Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
UI/UXデザイナー
on 2019/10/01 119 views

GOJO - 新しい金融の仕組みを作っていくUIUXデザイナー募集!

CAMPFIRE

CAMPFIREのメンバー もっと見る

  • 株式会社BrainCat 代表取締役社長 兼 最高技術責任者 中村貴一
    1986年生まれ。
    大学卒業後、SIerやソーシャルゲームの開発会社などでエンジニアとしてのキャリアを歩む。
    2014年、世界初の音楽機材のオンライン試聴サイトを開発し、Movida Japanのアクセラレータープログラムに採択されたことをきっかけに起業。
    その後、コンサルティング会社を経て、フリーランスエンジニアとして独立。これまで、大手ゲーム会社のWeb APIフレームワークの開発や大手人材会社の共通IDシステムの基盤開発を含む数多くのプロジェクトに従事。
    現在は、メルカリ、GMO Venture Partner...

  • 個人、企業含めてRubyOnRails, React, Blockchainなどを使ったアプリケーション開発をしています。

    一番得意なのはRubyとJavaScriptで、SPA から Rails の API などまで、一通りのことを業務でやってきました。
    学生時代からアプリケーション開発や新規事業の立ち上げに関わってきました。
    0から1をつくるのが得意。個人でも幾つかアプリケーションを開発したり、デザインも挑戦しています。
    OSS活動は趣味で作ったライブラリと、仕事で使っているものへのコントリビュートが好きです

    趣味はスノーボードとゲーム。大学生時代はトライアスロンで全国20位まで...

  • 2017年7月に株式会社 CAMPFIRE に Web ディレクターとしてジョイン。クラウドファンディングプラットフォーム CAMPFIRE でプロダクトマネージャー/プロジェクトマネージャー/ディレクターとしてユーザーへの価値提供を最大化するために毎日奮闘中。

    KPI 設計、数値分析、デザインを得意としており、0→1 と 1→10 両方のフェーズに合わせた戦略を立てて実行します。

  • CAMPFIREにて事業推進&HRを担当しています。
    ベンチャー領域の採用支援を経験後、2019年2月にCAMPFIRE入社。
    現在は主に採用関連や組織を整える仕事をしています。

なにをやっているのか

  • 共同財布サービス - Gojo

当社はクラウドファンディング「CAMPFIRE」運営をはじめ、個人や地域レベルで小さなつながりを持ち、支え合うコミュニティを「小さな経済圏」と称し、これらに属する個人やクリエイターを中心に様々な挑戦を支援するサービスを数多く展開しています。

◆サービス一覧
・購入型クラウドファンディング CAMPFIRE(キャンプファイヤー)
・融資型クラウドファンディング  CAMPFIRE Owners(キャンプファイヤー オーナーズ)
・継続課金型コミュニティプラットフォーム  CAMPFIREコミュニティ
・なめらかに、お金がめぐる、フレンドファンディング polca(ポルカ)
・社会問題と向き合う人のクラウドファンディング GoodMorning(グッドモーニング)
・まちでいちばん身近なクラウドファンディング FAAVO(ファーボ)
・「あったらほしい!」という妄想をクラウドファンディングにて商品化 CAMPFIRE Creation(キャンプファイヤー クリエーション)
・包括的金融サービス CAMPFIRE Bank( キャンプファイヤー バンク)
・コミュニティウォレット Gojo(ゴジョ)
・デザインリサーチツール hibana(ヒバナ)

