1
/
5
フロント/サーバーエンジニア
中途
32
エントリー
on 2020/05/15 1,748 views

4,000社が使うSaaSプロダクトに磨きをかけてくれるエンジニアを募集

any株式会社

any株式会社のメンバー もっと見る

  • 新卒で伊藤忠テクノソリューションズにてWEBシステム開発を担当。
    不動産会社の基幹システム、不動産仲介WEBサイトをはじめ、新規・既存顧客など数多くの案件で提案活動、要件定義などの上流工程、PM/PL、プログラマ、保守・運用などを幅広く経験。

    その後、正社員、業務委託含めベンチャー企業複数社でフロントエンド、サーバサイド、インフラなど様々な技術からエンジニア採用や組織づくりなどを経験し、
    現在any株式会社へ1人目のエンジニアとしてjoin。

    顧客に近い位置での活動が長かったので、課題のヒアリングとその奥に潜む本質的な問題を技術力で解決することを得意とする。
    技術は何かの課題を解決す...

  • 趣味を仕事にしようという思いで、19歳からエンジニアになりました。
    実務ではフロントエンドからバックエンド、時にはインフラまで様々な領域を担当しています。
    プライベートではOSSライブラリ開発を行っています。

  • プログラミングをすることが大好きです。自分の技術力を日々高めています
    フルスクラッチで開発をするのが好きです。他には、仕組みを知りそれを実際に自分で開発をすることも好きです。

    カーネルモジュールを作ってます。
    PHPで自作のフレームワークを開発しました
    自作のshellを開発しました。

    設計と低レイヤーが好きです

    OSSに貢献するのが好きです。

    Intrdouce: https://my-introduction-129e1.web.app
    Qiita: https://qiita.com/fumiyan_propro
    GitHub: https://github.com/fum...

  • <常に改善を心掛けた設計力>
    SCSSファイルやVueファイルなどをAtomic Designを使用することで途中から案件に参画したエンジニアでもわかりやすいコンポーネントを設計。結果、あらかじめ変更や改修を見込んで開発に取り組み、随時修正がかけやすい設計やソースコードの記述をすることができました。

    <整理の鬼>
    プログラミングのコードの他にドキュメントやナレッジの整理も得意。
    会議でも役員の皆様が担当するアイディアをまとめる役にも選抜されました

なにをやっているのか

  • ナレッジ経営クラウド「Qast」
  • 誰にでも使いやすいシンプルなUIが特徴

ナレッジ経営クラウド「Qast」の開発・運営を行っています。
(※詳しくはこちら:https://qast.jp/

【Qastとは】
 個人のノウハウを引き出し、組織全体のパフォーマンスを最大化するナレッジ経営クラウドです。

■こんな課題を解決します!
・ノウハウやナレッジが属人化しており、社内に蓄積されていない
・部署異動や新人が入る度に、毎回同じ質問が発生して非効率
・拠点や部署ごとに情報格差が発生し、パフォーマンスに差が出やすい
・そもそも誰に何を聞いていいのかわからない
・複数のツールに情報が分散し、探したい情報が見つからない
これらの課題を解決し、現在4,000社以上の企業様にご導入いただいてます!

【Qastの特徴】
■誰でも使えるシンプルさ
 業界や職種に関わらず、誰でも簡単に投稿できます。
 必要な機能だけを搭載しているため、使い方に迷う事はありません。

■Q&Aとメモで、社内情報を集約
 社内でよくある質問はQ&Aに、掲示板や個人のナレッジはメモに投稿することで、社内の情報を一箇所に集約できます。

■スコアで貢献を可視化
 投稿数や反応数によって、投稿者にスコアを付与することができます。
 ナレッジ共有において"誰が、どれだけ貢献しているか"が可視化され、投稿の促進につながります。

【導入企業様からはこんな声!】
・「インターフェイスがシンプルでわかりやすかったことが浸透した一番の理由です!」
・「サービスのクオリティが高く、『情報を探す時間』を相当短縮できました!」
・「特定の機能というよりも、サービスそのものが便利です!」
・「Slackはフロー、Qastはストック”の情報共有ツールとして併用しています」

※詳しくはこちらの導入事例をご覧ください。(https://qast.jp/usecase

なぜやるのか

  • Mission&Vision
  • 代表吉田です!

