Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
動画コンテンツマーケター
3
エントリー
on 2019/10/05 178 views

神田昌典"成功者の告白"が大好きな人へ。一緒に新しい動画ビジネスを創ろう!

RABBIT CREATIVE Inc.

RABBIT CREATIVE Inc.のメンバー もっと見る

  • 2010年、兵庫県立大学経営学部在学中に映像制作事業を創業。2011年から約3年、動物病院グループ5病院の経営に携わり、人事・広報PR・マーケティング・業務合理化・組織活性化まで、社内外のコミュニケーションデザインの革新に取り組んだ。外資系製薬会社にて営業職を経験後、株式会社パラドックス、株式会社ミライロを経て、株式会社ラビットクリエイティブを創業。

  • 2018年6月より株式会社ラビットクリエイティブにおいて約10ヶ月間、映像クリエイターとしてインターンを経て、2019年4月に新卒入社。同年10月から株式会社ラビットクリエイティブのブライダルサービス事業部門のサブマネージャーとして、映像撮影・編集だけでなく、外部スタッフのマネジメント、広報マーケティングも行っています。

  • 2019年4月中途入社の梅田幹太です。
    主に採用領域の動画制作ディレクションを行なっています。
    高校までは硬式野球をしており、小学校からキャッチャーをしていました。
    大学では和太鼓団体に所属し、舞台を通して、感動を届ける企画演出、演奏をしておりました。

    大学卒業直前に出逢った、「ブランディング」という考え方に心惹かれ、新卒入社した会社では、映像を使った新規事業チームに所属。そして、自分でクリエイターの道を歩むべく、動画マーケティング、ブランディングを行う、RABBIT CREATIVEに転職しました。

    現在は、主に採用領域のマーケティング動画のディレクションや、自社の採用広報を担当し...

  • 兵庫県篠山市生まれ。神戸松陰女学院大学人間科学部心理学科卒。心理カウンセリングもできるブライダルビデオグラファー。VCA認定心理ファシリテーター、認定心理セラピスト。誕生日にサプライズ映像を制作したことを機に、デザインと映像に魅せられ、本格的に学び始める。在学中から企業PVや音楽PV制作を多数手がけた後、日本最大手ブライダル映像会社にて数々の高級ホテルでの結婚式の映像制作経験を経て、同社のカメラマンコンテストにおいて3部門の中で2冠を達成、優秀者として表彰される。
    一眼ムービーの美しさと可能性に魅了され、2012年よりブライダルシネマトグラファーとして独立。Merci Wedding c...

