Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
グラレコクリエイター
on 2019/05/09 360 views

グラレコできる人募集!あなたの能力で画期的な学習映像創りをしませんか?

株式会社イー・トラックス

株式会社イー・トラックスのメンバー もっと見る

  • 株式会社イー・トラックスの様々な事業の立ち上げ、マーケティング、コンテンツ制作などを担当する、何でも屋的な役員。団塊ジュニア世代のガサツな昭和人間です。

    ちょうどバブルがはじけた頃の就職氷河期に大学卒業後、「会社勤めは向かないと思うが、まあ3年ぐらいは働こうか」と、京都の小さな広告や印刷物を扱う会社に入社。営業企画として、お気楽に過ごしつつ、後の財産になるようなクライアントを数社飛び込み営業で開拓、販促だけでなく、株主向けの企画や社員教育のためのマニュアルや映像コンテンツ制作などを手がける。

    その後、1999年の秋には、現在の弊社代表ら数名と独立起業、翌2000年には、イー・...

  • 2009年から株式会社イー・トラックスで働いてます!

    現在は、主に2つの部署を兼任中。

    <教材開発部>
    映像講師、講座の企画を担当。
    →弊社ハロー!パソコン教室の映像教材の講師をしています。(主にスマートフォン・タブレット講座の講師を担当!)

    <スマートドクター事業部>
    「スマートドクター・プロ」というiPhone・iPadの修理専門店の店舗運営マネージャーをしています。
    →現場第一主義で日々奔走中です!


    「厳しくも、楽しい!」をモットーに毎日仕事してます☆


    【趣味・特技】
    ・ギター:ジャズ・ギターを練習中。現在、週末は師匠の元でしごかれて...

なにをやっているのか

  • パソコン教室事業(ハロー!パソコン教室)
  • プログラミング教室事業(manalgo まなるご)

イー・トラックスは、“不の解消”というテーマをもって、様々な事業に取り組んでいます。もう少し、平たく言うなら「できなかった」が「できる」ように、「困った」が「楽勝ッ」という状況になるためのきっかけになったり、ダイレクトに役立つことに取り組んでいます。

例えば、ハロー!パソコン教室という屋号で、全国に200教室以上を展開するパソコン教室事業では、パソコンやスマホ、インターネットができないことで、社会から疎外感を感じているお年寄りの方をどこよりもわかりやすいレッスンでサポートしたり、就職や転職に際してWordやExcelなどのオフィスで求められるパソコンスキルを身につけ、その方(生徒様)の人生の転機に結びつけるような講座の提供を行っています。

また、スマートフォン修理のスマートドクター事業では、今や暮らしや仕事に欠かせないスマートフォンの物理的な故障や破損によって発生する不安や不便を、即時修理することで、その場で解消するお手伝いをしています。パソコン教室事業では「使い方がわからない」ために起こる不便や不満を解消することができますが、落として割れてしまった等の“不”を解消することができなかったため、「ソフト面だけではなく、ハード面でのソリューションを提供したい!」という思いから、この事業への取組は始まりました。
因みに、このスマートフォン修理事業は、国のガイドラインが総務省から示されており、弊社では全国でも5番目の速さで、このガイドラインに則った「登録修理業者」として、法人登録を完了しています。

そして、2018年9月末からスタートしたのが、小学生向けプログラミング教室専用のeーラーニング学習教材「manalgo(まなるご)」の展開です。政府方針でも明らかにされている通り、2020年度から、「小学校でのプログラミング必修化」がスタートします。
プログラミングを通して、アルゴリズムや論理的思考といった、今の子ども達にとって将来をいきていくために欠かせないスキルを学べる環境を、日本中に整備したいという考えで、パソコン教室事業では「競合他社」となるところも含めて、より多くの教室が導入していただきやすいサービスとして、「低価格」&「高品質」という点にこだわって仕上げています。2018年9月末のスタート段階から、既に全国100以上の拠点にサービスの提供を開始しており、今後、数年間のうちに1000以上の教室に使ってもらえるサービスとして、成長させていきたいと考えています。

