Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
Biz Dev /事業開発
on 2019/10/08 199 views

銀行・金融業界からスタートアップへ挑戦したいBiz Dev募集!

クレジットエンジン株式会社

クレジットエンジン株式会社のメンバー もっと見る

  • 国内金融機関において、コーポレートローン、ストラクチャードローン業務を経験し、仙台市に転居。東日本大震災後の中小企業復興支援事業の立ち上げに従事。
    その後、米国UCLA Anderson School of Businessに留学。
    在学時には現地のベンチャー キャピタルでのインターンや、仮想現実(AR)関連技術のスタートアップに参画 。
    帰国後国内ベンチャー企業に入社し、B2BSaaSサービスの営業や事業開発などに従事。
    好きな言語はノルウェー語。

  • 趣味はお笑いをみることです。
    大学では落語研究会に所属し、実際に演芸会や慰問(小学校、老人ホーム等)で演じていました。
    経歴は、下記です。
    銀行→再生系コンサル→物流系ベンチャー→金融系ベンチャー

  • 向山 裕介(むこうやま ゆうすけ)

    クレジットエンジン共同創業者取締役
    PM・エンジニア

    1988年生まれ。山梨県出身。
    一橋大学卒業後、公認会計士試験に合格し、株式会社エスネットワークスに入社。
    主な業務として、中小オーナー企業の事業承継支援・M&A支援・IPO支援などの、会計・税務・組織に関するコンサルティングに携わる。
    その後、フリーランスエンジニアとして、スタートアップのWeb開発、ブロックチェーン関連スタートアップでの開発・研究・事業立ち上げ等の経験を経て、2016年6月にクレジットエンジンを共同創業。

  • 中尾 彰博

なにをやっているのか

  • 自社サービス「LENDY」
  • 自社サービスで得た知見を活かして事業展開しています。

クレジットエンジンは、2016年7月に誕生した
”データ×テクノロジーで、金融の仕組みを変える”
ことに挑戦している
オンラインレンディング(オンライン融資)のスタートアップです。

オフラインで融資を受けるためには、
決算書や事業計画書など多くの書類をそろえ、
金融機関で面談を受けた上で審査を通さなければなりません。

金融機関は提出書類の出来の良し悪しで判断する傾向があるため、
書類作成に慣れている大企業が有利で、
慣れていない中小企業は手間がかかりすぎるという課題がありました。

ようやく書類をそろえて面談を受けても、
融資判断の結果が出るまで非常に長く待たなければならず
問題点が多く存在していました。

この状況を変えたい。

「中小企業や個人事業主が資金調達に悩まされることなく、
本来の事業に注力できる環境を整えたい。」

クレジットエンジンはそのような想いも込め、立ち上がりました。

クレジットエンジンでは、このような課題をTechnologyにより解決したいと考えています。
具体的には、POSレジなどオンラインデータの活用によるペーパーレス化、
機械学習技術の活用による審査スピードと審査精度の向上、
リアルタイムデータを用いたビジネスの実情にそった継続的な審査です。

本サービスが新たな融資調達手段となり、
経営者の方々が負荷なくスピーディーに借入を行うことができる、
新たな社会インフラにしたいと考えています。

▼弊社サービス
機械学習を用いたオンライン完結型の中小企業向け融資サービス「LENDY」( https://www.lendy.jp/ )を開発し、
2017年1月にリリース致しました。
また、2018年1月にはランサーズとサービス連携したフリーランス向け融資サービス「フリーランスレンディング」をリリースしています。

その「LENDY」の運営で培ったノウハウを活かし、
金融機関等の事業者向けオンライン融資プラットフォーム「Credit Engine Platform」、クラウド会計などの外部データを取得し連携する「Credit Engine DataHub」を開発・展開しています。

