Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
機械学習エンジニア
36
エントリー
on 2019/11/01 1,325 views

猫様の行動データのことだけ考える機械学習エンジニャー募集!

株式会社RABO

株式会社RABOのメンバー もっと見る

  • 東京海洋大学大学院博士前期課程修了。東京大学大気海洋研究所 佐藤克文教授のもと、ペンギンやオオミズナギドリに小型センサーをつけ行動生態を調査するバイオロギング研究に従事。大学院修了後、株式会社リクルートに新卒入社し、インターネットサービスの企画やプロダクトの設計、新規事業開発を担当。リクルート全社イノベーション賞など受賞。
    2018年2月22日の猫の日に、株式会社RABOを創業。猫を20年以上飼育し、現在は2歳のショートヘアソマリ♂のブリ丸を飼育中。一般社団法人日本ペット技能検定協会認定キャットケアスペシャリスト/キャットシッター資格所有。

  • 学生時代専攻していた数学を活かし、前職はシンクタンクでクオンツ(金融商品のリスク分析)をしていました。政府系金融機関に出向していたときは海外の投資案件を担当していたり、変わり種のエンジニアです。現在は、仲間と起業し、システム開発やデータ分析の経験を活かて自社サービスの開発・運営や機械学習エンジニアとしてのデータ分析を主に行っています。

  • 2016年3月24日、東京都足立区のキャッテリーにてアビシニアンブルーの母とソマリルディの父の間に生まれる。同年5月に当社代表の伊豫に見初められ、養子となる。2018年2月22日よりRABOのChief Cat Officerに就任、テストデータ収集やプロダクト開発、カスタマーサクセスを担当。世界中の猫の幸せのため日々奔走している。

  • メルペイでEngineering Managerをやっています。自社パッケージソフトウェア開発やWebベンチャー立ち上げ、受託開発などを経験後、メルカリに入社。US版の開発や日本版の数々の新規機能開発を行った後、エンジニアリングマネージャとして組織の拡大に貢献中。

なにをやっているのか

  • 「Catlogデザイン」愛する猫の活動データを24時間記録し、歩く・走るなどの運動や休息、飲食などお留守番中の行動をスマホで見ることができます。情報は蓄積され、ゆくゆくは他猫との比較も。家族や、獣医さん・シッターさんともアカウントの共有ができ、いずれは世の中の猫の、できるだけ幸福な一生のために活用されます。
  • 「アプリ画面イメージ」Catlogをつけている猫たちの様子は、外出先からいつでもスマホで見ることができます。

すべては、猫様のために。

株式会社RABOは、猫の生活をテクノロジーで見守る「Catlog®(キャトログ)」を開発しています。 バイオロギング技術を応用し、これまで見えなかった”猫様の時間”を見えるようにします。

【Catlogとは】
Catlogは、 飼い主の代わりに猫様を見守る”次世代の首輪”です。
愛する猫様の活動データを24時間記録し、 バイオロギング解析技術および機械学習を用いた処理により、実際の行動に分類していきます。歩く・走るなどの運動や睡眠・休息、ごはんなどお留守番中の行動を外出先からスマホで見ることができます。 情報は蓄積され、ゆくゆくは他猫との比較等の機能も。
家族や、 獣医さん・キャットシッターさんともアカウントの共有ができ、いずれは世の中の猫のできるだけ幸福な一生のために活用されます。

【プロダクトローンチ直後からSNS中心に話題に】
Catlogは、昨年10月29日から今年の2月22日までMakuakeにて先行予約販売を実施し、4,571,600円、423人のご支援をいただき、達成率は1,523%と目標を大幅に上回りました。メディアにもすでに30媒体を超えて取り上げていただくなど、多方面からご注目いただいています。
9月24日にプロダクトローンチおよび一般販売を開始。ローンチ直後から、TwitterなどSNSを中心にかなり話題のプロダクトとなりました。
猫様を愛する飼い主さんのなかで、「Catlogする」という文化が生まれています。