【Gojoとは?】
Gojoは「共同生活をラクにするためのサービス」です。
例えば、夫婦で生活を始めると、家賃や公共料金、食費、家電購入などの支払いをどちらが行うのかといった問題が生じてきます。
・どちらが家賃を払い、どちらが食費を払うのか?
・どちらが家電を買い、どちらが家具を買うのか?
また、どちらか一方が負担するのではなく、お互いが折半する場合も、
・支払い先ごとに折半金額を決めるのが面倒くさい
・毎月お金の回収を行わないといけないのが面倒くさい
といった問題が生じます。
Gojoは、こうした問題を「グループ単位で支払うべきお金を個人単位で支払っているために生じている」と考えております。
Gojoを使えば、「アプリ上で簡単に共同で利用できる財布を作ることができ、共同のお金をそこで管理できる」ようになります。グループ単位でお金を入れ、必要な支出があった際にお金を引き出すことができます。
Gojoは、個人の財布とグループの財布を明確に分けて管理することにより、グループのお金管理をラクにしていっています。

なぜやるのか

  • 「傍観者になるな」のカルチャーに基づき、役割や担当を超えて、様々なプロジェクトに関わり合っています。
  • 出身や経験はバラバラで、いろんな人が活躍しています。

◆Mission:資金集めを民主化し、世界中の誰しもが声をあげられる世の中をつくる。
インターネットが普及したからこそ出来るようになったこと、を私たちはよく考えます。 それは、誰しもが、例え小さくても、声をあげられるようになった、ということではないでしょうか。 今まで一部の人たちや組織が独占していたりして手が届かなかったものが、 インターネットによって一般の私たちにも気軽に使えたり参入できるようになりました。 クラウドファンディングは資金集めを民主化した仕組みだと私たちは考えます。 「小さな火を灯しつづける」を合言葉に、私たちは誰でも声をあげられる世界を創っていきます。

◆Vision:優しい革命をおこす
私たちはインターネットを通じて革命を起こし、あらゆるものを個人の手の元に取り戻します。 既存の仕組みを破壊するのではなく「アップデート」する。
血の流れない革命、それを私たちは「優しい革命」と名付け、ビジョンとして掲げています。

◆お金の流れをカラフルに。
「お金には色がない」と言われます。お金に綺麗も汚いもないという意味ですが、私たちはむしろ、もっとお金に色をつけ、カラフルな世界にしていきたい。スマホの浸透による、決済や送金の電子化。ブロックチェーンや暗号通貨などのテクノロジーの進化。お金は物質としての実態を失っていき、決済や送金のコストは極限までゼロに近づいていく。そんな近い未来、お金はコミュニケーションのツールとなっていくのではないでしょうか。例えば、鳥取の学生にプログラミングの書籍代を300円送る。例えば、古民家を改装してカフェをやろうとする若者に500円を支援する。例えば、好きなミュージシャンのレコーディング費用を3,000円送る。例えば、ある作家のオンラインコミュニティに3,000円で参加する。例えば、カンボジアの農家に農機具代を少額で融資する。そうやってコミュニケーションと共にお金が流れる世界では、きっとカラフルなはず。カラフルな感情がのった、お金のコミュニケーション。私たちはそんな世界を目指していきます。

どうやっているのか

  • 働き方にも寛大でマイペースに仕事ができる環境です。
  • フレックス制度あり。もちろん、リモートも可能です。

◆10のValueをもとに、徹底的にプロダクトファーストな組織へ
私たちの目指す世界は、すでにある市場などではありません。私たちは一体誰のために、どんな世界を創るために、サービスを提供していくのか。そのためにはビジネス主体ではなく、想いを形にするため、プロダクトファーストであり続ける必要があります。
プロダクトファーストを実現するために、サービスごとの事業部制を敷いており、意思決定を迅速に行なっています。各チームやユーザーから寄せられる要望は、全スタッフが見られる形で可視化し、スピーディにプロダクトに生かしています。

◆大胆に挑戦し、数多くの失敗から学んでいく
Valueの1つに「安易に答えを出すのではなく、常に問い続けよう。学びを怠らず、 慢心せず、謙虚な気持ちでいよう。正解なんて無い。この世は課題だらけだ。」という一文があります。
激動する時代の変化の中で、プロダクトもまた変化しつづける必要があります。そのためには失敗や批判を恐れず、常にチャレンジしつづけることが大事です。大胆に挑戦し、数多くの失敗から学んでいくために、新しい技術の採用も含め、プロダクトファーストな組織として何ができるのかを常に問い続けていきます。

