350万人が利用する会社訪問アプリ

  • QAスタッフ
  • 88エントリー

ユーザーの近くで検証!教育現場への革新するQAの募集!

QAスタッフ
88エントリー

on 2019/06/20

3,252 views

88人がエントリー中

ユーザーの近くで検証!教育現場への革新するQAの募集!

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career・Freelance
Tokyo
Mid-career・Freelance

Yuka Saito

日本で大学を卒業後、アメリカ→フィリピン→大阪→東京→京都など点々とし、現在は京都から株式会社コードタクトでフルリモートワークをしています。 コードタクトではQA(Quality Assurance)とCS(Customer Support)のチームリーダーとスクールタクト開発チームのPOP(Product Owner Proxy)を務めています。 QA:実作業に加えて、機能ごとテストシートの作成、チームメンバーの作業進捗管理など。 CS:ユーザーからの問い合わせ対応(海外からの英語での対応も含む)、メンバーのユーザー応対のサポート、メンバーの応対品質の均一化など。 POP:Product OwnerとDesignerと連携し、プロダクトの仕様検討、ユーザーからの要望をまとめ優先度の決定、最終的なリリース判定などエンジニアチームのサポート。機能リリース時にビジネスチームと協力し、ユーザーへの告知など。 ユーザーの皆さまとのブリッジ、エンジニアチームとビジネスチームのブリッジになるような仕事を心がけています。 また、夏はよく富士山の山小屋で働いています。

田中 絵里加

前職はPR会社で、プレスリリース書いたりプレスイベントや取材・番組対応していました!そこから、現職へ! 現在はフルリモートワークのコードタクトへ。フルリモートワーク歴7年になります。 設立2年目に入社し、なんでもやってきました。広報・営業・研修・カスタマーサポート・QA・社内イベント対応等々。現在は営業部所属。

Asami Yonekawa

3歳の娘の子育て中 仕事はカスタマーサポート&QAを担当(リモートワーク&時短勤務) 親子留学を目指して英語と格闘中…

ベアナウスカス 好栄

25歳のフリーランス。 都内のスタートアップでカスタマーサービスとマーケティングを2年経験。現在は日本とアメリカを行き来きしながらフリーランスとして活動中✈︎ 好きなアプリは Pinterest と Instagram. Photoshop と Github に対する想いは同じぐらい。 ▼経験業務 ・翻訳(日本語・英語) ・バナー制作 ・Instagramマーケティング ・カスタマーサポート ・広告運用(リスティング、Facebook/Instagram広告) ・ウェブ制作ディレクション ・写真撮影~編集 そのほか、大学生の採用やインターン育成、コミュニティー作りにも少しだけ携わりました。

株式会社コードタクトのメンバー

日本で大学を卒業後、アメリカ→フィリピン→大阪→東京→京都など点々とし、現在は京都から株式会社コードタクトでフルリモートワークをしています。 コードタクトではQA(Quality Assurance)とCS(Customer Support)のチームリーダーとスクールタクト開発チームのPOP(Product Owner Proxy)を務めています。 QA:実作業に加えて、機能ごとテストシートの作成、チームメンバーの作業進捗管理など。 CS:ユーザーからの問い合わせ対応(海外からの英語での対応も含む)、メンバーのユーザー応対のサポート、メンバーの応対品質の均一化など。 ...