▼メディア掲載
Tech Crunch Japan
http://jp.techcrunch.com/2017/01/30/creditengine/

The Bridge
http://thebridge.jp/2017/01/credit-engine-seed-funding

▼HP
https://www.creditengine.jp/

なぜやるのか

  • 東洋経済8/24号「すごいベンチャー100」に載りました。2019/08
  • 代表 内山です。

オンランレンディングサービスの開発は、代表の内山が、金融機関での融資経験や、東日本大震災の復興支援事業として中小企業の資金調達に関わっていた経験から強く感じた課題感が原点になっています。

「金融機関が求める資料をうまく作成できないためだけに、適切な評価がなされず、本来は融資を受けるべき中小企業に資金が届いてない。
どうやったら、この状況を打破できるのだろうか?」

一方米国では、このような課題を解決するものとして、資料作成が不要なオンライン融資サービスを提供するベンチャー企業が多数生まれ、既に社会インフラになりつつあります。

我々は、このオンライン融資サービスの提供を通じて、日本の中小企業が抱える資金調達上の悩みを少しでも解決したい、と考えています。

どうやっているのか

  • 現在21名のメンバーがいます。
  • リノベーションしたオフィスです。

設立直後のスタートアップでありながらも充実したメンバーで、サービスの運営・向上に日夜励んでいます。

公認会計士試験合格者という異色のフルスタックエンジニア、
コンピュータアーキテクチャにも長けた機械学習エンジニア、
銀行での融資経験に加え、SaaS企業でのビジネス開発経験を持つ代表、
ユニークな人材が集結しています。

そんな多様なメンバーが、上下関係もなく、楽しくサービス開発を進めています。

こんなことやります

オンラインレンディングプラットフォームを成長させるBiz Dev(事業開発)を募集しています。

◆サービスについて
クレジットエンジンでは金融機関向けにオンラインレンディングプラットフィームを提供しています。
これまで自社グループにおいてオンライン融資サービス『LENDY』で実際に開発・運用してきた実績を元に、LENDYで利用している技術のコア部分を活用し、金融機関に対してプラットフォームの提供を行なっております。
弊社サービスの強みは、実際にオンラインレンディングを運用することで改善してきた高度なUI/UX、効率化・自動化されたオペレーションシステム、多様なデータを取り込み利用できることです。
同プラットフォームはこれまでに三菱UFJ銀行さま、みずほ銀行さまにご利用いただいています。
今後、地方金融機関や、大手グループの金融子会社、海外の金融機関などへ提供範囲を拡大していきます。

◆Biz Devの仕事
・クレジットエンジンプラットフォームの事業推進
 - サービス開発(仕様設計など)
 - 新規顧客(金融機関)の獲得
 - 外部サービスとの連携など
・新規事業の開発
 - 債権回収の仕組み作り
 - 海外戦略の推進
 - データハブ事業の開発など

◆必要なご経験(どちらかでも可)
 - 金融機関での法人融資経験(3年以上)
 - WEB系の企業等での事業提携の経験
 
◆こんな方に是非
 - 金融機関での経験をベースに、新しい環境でチャレンジしたい
 - Fintech・オンラインレンディングに強い関心がある
 - スタートアップでダイレクトに事業を動かしたい
 - 金融の新しいインフラをつくりたい
 - かす、かりるの負を解消したい 

◆働き方について
メンバーの平均年齢は30代後半で、お子さんのいる方も多く働いています。
業務によりリモートも可能なので、プライベートとのバランスは取りやすいかと思います。
ちなみに深夜休日の残業等は基本NGです。
私たちはフレキシブルな環境で自主性・自律性を持って仕事をします。

まだ転職は考えていないけど、興味がある
少し話を聞いてみたい
そんな方も大歓迎です!
まずはカジュアルに会社やサービスについてお話させてください。

会社の注目の投稿

エントリー状況は公開されません
6人が応援しています
会社情報
クレジットエンジン株式会社
  • 2016/07 に設立
  • 20人のメンバー
  • 海外進出している /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都港区六本木7-3-24 goodoffice六本木 A-4
  • 銀行・金融業界からスタートアップへ挑戦したいBiz Dev募集!
    クレジットエンジン株式会社