1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
サーバーサイドエンジニア
1
エントリー
on 2019/04/18 1,289 views

アートに革新を起こすスタートアップでPerlを極めたいエンジニア大募集!

The Chain Museum

The Chain Museumのメンバー もっと見る

  • プロデューサー / テクニカルディレクター。 テクノロジーを活用した「新しい体験」を作ることを得意とする。 最近の代表作に、「でじべじ –Digital Vegetables– by PARTY」、「WIRED」リブート号、ハブラシIoT「SUNSTAR / G•U•M PLAY」、未来窓のコンセプトモデル「YKK AP / M.W.」。 グッドデザイン賞、SPIKES ASIA Innovation Spikes ShortlistやHealthcareその他多部門の受賞歴がある。 プライベートではアートワークとしてクリエイティブ・レーベル「nor」のプロデューサーとして、Media ...

  • Androidエンジニアです。

  • 北村 博朗
    エンジニア

  • 1986年生まれ京都府出身。大学卒業後、ワークスアプリケーションズ、株式会社奇兵隊の取締役CPOを経て、2019年にPARTYに参加。Androidアプリとバックエンドの開発を中心に、UX設計やグロース施策の策定など、サービスを一貫して設計・開発することを得意とする。1児の父。料理も好き。

なにをやっているのか

  • アーティスト支援プラットフォーム「ArtSticker」

__________________________________________________________

The Chain Museumは「PLATFORM」事業として
アート・コミュニケーションプラットフォーム「ArtSticker」(アートスティッカー)を運営しています。

「ArtSticker」は、アーティストを直接支援することで新たなお金の流れを生み出し、アートをよりひらかれたものにすることを目指すプラットフォームです。
著名アーティストから注目の若手アーティストの作品まで、幅広く収録。作品のジャンルも、インスタレーション、絵画、パフォーミングアーツなど、多岐にわたっています。

さらに、2020年2月14日には、ArtStickerをみて気になったイベントや展覧会のチケットをその場で購入することができる「チケット機能」、
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000038948.html

2020年4月6日には新型コロナウイルスの世界的流行の影響による相次ぐアートフェアの中止・延期・縮小を受け、プラットフォーム内での作品売買を開始いたしました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000038948.html

今後も引き続き、アート・コミュニケーションの一環を支える場としてアップデートを進めてまいります。
__________________________________________________________
■ 直近のプレスリリース情報

2020.4.6
「新型コロナウイルスの世界的流行の影響による相次ぐアートフェアの中止・延期・縮小を受け、『ArtSticker』で作品売買を開始」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000038948.html

2020.2.14
「アーティスト支援プラットフォーム「ArtSticker」、チケット機能を提供開始」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000038948.html

2020.1.9
「アーティスト支援プラットフォーム「ArtSticker」を運営する株式会社 The Chain Museum、凸版印刷と資本業務提携を締結」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000038948.html

2019.12.25
「アーティスト支援プラットフォーム「ArtSticker」に好きなアーティストの最新情報が届く「アーティストフォロー」機能が登場。」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000038948.html

2019.10.31
アーティスト支援プラットフォーム「ArtSticker」がLEXUSとコラボレーション
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000038948.html

2019.9.2
「スターバックスが、アーティスト支援アプリ「ArtSticker」とコラボレーション!
スターバックスの店舗で出会える、色とりどりのアートをアプリで楽しめるアートとつながる新体験!」
https://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2019-3153.php?nid=nw_18_sp

__________________________________________________________

The Chain Museumには、「ArtSticker」を運営するPLATFORM事業を含め、主に3つの事業を展開しています。

●MUSEUM
アーティストと共に「プロジェクト」を立ち上げ、
ビジネス・テクノロジーなどの非アート領域ともコラボレーションしながら、
小さくてユニークなミュージアムを、世界中に沢山生み出していきます。

●PLATFORM
鑑賞者ひとりひとりが、好みや価値観を表明・シェアしたり、
アーティストと直接つながり、支援できるプラットフォームを開発します。

●CONSULTING
The Chain Museumとして、場所や施設ごとに最適なアーティストのキュレーションやコンサルティングもしていきます。

なぜやるのか

  • 須田 悦弘「風車の上の雑草」2018 場所: 唐津市湊風力発電所 協力: 自然電力
  • 人々は風車の上にあると言われる「雑草」に思いを馳せる。見えるはずのないそれを目を凝らして見ようとする。

アイデアの発端は、バーゼル・バーゼルやヴェネツィア・ビエンナーレで得た実感。
億単位の作品ばかりを目の当たりにし、高いな。なんでこうなっちゃうの?
むしろ、自分たちでつくりたいな。そう思うように。

