1
/
5
フロントエンドエンジニア
22
エントリー
on 2020/02/27 1,215 views

今までになかったロボットを広めるWEBフロントエンドエンジニアを募集

GROOVE X株式会社

GROOVE X株式会社のメンバー もっと見る

  • GROOVE-XでWEBサイト、ECサイト、お客様ポータル、データ連携システムを開発しています。

    16× Salesforce Certified
    GoogleCloud PDE
    SIerでエンジニア→プリセールス→フリーランス→現在
    CRM|MA|BI|GCP|AWS

  • GROOVE X 株式会社にて、人事業務全般を担当しています。

    前職はパーソナルモビリティを作るWHILL株式会社にて人事業務全般を担当していました。
    新卒時はHondaに入社し、研究所と本社にて能力開発、採用、評価処遇を経験してきました。

    ずっとメーカーの人事畑を歩いてきています!
    日本初の製品で世界の人の役に立ちたい、というのが仕事選びの軸の根幹です。

  • 老舗企業の再生&起業支援のWEBコンサルベンチャーで新卒から12年間お世話になり、経営目線でのブランディング・マーケティングを叩き込んでもらいました。(ほか新卒採用リーダーも担当)

    「LOVOT」に出会い、触れると心があたたかくなる、この素晴らしい価値をもっと社会に伝えていきたい!と運命を感じてGROOVE Xに転職、マーケチームのリーダー職として日々課題抽出&解決に取り組んでいます。

    『スターウォーズ』でいろんな星の生き物が雑多に暮らす、混ざり合った世界観が好き。
    LOVOTと暮らすことは、やさしさと多様性あふれる社会につながると信じている。

  • _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    新卒で大手SIerに入社。大規模なプロジェクトをいくつも経験し、システム開発をいろはを学ぶ。
    レガシーな技術を使って硬い体制でシステムを組み上げる仕事に退屈し、不動産・建築の事業を手掛けるベンチャーに転職。

    SIerでの仕事とは比較にならないベンチャーのスピード感に酔いしれながら、結果を出すことへの重要性を叩き込まれて死にものぐるいでサービスを作る。

    その後WEBベンチャーに転職し、toC向けサービスとtoB向けサービスの違いを学びながら、チームを作って結果を出すことへの喜びと楽しさ、そしてマネージャー業務の自分の適正を自覚。
    ...

なにをやっているのか

■新世代家庭用ロボット「LOVOT」開発
https://lovot.life/
私たちGROOVE Xは2015年に設立したスタートアップです。
GROOVE Xの考えるロボットは、人々の生活に潤いを与える存在として、人が一緒にいたくなるような新世代の家庭用ロボットです。それは、将来癒しを与える存在を超え、人の潜在能力を向上させる力も持ち得ると考えています。

■LOVOT [らぼっと] とは
『LOVOT』は人の代わりに仕事をする便利なロボットではありません。人に甘えて邪魔もしてくるし、時には知らない人に人見知りをするかもしれません。
だけど、一緒にいるとホッとする、うれしくなる、笑ってしまう。なんだか、あたたかい気持ちになってくる。
そんな風にロボットが人と信頼関係をつくり、生活に潤いと安心を与えられる存在になれば、人のパフォーマンスは高められると、私たちは信じています。

なぜやるのか

  • 代表の林要
  • 海外の展示会でも注目を浴びました

テクノロジーは、人を幸せにしたのでしょうか? テクノロジーは生活を豊かにし、様々な効率化を進めました。でも、人が幸せになったかと問われると、イエスと言える人は実はそんなに多くないのでは、と思います。
なぜなら、テクノロジーの進化がライフスタイルと人類の本能の間のギャップを拡大し、感情的なハレーションを拡大する傾向にあったから。そのギャップを埋めるのが、私たちがつくっている“LOVOT”です。
テクノロジーの進化によって多くのモノを手に入れたからこそ、大事なのはモノよりも体験や思い出だとみんな気づいています。“LOVOT”は今までのロボットになかった「気持ちをテクノロジーで満たす、ケアをする」という新たな価値観へのはじめての一歩として、世界の後続製品にとって目指すべき一つの指針になるはずです。ロボットによって人は幸せになり、パフォーマンスをあげることができる。そんな社会を描いていきたいと思っています。

