1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
広報
8
エントリー
on 2019/02/28 1,130 views

BtoB広報経験者歓迎!SNSマーケティングの価値を広める広報担当を募集

アライドアーキテクツ株式会社

アライドアーキテクツ株式会社のメンバー もっと見る

  • 出版社、PR会社を経て2010年に当時創業5年目だったアライドアーキテクツに初の広報専任担当者として入社(2015年に東証マザーズ上場)。以降、グループ全体の広報業務を統括。プライベートでは2017年に出産、一児の母。

  • 相原 幸司
    デザイナー

  • 豊増 貴久
    取締役

  • 2012年にアライドアーキテクツに入社。
    2014年より同社にてSNSに特化した広告事業を新規事業として立ち上げる。ダイレクトレスポンスからブランディング広告まで幅広く支援を展開し、事業を拡張。2017年からプロダクト事業の責任者に。

    2019年1月よりCPO(Chief Product Officer)兼上級執行役員に就任。
    正しいプロモーションマーケティング実行ができる世界を創るためにMarketing SaaSを日々開発中。 ベトナムのエンジニア会社2社の会長。

    息子を溺愛中。

なにをやっているのか

  • 創業者であり代表取締役CEOの中村 壮秀
  • 恵比寿にある本社オフィス

アライドアーキテクツは、「ソーシャルテクノロジーで、世界中の人と企業をつなぐ」というミッションのもと、企業と生活者をつなぐ”架け橋”となるマーケティング支援を手がけている会社です。

グループ全体では、以下の4つの事業を主軸に展開しています。
1)国内SNSマーケティングマーケティング・ソフトウェア事業
2)越境プロモーションマーケティング・ソリューション事業
3)クリエイティブテッククロスボーダー事業
4)クリエイティブ・プラットフォーム事業

▽事業内容詳細
https://service.aainc.co.jp/?_ga=2.208409298.1591721656.1597625786-616098341.1559106431

※国内向け事業および中国向け事業のこれまでのサービス導入事例は以下のページでご紹介しています。
https://www.aainc.co.jp/mt/mt-search.cgi?IncludeBlogs=1&tag=%E5%B0%8E%E5%85%A5%E4%BA%8B%E4%BE%8B&limit=20

なぜやるのか

  • 生活者との関係構築に努めた企業を選出する「ファンサイト・オブ・ザ・イヤー」授賞式
  • 2018年には中国の人気インフルエンサーを多数招いた大型イベントを開催

弊社は創業者である中村の「ソーシャルメディアの力によって企業と人がダイレクトにつながるサービスを提供することで、マーケティングの構造をより良くできるのでは?」という想いから生まれた会社です。

例えば2008年2月に誕生した「モニプラ(現モニプラ ファンブログ)」はファンサイト・プラットフォームサービスです。
企業とブロガーが直接的につながる「場」を提供し商品を実際に試してもらうことで、「企業のファンを増やし、マーケティングに繋げ、さらなるファンを増やす」という、それまでのブログマーケティングの在り方とは違う「ファン」の存在に焦点を当てたエコシステムを確立させました。

今から10年以上前に生まれたサービスですが、この「企業が生活者と真摯に向き合い、理解を深め合うことで、より良い社会を実現していきたい」という想いは今も変わりません。
アライドアーキテクツは「生活者の体験を生み出し、声を聞き、発信につなげ、さらに次の体験に活用する」という”生活者に企業の味方になってもらう”ためのマーケティング活動をご支援いたします。

どうやっているのか

  • 2月に迎えたベトナムの旧正月では、現地の風習に倣い開発メンバーに「お年玉」をプレゼント
  • 2013年より毎年開催しているキッズデーの様子。パパ・ママ社員が増え、参加する子供たちの数も年々拡大している

■「ワクワクヒリヒリする仕事をしよう」

アライドアーキテクツのバリューとして「ワクワクヒリヒリ」という言葉があります。
新しいこと、難しいことに挑む時、人はワクワクします。それを成し遂げることを約束する時、人はヒリヒリします。この2つが揃ってはじめて、仕事は面白くなる。個人でもチームでも、それは同じだと考えています。

