Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
QAエンジニア
on 2019/09/18 138 views

自社サービスの品質ガイドラインをつくる、一人目のQAエンジニア募集!

クレジットエンジン株式会社

クレジットエンジン株式会社のメンバー もっと見る

  • PythonメインのWebエンジニアです。
    曖昧な要求から案件を起こしてリリースまで持っていける、自走可能なエンジニアでありたいと考えています。

    ## どんなエンジニアなのか
    WebフレームワークのDjangoを主に使っていて、Vue.js, React.jsでの開発もやっています。
    開発環境ではDocker、docker-composeを使いますが、運用ではコンテナネイティブの経験は無く、EC2などのインスタンスベースでAWSのマネージドコンソールから操作やCLIでの操作をしたりしています。
    (開発コードでもAWS向けPythonライブラリ(Boto)などの実装は経験しています。)
    ...

  • ゲーム開発を経験したくて大学は情報学部へ進みました。3 回生の頃からソーシャルゲーム開発会社でアルバイトを始め、サーバサイドエンジニアとして保守運用を経験し Fintech へ。

  • LENDY(https://www.lendy.jp/)というレンディングサービスの開発・運用をやっています。
    メイン言語はPython, PHPで、プライベートでGoも使っています。
    もくもく会のような勉強会に参加してコードを書くのが好きです。

  • 向山 裕介(むこうやま ゆうすけ)

    クレジットエンジン共同創業者取締役
    PM・エンジニア

    1988年生まれ。山梨県出身。
    一橋大学卒業後、公認会計士試験に合格し、株式会社エスネットワークスに入社。
    主な業務として、中小オーナー企業の事業承継支援・M&A支援・IPO支援などの、会計・税務・組織に関するコンサルティングに携わる。
    その後、フリーランスエンジニアとして、スタートアップのWeb開発、ブロックチェーン関連スタートアップでの開発・研究・事業立ち上げ等の経験を経て、2016年6月にクレジットエンジンを共同創業。

なにをやっているのか

  • 自社サービス「LENDY」
  • 自社サービスで得た知見を活かして事業展開しています。

クレジットエンジンは、2016年7月に誕生した
”データ×テクノロジーで、金融の仕組みを変える”
ことに挑戦している
オンラインレンディング(オンライン融資)のスタートアップです。

オフラインで融資を受けるためには、
決算書や事業計画書など多くの書類をそろえ、
金融機関で面談を受けた上で審査を通さなければなりません。

金融機関は提出書類の出来の良し悪しで判断する傾向があるため、
書類作成に慣れている大企業が有利で、
慣れていない中小企業は手間がかかりすぎるという課題がありました。

ようやく書類をそろえて面談を受けても、
融資判断の結果が出るまで非常に長く待たなければならず
問題点が多く存在していました。

この状況を変えたい。

「中小企業や個人事業主が資金調達に悩まされることなく、
本来の事業に注力できる環境を整えたい。」

クレジットエンジンはそのような想いも込め、立ち上がりました。

クレジットエンジンでは、このような課題をTechnologyにより解決したいと考えています。
具体的には、POSレジなどオンラインデータの活用によるペーパーレス化、
機械学習技術の活用による審査スピードと審査精度の向上、
リアルタイムデータを用いたビジネスの実情にそった継続的な審査です。

本サービスが新たな融資調達手段となり、
経営者の方々が負荷なくスピーディーに借入を行うことができる、
新たな社会インフラにしたいと考えています。

▼弊社サービス
機械学習を用いたオンライン完結型の中小企業向け融資サービス「LENDY」( https://www.lendy.jp/ )を開発し、
2017年1月にリリース致しました。
また、2018年1月にはランサーズとサービス連携したフリーランス向け融資サービス「フリーランスレンディング」をリリースしています。

その「LENDY」の運営で培ったノウハウを活かし、
金融機関等の事業者向けオンライン融資プラットフォーム「Credit Engine Platform」、クラウド会計などの外部データを取得し連携する「Credit Engine DataHub」を開発・展開しています。

