Wantedlyは、240万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
Webエンジニア
26
エントリー
on 2020/04/06 1,014 views

スタートアップ企業の新規サービスを一緒に作り育てていきたいエンジニア募集!

株式会社ROBON

株式会社ROBONのメンバー もっと見る

  • 大学を卒業して社会人となった年にPCやUNIX上でオブジェクト指向言語によるソフトウェアの開発を始めて以来、いろいろなお客様のシステムを担当させて頂いた。早いもので、もう30年近くになる。
    リレーショナル・データベースを高速かつ正確に読み書きするという目的を達成しつつ、如何にシンプルなシステムを設計するか。これまでのビジネスのデジタル化の時代は、これだけで飯が食えた。
    デジタルでビジネスを変えていく、デジタル・トランスフォーメーションの時代に向けて、新しいアーキテクチャのソフトウェアを新しい方法で提供するため、ROBONという会社を作った。30年目の挑戦である。

  • 前職では、客先常駐のSEとして、主にWebアプリケーションの開発を行っていました。
    前職でも​様々なプロジェクトに携わることができましたが、多くがオンプレミス環境での開発でした。また、あまりプロジェクトの上流から携わることはできませんでした。

    そのため、クラウドネイティブのような、よりモダンな開発環境での経験を​積みたい、また、将来はシステムやサービスの企画にも携わりたいとの思いがあり、ROBONに入社しました。

    ROBONでは、AWSの各種サービスを使ったミドルウェアやインフラ、Go言語を使ったバックエンド、Vue.jsを使ったフロントエンドなどの環境で開発することができています。...

  • 以前は事務職員として仕事をしていたのですが、その際に煩雑な事務作業をプログラムで省力化したことがきっかけで、現在たずさわっているシステム開発業に従事することにしました。
    ROBONでは、専門性の高い業務を自動化することを目的としたアプリケーションを開発しています。
    開発の知識だけでなく業務の知識も必要となり難しいところもありますが、より良いものを作りたいと思っています。

  • 2008年に地元札幌でソフトウェア開発の会社に入社し、業務システム開発、Webアプリケーションの開発に携わってきました。
    株式会社ROBONに入社後、今は法人税申告書作成ロボット(決算ロボット)の開発をしています。
    ROBONで仕事のできる魅力は、AWSLambda,DynamoDB,Golang,Vue.js などモダンな開発ができること、時間と場所にとらわれない働き方を目指し、実施していることです。
    新しいサービスの開発に携われるのは面白いことです。世の中に役に立つサービスをリリースできればいいなと思っています。

なにをやっているのか

  • 代表である荒木が社員に教えているところです。ご覧の通り、距離感はかなり近いです。
  • エンジニア全員でミーティングをしているところです。

私たち「株式会社ROBON」は、これまで専門知識が必要とされてきた業務を自動化するサービスを開発・提供している会社です。

株式会社ROBONは、株式会社豆蔵ホールディングスのグループ内のスタートアップ企業として、2019年4月1日に設立されました。

■開発中のサービス■
現在、開発中のサービスは、法人税申告書の作成業務を支援する「決算ロボット」です。

従来、法人税申告業務は、税理士さんなどの専門家が決算書をはじめとする会計データから法人税申告書に記載する内容を作成してきました。
弊社は、この業務を自動化するサービスを開発しています。具体的には、ロボットにあらかじめ会計データを取り込むためのルールを登録しておきます。ロボットはルールに従ってWebAPIを呼び出して会計データを取り込みます。そして、法人税申告書の作成に必要なデータ項目の生成して、法人税申告書を印刷・申請するサービスへWebAPIを使用して連携します。ロボットはFunction as a Serviceで開発されているので、サーバー・レスでクラウド・ネイティブな構成になっています。

近年、会計データを管理する会計パッケージやERPパッケージはクラウド化が進んでいます。クラウド化することで、いつでもどこからでもアクセスできるだけでなく、災害やセキュリティなどの脅威からも最新の技術で守ることができます。もちろん、弊社のサービスも全てがクラウド上で構成され、クラウドが提供するセキュリティ技術を最大限活用しています。

■開発を決めた背景■
私たちが税務に着目した背景には、弊社の会長が公認会計士&税理士であることが挙げられます。法人税申告業務は専門性が高く、すべての会社が毎年行わなければならないため、多くの会社で多くの人々の時間が費やされています。会長の「税務の専門家としての夢」の発案をきっかけに今回のソフトウェアを作ることを決意しました。

IT技術が進歩している現代では、様々な業務を自動化するツールが提供されています。そんな中で、私たちは、「専門家の知識を必要とする技術をソフトウェアの力でサービス化できないだろうか」と考え、現在の形の「決算ロボット」の開発を決めました。

■事業の展望■
今後は、税務分野だけでなく、他の専門家を必要としている業務を自動化するサービスの提供を見据えています。税務は会長の専門分野でしたが、我々エンジニアもソフトウェア開発の専門家です。ですから、ソフトウェア開発の自動化は視野に入れています。昨今は、ローコードやノンコードというカテゴリのサービスや製品が出てきていますが、私たちはデータの分野から攻めていこうと考えています。

これまで多くの企業がオンプレミスのRDBを使ってデータを管理していましたが、今後はクラウド上のデータレイクに蓄積されたビッグデータを活用していくことになるでしょう。ここではIoTやPOS、チャットデータなど様々なデータソースを扱う必要があります。そのためには、これらのデータの特性を判別し、可視化する技術が必要になります。その技術を中心としたデータの分析・統合、さらには活用するためのWebAPIの開発の自動化を目指します。

