいます。さらに、現在主流となっているビニールハウス栽培だと、初期投資額も3000万円近く必要です。当然ですが、よほど金銭的余裕がなければ、就農などできないことになります。この状況で若者に農業を始めてみないかといっても、それは酷な話です。

自ら農業を始めようと動き出したことでいくつもの問題、課題があることを知ったとき、「この障壁を乗り越える仕組みをつくることが、日本の農業を活性化させる」と考えました。
そして、就農のステップを「準備」「農地」「施設/機材」「栽培」「販売」の5つに分類して、それぞれの課題を洗い出し、その解決策を仕組み化していきました。
その結果、誕生したのが、就農認定を受けた『LEAP』です。

『LEAP』は農地の手配、ビニールハウス、栽培ノウハウ、販路、さらには自己資金不要の低利率ローンまでをもそろえて就農希望者にフランチャイズ方式で提供、耕作を委託する農業プラットフォーム・ビジネスです。

そして、全てのステップを垂直統合で提供・管理することによって、農業経営に関わる全てのデータを一元的に現場から集約することが可能となります。
そこに「LEAPシステム」の大きな存在意義が出てきます。現場から集約されたデータは、本部側で観察・評価され、改善すべきデータが発現された場合は、すぐさま現場で活用されているノウハウを改善していく。こういった「データドリブンのフランチャイズモデル」が、新しい農業の形を目指すLEAPのテーマです。

ただ仕組みを用意しただけではありません。
自分たち自身が実際に作物を育て、収穫し、販売するところまで行いながら、各フェーズを現場目線で磨きこんでいくことを大切にしています。

どうやっているのか

  • 95a53f4b e816 48d1 b5e6 b06c2768f945?1536156199
  • 91a56738 7dde 4a7a 9f05 1d3b4b69c022?1536155941

現在、神奈川県藤沢市においてビニールハウス栽培を実践しながら、『LEAP』にさらなる磨きをかけています。

ビニールハウスは、周辺の農家さんのものと比べてとてもコンパクトです。実はこのハウスの大きさにも、ノウハウが詰まっているのです。

既存農業で必要な耕作地は、およそ3000㎡だといわれています。しかし、『LEAP』では㎡当たりの収穫量を高めることで、600㎡のハウスを最小単位にしています。このサイズのハウスに最低限必要な部材についても、高度な専門知識を持ったメンバーが施工職人さんから知恵を借りることで独自規格を設定しました。これにより、既存のハウスに比べて43%のコストダウンに成功しています。

LEAPでは、一般的な栽培に比べて、収穫量は2.4倍に達します。それほどの高効率がなぜ、可能なのか?その秘密は「袋栽培」という栽培方法です。使われている土は土壌学の博士号を持つ社員を中心に、おいしい作物の栽培に必要な土の構成(物性・理化学性)を研究し、開発しました。

袋栽培は世界的にもまだ論文レベルで、農業として実践するところまではほとんど至っていませんでした。それを実用化することで、耕作放棄地でも土づくりの必要なく、すぐにおいしい作物をつくることを可能にしました。
さらに、肥培管理、つまり、水や肥料をいつ、どのくらいあげればいいかについても研究を重ねてシステム化し、溶液・水やり装置のタイマーを設定するだけで、最適な肥培管理を行えるようにしていきます。

おいしい作物を育てるためには、ストレスを与えないこと。土や溶液、肥料のレシピや肥培管理の手法を開発するのも、すべてはそのためです。その最適解を導き出す方法は、科学によって明らかにできます。農業は経験や勘が重要だといわれますが、私たちはそこに科学というメスを入れることで、素人でもカンタンに取り組める農業を実現したいと思ったのです。

こんなことやります

「農業の未来をファイナンスから変革する」CFOを募集しています。

私たちは農業というフィールドを、ある種の「投資業」であると捉えています。なぜなら、農業は設備投資が必須であり、農地や工場などの不動産管理、自然災害も含めたリスク管理が、農業経営に大きな影響を与えるからです。一方で、「投資業」であるにも関わらず、その選択肢は少なく、かつ生産者という個人で与信を背負うハードルが非常に高い状況が、農業の可能性を制限していると感じています。

そのために、農業金融という観点から、農業という業界全体へ影響を与えるようなアクションの立案と実行を担うことができるCFOの募集を開始しました。

<具体的な業務の例>
・経営陣との議論/意思決定
・seak本体の資本政策、ファイナンス戦略の策定
・seak本体の事業計画・KPIの策定、管理運用
・特に、エクイティとデッドを組み合わせた農業ベンチャーとしての最適なファイナンスの構築
・農業金融機関との議論によるファイナンス枠組みの構築
・特に、与信のハードルを根本から払底出来る、農業参入者(LEAPユーザー)への新しいファイナンスメニューの構築・提供

<求める人物像>
①経営目線で議論や意思決定を行いつつも、農業メンバーの思いや農業という事業領域の特性を深く理解し、メンバーの活躍を「サポートする」ファイナンス手段を立案・構築出来る方
②ファイナンスに関する深い理解があり、エクイティ・デット双方を組み合わせた新しい農業ファイナンスのストラクチャー最適化に挑戦したい方
③金融機関と粘り強く交渉するために、首都圏⇆地方、大規模⇆小規模、老舗⇆ベンチャーそれぞれのバイアスに捉われずに、大都市と農業現場との双方を行き来しながら、フットワーク軽く主体的に行動できる方

<仕事の魅力 〜未来の視点から〜 >
A. 農業という、旧態依然しているものの圧倒的にブルーオーシャンな市場に対して、新しいビジネスを打ち込めることは、国内外問わずユニークな経験になるのでないでしょうか?
B. 農業の現場により多くの、かつ最適な形で資本を循環させ、農業という産業全体を活性化させる契機を創り出せる経験は、日本において未だ誰も成し遂げられていない大きな挑戦です!
C. 農業生産が私たちの生活において重要であること、しかし社会全体で取り組むべき課題が存在している現状は、日本国内だけはありません。アジアを中心にグローバルへビジネスモデルを展開する計画が進行中です。

<仕事の魅力 〜現在の視点から〜 >
a. 既存の農業金融機関とも現在積極的に連携をしており、農業ベンチャーあるいは生産者単体では実現出来ないパワーを生み出していく事が出来る立場にあります。
b-1. 社員の平均年齢は20代であるとともに、農産ベンチャーでは珍しく社内に生産部門を持っているため、PDCAのサイクルが早く、あらゆる意思決定を迅速に行なっています。
b-2. 従業員数は現在30名。外国籍、文系理系、高卒から博士卒、ベンチャー出身も大手出身も、多種多様なメンバーが集まっています。英語も普通に飛び交います。
c. 農場は関東圏に点在しておりますので、ビジネス職はリモートワークが前提となっています。就業場所や時間は個人の最良に任されています。当然、不必要な会議体は一切ありません。

<補足ではありますが>
●創業から現在まで、資金調達・金融機関との連携は、代表だけで行なっておりました。今後より一層、ファイナンスは経営の重要課題になり続けますので、代表とタッグを組んで歩むことができる方を募集しています!
●過去から現在まで、エクイティ・デット様々なファイナンス実務に関わられて、経営レベルの意思決定をされてきたチャレンジングな方と一緒に働きたいと考えております!

何卒、よろしくお願いいたします。

会社の注目の投稿

募集情報
探している人 CFO
採用形態 中途採用
募集の特徴 Skypeで話を聞ける
会社情報
創業者 栗田 紘
設立年月 2014年4月
社員数 30人のメンバー

応援している人(0)

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(0)

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

東京都港区麻布十番2-8-10

Page top icon