なぜやるのか

  • 猫に週1日以上留守番をさせている飼い主81%。
  • 留守は多いが対策はできていない

「ペットの家族化」が進む一方、猫様は基本的には散歩が不要で留守番が得意だと思われているため、一日の多くをひとりで過ごしていることが多いことがわかっています。
また、具合が悪くなってから動物病院に連れて行くことも多いため、獣医師も普段の患者さんである猫の様子や、元気消失等の病気兆候をなかなか知ることができません。

つまり、猫様を大切に想っている飼い主さんを筆頭に、ヒトが見ることのできない「猫様の時間」はとても多いといえます。

ヒトが見ることのできない動物の時間を見えるようにするのが、水中で目視できない海洋生物に加速度ロガーなど小型のセンサーを装着し、生態行動を調査する研究手法『バイオロギング』。
この技術を社会応用し、見えなかった「猫様の時間」を見えるようにする猫専用の行動計測ウェアラブルデバイスCatlogで解決します。

どうやっているのか

  • バイオロギングと機械学習による行動分類により、取得したデータをアプリで分かりやすく表示
  • CCO(チーフ・キャット・オフィサー)のブリ丸も出勤し、日々行動データの取得などの業務をこなしています。

◆バイオロギング解析技術を応用
Bio-logging(バイオロギング)という、元々は水中で目視できない海洋生物に加速度ロガーなど小型のセンサーを装着し、生態行動を調査する研究手法があります。
複雑なログデータを、バイオロギングと機械学習を用いた処理により実際の行動に分類していきます。より多様な猫種、様々な体型の猫様たちの行動解析の精度が上がるよう検証し、猫様の生活を科学的に見守れるように開発中です。

◆プロフェッショナルなチーム
専門性の高いメンバーで構成されているRABOのチームには、大学・大学院時代にバイオロギング研究を専攻し、社会人になってからはプロダクト設計や新規事業開発の経験を持つ代表の伊豫をはじめ、人工衛星や宇宙関連機器の開発経験のあるハードウェアエンジニア、UIUXデザインのスペシャリスト、某大手フリマアプリ運営会社に在籍しつつバックエンド開発を担当しているエンジニアなどなど、優秀なメンバーが在籍しています!
チーム内で猫様を飼っている人は13人、そして20匹の猫様もメンバーです。飼い主さんの気持ちもとことん追求したプロダクト開発が可能です。

また、RABOではバイオロギング研究の先端研究室である、東京大学 大気海洋研究所 海洋生命科学部門 行動生態計測分野の佐藤克文教授らにアドバイザーとしてご意見をいただいています。

CCO(Cheif Cat Officer)のブリ丸も週に2〜3回出社し、一緒にプロダクト開発をおこなっています。

◆Cat Tech Companyならではの福利厚生
・猫様と働ける(もちろん同伴可)
CCOのブリ丸が週に2~3回出勤するので、仕事をしながら猫様に癒されます。気ままな猫様の事ですから作業中のPCの上に寝そべられ仕事を妨げられる事も多々。そんな時は温まったPCを猫様に譲り、一息ついてくださいね!もちろんご家族の猫様を同伴しての出勤も大歓迎です!

・ちゅーる食べ放題(猫様向け)
猫様のオヤツのちゅーるを常備しています。それぞれ味の好みもあろうかと、何種類かの味のちゅーるがありますので、出勤された猫様はご自由にご賞味ください。食べ放題ですが、あげる量は自己判断でお願いします。

・猫様に関することはすべて業務扱い
猫様の通院、猫様のInstagramをひたすら見る、猫様に関する本を読む、など猫様に関する事はすべて業務扱いです。ご家族の猫様で体調不良などの事情がありましたらご相談ください。弊社の伊豫はキャットケアスペシャリストの資格保有者なので猫様についての相談には人一倍親身になってのります!