なにをやっているのか

当社の主事業は学校向けのスクールタクトおよび企業向けに提供するチームタクトの開発です。 「スクールタクト」は、学校向けに開発された協働学習向けの授業支援クラウドです。これからの授業に必要な「主体的、対話的な深い学びの場」のための新しい文具となることを目指しています。 「チームタクト」は、スクールタクトを企業向けに提供しているジョブトレーニング支援クラウドです。オンラインでのOFF-JT(研修)やOJT(仕事を通しての学習)を効果的にサポートし、学び合いを通して、セルフマネジメントできる人材を増やすことを目指しています。 ■サービスの特徴  ・iPadやタブレット、ノートPCなど機種を問わず使用可能  ・主体的な学習、協働授業・アクティブラーニングに最適  ・生徒の学習行動や人間関係に配慮した授業、学級作り支援、先生の授業準備を助ける機能が多数 先生が教えやすく、学習者が楽しく学べる環境づくりを行なっています。 子どもたち同士が教え合い学び合う協働的な学びでは、得た知識をもとに学習者同士が議論を行うことで知識を実際に活用することができます。このような協働学習・アクティブラーニングを活発化させることも可能なシステムを提供しています。 スクールタクト・チームタクトを使えば、同じ時間同じ場所を共有しなければならなかった今までの学習スタイルから抜け出し、学習者同士のコミュニケーションをより活性化した学習者主体の学びを実現することができるようになります。同時に、学習者データをログとして蓄積していき、あらゆる場面で学習データを活用できるよう機械学習などの機能の充実にも取り組んでいます。 「スクールタクト」は、総務省の「先導的教育システム実証事業」に採択され、全国2,000校、約300,000名の教師、児童・生徒に利用いただいており、教育の質の向上・教育効果の最大化をサポートしています。 また、2017年度から実施されている文部科学省「次世代学校支援モデル構築事業」及び総務省「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」にも採択されています。 <代表 後藤のインタビュー> 創業までのストーリー https://ict-enews.net/zoomin/28edtech/ 製品にかける想い https://sip.dis-ex.jp/news.html?id=227 2020年3月に代表の後藤が安倍首相に対して今後の公教育におけるICTの必要性について提言 https://note.com/spagetty/n/na4bb487548ac 導入事例 https://youtu.be/KKIgIdDWTgg
学びとマナビが、ひびき合う。学校向けに提供している授業支援クラウド「スクールタクト」。様々なICT教育の実証プログラムに採択されています。
まなぶことは、子供たちだけでなく大人もです。スクールタクトから派生して、企業向けに展開しているのが「チームタクト」です。
メンバーの半分がリモートですが、年に1回の合宿では会社のこと、サービスのことなどについて全体で話をします
社内でもスクールタクトを活用しています。また日々のやりとりは、zoomやSlackを使ってコミュニケーションしています
代表取締役の後藤です。教育者としての経験を活かし、日々現場の先生の声を取り入れながら開発を行っています。
子供達はPCやタブレットを使って互いに学び合う協働学習が可能に

なにをやっているのか

学びとマナビが、ひびき合う。学校向けに提供している授業支援クラウド「スクールタクト」。様々なICT教育の実証プログラムに採択されています。

まなぶことは、子供たちだけでなく大人もです。スクールタクトから派生して、企業向けに展開しているのが「チームタクト」です。

当社の主事業は学校向けのスクールタクトおよび企業向けに提供するチームタクトの開発です。 「スクールタクト」は、学校向けに開発された協働学習向けの授業支援クラウドです。これからの授業に必要な「主体的、対話的な深い学びの場」のための新しい文具となることを目指しています。 「チームタクト」は、スクールタクトを企業向けに提供しているジョブトレーニング支援クラウドです。オンラインでのOFF-JT(研修)やOJT(仕事を通しての学習)を効果的にサポートし、学び合いを通して、セルフマネジメントできる人材を増やすことを目指しています。 ■サービスの特徴  ・iPadやタブレット、ノートPCなど機種を問わず使用可能  ・主体的な学習、協働授業・アクティブラーニングに最適  ・生徒の学習行動や人間関係に配慮した授業、学級作り支援、先生の授業準備を助ける機能が多数 先生が教えやすく、学習者が楽しく学べる環境づくりを行なっています。 子どもたち同士が教え合い学び合う協働的な学びでは、得た知識をもとに学習者同士が議論を行うことで知識を実際に活用することができます。このような協働学習・アクティブラーニングを活発化させることも可能なシステムを提供しています。 スクールタクト・チームタクトを使えば、同じ時間同じ場所を共有しなければならなかった今までの学習スタイルから抜け出し、学習者同士のコミュニケーションをより活性化した学習者主体の学びを実現することができるようになります。同時に、学習者データをログとして蓄積していき、あらゆる場面で学習データを活用できるよう機械学習などの機能の充実にも取り組んでいます。 「スクールタクト」は、総務省の「先導的教育システム実証事業」に採択され、全国2,000校、約300,000名の教師、児童・生徒に利用いただいており、教育の質の向上・教育効果の最大化をサポートしています。 また、2017年度から実施されている文部科学省「次世代学校支援モデル構築事業」及び総務省「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」にも採択されています。 <代表 後藤のインタビュー> 創業までのストーリー https://ict-enews.net/zoomin/28edtech/ 製品にかける想い https://sip.dis-ex.jp/news.html?id=227 2020年3月に代表の後藤が安倍首相に対して今後の公教育におけるICTの必要性について提言 https://note.com/spagetty/n/na4bb487548ac 導入事例 https://youtu.be/KKIgIdDWTgg