【一人一人のナレッジを、組織の力に】
あらゆる疑問がGoogleやSNSで検索できる時代になりました。

一方で、
社内FAQ、業務上の質問、お客様からのよくある問い合わせ、個人のノウハウ、掲示板、議事録、レポート、日報、ファイル…など
それぞれまとめる場所が違ったり社内の情報はなかなか検索できないのが現状です。

これだけ情報のスピード、重要度が増している中、「社内の情報が検索できない」ことに猛烈な非効率さを感じ、Qastをスタートさせました。

社内の情報を全てQastに蓄積することで、誰でもすぐに検索ができるようになり、これまで不要にかかってしまっていた"情報を探す時間"を削減し、生産性向上につながります。

どうやっているのか

  • 積極的に意見を言い合える環境!
  • オフライン合宿で景色交換(2-3ヶ月に1回)

【anyはこんな会社】
■当たり前のSaaSを創る
『チームシップが根付いた世の中に』というビジョンのもとQastの開発・運営を行っています。業界のスタンダードとなるようなSaaSを創ります。

■サービスリリースから2年半、急拡大中のスタートアップ
現在は、業務委託、アルバイトを含めて約30名でサービスを運営しています。
メンバー同士の距離が近く、なんでも意見を言い合えて、自分の意見がサービスにすぐ反映できる環境です。

■チームワークを大切にする
1人でできる仕事には限界があります。
チームとしての成長が、結果的に個人の成長につながるという考えの元、仲間を大切にするのが価値観の一つです。

【anyの働き方】
基本的には、チーム内のコミュニケーションを大切にしているためオフィス出社をお願いしています。(※直近はコロナウイルス感染対策として、週2日出社)

【anyの雰囲気や制度】
■雰囲気
・チームの平均年齢は30歳。どちらかと言うと大人スタートアップ
・出社の日はオフィスで笑い声が飛び交う環境
・スポーツ、音楽をやっていた人が多い(チームワークの遺伝子)

■社内制度
・書籍代補助
・SaaS/ツール導入支援
・アニバーサリー休暇
まだまだ、スタートアップのため皆さんの意見を取り入れてより働きやすい環境を目指しています!

anyをさらに知りたい方はこちら
https://careers.anyinc.jp/

こんなことやります

「永遠のβ版」とも言われるSaaSですが、Qastをより便利に、より快適に使っていただくための機能開発をお願い致します。

■少しでも該当する方はお話ししましょう!
・チーム
 ・チームで一つのことを成し遂げる喜びを重視したい
 ・チームで切磋琢磨し、ともに成長したい
・技術
 ・高拡張性、高保守性、高品質なシステム開発を学びたい
 ・React, Node.jsなどの技術スタックで開発したい
 ・エンタープライズSaaSの複雑な機能開発、運用保守で更に力をつけたい

■エンジニアチームMVV
 ・Mission「チームの力で個人の力を120%発揮させる」
 ・Vission「高拡張性、高保守性、高品質を持つシステムを構築できる設計技術が高いエンジニアを増やす」
 ・Value
  ・ HRTの原則を厳守する
  ・リーダーシップを持つ
  ・本質を見極める

■取り組み
・設計ディスカッション
・コードレビュー会
・LT会
・10%リファクタルール
・issue day(隔週)
・エンジニアランチ会(月1日)
・CTO 1on1(隔週)

■技術
・フロントエンド:React
・サーバーサイド:TypeScript/GraphQL/Python
・フレームワーク:Next.js, Nestjs
・インフラ:AWS(EC2, Fargate, RDS, Opensearch...), GCP(BigQuery)

会社の注目のストーリー

【any社員インタビューvol.02 波多野 雅哉】大手Sler/上場ベンチャー/スタートアップを経験│anyの1人目エンジニアになるまで│

【any社員インタビューvol.01 吉田和史】「起業して一番つらかったのは・・・」

リリースから1年半、マーケ→営業→カスタマーサクセスを一人でやってわかった7つのコト

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
8人が応援しています
会社情報
any株式会社の会社情報
any株式会社
  • 2016/10 に設立
  • 14人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都千代田区神田錦町2丁目2-1 神田スクエア 11F wework内
  • any株式会社の会社情報
    any株式会社 から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?