Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
コミュニケーションデザイナー
13
エントリー
on 2019/06/06 2,153 views

Good Newsをつくる製作所のコミュニケーションデザイナー

株式会社神谷製作所

株式会社神谷製作所のメンバー もっと見る

  • 東京都本郷生まれ。東京大学農学部卒。2004年博報堂入社、PR戦略局に配属。2007年より博報堂ケトル。 2016年9月神谷製作所設立。博報堂ケトルでは、PR出身者ならではの広報スキルと広告・デジタルをミックスしたキャンペーンディレクションを行う。 2005年ソニーエリクソン社の音楽ケータイによる「Deftech同時多発LIVE」でFuture marketing Award受賞・カンヌ広告祭ファイナリスト、2009年「私がクマにキレた理由」で交通広告グランプリ、2010年「MOTTAINAI」でADFESTブロンズ・経済産業大臣賞を受賞。2017年ADFESTゴールドなど国内外の受賞多数。

  • 2013年に東急エージェンシー入社後、インタラクティブコミュニケーション局に配属。その後プロモーションプランニング局に異動。リアルとデジタルをPRで横串した統合プランニングを手がける。2019年より神谷製作所に所属。主な仕事に「1/1 プラモデル プロジェクト(SEGA)」「AmazonBar(Amazon Japan)」「セイロガン発の音楽レーベル(大幸薬品)」等。受賞歴は、OneShow、東京都屋外広告コンクール、朝日広告賞 等。

  • 東京都本郷生まれ。
    インターネット広告代理店「オプト」を経て、企業ブランディングやCI・VI開発を手がける会社で7年間プランナー兼プロデューサーを務める。その後、キュレーションアプリ「antenna*」で広報・宣伝を経験。たまたまフィンランドを旅していた際に兄の神谷準一に誘われ、2016年12月から神谷製作所にジョイン。
    クリエイティブからPRまで業務の守備範囲は広く、制作進行・PR・イベント運営・人事・総務・労務まで、多岐に渡る。
    モットーは「飄々と、淡々と、粛々と」。

  • 栃木県栃木市生まれ。グラフィック制作会社のプロデューサーとして 3年間、菓子・飲料メーカー、教育、金融などのクライアントを担当した後、2018年1月神谷製作所に参画。統合プランナーを目指して日々奮闘中。

なにをやっているのか

《クリエイティブとPRの掛け算で「ニュースを作る」製作所》

私たちは、“未常識”の声を大きくし、“新常識”に変えることで、多様性に満ちた豊かで刺激的な世界を創る会社です。

世の中のトレンドや社会文脈を捉え、多角的な情報設計をすることで、世の中の常識を変えるようなニュースをつくり出しています。

2017年は30件、2018年は100件の実績があり、さらにペースを上げて成長拡大を目指しています。

今後はグローバル領域を加速させながら、Public Relationsをベースとしたグロースデザインカンパニーを目指してさまざまな新事業を創造・支援し、世界をより良い方向に変えていきます。

■最新情報(NEWS)
http://kamiya-seisakusho.co.jp/news/

なぜやるのか

神谷製作所は、博報堂ケトル出身のクリエイティブディレクター 神谷準一が2016年に設立した会社です。

PR会社のようなPR実施機能を備えながら、一流の広告クリエイティブを実現する「統合型コミュニケーションエージェンシー」として成長を続けています。

「せっかくいい広告クリエティブを作ったのに、まったく世の中に広まらなかった」

「いざPRとなったら、PR会社が登場してよく分からないままに終わった」

マーケティングコミュニケーションの世界では、こういうことがよく起こります。

企画の最初の段階からメディアやSNSに取り上げられやすい文脈を作り、 そこにクリエイティブの力を掛け合わせることで、 話題になる広告 / モノが売れるコンテンツをつくりだす。

それが私たちが提唱する、今世の中に求められているコミュニケーション手法「クリエイティブPR」です。

どうやっているのか

<事業内容>
PR視点のアイディアで、話題になる広告をつくる「クリエイティブPR」

クリエイティブPRにおける3つの“セイ”
1. What to Say 何を言うか
2. How to Say どう言うか
3. ニュース性 メディアや生活者が自発的に伝えたくなるか

神谷製作所では、この3つの「セイ」を網羅した企画・制作を行い、ニュースリリースの作成やメディアリレーション、記者発表会やイベントといったPR実務まで一気通貫で担います。