▽参考記事
CAMPFIREのミッション・ビジョン・バリュー
https://campfire.co.jp/vision/

こんなことやります

【仕事の魅力】
◉世の中を根本的に便利にするサービスを作っていける
◉新しいサービス作りを学んでいける
◉高い問題解決能力が身につく
◉プロダクトの成長フェーズに携われる

【具体的な仕事内容】
◉リデザイン
 →既存のデザインのシンプル化、ユーザービリティ向上
 →デザインリニューアル(数ヶ月スパンで大きなリニューアルをしています)
◉新規機能、新規画面の企画、デザイン
◉データ分析(=課題設定)→仮説考案、調査、検証

------------------------------------
【必須条件】
◉実務経験3年以上
◉Figma、Sketch、PhotoshopIllustratorなどを使いこなせるスキル
◉自社サービスのデザインに関わった経験がある方
◉ユーザーインタビュー・リサーチの経験がある方
◉アクセス解析ツールなどを活用して数字をベースにしたデザイン改善企画の経験がある方

【歓迎条件】
◉HTML・CSSなどのコーディングスキル
◉SQLの知識

【求める人物像】
◉サービス・技術に対して好奇心のある方
◉サービス・プロダクトの品質に責任を持てる方
◉メンバーと上手くコミュニケーションをとりながら、自走できる方

【働き方】
◉フレックス(コアタイム:11:00-16:00)
◉リモート勤務
(個人の生産性を重視した自由な働き方を推進しています)

【採用背景】
現在、Gojoは共同生活をラクにするための第一歩として「共同のお金管理をラクにしていく」機能を提供しており、多くのご家庭やシェアハウス、コミュニティなどでご利用いただいております。これまで1500を超えるグループが組成され、流通金額も1億円を突破しております。
そして、今後、Gojoは「共同のお金管理アプリ」から「共同生活をラクにしていくアプリ」に進化していきます。

共同生活にはお金管理以外にも様々な問題があります。
例えば、Amazonで物を買うときに誰か個人のアカウントで購入しないといけなかったり、旅行に行くときに誰かの個人アカウントで申し込みを行わないといけなかったりします。

そうした問題を解決するために、今後、Gojoは、グループ単位でアカウントを作り、グループ単位で支払いが終わるようにしていきます。共同のアカウント管理の機能を作り、また、共同財布に紐づくデビットカードの発行なども行なっていきます。来年からプレミアムサービスの提供も始まります。

今後、そうしたことを実現していくにあたり、短いスプリントで0→1の連続をしながら圧倒的にプロダクトを成長させていくためのデザイナーを募集いたします。

【採用責任者からのメッセージ】
現在、世界的に「チャレンジャーバンク」や「ネオバンク」と言われる新しい銀行が増えつつあります。
ブラジルのNubank、イギリスのRevolut/Monzo、ドイツのN26など、IT立脚の金融サービスが広がってきています。
自分たちは、そうした流れの中、共同体での生活を円滑にするためのプロダクトを作っています。

新しい金融の形でもあり、新しいライフスタイルの形でもあるプロダクト。
便利で、生活に根ざすプロダクト。
今後の世の中の基盤を作っていくプロダクト。

そうしたプロダクトを一緒に作っていきましょう!

会社の注目の投稿

エントリー状況は公開されません
3人が応援しています
会社情報
CAMPFIRE
  • 2011/01 に設立
  • 91人のメンバー
  • 海外進出している /
    3000万円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
    社長がプログラミングできる /
  • 東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル5F
  • GOJO - 新しい金融の仕組みを作っていくUIUXデザイナー募集!
    CAMPFIRE