Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
新卒採用
働く環境が軸の21卒
on 2020/02/07 94 views

働きながら得意分野が見つかる!業界・業種にこだわっていない21卒を募集!

日本写真判定株式会社

日本写真判定株式会社のメンバー もっと見る

  • HR推進担当 入社5年目

    お客様対応やイベント業務補助を経験後、総務部に配属
    現在は総務部のHR推進担当として、採用・社員教育に注力しています!

    大きな夢をもった方や、自分にとって未知の世界を知っている方と
    お会いできる採用のお仕事はとても楽しいです♪

  • 魅力あるマイナースポーツを多くの人に知ってほしい、という想いから入社。
    1年目にして採用活動に携わりながら、他部署の業務経験を少しずつ積んで
    いるところ。
    一緒に頑張りましょう!

  • 入社後すぐに日本写真判定の基幹業務である写真TVの仕事を経験
    その後は、自転車競技の経験を活かして、
    みんなが楽しめるイベントをたくさん企画しました。
    そして今年度から、新しい部署に配属され未知の領域にチャレンジ!

なにをやっているのか

  • チームでミッションに取り組んでいます
  • コミュニケーションが円滑です

日本写真判定は、創業から70年、成長し続けている会社です。

私たちはもともと、
公営競技場における写真判定(着順判定)業務を中心として担ってきました。
現在も判定カメラの製造・販売を行い、特許も取得しています。

その後、長年公営競技に関わってきた私たちは、
知識と経験を活かし、公営競技を広めるテレビ番組制作、
地方自治体から委託を受け、公営競技場の運営をする包括運営業務など、
公営競技を盛り上げるべく徐々に事業領域を拡大していきました。

しかしそんな中、公営競技のひとつである、競輪場を運営する中で、
日本の競輪が「ガラパゴス化」していることに気が付きました。

国際種目として発展した「KEIRIN」と国内の「競輪」のルールが異なっているため、
日本は競輪場を多く保有しているにも関わらず、
世界と比較して自転車競技の強化・普及が遅れている
という点に疑問を抱いた私たちは、自転車競技を盛り上げるため動き出しました。

それは、千葉市に「(仮称)千葉公園ドーム」と呼ばれる
国際規格の自転車競技用トラックを建設し、
国際ルールを採用した新しい競輪「250KEIRIN」を実施することです。

ギャンブルとしての競輪だけでなく自転車の楽しさ、
スポーツとしての魅力をもっと知ってもらいたい、
そんな想いで現在私たちは日々奮闘しています。

なぜやるのか

  • 公営競技で街を元気にしています
  • (仮称)千葉公園ドームは、2020年中に完成予定です

①公営競技で街を元気に
②サイクルスポーツを日本のメジャースポーツ・文化に
という2つのモットーを掲げています。

【公営競技で街を元気に】
私たちが、「公営競技で街を元気に」というモットーを掲げているのは、
公営競技の文化的背景があります。

公営競技のひとつである競輪は、
第二次世界大戦後の復興のための資金(国家予算)集めが目的で始まりました。
具体的には、自転車産業復興と地方財政資金づくりであり、
スポーツとしてではなくギャンブルとして発祥されたことが、
競輪に関する全てを定める法律「自転車競技法」に明確に記述されています。

競輪などの公営競技のメリットは、
このような背景から資金集めを行うことが容易であるという点です。
この特性を活かし、公営競技を発展させていくことで、地域社会に貢献することができます。

しかし、現状のギャンブルイメージでは、
公営競技場が地域社会に馴染んだ施設とは言い難いです。

これを改善するためには、公営競技場が地域と一体となる開けた施設にする必要があります。
そこで、遠足、フリーマーケット、よさこいの練習…といった場を提供することで、
既存の「ギャンブル場という概念」を無くし、
地域の方々に愛される「競技場の創造」をしています。

【サイクルスポーツを日本のメジャースポーツ・文化に】
突然ですが、オリンピック種目のなかで、日本発祥のものは何があるでしょうか?

