Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
プロジェクトマネジャー
on 2019/05/23 393 views

チームをリードし、新しい価値を創造するプロジェクトマネージャー募集

株式会社MJI

株式会社MJIのメンバー もっと見る

なにをやっているのか

  • コミュニケーションロボットのタピア
  • 様々なシーンで活躍するタピア

MJI は “More Joyful Innovation”~もっと楽しいイノベーションを!~をスローガンにコミュニケーションロボット及びAI開発をおこなっている会社です。ロボットで楽しさと便利さの両立を実現し、ロボットによって、人と人、人とロボットが寄り添い・つながる社会を目指します。

高齢化社会・単独世帯の増加、少子化、労働力不足が見込まれる中、私たちの生活をロボットがサポートすることは、次世代のライフスタイルとなるでしょう。MJIの開発するコミュニケーションロボットは、同居人として、友達として、日々のパートナーとして、業務アシスタントとして、人々の生活を支えていきます。

<タピアについて>
2016年7月、コミュニケーションロボット「タピア」がデビューしました。タピアは、長い一日を終えたあと、冗談と笑いであなたの心をほっとさせてくれます。いつも傍に寄り添い、遠く離れたあなたの大切な人とビデオ通話でつなぐ手助けをしてくれます。あなたが出かける時、最新の天気情報を伝え、リラックスしたい時や気分転換をしたい時に音楽をかけることができます。

“多彩な機能を持つロボットが購入しやすい価格で手に入る。ロボットがぐっと身近になる。” 
そんな話題性が世間の注目を集め、サービス型ロボットとして、日本のみならず海外の企業からもタピア導入のご相談を頂くようになりました。

今では各種用途にカスタマイズされたタピアが、レストラン、ホテル、病院、イベント会場、路の駅、高齢者・介護施設、大学研究所等で活躍しています。

なぜやるのか

  • いつもそばにいるパートナー、タピア
  • 家族をつなぐタピア

<コミュニケーションロボットを開発することになったきっかけ>

2013年の冬、代表のトニーはアメリカに住んでいる高齢の母親にクリスマスプレゼントとして、スマートフォンを送りました。しかし、母親からはいっこうに電話がかかってきません。まさか病気かも、と心配になって電話をかけてみると、母親はスマートフォンを使う事ができずに連絡出来なかったと言いました。当時、トニーは「スマートフォンはマニュアルがなくても誰にでもすぐに使える」と思っていたのですが、高齢の母親には難しすぎた事を知りました。

電話はスマートフォンになってスマートになったけれど、それと同時に使う側の人間もスマートにならなければ使いこなすことができないと感じました。高齢者にとっては、コンピューターもスマートフォンも、つまりはキーボード操作のある機器を使うのは困難です。人間のコミュニケーションはやはり話すことが基本で最も簡単。高齢者には、キーボード操作ではなく、話すことで自然にコミュニケーションできる機器が最適で、それはコミュニケーションロボットであろうと感じました。

また、アメリカのある大学が75年間もかけて行った研究結果に関する講演ビデオを見た事も一つのきっかけとなりました。その研究は1938年からスタートし、75年間に渡り、724人もの人生を調査し、“幸せで健康な人生”について分析したものでした。そこで出されたひとつの結論は、“人生で何が最も幸せか”と言えば、決してお金ではなく、“他の人との関係やコミュニケーション”だという事でした。「良い人間関係」は人に幸せをもたらしますが、「孤独」は健康と精神面の両方で悪影響を及ぼし、寿命を縮めるという結果が出ていました。

日本ではまだあまり「孤独」による悪影響は重要視されていませんが、自然会話によってロボットとコミュニケーションをとったり、あるいはロボットから声を掛けられることで会話が生まれることの重要性を考える必要があると強く思いました。

スマートフォンはこちらから情報を求めれば答えてくれる、いわば「ワンウェイ」ですが、ロボットは「ツーウェイ」で、ロボットの方から話しかけることでコミュニケーションが生まれます。それもコミュニケーションロボットのポイントでもあります。

そういった背景と概念に共感してくれる仲間が集まり、今の我々があります。

どうやっているのか

  • 小さいけれど開放的なオフィス
  • 海外のイベントで活躍するタピア

東京のオフィスを中心に韓国と台湾の小さなチームを含め、全体でも20人強の小さな組織です。少人数ながらも、日本、台湾、香港、韓国、カナダ、スペイン、インド、バングラディッシュといった多国籍で様々なバックグラウンドをもったメンバーが個性豊かに活躍しています。

モノづくりが好きな人、先進技術に敏感な人、ロボットに興味がある人、新しいアイデアを考えるのが好きな人、未経験の事でも楽しいと思える人、グローバルな環境でコミュニケーションを楽しむ人の集まりです。

こんなことやります

プロダクト マネージャーとして、自社開発のコミュニケーション ロボットのカスタマイズや、ロボットを使ったトータル ソリューション開発、AI開発等、様々なプロジェクトにご参加いただきます。

各プロジェクトのコンテンツ、納期、規模、予算に合わせて社内外のリソースを手配し(エンジニアやデザイナーを含む)、プロジェクトの開発を管理します。また、クライアントと開発チームの間の交渉や調整も担当していただきます。

プロジェクト マネージャーの主な任務は、開発前に関係当事者間の交渉を行い、開発プロジェクトを計画し、プロジェクトチームの始動を準備し、開発のすべての進行を監督・管理し、開発後のレビューを行うことです。

【 ワークフロー 】

●プロジェクトの成功を目指して社内のリソースや第三者/ベンダーを手配
●プロジェクトの範囲、目的、スケジュール決定の補助
●リソースの確認、配分確保
●プロジェクトの詳細計画を作成し、節目における進捗状況の監視と追跡
●プロジェクトの範囲(規模)の変更、 スケジュールや経費を確認、管理
●適正なツールとテクニックを用いてプロジェクトの業績を判断
●プロジェクトのリスクを最低限に抑えるためにリスク マネージメントを実行
●包括的なプロジェクトのドキュメンテーションの構築と維持

【 必要なスキル 】

●ソフトウェア開発の知識を伴う経歴
●プロジェクト マネージメントとITセクターでの職務経験
●チームメンバーにやる気を起こさせるリーダーシップ
●コミュニケーションスキル

会社の注目の投稿

エントリー状況は公開されません
2人が応援しています
会社情報
株式会社MJI
  • 2015/07 に設立
  • 25人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都港区南青山2-27-27 丸八青山ビル
  • チームをリードし、新しい価値を創造するプロジェクトマネージャー募集
    株式会社MJI