なぜやるのか

せっかくやるなら「感謝される仕事」をしたい!
まず、これがすべての事業、もっと言うなら会社として存在していることの根底にあります。

私たち、働く者にとって「どんな仕事をするか?」は、やっぱり重要です。
きれい事ではなく、できなかったことができるようになると、人は自然と「ありがとう」という言葉を口にします。一日の多くの時間を費やして取り組む仕事が、誰かに感謝され「ありがとう」と声をかけてもらえることでありたい、あるべきだと私たちは考えています。

また、事業としては、本当に世の中が良くなったり、便利になったりするには、草の根的なアプローチを行える存在が欠かせない。そして、私たちは、そのアプローチを担える会社でありたいと思うのです。

例えば、「インターネットはすごく便利」なのですが、それは、パソコンやスマホをちゃんと使いこなせて、且つ、インターネットの特性などの周辺知識などを理解しているという【条件付きな】便利さなのです。

逆に、この条件をクリアできない人、ここでは、パソコンやスマホを使いこなせない人にとっては、まったく便利さが享受されませんし、逆に疎外感が深まっていくばかりです。私たちは、様々な場面で、この条件をクリアする手段を提供し、社会が提供しようとしている便利さや価値が、全体に浸透していくための潤滑剤のような存在でありたいと思っています。

▼少し先の日本のために▼

これまで述べてきた内容に加え、新規事業としてスタートした「子ども向けプログラミング」の事業では、『将来の日本のため』という目的を持って取り組んでいます。単に、子どもにパソコンの使い方を教えるための事業であれば、正直、やる意味はありませんでした。

ご存知の通り、少子高齢化は今後ますます拍車がかかります。広大な国土や資源を持たないこの国では、ますます人材資源の価値、重要性が高まることは、間違いありません。

こうした状況のなかで、一人でも多くの子どもが優秀な人材へと成長してくれるキッカケを提供できればという思いで、私たちはプログラミング学習の分野に参入しました。

つまり、プログラミング言語の使い方そのものより、この学習を通して、今後一生必要となる「情報をしっかりと読み取るチカラ」や「論理的に考えるチカラ」、「試行錯誤して挑み続けるチカラ」などを習得する機会を提供したいと考えています。

その成果を生きている間に、ハッキリとしたカタチで確かめることができるかはわかりませんが、それでも、誰かが真剣に取り組まなければならない内容だと、私たちは考えています。

どうやっているのか

会社全体としては、様々な事業部門がありますので、その部門ごとに最適化された働き方をとっています。ここでは、今回、募集を行っているマーケティング部について、いくつか特長をご紹介します。

1.基本的に専門家集団
マーケティング部には、大きく分けて3つの業務があります。
1つ目は、パソコン教室やプログラミング教室向けの教材コンテンツやシステムの開発、2つ目が教室や事業のマーケティングや個別の販促企画の実施管理(WEBマーケティングやSEOなどはここに含まれます)、最後の3つ目が新しい事業や商品サービスの開発という感じです。

どれも、その分野の専門家になる必要のある仕事であるため、例えば、テキスト教材の制作従事者は、Adobeの必要ソフトなどを使いこなし、デザインや版下制作ができる人、ウェブ担当者なら、SEOの基本的な知識、ウェブ構築に必要な専門知識などを専門の外注先と会話し、意思疎通ができる人といった具合に、専門家になることが必要です。

2.プロジェクトごとにユニットを編成
多くの仕事は、モノやサービスを作るところから、それを広め、運用するところまでつながっています。そのため、各プロジェクトごとに、必要なメンバーでユニットを編成し、仕事をドライブしていくことが多くなります。専門家だからといって、自分の受け持ちだけをただこなしていればよいというわけではなく、ミーティングなどでしっかりとメンバーから意見や情報を収集したり、逆に自分の意見や情報を伝える「コミュニケーション能力」がとても大切です。