なぜやるのか

  • メンバー全員の写真です。今年は一気に10名以上を採用する予定です!
  • ミーティングでの一場面。

■私たちが起業に込めた想い■
株式会社豆蔵ホールディングスの代表でもあった弊社会長の萩原と社長の荒木が、豆蔵の創業から20年目の2019年に「次の20年に向けた第二の創業」という決意を持って会社を設立し、株式会社ROBONが誕生しました。

最初の事業は、会長の夢である「税務申告業務の自動化」に取り組むことを決め、会社のビジョンや経営理念などを話し合いました。

■経営理念■
「株式会社ROBON」の社名は、「すべての業務にロボットをオンする」に由来しています。

弊社は、「IT技術で全てのお客様の生産性を飛躍的に向上させる」ことを経営理念として掲げています。お客様の生産性を飛躍的に向上させるためのロボットを実装するターゲットは「専門家に依存した業務」です。専門家に依存する業務は、ビジネスのスピードやコストのボトルネックになりやすいので、ロボットによる業務の改革の効果が見込めます。

「未来をいち早く今に取り込む会社」は、ROBONのコーポレート・メッセージです。未来を取り込む対象はもちろんお客様の業務ですが、それだけではありません。自社のサービスの開発にも最新の技術を採用していきます。また、自社の働き方も改革していきます。

5年後には、税務分野の自動化においてNo.1のシェアでNo.1のサービスを提供し、クラウド上のアプリケーションとデータ連携のリーディング・カンパニーとなることを目指しています。

どうやっているのか

  • ミーティングでの一場面
  • ミーティングでの一場面

■株式会社ROBONの強み■
弊社は、クラウドの利点を徹底的に活用する仕組みをゼロベースで作っています。専用サーバーを必要としないその仕組みは、障害に強いだけでなく、大量のリクエストにも対応できます。また、サービスを利用したいお客様はすぐに利用を開始できます。もちろん、データベースもフルマネージドな分散技術を使用していますので、データベースへの処理の集中がボトルネックになることもなく、いつでも高速で快適なサービスを提供できるのです。

■活躍中のメンバー■
弊社では5名のエンジニアがサービスの開発を進めています。そのほかにも、管理部門1名、営業部門1名、経営者1名が活躍中です。

活躍するエンジニアは、Web系のシステムを開発してきたエンジニアもいれば組み込み系の開発を行ってきたエンジニアもおり、各エンジニアが得意分野を持ちます。クラウド・ネイティブなアプリケーション開発は未経験なメンバーばかりでしたが、1ヶ月程度トレーニングを行った結果、メンバーは柔軟に業務をこなせるまでに成長しました。

■社員のライフイベントをサポート■
ソフトウェアを作る会社は、エンジニアが中心となって業務を遂行します。そのため、私たちは、エンジニアなどの働く人材の重要性を感じています。会社の成長とは、会社で働く社員の成長であり、会社が成長し続けるためには、成長を続ける社員が長く働けることが必要だと考えています。

彼らが生きる中で結婚や出産、病気や介護など様々な出来事が起こり、仕事を継続する上で障害となるケースもあるでしょう。弊社では、彼らがなるべく長く働き続けられるように、そして様々なライフイベントを乗り越えるためのサポートを行っています。

■柔軟な働き方■
2020年3月現在、新型コロナウイルスの流行により、働き方を見直す必要性が高まっています。弊社は、昨年の設立時から長く働ける会社になるため、「いつでもどこでも」働ける会社を目指してきました。弊社のオフィスにはサーバーがありません。自社の全てのITリソースをクラウド上で運用・管理しているので、インターネットに接続できる環境であれば、「いつでもどこでも」会社の用意した環境を手に入れることができます。チャットツールも常時活用しているので、簡単にリモートワークに移行できたのです。

こんなことやります

■募集職種■
エンジニアを募集します。

開発を進めている「決算ロボット」は最初のバージョンがほぼ完成しており、現段階では税理士さんに内容を確認していただいている状態です。今回募集するエンジニアには、「決算ロボット」のバージョンアップなどに携わっていただきます。

■開発環境■
・フロントエンド :Vue.js + TypeScript
・バックエンド :AWS Lambda, DynamoDB + Golang
・インフラ :AWS全般(IAM, Cognito, S3, CloudWatch, WorkSpaces, WorkMail, WorkDocs)
・コミュニケーション:Slack

■仕事の魅力■
ソフトウェアを作る意義は、そのソフトウェアを使用してくれるユーザーあってのものです。今回開発する「決算ロボット」を必要とするユーザーに使っていただいて役立つことで初めて、私たちの努力が実り喜びとなるでしょう。

■今後のキャリアについて■
今後のキャリアについては、エンジニア自身の今後の方針をヒアリングしつつ、実現できるようにサポートします。

例えば、エンジニア一筋でプログラミングを極めたいという方がいれば、エキスパートとしてのキャリアを進められるように協力します。また、開発チームを統括したい・ユーザーの声を反映した新しいサービスをマネジメントしたいなどの思いがあり、プロダクトオーナーを目指すことも可能です。

■このような方と働きたい!■
私たちは、弊社の経営理念やビジョンに共感してくれる方を探しています。弊社は、設立したての新しい会社であり、新しい取り組みに挑戦しています。失敗を恐れることなく行動でき、先を見通す想像力を兼ね備えた人と一緒に会社を成長させたいです。

これからどんなことをしてみたいか、まずはお話してみませんか?
是非お気軽に「話を聞きにいきたい」ボタンよりエントリーしてください!

会社の注目のストーリー

オンライン面談の、3つのメリットとデメリット
導入して良かった「電子ワークフロー」!~3つの理由~
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
株式会社ROBON
  • 2019/04 に設立
  • 11人のメンバー
  • 社長がプログラミングできる /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル22F・26F
  • スタートアップ企業の新規サービスを一緒に作り育てていきたいエンジニア募集!
    株式会社ROBON