▼メディア掲載
Tech Crunch Japan
http://jp.techcrunch.com/2017/01/30/creditengine/

The Bridge
http://thebridge.jp/2017/01/credit-engine-seed-funding

▼HP
https://www.creditengine.jp/

なぜやるのか

  • 東洋経済8/24号「すごいベンチャー100」に載りました。2019/08
  • 代表 内山です。

オンランレンディングサービスの開発は、代表の内山が、金融機関での融資経験や、東日本大震災の復興支援事業として中小企業の資金調達に関わっていた経験から強く感じた課題感が原点になっています。

「金融機関が求める資料をうまく作成できないためだけに、適切な評価がなされず、本来は融資を受けるべき中小企業に資金が届いてない。
どうやったら、この状況を打破できるのだろうか?」

一方米国では、このような課題を解決するものとして、資料作成が不要なオンライン融資サービスを提供するベンチャー企業が多数生まれ、既に社会インフラになりつつあります。

我々は、このオンライン融資サービスの提供を通じて、日本の中小企業が抱える資金調達上の悩みを少しでも解決したい、と考えています。

どうやっているのか

  • 現在21名のメンバーがいます。
  • リノベーションしたオフィスです。

設立直後のスタートアップでありながらも充実したメンバーで、サービスの運営・向上に日夜励んでいます。

公認会計士試験合格者という異色のフルスタックエンジニア、
コンピュータアーキテクチャにも長けた機械学習エンジニア、
銀行での融資経験に加え、SaaS企業でのビジネス開発経験を持つ代表、
ユニークな人材が集結しています。

そんな多様なメンバーが、上下関係もなく、楽しくサービス開発を進めています。

こんなことやります

クレジットエンジンで1人目の【QAエンジニア】を募集します。
品質管理からさらに一歩踏み込んだ挑戦をしていただきたいと思っています。

現在事業が立ち上げから成長させるフェーズに入ったところであり、
開発スピードを上げるためにも、
サービス開発と運用を支えるQAエンジニアを必要としています。

テストや品質の管理に止まらず、
組織づくりや開発プロセスの改善のアドバイスなど、
開発エンジニアとは異なる視点で事業に挑戦してください。
開発の視点ではなく、使う側の視点で事業を磨いてくれる方が必要です。

国内のオンラインレンディングの分野はまだ黎明期にあり、挑戦しがいのある分野です。
私たちと一緒に、次世代の金融サービスを作り上げましょう!

▼必須スキル・経験
- テストのポリシー・戦略が立てられる。
- 開発体制にQA視点の提案ができる。
- webサービスのQAエンジニアとして、ひと製品完成させたことがある。
or
失敗したが、学びを得て次に活かそうと思った経験がある。

▼知っていたら嬉しい知識
- webサービスのセキュリティ知識。
- ISO/IEC/IEEE 29119を知っている。

▼マッチする志向
・イチから品質向上に取り組みたい。
・自社サービスの品質向上に興味がある。
・受け身ではなく自ら発案・推進していきたい。
・新しいことへ挑戦したい。
・自社サービスでスピード感もって改善検証をしたい。
・課題に対して自ら思考し、動きたい。

▼環境
・言語 : Python 3.6/3.7
・WAF : Django 1.11/2.2
・DB : PostgreSQL
・フロント : Vue.js
・CI/テスト : Cypress, Selenium, CircleCI, Codecov
・インフラ : AWS, Docker, Nginx, Gunicorn
・その他 : Slack, GitHub, Celery, scikit-learn, Heroku, Asana, Salesforceなど
・MackBook Pro
・リモートワーク
・デュアルディスプレイ
・服装規定なし
・技術書購入助成制度あり

会社の注目の投稿

エントリー状況は公開されません
3人が応援しています
会社情報
クレジットエンジン株式会社
  • 2016/07 に設立
  • 20人のメンバー
  • 海外進出している /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都港区六本木7-3-24 goodoffice六本木 A-4
  • 自社サービスの品質ガイドラインをつくる、一人目のQAエンジニア募集!
    クレジットエンジン株式会社