1
/
5
バックエンドエンジニア
中途
87
エントリー
on 2019/11/28 2,086 views

Nature Remoの開発を支えるGoエンジニアを募集!

Nature株式会社

Nature株式会社のメンバー もっと見る

  • 13才の頃にインベーダーゲームを自作、2008年にスウェーデン王立工科大学でComputer Scienceの修士課程を修了、その後3ヶ月間洋上で生活。三井物産に入社し、途上国での電力事業投資・開発等を経験。2016年ハーバード・ビジネス・スクールでMBA課程を修了。ハーバード大在学中にNatureを創業。

  • 2010年に武蔵美術大学の工芸工業デザイン学科を卒業。その後、8年間京セラ株式会社で携帯やIoT製品のプロダクトデザインを手がける。創業時からNature Remoのインダストリアルデザインを手がけており、現在はNatureのデザイン全般を手がける。

  • オムロン株式会社にて、10年に渡り、セーフティドアスイッチからビジョンセンサまで様々なハードウェア(電気回路)の設計・開発を手がける。Nature Remoの発売前にハードウェア課題解決の救世主として突如現れ、その後、正式に参画した。

なにをやっているのか

  • Nature Remo

私たちNatureは、2015年にハーバード大学発ベンチャーとして設立。

現在の主幹となるサービスはスマートリモコン「Nature Remo」を開発・製造・販売をしているスタートアップ。「Nature Remo」はエアコンやテレビ、照明などの既存の家電をインターネットに接続させて、スマホやスマートスピーカーから誰でも簡単に操作ができて、スマートホームの実現をサポートするIoTプロダクトです。

2017年10月にスマートリモコン「Nature Remo」の発売をスタート。
その後、全国家電量販店(ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機等)へ販売を拡大、2019年の4月からはスマートホームスターターキットとして<Google Home Mini×Nature Remo miniのバンドル商品>の販売も開始しました。

2019年7月にDeNAなどから5億円の調達に成功し、Nature Remoシリーズは累積販売台数30万台を突破。
【エネルギーマネージメント】が実現できる「Nature Remo E」を切り口にエネルギー事業に本格参入しました。

2021年3月には電力小売事業「Natureスマート電気(https://energy.nature.global/)」を開始し、社会課題をテクノロジーで解決に導くスタートアップとして「Google for Startups」に選出されました。今後は次世代の電力インフラの構築により、ホームオートメーションからデジタル電力革命への発展を遂げ、電力の新しい未来を創造してまいります。

会社の注目のストーリー

技術の力で社会に貢献したい。入社3週目でビックプロジェクトに抜擢されたエンジニアの働き方
<代表インタビュー>競合はテスラ、再生可能エネルギーへのシフトを目指して。
【Meetupレポ】Nature Bath vol.11 開発メンバーが語る!Natureスマート電気事業の開発秘話
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
Nature株式会社
  • 2014/12 に設立
  • 31人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    海外進出している /
    1億円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    社長がプログラミングできる /
  • 神奈川県横浜市神奈川区栄町1-1 KDX横浜ビル 11F
  • Nature Remoの開発を支えるGoエンジニアを募集!
    Nature株式会社