3.テレワークなども積極的に活用
仕事と家庭などのプライベートの両立は、今の時代の大きなテーマです。弊社では、業務の様々な部分で、クラウドでのデータ共有など、出社しなくてもテレワークができるような環境を整備しているので、様々な働き方が可能です。

4.成果に関係ないところにチカラを入れない
基本的に服装は自由です。席での飲食や、作業の際に集中するためにヘッドホンやイヤホンで音楽を聞きながら仕事をすることについても自由です。納期や仕上がりの品質については、シビアに追求しますが、成果に直結しないような部分については、無駄なチカラを使わないカルチャーです。自由をどう使うか?の方が、ひょっとすると規則で縛られるより、難しいかもしれませんが、そのあたりは、各メンバーにオトナであることが求められるのかもしれません。

こんなことやります

■グラレコx学習映像?なんて需要あるの?

グラフィックレコーディングって、その名の通り、イラストや記号などのグラフィックな要素を取り入れて、会議や社内のミーティングなどの議事録を録るものという印象が強いかもしれませんが、弊社が作っているような学習用のマイクロラーニング映像との相性も非常に良い手法です。

例えば、パソコンの操作方法などは画面のビデオキャプチャや操作シーンの手元映像などを使って説明することができますが、「その操作が必要な理由」「活用できる場面」などを想起させるときには「グラレコ」のような手法を使う方が、より効率よく、伝わりやすい映像を仕上げることができます。

■グラレコ業務拡大予定につき、クリエイター募集です!

実は、既に弊社では、パソコンのビジネス向きスキルアップ用の講座に、グラレコを採用し始めています。これまでなら、講師が受講者のイメージを広げるように試行錯誤して具体例を話したりしていた場面が、短く簡潔にまとまり、その上伝わりやすく仕上がって「これは、イケる!」という感触を得ています。

今後は、ビジネス向け、ホームユーザー向け問わず、相性の良いシーンでどんどんグラレコを採用して、よりわかりやすい映像講座を開発していきたいと思っています。

というわけで、「グラレコ・クリエイター」として関わっていただける方を大募集しています。

関わり方は、自由です。

例えば、副業でグラレコをやっているので、案件ごとに関わりたいというフリーランスの方、歓迎します。

また、現在、芸術系の大学や専門学校に通っているので、インターンやアルバイトとして関わりたいという方も、ぜひ一度、お話聞かせてください。

もちろん、社員として「映像教材制作」の部門に入社して、グラレコを中心に映像講座全般を制作するお仕事をしたいという、あなたのお話も聞かせていただきたいと思っています。

■京都市のオフィス街(四条烏丸エリア)のど真ん中でアクセスも良好

会社は、祇園祭ゾーンのど真ん中で、阪急電車なら烏丸駅、市営地下鉄なら四条駅から徒歩で5分圏内にあります。

社員やアルバイトの方は通勤に、フリーランスの方にとっては打ち合わせなどに起こしいただく際にも非常に利便性の高い立地です。

■まずは、気軽にお話をしましょう♪

弊社は、全国に200教室を展開する「ハロー!パソコン教室」を中心に、子供向けのプログラミング教室用eラーニングサービス「まなるご」、さらに今後展開予定の法人向けスキルアップ支援サービスなど様々なジャンルで「学習用映像」を提供していく予定です。

「グラレコは好きでやってるけど、趣味程度」「ゆくゆくは、グラレコを仕事に活かしたい」「学生だけど、企業に行って働けるか不安」というあなたも、まずは、一度お互いのやりたいことを率直に話してみませんか?

その上で、あなたにとって最適な関わり方を見つけてもらえれば幸いです。

楽しく、人の役に立つ仕事を、一緒にしましょう!

エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
株式会社イー・トラックス
  • 2000/08 に設立
  • 京都府京都市中京区橋弁慶町227 第12長谷ビル6F
  • グラレコできる人募集!あなたの能力で画期的な学習映像創りをしませんか?
    株式会社イー・トラックス