なぜやるのか

代表取締役の後藤です。教育者としての経験を活かし、日々現場の先生の声を取り入れながら開発を行っています。

子供達はPCやタブレットを使って互いに学び合う協働学習が可能に

学びそのものを時代にあった在り方にアップデートさせることで、学習者の主体性を育み、才能を活かし、自由に生きる世界を創るためにこの事業を行なっています。 代表の後藤が受動的な一斉授業や学びの在り方について課題を感じ、学びのあり方の課題に取り組もうと考え教育の領域に進出することを決めました。 そこで生まれたサービスが当社サービススクールタクトです。 学校の教員は様々な校務に追われており、学習者である生徒と向き合う時間を確保できていません。一方、生徒には学習意欲低下の課題があります。このような課題に対しスクールタクトは、教員の生産性を向上させることで生徒と向かう時間を創出し、生徒の主体的な学習を実現していきます。

どうやっているのか

メンバーの半分がリモートですが、年に1回の合宿では会社のこと、サービスのことなどについて全体で話をします

社内でもスクールタクトを活用しています。また日々のやりとりは、zoomやSlackを使ってコミュニケーションしています

<メンバー構成> 私たちは現在、80名程のメンバー(社員・業務委託含)がいます。 メンバーは個性的で、様々なバックグラウンドをもつ面白い人たちばかり。 ・もともと教育に興味関心があった人 ・教育には興味があったわけではないけど、本質的な価値を世の中に生み出したいと思っている人 などそれぞれに熱意のある人ばかりです。 <働き方> 開発側は、エンジニア、デザイナー、QAはフルリモートが基本です。 ビジネス側は、営業、マーケティング、サービスサポート、管理部門のメンバーで、住んでいる地域によって出社・リモートを自分のスタイルで決めて働いています。 設立当初からリモートOKの会社ですので、自由度はかなり高いです。 業務に合わせて働き方を柔軟にしており、日々のコミュニケーションは、Slack / zoomなどを使用しています。文字のコミュニケーションが中心であるため、感情や意見を言葉にしていくことでお互いを理解し、サポートしあえる、問題を解決しあえることが重要だと考えています。 <全員で会う機会を> 年1回は各地から集まり全員で合宿を行っています。 今までは、沖縄、台湾、仙台で実施しました。 仙台の合宿では福島にあるスクールタクトを導入している学校を巡り、実際にどのように使ってくれているのか、現場での使いづらさがないか、どのようなサービスになっていくと先生も生徒も喜んでくれるサービスになるのか、ということを全員で観察、議論しあいました。 仲間同士がつながり、よりよりサービスづくり、組織づくりを行えるような機会もつくっています。 新たにお迎えする仲間となるみなさんと、より良い組織、サービスをつくっていきたいと思っていますのでお会いできることを楽しみにしています。

こんなことやります

カスタマーサポートを担当しているサービスサポート部では、ユーザーの思いを製品に反映させ、開発側の製品の想いをユーザーに届けるべく、日々業務を行っています。 全員がフルリモート勤務で、チームメンバーの状況に合わせてみんなでコミュニケーションをとってサポートし合う文化が定着しており、とても働きやすい環境です。 今回、チーム体制の変更に伴い、同じベクトルを向きながら楽しく一緒に仕事ができる方を募集します! 【業務内容】 CS(Customer Support)の業務を中心に、以下のような業務をお任せする予定です。 なお、CSチームは一部、QA(Quality Assurance = 品質保証)業務を兼務する場合があります。 ■ CS業務 ユーザーからの問い合わせ対応(サービスを利用している先生や学校関係者からの、機能や活用方法に関する内容が中心。約9割はチャットでのお問い合わせです。) ・AIチャットボットの管理 ・サービスのアップデートや故障情報などのアナウンス ・ヘルプページやユーザーマニュアルの作成・更新 ・お問い合わせ管理(集計・データ分析等と活用) 等 ■ QA業務 ・各種ウェブブラウザ、アプリでのテスト ・不具合管理・報告(ユーザーから不具合報告があった場合の検証含む) ・サービス仕様の改善提案 ・サービスの最新の仕様管理 等 【求める人物像】 ・高いコミュニケーションスキルを持つ人 ・ホスピタリティのある人 ・テキストから相手の立場・状況を想像して対応できる人 ・新しいツールの習得に抵抗がない人 ■ 必須条件 ・ユーザーサポート、カスタマーサポートの経験 ・オフィス系ソフトの使用経験 (チーム体制の関係上)18時まで勤務が可能な方 ■ 歓迎条件 ・テクニカルサポートの経験 ・お問い合わせ分析の経験 ・ビジネスレベルの英語力(主にリーディング、ライティング) ・ITに関する資格(ITパスポート、情報処理技術者など)
3人がこの募集を応援しています

3人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2015/01に設立

30人のメンバー

  • CEO can code/

東京都渋谷区円山町28-4 大場ビルA館2階b室