PR思考を起点としたコアアイデアの開発からストーリー設計、PR戦略コンサルティング、広告クリエイティブやコンテンツその他様々なタッチポイントの企画・制作プロデュースまで、クライアントのご要望や課題に応じて様々な形で並走し、事業成長を支援していきます。

<組織と人>
博報堂ケトル出身の代表 神谷準一を筆頭に、
・電通、博報堂グループ出身の統合プランナーやデジタルマーケター、ビジネスプロデューサー
・国内の主要PR会社出身のPRディレクター/コンサルタント
・JINS、RIZAP、antennaといった事業会社の宣伝・広報経験者など、多彩なメンバーが活躍しています。
社員一人ひとりが自らの守備範囲を「越境」しながら有機的に協働することで、新しい化学反応を次々と起こしていきます。

<はたらく環境>
東京表参道の本社オフィスは、駅から徒歩1分の開放的なワンフロア。
快適な環境で働くことができます。
ある程度確立されたビジネスモデルがありながら、その中で常に新しい手法を模索しながら、事業も仕事も組織も共に創っていくベンチャー・フェーズの会社です。
自ら主体的に行動し、どのようにして新しい価値を創っていくのかを追求する機会に溢れています。

<今後の方針>
「VUCA(変動・不確実・複雑・曖昧)の時代」と称される中、突如発生し瞬く間に全世界に波及した新型コロナウイルス感染症と経済危機コロナショック。
当社上海支社(中国事業部)と連携し、すでにアフターコロナ時代に突入していると言われている中国市場の情報を活かしながら、先行き不透明なwith/afterコロナ時代に必要とされる時代を先読みしたコミュニケーション、企業・事業価値の向上に寄与するSDGs施策/コミュニケーションの企画・ソリューション開発を強化しています。
このように、時代の変化を先読みしながら成長を続ける当社の新戦力として、共に“未常識”を“新常識”に変えていく仲間を探しています。

こんなことやります

博報堂ケトル出身の当社代表 神谷準一が提唱する「クリエイティブPR」。
従来の広告代理店やPR会社にはない"強み"をもつ神谷製作所で、あなたがこれまでに培ってこられた経験・スキルを活かし、より高度な統合型コミュニケーションプランニングに挑戦していただきたいと思います。

クライアントの課題解決のためのコアアイデア開発から、ストーリー設計、PR戦略と4マス媒体、OOH、SP、イベント、WEB・SNS、デジタルを立体的に組み合わせた統合マーケティング戦略の企画立案及びクリエイティブディレクションまで幅広い業務をお任せします。
クライアントから直接ご依頼頂く案件だけでなく、大手広告会社のクリエイティブディレクターやプランナーと共に大規模企画を練り上げるケースもあります。
神谷製作所の強みである「クリエイティブPR」の企画力を活かしながら、世の中が騒つき、狙い通りのアクションが起こるコミュニケーション戦略を考え抜く仕事です。

実務年数は問いません。
大手総合広告会社でコミュニケーションデザイナーとしてご活躍されている方はもちろん、現在コピーライターとしてご活躍中の方のステップアップ転職も歓迎です。

【主な業務内容】
・統合型マーケティング戦略・戦術の企画、実施
(4マス媒体、OOH、SP、イベント、WEB・SNSなど、立体的な企画)
・クリエィティブの全体統括

【必須スキル・経験】
・クライアントへの戦略立案・企画書作成提案の経験
・PRの基本概念や実務内容の基礎知識
・PCスキル(Word/ Excel/ PowerPoint)

【あると望ましいスキル・経験】
・PRと広告を融合させた統合マーケティングの企画経験
・クリエイティブの基礎知識
・メディア(4マス/OOH/NET)の基礎知識
・コピーライターとしての実務経験
・PR業務(広告会社内PR部門またはPR会社)経験
・Photoshop / Illustrator / premiere / keynote 等
・英語、中国語
・チームマネジメント経験

まずは、カジュアル面談でお話ししましょう。

会社の注目の投稿

クリエイティブPRを通じて日本と中国の架け橋に|中国事業部・張暁暁
芸能マネージャーからの転身。クリエイティブPR領域での活躍を目指して|PRディレクター・東郷章人
クリエイティブとPRを掛け合わせたコミュニケーションに惹かれて|PRディレクター・坂本沙也加
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社神谷製作所
  • 2016/09 に設立
  • 35人のメンバー
  • 海外進出している /
  • 東京都港区北青山3-10-14 北青山ビル2F
  • Good Newsをつくる製作所のコミュニケーションデザイナー
    株式会社神谷製作所