なにをやっているのか

私たちのクライアントが口を揃えて言ってくださるのは
「自分たちよりも、自分たちのことを考えてくれた」
という信頼です。

こちらがその実際のクライアントの言葉(動画)です。

株式会社フェリシモ様
https://youtu.be/fUXQG3kz4UE

株式会社買取王国様
https://youtu.be/LIgepggQseQ

株式会社名鉄レストラン様
https://youtu.be/T4BViBzCQzQ

なぜこのような声をいただけるのか?
その理由は、創業者が語るラビットクリエイティブのビジョンにあります。

(動画)創業者が語るラビットクリエイティブのビジョン
https://youtu.be/LH2CCXnKX9k

============
 LOVE & INNOVATION
============

RABBIT CREATIVEとは
「愛される人生」を生きたい人ためのコミュニティだと考えています。

SNSによって「個」の力が強くなった結果、
スマホ一台でも、たった一人でも、
十分にビジネスで稼ぐことができる世の中になりました。

そもそも「会社」という制度が意味をなさなくなりつつある現代で、
それでも同じ組織として雇われて働く意味とは何でしょうか。

雇用とはひとつの契約形態に過ぎません。
そのことを理解できていない経営者はこの先淘汰されると考えています。

わたしたちは、同じ価値観を共有した仲間とともに、
自分のやりたいことに向かって、共に学び、共に成長し、貢献できる喜びを分かち合いたい。

そうして、周りから愛されて、家族から応援される、誇らしい人生を生きたい。

私たちは、そんな「人としてのあり方=LOVE」を大切にする仲間とともに

「世の中をより良く革新する」ことで、高い付加価値と収益性を実現させていくチームです。

なぜやるのか

  • 創業者のバイブル①「戦わない経営」 著:浜口隆則
  • 創業者のバイブル②「成功者の告白」 著:神田昌典

戦後70年が過ぎ、世代は入れ替わり
多くの業界・産業が、新たなあり方・やり方・考え方を取り入れざるを得ないはず。

にも関わらず、
未だに権益を捨てきれないことによって
次世代にとって最適化された社会にはなりきれていない日本。

ラビットクリエイティブは、
「愛」などといった「キレイゴト」を語る者たちこそが
マーケティングという技術を手にすることが必要だと考えます。

いま世界は、稼ぎ方を知っているだけの者が
資本を手にして、社会的に影響力を得ているのです。

新しいテクノロジーによって、既得権益が壊れ、革新されていく
このテクノロジーの波を利用してチャンスを掴み、
力を手にすることで、よりよい社会へと進歩させる

大切なことは、応援される「人としてのあり方」
そして、その無謀とも思われるビジョンを実現していくための現実的な「やり方・戦略」

この2つを「LOVE & INNOVATION」として
会社の大切な価値行動基準に置きました。

どうやっているのか

  • 映像制作の現場
  • 社員研修合宿の様子

★これら本をすべて知っていて、大好きという方はすぐにお会いしましょう。
★あるいはこれらの本を読まれて感銘を受けた方、お会いしましょう。

<経営方針>
・戦わない経営 浜口隆則
・成功者の告白 神田昌典

<事業運営方針>
・星野リゾートの事業戦略はなぜ社員に支持されるのか~意思決定のプロセスを共有すれば人は自ら動き出す~

<ブランディング方針>
・永遠に愛されるブランド ラブマーク ケビンロバーツ

<教育方針>
・成功する心理モデル 栗原英昭

<制作方針>
・佐藤可士和の思考整理術 佐藤可士和

こんなことやります

ここまでお読みいただきありがとうございます。
ここで初めて明かしますが、私たちは動画クリエイティブとデジタルマーケティングの力で、
世の中のコンテンツ・サービス・商品を届けるマーケティングエージェンシーです。
5G回線が2024年までに日本の90%以上のエリアをカバーしようとしているこの絶好のタイミングで
しっかりとこのトレンドを掴むために、いまよりもさらに企業として組織としての実力をつけて、
アジアに革新を起こせる、日本を代表する動画マーケティング企業になりたいと思っています。

これまでは「動画」と書かれた募集記事だけで、大変多くの方からの応募がありました。
しかし私達が求めている仲間とは「5G」や「動画」というキーワードだけに惹かれてくるような方ではありません。
そのような方はぜひ「動画制作会社」「〇〇制作会社」「コンテンツマーケティング会社」へ応募してください。

なぜなら、日本のリアルビジネスの動画化・デジタル化を最先端で推進していくためには
私達がどこよりも誰よりも「リアル」を大切にして生きてきた人でなければならないからです。

リアルとは「人と人」つまり「信用」です。
真に高収益で持続性のあるビジネスとは「信用」の上に成り立ちます。
小さな信頼を得て、信頼を何度も投資し、やがて大きな信用になり、その大きさこそが利益の大きさになります。
それを肌感覚で理解できる人とだけ、これから事業を拡大成長させていきたいと心から思っています。

そのような人間が集まった組織こそが、
どこにも負けない本物の「デジタルコンテンツ」を生み出してゆけると確信しているからです。

日本からアジアへ。アジアから日本へ。

ここまで読んでいただいた方にだけ、
私達の事業内容とビジョンを少し説明させていただきます。
ぜひ、下記をご覧いただいた上でご応募ください。

https://www.wantedly.com/companies/rabbitc

ラビットクリエイティブのやり方とあり方に賛同し、
自ら学び、自ら行動し、仲間に貢献しようとしている人を採用します。

新しい仲間とお会いできるのを楽しみにしています。

会社の注目の投稿

2019年 暑中お見舞い申し上げます
毎週金曜日はみんなでランチの日♪
RABBIT CREATIVEの大冒険 -マーケターとクリエイターの壁を吹き飛ばせ!-
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
RABBIT CREATIVE Inc.
  • 2015/12 に設立
  • 6人のメンバー
  • 大阪府大阪市西区阿波座1-7-12 東新ビル503
  • 神田昌典"成功者の告白"が大好きな人へ。一緒に新しい動画ビジネスを創ろう!
    RABBIT CREATIVE Inc.
    // this is to prevent logEvent from being undefined when using adblock