Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
サービス開発ディレクター
on 2019/10/17 113 views

SaaS型オンライン医療サービスのサービス開発ディレクター大募集!

メドピア株式会社

メドピア株式会社のメンバー もっと見る

  • 1999年、信州大学医学部を卒業し、東京女子医科大学病院循環器内科学に入局。 研究テーマは、血管再生医学。 2003年12月に若手医師のネットワーク「ネット医局」を設立し、代表に就任。
    2004年12月に株式会社メディカル・オブリージュ(現メドピア株式会社)を設立。
    現在も、一週間に一度の診療を継続し、医療現場に立つ。日本内科学会認定内科医。

  • 1996年4月、藤田観光株式会社に入社。2003年12月に株式会社ディー・エヌ・エーに入社。子会社の社長を経て、2009年に執行役員 EC事業本部長に就任。大手企業とのJV設立や協業を手掛け黒字化まで推進。2013年3月に同社を退社後、ベンチャーや大手企業の各種プロジェクトを支援。2015年4月に株式会社ベータカタリストの取締役に就任し、2015年11月に同社が設立した遠隔診療プラットフォームを提供する株式会社Mediplatの代表取締役 CEOに就任。2016年7月にメドピア株式会社執行役員、同年12月に取締役に就任。

  • PwCC, IBCS, IBM時代には、自社ITサービス企画・運用、プロセス改革、組織改革、人事制度改革、営業改革等、多岐に渡るサービスを提供。主な担当業界は、官公庁・大学、製造業、製薬業界、保険業界。
    2011年にメドピア株式会社に転職。当初はアカウントパートナーとして複数の製薬企業を担当、その間、ユーザーサポートチームの立ち上げ、リーダーを兼任。メディア統括担当を務めてから経営企画部に異動したものの新規事業立ち上げに失敗。その後キャリアサービス部長を経て、2017年からグループ会社の株式会社フィッツプラスの代表取締役に就任。現職。

  • 2019年4月よりメドピアへ入社し中途採用実務全般を担当。
    これまではエージェントの立場で一貫してヘルスケア・メディカル領域の中途採用や転職支援に関わってきた上で、今後の自身のキャリアを事業会社の人事にシフトしたく、メドピアとの出会いを信じてジョインすることにしました。
    まだ入って間もないですが、メドピアの魅力を外に発信しながら優秀な方に弊社を選んでいただけるように採用力強化に邁進しております!

なにをやっているのか

  • 医師12万人が参加する医師専用コミュニティサイト「MedPeer」には、医師の"集合知"が集積しています
  • オンライン医療相談「first call」は、日常生活でのちょっとした身体の悩みや疑問をスマホやPCから医師に相談できます

メドピアグループの事業はすべて、「Supporting Doctors, Helping Patients.」(医師を支援すること。そして患者を救うこと)のミッションに沿って展開しています。

・医療従事者や医療現場をサポート(Supporting Doctors)する「ドクタープラットフォーム事業」
・個人の予防や健康増進をサポート(Helping Patients.)する「ヘルスケアソリューション事業」
この2つの事業体を軸にして多数のヘルステックサービスを企画・開発しています。

すべての事業の基盤になっているのは、医師12万人(国内医師の3人に1人)が参加する「MedPeer」のドクタープラットフォーム。最近は、スギ薬局などの大手からベンチャーまで、多数の企業とも積極的に提携をしながら、新規事業の開発を加速化しています。

▼ドクタープラットフォーム事業
・医師専用コミュニティサイト「MedPeer」※医師会員限定
 https://medpeer.jp/
・医師の求人・アルバイト情報サービス「MedPeer Career」
 https://career.medpeer.jp/
・医師のスカウト型転職支援サービス「MedPeer SCOUT」
 https://scout.medpeer.jp/land
・開業医のための開業・経営支援サービス「CLINIC Support」
 https://clinic.medpeer.jp/
・薬剤師専用コミュニティサイト「ヤクメド」
https://yakumed.jp/lp
・かかりつけ薬局化支援サービス「kakari」

▼ヘルスケアソリューション事業
・オンライン医療相談プラットフォーム「first call」(株式会社Mediplat)
 https://firstcall.md/
・管理栄養士による食生活コーディネート「ダイエットプラス」(株式会社フィッツプラス)
 https://dietplus.jp/
・医師と患者をむすぶメディカルサービス「イシコメ」
 https://ishicome.medpeer.jp/
・スギ薬局とのセルフケアサービス「スギサポ」シリーズ(株式会社スギ薬局/株式会社Mediplat)
 ミールデリバリー「スギサポdeli」(https://sugisapo.ws/
 食事記録アプリ「スギサポeats」
 歩数記録アプリ「スギサポwalk」
・その他新規サービス

なぜやるのか

  • 代表の石見は今も週1回診療を行う現役の医師です
  • 私たちは「集合知により医療を再発明する」ことを目指しています

【Mission(存在意義)】
Supporting Doctors, Helping Patients. ~医師を支援すること。そして患者を救うこと。~

医師をはじめとした医療従事者は、目の前の人の命を救うために日々戦っています。私たちはITの力で彼らをエンパワーし、さらに患者と医療従事者をつなぐことで、1人でも多くの方々の命を救い、健康な世の中を創るために事業を行っています。

【Vision(実現したい姿)】
集合知により医療を再発明する。

メドピアグループには、「MedPeer」に集まる医薬品の口コミや症例のQ&Aデータ、「first call」に集まる医療相談のQ&A、「ダイエットプラス」に集まる管理栄養士の食事アドバイスなど、専門家の知見による様々な「集合知」データが蓄積しています。これら集合知をプラットフォーム化して活用していくことで、これまでにない理想の医療を「再発明」することが、私たちの目指すビジョンです。

