1
/
5
コミュニティマネージャー
中途
150
エントリー
on 2020/02/19 6,075 views

ビジネス創出の新規事業:食のコワーキングスペース・フードラボをマネジメント

株式会社CO&CO

株式会社CO&CO のメンバー もっと見る

  • 「世の中で本質的に必要とされるものは何か?」
    その答えを追い求める中で、ファーストキャリアでは「医療」の道に。

    「なぜチームによってそのパフォーマンスは異なるのか?」
    組織で仕事をする中でその関心は「人」に移り、セカンドキャリアは組織人事コンサルタントの道へ。

    「これからのセカイに求められるものは何か?」
    さらに組織の課題に向き合う中で、そして世の中のグローバル化・ボーダレス化が進む中、「組織や既存の枠を越え、個と個が繋がること」が新たな価値創出に繋がると考えるようになりました。そんな時に出会ったCO&COの「共育・共創・共生」の考え方に共感し、参画。現在は国内事業を統括し、店舗開発...

  • 中国出身の日本育ち。高校2年時のカナダへの交換留学を契機に、世界に対する関心が高まり、一層広い見識と視野を身につけるためアメリカの大学へ進学。

    UCLA校経済学部卒業後、世界を舞台に活躍することを目指し大手総合商社に就職。資源分野となるアルミニウム事業のプロジェクト管理・トレーディング業務を経たあと、北海道札幌市への転勤から食料分野に携わり、高付加価値農産物のグローカル・ブランディング事業を手掛けた。

    多肢にわたるプロジェクト形成の過程で、異国・異業種の人々が支え合い共創することで生まれる新たな価値、また言葉の壁を越えて世界と地方をつなげる喜びとつながる感謝を実感した。
    ...

  • 札幌市出身。
    呑気なフリーター生活を経てたまたま家の近くにオープンするユニクロにパート入社。勢いでパートから店長に。全国1位の売上店舗をマネジメント。その後東北や東京でスーパーバイザーを務め、東京本社に異動。マーケティング業務を中心に、数多くの新規事業のプロジェクトに参画。日本中を駆け巡る毎日を送る。
    9年のユニクロ勤務を経て地元北海道に戻り、札幌のブライダル業界へ。
    函館出店、本州進出のリサーチ・マーケティングを推進し市場開拓を励行。出店プロジェクトの成功に繋げる。
    更なる新規事業立ち上げではプロジェクトマネージャーを務め、無事に事業を確立。
    2015年、さまざまな企業をサポ...

  • CO&COのCDOとして、空間やクリエイティブをはじめコミュニケーション全般におけるデザインを監修しつつ、シンガポールにおける新規事業展開をメインで担当。

    入社前は、大手PR代理店(オズマピーアール/サニーサイドアップ/ブルーカレントジャパン)において様々な分野のマーケティングPRを担当。産学共同プロジェクト「オノマトペラボ」は、PRアワードでグランプリを受賞し、スパイクスアジアで銀賞、カンヌライオンズではショートリストに選ばれた実績を持つ。

なぜやるのか

  • 文化を創るからそこに人が集まり、コミュニティとなる。すべての人が自分らしく生きられる、そんな街づくりも行っていきたいと考えています。

【異文化共生の実現の第一歩は、一人ひとりが「自分らしさ」に気づくことから】
なぜチャレンジャー育成にボーダレスなコミュニティが重要か。それは私たちのミッションでもある『COMMUNITY WITHOUT BORDERS, IDEAS WITHOUT LIMITS』が関わってきます。

私たちが異文化共生社会を目指すのは、「異なること」にこそ価値があり、「異なる者同士が創造的摩擦を起こしたときに進化が生まれる」と考えているからです。

皆さんは、これまでの人生において「自分らしさ」について考えたことはありますか。

例えば、異なるバックグラウンドや価値観を持つ人材が集まる中に身を置いたとき、自分の「らしさ」が鮮明になり「自分は自分でいいんだ」と感じる瞬間や、異なる「らしさ」に刺激を受けて「自分も変わりたい」と思う瞬間があります。

まずは一人ひとりが本来持っている「自分らしさ」「個性」に気づく機会を持つこと。そしてお互いが「らしさ」「異なり」を認め合い、繋がり続けること。その先にある、異なる「らしさ=個性」の掛け算による新たな価値創造こそが、私たちが本質的に目指す「異文化共生」の在り方です。

「異なる」とはもちろん国籍の違いだけではありませんが、気づきのきっかけの1つとなるのがCo-learning(共育)・Co-working(共創)を入り口としたボーダレスなコミュニティでの経験や、留学・海外滞在であると考えています。CO&COは、創業者をはじめ、留学・海外滞在を通して「自分らしさ」に気づくことの大切さを体感したメンバーがほとんど。一人ひとりがその実感値をもって、気づきのきっかけ創りから行っています。

【世界中の人々が半歩踏み出すチャレンジを ”共育×コミュニティ” で加速させる】
先に述べたように、私たちは外国人の日本へのチャレンジ、日本人の海外へのチャレンジを加速したいと考えています。一過性の訪問で終わらずに、日本に住みたい・働きたいと思える日本ファンの外国人が増えていく、あるいはグローバルマインドを持った日本人が増えていくことを目指しています。

そのためには外国人にとっては日本に親しみを感じられて、日本人にとってはセカイを身近に感じられる、ボーダレスなコミュニティを創りたいと思っています。

当然ながら、コミュニティを作ること自体が最終ゴールではありません。多種多様な価値観やバックグラウンドを持った人々が集うだけでは不十分。国境、限界を越えていこうとするマインドを持ち、スキル向上を目指す人々が集まる空間だからこそ、相乗効果でチャレンジャーの成長を加速することができると考えます。

そのためには、お互いに学び合い、高め合う共育コンテンツがキーになると考えています。

CO&COでは語学を学ぶ、あるいは教えるきっかけとしての「日本語学校」「英会話スクール」という共育コンテンツを入り口の一つとしながら、そこで醸成されたコミュニティが育っていくための文化体験やコワーキングスペースといった共育・共創コンテンツ、さらには留学支援サービス、定住サポートサービスといった「暮らしのインバウンド事業」までをトータルで提供することで、世界中の人々が半歩踏み出すチャレンジを加速させています。

会社の注目のストーリー

共育・共創のグローカルコミュニティ “CO&CO NAGOYA” が、2022年1月名古屋・栄にオープン!
poool -Espresso & Work- 2021年8月15日グランドオープン!
新大久保駅直上のフードラボ「Kimchi, Durian, Cardamom,,, 」いよいよオープン!(2021年3月28日)
エントリー状況は公開されません
3人が応援しています
会社情報
株式会社CO&CO
  • 2012/01 に設立
  • 20人のメンバー
  • 海外進出している /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都新宿区百人町1丁目10−15  新大久保駅ビル4F
  • ビジネス創出の新規事業:食のコワーキングスペース・フードラボをマネジメント
    株式会社CO&CO