答えは、柔道、空手(2020年から)、そして「KEIRIN」です。
「KEIRIN」は日本の競輪が発展し、
国際種目になったもので、トラック競技の花形になっています。
サイクルスポーツは、他国では非常に人気で、
ベルギーでは国技になっているほどのスポーツです。

・世界では発展しているサイクルスポーツである
・日本には競輪場を含むトラック場の保有数が世界と比較して非常に多い
という点からも、日本のサイクルスポーツ発展のポテンシャルは大いにあります。

しかし、現状はスポーツとしての認知度は低く、
またサイクルスポーツの普及・強化に繋げられていません。

そこで、競輪場をサイクリストに開放したり、子供向けに補助輪外し教室を実施したり、
BMXパークを作ったりする等、地域の方に馴染んだ施設を目指しています。

他にも、今年度は、日本のプロロードレーサーが走る「バンクリーグ」というイベントを
競輪場で開催しました。サイクルスポーツはトラック、ロードレース、マウンテンバイク、
BMX、シクロクロスなど多種多様です。

この「バンクリーグ」は、競輪場は競輪選手が走るものであるという既成概念を壊し、
その垣根を越えてサイクルスポーツ全体として盛り上げていく大きな1歩になりました。
今年度は全5回各競輪場で行われ、非常に大盛況のイベントになり、
今後の開催も予定しています。

このように、私たちはその潜在能力を最大限発揮するため、公営競技の枠を飛び出し、
「サイクルスポーツを日本のメジャースポーツ・文化に」するという
夢の実現を目指しています。

どうやっているのか

  • 過保護なくらい若手の育成に積極的です!
  • オフィスには自転車を飾っています!

私たちの経営理念は、「人の成長機会を提供できる企業であり続けること」というものです。
やる気と行動力があれば、いつでも「成長の機会」を提供しています。

・充実の社外研修サポート制度
 当社では、社外研修の受講を推奨しています。
 資格の取得のための研修や、業務のための研修など、申請こそ必要ですが、
 希望する研修はほとんど受けることができます。
 また、当社は「遊びで学ぶ」ことも大事にしています。
 「遊ぶ」ことで、お客様目線でイベントなどを企画することができ、
 エンターテインメント性の向上に繋がると考えています。
 そのため、普通の研修以外にも大相撲を見に行ったり、
 マウンテンバイクやサーフィンなどを体験したりもしています!

・様々なことにチャレンジできる環境
 当社では年齢に関係なく、手を挙げれば挑戦できる機会を常に提供しています。
 例えば、新規事業として始まったWEB事業では、
 自主性を尊重するため、担当者を公募で決めました。
 また、実はこのWantedlyの募集文も
 今年度入社したばかりの私が作成させていただいています…!
 私自身も様々な成長機会を提供してもらっていると感じています。

こんなことやります

やりたいことが強くあるわけじゃないから、業界・職種では企業を絞ってない。
それよりも、いろんな業務を経験して、
その中で自分の得意分野を見つけられる環境で働きたい!

働く環境・社風を軸に企業探しをしている21卒のあなた!
是非一度、日本写真判定の社員とお話してみませんか??

◆どうやって得意分野を見つけるのか?

日本写真判定は、地域を盛り上げるイベントをトタルプロデュースしています。
そのため企画・広報・運営・マーケティング・システム開発といった
多岐にわたる業務があります。

そのためやりたい事・得意な事が定まっていなくても、
定期的なキャリア面談や、豊富な研修制度を設けているため、
様々な仕事に関わりながら、その中で自分の得意分野を見つけることができます!

◆チャレンジしやすい環境!配属も自分で決められる!

日本写真判定では年齢に関係なく、手を挙げれば挑戦できる環境があります!
新卒入社後3年目から、主任に就く社員もいれば、
事務職から企画職にチャレンジする社員もいます!

次はこの業務を経験してみたい!こんなことにチャレンジしてみたい!
そんな時に、あなたの声に耳を傾けてくれる環境が、ここにはあります!

◆こんな方にお会いしたいです!
・自分に合った業界・業種がわからない
・得意なことがわからず不安を感じている
・いろんな仕事をしてみたい
・楽しいことが好き

少しでも興味を持って頂けたら、
「話を聞きに行きたい」をタップしてください!

会社の注目の投稿

スポーツ業界の当社が盛り上がる、12月のビッグイベントとは?
所属アスリート 大活躍✨
日本写真判定株式会社のカッコいい新ユニフォームについてご紹介!
エントリー状況は公開されません
15人が応援しています
会社情報
日本写真判定株式会社
  • 1957/09 に設立
  • 801人のメンバー
  • 海外進出している /
  • 東京都千代田区富士見2丁目4番11号
  • 働きながら得意分野が見つかる!業界・業種にこだわっていない21卒を募集!
    日本写真判定株式会社