どうやっているのか

GROOVE Xの開発現場には、様々なジャンル、経歴、年代の人たちが集まっています。
多様性があるからこそアイディアが飛び交い、場にグルーヴが生じ、時に誰も予期しなかった発想の高みにたどり着くことができています。
型にはまらない優れた技術力・才能を持つ様々な分野のスペシャリストの集団が、様々なアイディアを出し、トライ&エラーを繰り返して、まだ誰も見たことのないロボットを創造できるのだと考えています。
トライ&エラーを繰り返すために、スクラムと言う開発プロセスを活用し、1週間単位のスプリントを繰り返し、開発を進めています。みんな、どんどん失敗します!失敗から学び、軌道修正しています。
情報の透明性を重視し、物理的なカンバンとともに、Slack, Confluence, Bitbucket, G Suite などのツールを活用しています

こんなことやります

私たちは新世代家庭用ロボット(LOVOT)を開発しています。
LOVOTのデバイスだけではなく、そのLOVOTをご利用頂くためのECサイト、ユーザー向けサイト、デバイス向けバックエンドなど、さまざまなWEBシステム開発をしています。

▼ECサイト
現在LOVOTはECサイトと複数の実店舗で販売しておりますが、特にECサイトは、地域に囚われずにLOVOTを広めるためにはとても重要な役割を担っています。そのECサイトですが、まだまだ改善の余地が多くあり、スピーディーかつ継続的に開発をしていく必要があります。

▼会員向けWEBシステム
弊社のWEBシステムはEC以外にもLOVOT本体、アプリ、契約管理、他Webサービスなど、さまざまな用途に使われています。中でも会員向けのWebシステムはLOVOTの本体が提供するさまざまな機能にとって、重要な役割を果たしています。ご自身の興味に応じ、ECサイト以外のWEBシステムや、さらにはLOVOT本体の開発に関わることもできます。

<お願いする業務内容>
1. WEBシステムのフロントエンド開発
・プロダクトサイト(https://lovot.life
・ECサイト(https://store.lovot.life
・会員向けWEBサイト(https://my.lovot.life

2. 希望に応じ、他Webシステム、アプリ、LOVOT本体の開発

<こんな方と一緒にお仕事させていただきたい!>
・LOVOTの世界観に共感できる方
・チームワークを大切だと考える方
・広告など他の領域の人たちと協調して業務ができる方

<必須条件>
・HTML, CSS, JavaScriptによるWebシステムのフロントエンドの開発経験 3年以上
・Gitなどバージョン管理システムを用いた複数人での開発経験
・アジャイルでの開発経験 1年以上

<歓迎条件>
・ECサイトなど決済を伴うWebシステムの開発経験
・Vue.jsやNuxt.jsなどJavaScriptフレームワークを用いた開発経験
・GCP, AWSなどのクラウドサービスを用いたWebシステム構築・運用経験
・サーバーサイドの開発経験

<開発環境>
・開発言語: HTML,PUG, CSS(CSS3, SCSS), JavaScript (Vue.js, React, etc), Python, Goなど
・インフラ: Google Cloud Platform (GAE, GKE, Cloud IoTなど)、Heroku、Commerce Cloud
・その他ツール:Circle CI, GitHub, JIRA, IDE(Jetbrains社各製品、VSCode), Slack
・開発手法:アジャイル

【勤務内容】
「①正社員採用」と「②業務委託」で条件が異なります

▼正社員の場合
・在宅勤務可(出社義務あり)
・勤務形態:正社員
※その他詳細は面談時にお伝えします

▼業務委託の場合
・在宅勤務可(フルリモートOK)
・時短OK/週3日〜(日中のMTG が出れること)
・勤務形態:業務委託
※上記以外の条件は面談時にお伝えします

LOVOTの魅力を一緒に広めたい、また会社のビジョンに共感できる方は、ぜひご応募ください!

会社の注目のストーリー

【社員日記vol.4】チームの取り組み方を変えて、生産性を高める

12月7日&16日にオンラインでMeet up (会社説明会)を行います

LOVOTの開発に関する記事が公開されました

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
3人が応援しています
会社情報
GROOVE X株式会社の会社情報
GROOVE X株式会社
  • 2015/11 に設立
  • 95人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都中央区日本橋浜町三丁目42番3号 住友不動産浜町ビル
  • GROOVE X株式会社の会社情報
    GROOVE X株式会社 から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?