Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
地方創生プロジェクトメンバー
5
エントリー
on 2019/11/21 208 views

仙台を拠点に、東北の課題解決にコミットしたい方Wanted!

株式会社MAKOTO WILL

株式会社MAKOTO WILLのメンバー もっと見る

  • MAKOTO WILL代表の菅野が実現したい"WILL"(志)は「自治体と共に、地方に驚きと希望を与えること」。
    2015年にMAKOTOに参画して起業家支援をする中で、自治体の方々と接し、自治体が持つ課題に触れることになった。
    自治体の課題に真摯に向き合い、地方自治体の皆様とともにビジネスで課題解決することを目指している。
    現在は代表として、社内、社外問わずその素直で熱い人柄から信頼を集め、MAKOTO WILLの各事業を牽引している。

    地銀、北海道庁を経て、MAKOTOに参画。2018年7月にMAKOTO グループ化に伴い、MAKOTO WILL代表取締役就任。

  • 国際協力に興味を持ち、大学時代はボランティアや学生団体での活動に打ち込んでいたが、インドでの滞在先のホストマザーから隣人愛を解かれ、周囲の幸せのために生きようと決意。
    大学卒業後、都内に就職するも、出身地であり、震災後に社会課題が山積する東北で、事業を通じた課題解決がしたいと思うように。
    そんな時、菅野との出会いがきっかけでMAKOTO WILLを知り、参画。
    社会課題先進地の東北から、同じ課題を抱えている日本の地方や世界に対して誇れる事業、ロールモデルを創出することが彼のWILLだ。

  • 大学在学中に一般社団法人MAKOTOでインターンを経験。「地域」「教育」に強い関心があり、地方創生や自治体関連事業に特化したMAKOTO WILLに参画。地域のリブランディング事業や広報を担当している。

  • 東北大学経済学部在学中(2020年卒業予定)。国際教育が盛んな小学校~高校に通ったことがきっかけで海外や途上国に興味を持つ。大学入学後はフェアトレード推進サークルamoを友人と共に立ち上げたり、インドに2回続けて行ったり、消費者行動論に関する論文を書いてチームで研究コンペに出たりした。大学2年の冬に一般社団法人MAKOTOでインターンを始める。MAKOTO WILLでは新規事業開発、広報、自治体とのプロジェクト等、幅広い業務に従事。

なにをやっているのか

  • 起業家や自治体職員の皆さんに向けたイベントやワークショップを年間約100件行っています。
  • 自治体職員向けオンラインサロン「ホンジチ」のキックオフイベントの様子。

私達は、地方自治体や地方の起業家をパートナー/クライアントとして、
活動している企業です。

主に自治体からの委託を受け、起業家育成・起業家誘致・若者向け起業家教育・自治体向けHR事業(採用・研修等)・町のビジョンづくり等多岐に渡る事業を展開しています。
これまで30箇所以上の自治体とプロジェクトを推進して来ました。

また、そこで蓄えたキャッシュを使い、新規事業開発に積極的なフェーズです。
多くの事業案が実行・仮説検証中ですが、例えば、副業で自らのノウハウを活かしたいスペシャリストと、地方企業のマッチングサービス等を2019年度から展開しています。
起業家支援をすることで得た事業開発のノウハウが弊社の強みの一つです。

なぜやるのか

  • 30歳の代表が牽引しています
  • 今まで起業家一人一人に向き合ってきたように、地方自治体の課題に誠心誠意向き合います。

【自治体の良きパートナーとなる】
ご存知の通り、日本全体で人口が減っています。
遠くない将来、東京都ですら人口が減り始めるのと言われているのをご存知でしょうか?
(2026年頃と言われています。)

人口が減ること自体は問題ではありません。
今まで通りの制度・仕組みでは成り立たなくなるのが問題です。

一方、“自治体”という組織は、どちらかと言うと、守りが得意な組織です。
新しいことを考え、実行するには大きなパワーが費用です。
その中でも、熱いWILLを持ち、チャレンジを続けている職員の方がいらっしゃいます。
そんな方々の良き相談相手となり、より本質的な解決策を一緒に考え・実行していくのが私達の仕事です。

<代表のインタビュー記事はこちら>
https://www.wantedly.com/companies/company_1852522/post_articles/160564

どうやっているのか

  • 月に一度、グループ全社の飲み会で親睦を深めています。
  • スタッフ同士の打ち合わせの様子。いつでも真剣に、かつ楽しく働いています!

■カルチャー
私達が大切にしているカルチャーです。

1.常にチャレンジし、簡単に諦めない
課題だらけの地方では常にチャレンジが求められます。そしてもちろん、すぐに成果ができる訳もありません。諦めずに愚直にチャレンジし続けたその先にしか成功はないと私達は考えています。

2.伝えていることを実践する
これまで数多くの起業家の皆様に提供してきたスタートアップのノウハウを活かし、自ら事業開発を行ってまいります。

3.自らワクワクできる環境を作り出す
地方だからといって制約条件は何もありません。自ら機会を見出す方には常にチャンスが広がっています。

4.誠心誠意
高い倫理観と長期的な視野を持ち、地域と日本の未来のために自分たちのベストを尽くします。

■メンバー構成
・社員9名+インターン4名
・公務員経験者、大企業出身者、学生時代から長期インターンでプロジェクトを動かしていた者など、様々な経歴の社員が活躍しています。
・メンバー同士はもちろん、代表との距離もとても近く、アイデアを出したら即実行。一人一人のやりたいことを最重視しています!

■働き方
フレックス制度を導入しており、働く場所や時間は個人の裁量に大きく任せています。
毎朝のハドルミーティングや、オンラインツールの活用により、円滑で密なコミュニケーションが可能です。
毎週月曜は全員が事務所に出社し、プロジェクトの進捗報告や相談などを行なっています。

■採用スライドを公開中
その他詳細は下記をご覧ください。特に、P26以降により詳しい組織の考え方・様子を掲載しています。
https://www.slideshare.net/makotowill/makotowill

こんなことやります

「地方自治体が抱える課題を解決し、自治体と共に地方から日本を変革する」というミッションのもと、自治体の良きパートナーとして、ヒアリングから企画提案、実行までを担当していただける仲間を募集しております!

■仕事内容
「起業家育成・起業家誘致・若者向け起業家教育・自治体向けHR事業(採用・研修等)・町のビジョンづくり」等のプロジェクト運営、自治体への課題ヒアリング、提案、報告書作成等々
・・・多岐にわたる業務内容ですが、まずは既存社員のアシストから慣れ、徐々に自身でプロジェクトを担当していただきます。
超少人数、成長期の組織のため、やること・やれることはたくさんあります!

■求める人物像
・MAKOTO WILLのミッションに共感できる人
・常に自分のWILLを持ち、自発的に行動できる人
・未経験な領域で、0からインプットし、成果を出したことがある人
・変化を楽しむことができる人

少しでも興味を持っていただけた方はぜひご応募ください。
強いWILLを持つみなさんとお会いできることを、心から楽しみにしております!

会社の注目の投稿

代表自己紹介(地銀→公務員→ベンチャー経営者のキャリアの変遷と今の想いを語る!)
元インターンが第二新卒で戻ってきた!その想いとは?
なぜ元歌手がリクルートからMAKOTO WILLに転職し、セールスリーダーをしているのか?
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社MAKOTO WILL
  • 2018/06 に設立
  • 9人のメンバー
  • 宮城県仙台市若林区清水小路6-1 東日本不動産仙台ファーストビル1F
  • 仙台を拠点に、東北の課題解決にコミットしたい方Wanted!
    株式会社MAKOTO WILL