また、近年のアートはインスタレーションが主となりつつあり、
アーティスト個人で完結せず、様々な主体が連携して作品をつくりあげる「プロジェクト」となっている。
ならばそこに、我々が得意とするビジネスやテクノロジーが入り込んで、イノベーションを起こす余地があるはず。

21世紀は「個人」の力が、もっと価値を持っていく時代。
これまでは王侯貴族や宗教、アカデミズムがアートの価値を定め、アーティストを育ててきたが、
ひとりひとりがアートとつながり、アーティストひとりひとりとつながることができれば、
売買・入場料以外の「第三のお金の流れ」が生まれ、アートをもっと開かれたもの、自律したものにしてゆける。

プラットフォーマーであり、プレイヤーでもある事業体。
それが、The Chain Museumが目指す姿です。

どうやっているのか

  • ラファエル・ローゼンダール「RR Haiku 061」2014 場所・協力: 十和田現代美術館
  • Smiles:『檸檬ホテル(レモンホテル)』2016  場所:豊島 唐櫃岡地区 photo by Smiles: 協力:Smiles:

現在は、遠山正道×PARTYで、
・The Chain Museumオリジナル作品の制作プロジェクトを企画・進行
・The Chain Museumプラットフォームの企画・構築
を進めています。
そこにThe Chain Museum社員として参画いただき、
事業の立ち上げ・運営に、携わっていただければと考えています。

「世の中の体温をあげる」という想いをかかげ、
「Soup Stock Tokyo」「giraffe」「PASS THE BATON」等を手がけてきた
遠山正道が構想する「新たなアート体験」に、
PARTYが得意とする「デジタルでの体験設計」を融合させ、
アートのあり方・作り方への、新たな価値の提示を目指します。

=================================================
多数のメディア様にご取材いただいております。
♦︎美術手帖
「アートと個人の関係を、テクノロジーで変革する。 スマイルズの遠山正道とPARTYが新会社『The Chain Museum』を設立」
https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/18781

♦︎ARTLOGUE
「スマイルズ遠山正道。アートはビジネスではないが、ビジネスはアートに似ている。『誰もが生産の連続の中に生きている』の意味するもの。 | ARTS ECONOMICS 05」
https://www.artlogue.org/node/4491

♦︎Forbes JAPAN WEB
「巻き込む力=共創力ががこれからのビジネスの鍵」
https://forbesjapan.com/articles/detail/26266

♦︎日本経済新聞
「美術品取引、身近に スタートアップのサービス相次ぐ」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43073850Z20C19A3FFR000/

♦︎WIRED
「新しいアートは、合理性と実用性の向こう側からやってくる:「アートとビジネスの関係」MATトークレポート」
https://wired.jp/2019/04/08/mat-talk03/

♦︎CasaBRUTUS
「名和晃平も参加を表明! 誰もがアートに関われるアプリ《ArtSticker》が話題です。」
https://casabrutus.com/art/105471

♦︎美術手帖
「スターバックスでアートを味わう。水口貴文と遠山正道が語る「場」の思想」
https://bijutsutecho.com/magazine/interview/promotion/20648

こんなことやります

◆仕事内容 

・TCMのサーバーサイド開発全般 (主にAPI)
・TCMのwebサイト開発 

・管理サイトを含むインハウスシステムの開発

◆必須スキル/経験
 
以下の開発言語で、数年の実務経験をお持ちの方

[開発言語]
一般的な Web REST API 開発の知識全般
Perl
PostgreSQL
AWS
- CloudFront
- EC2
- S3
- RDS
Firebase
- FCM

◆歓迎スキル/経験

・大規模サービスの開発経験(負荷を考慮した設計ができる方)
 
・OSSの公開、コントリビュートの経験 
・開発のみではなく、ディレクションも経験
 
・webサービスのリリース経験 (個人や法人問わず) 


◆求める人物像
 
・TCMのミッション / ビジョンに共感できる方 

・サービス志向で個人の意見よりもサービスを伸ばすために技術選定や実装設計を行える方 

・行動ログや数値に基づいたデータドリブンでの開発を行いたい方 

・チーム開発において、チーム全体のアウトプットを優先してメンバーのフォローや開発手法の改善ができる方

会社の注目のストーリー

フルリモートで正社員。福岡を愛するiOSエンジニアが考えるThe Chain Museumでの働き方
アート・プラットフォームを運営する株式会社The Chain Museum、住友商事株式会社、KDDI Open Innovation Fund 3号ファンドと資本業務提携を締結
“アートの広がりを、デジタル技術を通して支えたい” エンジニアが今、考えていること
エントリー状況は公開されません
5人が応援しています
会社情報
The Chain Museum
  • 2018/07 に設立
  • TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都目黒区中目黒1丁目10番23号
  • アートに革新を起こすスタートアップでPerlを極めたいエンジニア大募集!
    The Chain Museum