Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
マーケティング、企画開発、広報
527 views

マーケ/PR向けセミナー!マーケターが考えるべきブランディング戦略とは?

ランサーズ株式会社

Meetup

2019.07.03
19:00 ~
at 東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル11F

主催するメンバー もっと見る

  • 婦人靴の販売員(副店長)を3年半、服飾雑貨の企画営業を3年半経験。
    2015年3月にスタッフとしてランサーズにジョインし、2016年1月から正社員に。

    現在は、ランサーズの法人向けプランを推進するチームでマネージャーを務めています。
    スタッフから入社しているので、各ポジションのメンバーが働きやすい職場環境作りを常に意識しています。

  • Webメディア「ログミー」の編集アシスタントを経て、スマートフォンゲームのデベロッパーへ入社。採用広報、総務などバックオフィス全般を担当していました。

    社内イベントの企画運営や制度立案など、文化醸成をうながすインナーブランディングにも注力し、コーポレート部門向けメディアの立ち上げを経験。

    現在はランサーズPR(ピープルリレーション)室で採用広報を担当しています。

    ビール好きがこうじて、オリジナルクラフトビールを作りました。ビールが好きな同僚募集中です。

  • アウトソーシング事業部 マネージャー

  • 長野県生まれ。新卒でWebシステムの会社へ入社後、Webサイトの企画・営業・制作に従事。その後ERPベンダーにて法人セールスを経て、2016年ランサーズへジョイン。現在はアウトソーシング事業部のマネージャーとして、コンテンツ制作のセールス・ディレクションチームの成果最大化に尽力している。

なぜ開催するのか

  • 1bf51cf3 d0f9 4ef3 9525 9cf96d3f0b11?1561024943 講演者:梶 望 ソニー・ミュージックレーベルズ エピックレコードジャパンオフィスRIA部長
  • 6d2a54a0 d7a7 4791 80ae da049093fe0a?1561024944 講演者:藤田 薫 ランサーズ株式会社 編集プロデューサー

【これからのマーケターが考えるべきブランディングの戦略とは?】
SEOやWeb広告が一般的なWebマーケティング手法として確立されている一方で、新規/既存顧客問わずの「顧客のエンゲージメント」作りが重要になってきています。

本セミナーでは、オリジナル記事や企画による集客やユーザエンゲージメントを高める「プロダクトのブランディング作り」をテーマに、ゲストを招いて講演を行います。

▼特別ゲスト
宇多田ヒカルのデビュー前から宣伝戦略に関わっているプロデューサーの梶望さん(ソニーミュージック)をお呼びして、エンタメマーケの視点からブランディングによる顧客ロイヤルティの重要性についても、語っていただきます。 

▼こんな人にオススメ!
・SEOや広告での成果で踊り場状態にいるマーケティング担当者 
・新たな視点でのブランディングを行いたい広報PR担当者 
・既存顧客とのエンゲージメントを高めたい販売促進担当者 
・ブランディング施策を行いたいが、社内提案のやり方がわからない若手ビジネスパーソン
※今回は法人所属の方向けのセミナーとなっておりますのでご注意ください。

こんなことやります

■セミナープログラム

【第1部】19:05~20:05
「宇多田ヒカルのマーケティングを通して見えた、ブランディングと顧客ロイヤルティに必要なこと」

ダウントレンドが続くいま、モノが売れない・動かないと言われ続けています。

特に音楽業界はデジタル化やサブスクリプションモデルなどサービスの多様化が進み、リスナーとの関係値作りが今まで以上に必要になってきています。

そんな中、宇多田ヒカル、AI、今井美樹、MIYAVIなどの宣伝プロデュースを担当し、戦略的なブランディングでヒットを作り出しているのが、ソニーミュージックの梶さん。

その梶さんに、宇多田ヒカルほかアーティストのマーケティングを通して見えてきた、ブランディングの重要性と目指すべき顧客ロイヤルティについて語ってもらい、企業(商品)の価値最大化のヒントをもらいます。

講演者:梶 望(かじ・のぞむ)
ソニー・ミュージックレーベルズ エピックレコードジャパンオフィスRIA部長

1995年(現)日本コロムビア入社。1996年(当時)東芝EMI入社(その後、EMI MUSIC JAPANへ社名変更。ユニバーサル ミュージック合同会社に吸収合併)。宇多田ヒカル、AI、今井美樹、MIYAVI、GLIM SPANKYなどの宣伝プロデュースを担当。2017年、宇多田ヒカルのレーベル移籍に伴い、ソニー・ミュージックレーベルズに入社。現在はレーベル業務のほか新規事業、オーディションなども兼務。
---------------------------------------
【第2部】20:10~20:40
「元KADOKAWA編集長が語る、ユーザーニーズにマッチした最新コンテンツ事例」

ランサーズでは現在、企業からの課題解決のためにSEO以外の記事・企画の提供も行っています。そのクリエイティブディレクションを行っているのが、大手出版社KADOKAWAで有名雑誌の編集長や書籍のプロデュースをしてきた、ランサーズ編集プロデューサーの藤田薫。今回は、最近のコンテンツマーケティングの潮流であるブランディング事例を紹介しつつ、オリジナル企画の重要性について紹介します。

講演者:藤田 薫(ふじた・かおる)
ランサーズ株式会社 編集プロデューサー

東京ニュース通信社「B.L.T.」創刊副編集長、MOOK編集長、マンガ雑誌編集を経て、2005年KADOKAWA入社。「週刊ザテレビジョン」「東京ウォーカー」編集長を経て2014年に書籍編集局長に。2017年ランサーズにジョイン。以来、編集プロデューサーとして様々な企業のコンテンツ制作、マーケティングコンサルティングに従事。
---------------------------------------
「ブランディング施策をコミットする制作体制の構築方法とは」

ブランディングの施策を成功に導く為には、実行が無理なくコミットできる体制構築が必要になります。同時に、限られた社内リソースの中で、マーケティングやブランディング戦略のコア業務に集中することが重要と言えます。

第2部の後半では、コンテンツクリエイティブにおける制作体制構築の事例とともに、制作外注を成功させる方法や当社でご支援可能な領域についてご紹介いたします。

講演者:土屋 剛志(つちや・たけし)
ランサーズ株式会社 アウトソーシング部 部長

2015年3月よりランサーズにジョイン。フリーランスを活用した制作受託スキームの体制構築を担当。
2017年10月には当時グループ会社だったクオント(現グロッサム)に出向、デジタルマーケティング領域におけるコンテンツ制作部隊のマネージメントを経験。
2018年4月から本社に戻り、2019年1月からは現アウトソーシング事業部の事業責任者となり事業推進を担当。
---------------------------------------
【第3部】20:40~21:30
「ランサーズ個別相談会」

ランサーズディレクターが皆様からの課題や実際の進め方について、細かくヒアリングさせていただきます。

■場所:ランサーズ株式会社「新しい働き方LAB」
東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル11F  
JR、東急、東京メトロ各線「渋谷駅」より徒歩3分
※渋谷ヒカリエの裏手のビルとなります。

■費用:無料

■持ちもの:名刺2枚

応募締め切り 2019.07.02 23:59
会場案内

東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル11F ランサーズ株式会社「新しい働き方LAB」

会社情報
ランサーズ株式会社
  • 2008/04 に設立
  • 160人のメンバー
  • 社長がプログラミングできる /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都渋谷区渋谷3-10-13 TOKYU REIT渋谷Rビル9F
  • Page top icon

    マーケ/PR向けセミナー!マーケターが考えるべきブランディング戦略とは?

    2019.07.03
    19:00 ~ at 東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル11F