「挑戦」と「責任」。すべての人がこの意識を忘れずに業務に取り組めば、個人にも会社にも大きな成長をもたらしてくれるはずです。
でも、それは待っていればやって来るものではありません。私たちは、「自分でワクワクヒリヒリする仕事を創っていく」という意識で日々働いています。

■グローバルな環境で最先端サービスを生み出す

アライドアーキテクツは、主に中国向けのプロモーション支援を展開するグローバル事業部や、ベトナムに2拠点を構える開発部門、シンガポールを拠点とする子会社「Creadits」などにおいて、世界各国の優秀な人材が数多く活躍しています。
海外拠点への出張・出向なども頻繁に行われ、現地のリアルな文化やトレンドを吸収できるグローバルな環境の中、最先端のマーケティングサービスが生み出されています。

■多様な働き方にあわせた環境・制度

近年の「働き方」の多様化に合わせて、各々がやるべき仕事に集中して最大限のパフォーマンスを発揮できるよう、働きやすい環境づくりにも力を入れています。
例えば女性社員に向けた産前産後休暇や妊娠障害休暇はもちろん、育児休暇、時短勤務、リモートワークなど、全社員を対象にひとりひとりのライフステージに合わせた働き方を推奨しています。

また、子どもの人数に応じた家族手当を支給する「ファミサポ」、会社近隣を対象に住宅手当を支給する「エビチカ」など、各種制度を用意しています。

こんなことやります

成長著しいSNSマーケティング市場を牽引するアライドアーキテクツで、海外子会社を含むグループ全体の広報業務をお任せします。

おもに大手広告主企業をターゲットとした自社開発によるマーケティング支援サービスを、プレスリリースやメディア取材誘致などのPR活動によって認知拡大に繋げます。またそれだけでなく、経営陣が伝えたいメッセージや事業価値を適切な形で言語化・ビジュアル化し発信する、会社と社会をつなぐ「Hub」のようなポジションを担っていただきます。

≪具体的には≫
-PR戦略立案
-プレスリリース作成・配信
-導入事例ニュースレターの作成・配信
-メディア取材対応
-メディアリレーションの構築(取材誘致、企画提案など)
-コーポレートサイト、SNSアカウント運営
-会社案内作成
など

ーーどのようなやりがいがあるのか?
アライドアーキテクツは、まだ日本でSNSという言葉が知られていなかった2008年頃より、ソーシャルメディアを活用したマーケティング支援サービスを展開してきました。以降、Facebook、Twitter、Instagram、LINEなど各種SNSの普及・進化に併走する形で多様なサービスを開発し、多くの顧客企業に導入いただいてきました。

そんななか2010年に立ち上げられた広報室は、現在に至るまで代表(会長・社長)直下の組織として、グループ全体の広報活動の内容や方向性を決定し実行する立場にあります。

幅広いステークホルダーに向けて情報発信を行うため、つねに責任感と緊張感を持ちながら業務にあたる必要があります。しかしそのぶん広報に対する社内の期待は高く、大きな裁量が与えられます。成長市場のBtoB広報担当者としてさまざまなチャレンジを行い、スキルと経験の両面で成長することができます。

ーー求める人物像は?
・事業会社での広報経験がある方(3年以上)。またはPR会社、フリーランスPRなどで広報の実務・経験を積まれた方
・周囲を巻き込みながら活動する推進力があり、自分と会社の両方の成長を目指せる方

ーー歓迎するスキルは?
・BtoB事業会社での広報経験
・SNS、広告、マーケティングに関する知見
・Illustrator、Photoshopの基本スキル
・英語力

会社の注目のストーリー

「ソーシャルテクノロジーで、世界中の人と企業をつなぐ」アライドアーキテクツのこれまでとこれから。
【創業者インタビュー】アライドアーキテクツ15周年に寄せるCEO中村 壮秀の想い
最速で広告市場を変える。そのためにアライドを選び続けている。30歳執行役員から見るアライドの魅力
エントリー状況は公開されません
10人が応援しています
会社情報
アライドアーキテクツ株式会社
  • 2005/08 に設立
  • 169人のメンバー
  • 海外進出している /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル4階
  • BtoB広報経験者歓迎!SNSマーケティングの価値を広める広報担当を募集
    アライドアーキテクツ株式会社