当社は医師12万人(国内医師の3人に1人)が参加するドクタープラットフォーム「MedPeer」を運営しており、そこでは医師同士が薬剤や症例についての臨床経験を「集合知」として蓄積・共有しています。
この医師の集合知によって医療を再発明し、1人でも多くの患者を救うために事業を行っています。
最近では、このドクタープラットフォームを活用し、医師と患者をオンラインでつなぐ遠隔医療相談など、コンシューマー向けの事業も多数展開しています。
現在、日本は医療費高騰や医師不足といったリソースの問題において危機的な状況にあります。
この問題を解決するために政府の動きも活発化しており、この数年でIT活用に向けた規制緩和が急速に進んでいます。

上記のような状況下、弊社のようなIT領域においてある種先駆者となっている事業会社が、医療のインフラを大きく変えるサービスを創り出すチャンスになります。

どうやっているのか

  • メドピアには異業界から多様なメンバーが集まっています
  • オンライン産業医面談のサービスを行っています。

メドピアグループには、エンジニアやコンサルタント、医師、管理栄養士など、異業界からさまざまな職種のメンバーが集まっています。

医療の知識は必要としていません。先入観なく医療の現状を見つめ、医師たち専門家と共に新しいソリューションをゼロから生み出すことを大切にしています。

メドピアグループには、エンジニアやコンサルタント、医師、管理栄養士など、異業界からさまざまな職種のメンバーが集まっています。

医療の知識は必要としていません。先入観なく医療の現状を見つめ、医師たち専門家と共に新しいソリューションをゼロから生み出すことを大切にしています。

【Credo(約束)】
チーム一丸となってMissionとVisionを実現していくために、1人ひとりが行動するときに大事にしているのが3つの「Credo」です。
日々の仕事においてはもちろん、新たなメンバーを迎える採用活動においても大事にしています。

ー当事者ー
❝われわれ❞意識で成し遂げる
何事も自分事として考え、最後までやりきる

ー共創ー
❝はみだす❞ことを厭わない
自分の役割に固執せず、助け合いながら、チームで目的を実現する

ー追求ー
健全に❝ぶつかり合う❞
仲間を信頼して一歩踏み込み議論し、価値を最大化する

Credoに関する思いはこちらも参考にしてください
https://medpeer.co.jp/corp_blog/398.html

こんなことやります

メドピアグループでは、「Supporting Doctors, Helping Patients.」のミッションのもと、予防、未病にフォーカスをしたヘルスケアソリューションサービスの事業範囲を拡大しています。
「健康経営」「働き方改革」が推進される中、産業保健支援事業を推進するSaas型ソリューションサービスである[first call]のサービス開発をお任せいたします。

【業務内容】
・各ステークホルダーに向けた新規サービス開発
・企画書、ワイヤーフレーム、画面遷移図、仕様書等のドキュメント作成
・既存サービスのKPI向上のための改善施策企画/開発・制作進行/改善設計のサービス開発に関わるPDCA業務
・ユーザーテストの計画・実施 等

(※)産業保健支援事業について
現在、法人向けに以下3つの産業保健支援サービスを提供しています。
(1)オンライン医療相談
日常生活における自身や家族の健康上の不安や悩みについて、チャットやテレビ電話でいつでもどこからでも医師に相談ができるサービス。一般内科や小児科、産婦人科、精神科など全12科目での相談に医師が実名で回答します。
(2)オンライン産業医
産業医の定期訪問からオンラインでの面談まで、産業医業務を受託するサービス。産業医面談をオンラインでも可能とすることで、国内外の支社の従業員など、面談調整が困難であった従業員とも早期に面談が設定できることに加えて、日程調整など人事の業務負担も軽減します。
(3)ストレスチェック
Webやアプリで簡単に従業員のストレスチェックや、部門やチームなど職場毎のストレス状況を可視化するサービス(アプリは2019年6月より提供開始)。オンライン医療相談の無料オプションとして提供し、オンライン産業医と合わせて導入することで、ストレスチェック後の産業医面談までをオンライン上でワンストップで実施することが可能となります。

【魅力】
・メドピアグループ初のSaaS型サービスであり、グループ内の注力事業の1つです。
・マーケットのニーズと事業内容の親和性が高く、意義のあるサービスを世の中に拡げることに注力頂きます。
・少数精鋭の組織のサービス拡大期で事業の成長を実感しながら仕事をすることができます。

【必須要件】
・サービス企画経験のある方
(企画設計、ワイヤーフレーム、画面遷移図、仕様書作成経験含む)
・データ分析からの課題抽出と改善案実行などのPDCA実行経験のある方

【歓迎要件】
・サービスの立ち上げから運用まで一貫して携わった経験のある方
・マーケティング戦略の立案、戦略に基づく企画の立案・運用経験のある方
・プロジェクトマネジメントの経験のある方

【求める人物像】
・事業やサービスに対する当事者意識の高い方
・ユーザーの行動を変え、満足していただくことに喜びややりがいを感じられる方
・プロジェクトの成功のために、自分の役割範囲を限定せず新しいことにも挑戦できる方
・成功事例や失敗事例含めて、その原因を追究することが好きな方

会社の注目の投稿

なぜそうなるのか?ーーあくなき探求心が育てた社内随一の技術力【アプリエンジニア・笹谷清隆】
MedPeerの健全なコミュニティ文化を守っているのは、最強のドクターサポートだった【メドピア・柳沢綾香】
デザインはただ「見た目を良くする」仕事じゃない。メドピアのデザイナーに求められる意識とは?【デザイナー・宮地幸二郎】
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
メドピア株式会社
  • 2004/12 に設立
  • 131人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル15階
  • SaaS型オンライン医療サービスのサービス開発ディレクター大募集!
    メドピア株式会社