Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
プロデューサー
61
エントリー
on 2020/04/03 1,226 views

子どもから大人まで楽しめる、新しいキャラ系アニメをプロデュースしませんか?

株式会社ファンワークス

株式会社ファンワークスのメンバー もっと見る

  • 株式会社ファンワークスの代表取締役社長(&創業者)です。
    京都出身。同志社大学卒業後、広告代理店、TV制作会社、アニメーション制作会社を経て2005年ファンワークスを設立。「やわらか戦車」をスタートに最近ですと、映画「すみっコぐらし」、「アグレッシブ烈子」(NETFLIX)、「大家さんと僕」(NHK)などいろんなアニメ作品のプロデュースに関わってきました。

  • ファンワークスのアシスタントプロデューサーです

なにをやっているのか

ファンワークスを説明するのに、今までの「アニメ制作会社」という一言では足りないかもしれません。

アニメーションを制作するだけでなく、その運用やプロモーション施策までトータルプロデュースで提案するのが私たちのやり方。だから、手掛ける事業領域も幅広いものになっています。

・アニメーション、映像の企画、制作
・クリエイターの発掘、育成、マネージメント
・キャラクターの企画、開発、育成
・ウェブメディア連携、PR業務
・CGM(ユーザー参加型のコンテンツメディア)、ユーザーコミュニケーションの企画
・商品化展開
・権利関係処理、契約書締結
・これらを総合した企画、コンサルティング

また、私たちが制作する「アニメーション」の特徴としては、TV、配信、映画など様々な国内外メディアで発信する多彩なデジタルアニメーションを、少数精鋭のチームで創ることにあります。特に、個性的なキャラクターが登場するショートアニメーションを中心に、エッジの効いた、カワイイ&ユカイなアニメーションづくりを目指しています。

【軽やかな風を起こす会社「ファンワ」】
ファンワークス(略して「ファンワ」!)の社名は、風(FAN)に由来しており、さらにこの「FAN」は、「フットワーク」の「F」、「アートワーク」の「A」、「ネットワーク」の「N」で構成されています。少人数でフットワーク軽やかに、それでいて幅広いネットワークで大きな仕事もこなしつつ・・・。風通しの良いはたらき方で、社会に新たな風を巻き起こす会社。そんな姿を目指してつけられた名前です。

なぜやるのか

【日本のアニメーションを、より多様に、よりオモシロく】

アニメーションは、今や日本文化を代表するカルチャーでもありますが、私たちが制作に関わるアニメは、いわゆる「アニメ好き」以外の方々にも、子どもから大人まで楽しんでもらえる作品が多くなっています。ある種の普遍性を持つ、新しいタイプのキャラ系アニメを創るり続けることで、より多様な日本のアニメーションの一つとして、世界へ発信していきたいと考えています。

また、近年アニメは、映画などの長編だけでなく、短編の作品が増えている傾向があります。Netflix配信作品や劇場版といった中・長編アニメーションも手掛けるなか、NHKを中心としたTVでの短編アニメシリーズ、スマートフォンでの閲覧を前提としたプロモーションアニメ・短編アニメは、ファンワークスの変わらぬ強みです。(創業時の最初の作品はWEBを中心に一大ブームとなった「やわらか戦車」です!) キャラクターの世界観の拡大や、プロモーション施策、メディア連携などをトータルプロデュースした短編アニメーションは、特に現代ではワールドワイドなインパクトを持つ可能性にあふれていると言えます。

どうやっているのか

【アニメをつくるだけじゃない。トータルプロデュースがファンワの仕事】

近年では、以下のようなキャラ系アニメを中心にプロジェクトを発表してきました。
・「アグレッシブ烈子」(TBS・NETFLIX)
・「ざんねんないきもの事典」(NHK)
・「がんばれ!ルルロロ」(NHK) 
・「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」
・「大家さんと僕」(NHK)

特に、サンリオキャラ原作の「アグレッシブ烈子」は、TBS「王様のブランチ」放送後、「NETFLIX」にてオリジナルエピソードを独占世界配信し、国内外で大ヒット、第三期まで配信が決定しています。また、「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」も各種メディア、SNSを中心に話題を呼び、観客動員数120万人の大ヒットとなりましたので、ご覧頂いた方もいらっしゃるかもしません。

2005年の「やわらか戦車」を皮切りに多くの作品を生み出してきましたが、その他にも富山の魅力をアニメ化した地域プロモーションアニメを制作したり、共通ポイントサービス「Ponta」や日本郵便「ぽすくま」のプロモーションアニメを制作したりと、幅広く制作事業を展開しています。
こうした事業には、ただアニメーションを制作するだけでなく、「どうやって作品をヒットさせるか?」といったトータルプロデュース視点での提案することが必要とされます。ウェブメディア連携やPR業務、CGMを駆使したユーザーコミュニケーションの構築などもファンワの得意分野です。

こんなことやります

【「編集者」や「プロマネ」に近い「プロデューサー」職】

プロデューサーの基本業務としては、アニメーション制作の打ち合わせや世界観の共有、そしてその後の工程管理やプロジェクトマネジメントといったことを務めていただきます。WEB制作の世界にも似ていて、多くの人とコミュニケーションを取りながら業務を進めていただきたいです。1つのプロジェクトを少数精鋭で取り組むので、任される裁量も大きいものになると思いますが、プロジェクトに関する幅広い知識や手段について、好奇心を持って取り組める方におすすめです。

また、幅広いジャンルのアニメーションを手がけていますので、ゴリゴリの「専門的アニメ志向」というよりは、幅広く制作・WEB・コンテンツ・マーケティング・SNSなどの仕事を手がけたい志向の方に向く職場かと思います。もちろん、今アニメーションを手がけている方やアニメ好きな方の「ファンワでやってみたい」という想いも大歓迎です!

【ファンワの仕事はテレワークが前提】

クリエイターさんとのコミュニケーションとしては、テレワークを前提としたアニメ制作を行っています。私たちが大切にしているネットワークでは全国のクリエイターさんと繋がりがあり、プロデューサーは全国の皆さんと(時には海外在住の方とも)WEB上のコミュニケーションを通じて対話することになります。この点についても「テレワーク最高!」と思っていただける人とお仕事できればと思っています!

【新宿御苑すぐそばでゆったりワーク】

オフィスは新宿御苑の千駄ヶ谷門すぐ近く。都心でありながら、鳥の声が届いてくる環境でゆったりと仕事をしています。年間パスを購入して、新宿御苑の中でお昼休憩をとったり、仕事をしたりもできるかも…?(笑)

・・・というように私たちは、あくせくしていない環境で「効率」と「自由さ」を大切にはたらいています。テレワークの導入や無駄な会議の削減などは当たり前。いい仕事をするためのいい環境を、ご興味がある方は一度ご覧になってください。まずはお気軽に「話を聞きに行きたい」ボタンからお申し込みください。お待ちしています!

エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社ファンワークス
  • 2005/08 に設立
  • 12人のメンバー
  • 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-2-16 DeLCCS千駄ヶ谷3F
  • 子どもから大人まで楽しめる、新しいキャラ系アニメをプロデュースしませんか?
    株式会社ファンワークス