・飲み物(冷/温)、コーヒー飲み放題
ペットボトルの冷たい飲み物、本格コーヒーや温かい飲み物は飲み放題です。ご自分のお好みの飲み物がない時はお声がけいただければ即座に導入しますので、お気軽にご相談くださいね!
※アルコールはパーティーかお日柄の良い日のみとなっています

・猫図書館
取り揃えている書物は漫画から専門書まで幅広い分野の猫書物が並んでいます。休憩がてらコーヒー片手に読んだり、専門書は持ち帰ってじっくり読むのも良いかもしれません。取り入れたい猫に関する本は遠慮なくご相談ください。

その他にも福利厚生をご用意しております
・おやつあり:おやつのカゴには季節によって世界各国のお菓子が常時取り揃えられています。
・適宜相談のうえリモート可:コミュニケーションを円滑に進めるため、基本的にはオフィスでの稼働をお願いしていますが、事情によりリモートでの作業が可能です。猫様の体調不良、生まれたばかりの猫様のお世話、もしくはヒトの子供の参観日や予防接種など、適宜ご相相談ください。

こんなことやります

【猫様の行動データのことだけ考える機械学習エンジニャー募集!】
リリース前から多くのメディアでも取り上げられるなど、注目を集めている猫様専用ウェアラブルデバイス&アプリの「Catlog」。
飼い主さんの代わりに留守中の猫様を見守ります。
Catlogは、バイオロギング解析技術を応用し、機械学習で解析・分類をおこなっています。
今回は、猫様の行動データを扱う機械学習エンジニャー(エンジニア)を募集します!

【MLエンジニャーの責務】
・機械学習を用いて時系列データの分類モデルを設計すること
・適切な機械学習モデルやツールを調査すること
・適切なデータセットとデータ表現方法を選択すること
・機械学習モデルの実験と評価をすること
・実験結果をチームにレポートすること
・必要に応じて自社の機械学習用ライブラリを拡張すること
・要件に従って機械学習モデルのWeb APIを開発すること
・機械学習モデルのWeb APIサーバの運用をすること

【必須条件】
・卓越した分析能力と問題解決能力
・可視化のライブラリ(matplotlibなど)を用いて分析結果を伝わりやすく可視化する能力
・堅牢なPythonコードの実装能力
・実データを対象とした機械学習モデル実装の実務経験
GitHubを用いた複数人開発の経験
・Pythonのweb framework(Flaskなど)を用いたAPI実装の実務経験
AWSを用いたAPIサーバの運用経験
・コンピュータサイエンス、数学、または同様分野の学士号(か修士号)

【歓迎条件】
・数学、確率、統計、アルゴリズム、データ構造への深い知識
・数値演算ライブラリ(pandasやnumpy)に精通していること
・機械学習ライブラリ(scikit-learnなど)に精通していること
・機械学習モデルに関する専門知識。特に、ベイズ統計モデリングと教師なしや半教師あり学習に関する知識。
・機械学習エンジニアまたは同様の役割としての実績
・toC向けのプロダクト開発経験
・猫様を飼っている/飼ったことがある方
・動物の観察と行動の定量化が得意なこと
・深層学習フレームワーク(KerasやPyTorchなど)に精通していること

【開発環境】
- Ubuntu 16.04
- Python 3.6.7
- Docker
- numpy
- scipy
- pandas
- matplotlib
- sklearn
- flask

【こんな方と働きたい!】
◎猫が大好きな方
◎動物×IoTに興味がある方
◎世界にまだない、新しいサービス開発に興味がある方

世界中の猫様と飼い主の生活を幸せにしたい方は、ぜひ当社で働きませんか?
まずは一度お話ししましょう!お待ちしています。

会社の注目の投稿

猫のバイオロギングをどうやってやっているのか
世界中で最も飼われている数が多い動物は?
RABOという社名の由来
エントリー状況は公開されません
4人が応援しています
会社情報
株式会社RABO
  • 2018/02 に設立
  • 5人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都渋谷区猿楽町7-12
  • 猫様の行動データのことだけ考える機械学習エンジニャー募集!
    株式会社RABO