1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
総務
31
エントリー
on 2020/06/03 567 views

業界シェアNo.1企業の総務担当としてキャリアを伸ばしませんか?

株式会社カオナビ

株式会社カオナビのメンバー もっと見る

  • コーポレート本部

  • ・ベンチャーキャピタル→ヴィレッジヴァンガード→カオナビ

    ・色々やってきました。
     M&A(うち成立2件)、資金調達(シローン、メザニン)、企業再編、資産圧縮、仕入コントロール、システム入替、会社規定整備、月次早期化、物流改善、新規事業PM、、、

    ・とにかく実行あるのみ。

    ・現在はカオナビ 経営戦略室。

  • 永田 祐樹
    コーポレート・スタッフ

  • natsumi sano
    エンジニア

なにをやっているのか

  • WEBアプリとスマホアプリにて「カオナビ」を提供しております!
  • 1800社以上のノウハウで働き方改革の推進をサポートしています

業界シェア5年連続NO.1(※)クラウドツール『カオナビ』の開発・提供をしています。

■「カオナビ」 https://www.kaonavi.jp/
「カオナビ」は、顔写真が並ぶ画面が特徴の人材管理システムです。多様化する社員の個性を一目で把握でき、人事だけでなく・経営層・現場マネジメント層など、幅広い層で人材マネジメントに活用が可能です。
これまでにサイバーエージェント、日清食品HD、Sansanなど、業種や企業規模を問わず導入されており、約1,800社(2020年3月現在)の企業で利用されています。

■「カオナビ」がお客様から選ばれる理由
1. 業種業態に富んだ導入実績で、活用術がわかる・コミュニティが広がる!
2. お客様の規模や制度に合わせ、自社向けにカスタマイズ可能!
3. 大手・メガバンクにも選ばれたセキュリティ対策と安心サポート

■その他参考記事等
・PR Table :https://www.pr-table.com/kaonavi
  創業から4年をかけてたどりついた、クラウド人材管理ツール「カオナビ」誕生秘話
  カオナビの働き方――「逆算の論理」の徹底が、充実した働き方を実現させる
  働き方のスタンダードはこう作られる。“やらない”を徹底したカオナビのビジネス戦略

・『カオナビ』とクラウド人事労務ソフト『SmartHR』がAPI連携を開始:
https://corp.kaonavi.jp/news/pr_20190801/
・カオナビ×Slack連携:
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4435/announcement/50822/00.pdf
・リクルート「SPl3」との連携:https://corp.kaonavi.jp/news/20170912/
・『カオナビ コネクテッドパートナープログラム』始動:https://corp.kaonavi.jp/news/pr_20190612/
・慶応義塾大学との共同研究記事:https://corp.kaonavi.jp/news/20180530/
・AIで退職リスク予測、楽天と開発へ:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41169690S9A210C1XY0000/

※1.ITR「ITR Market View:人事・人材管理市場2020」人材管理市場:ベンダー別売上金額シェア(2015~2019年度予測)

■TVCM 放送
 https://www.kaonavi.jp/lp/movie-contents/knb/

なぜやるのか

  • デスクはもちろん、ソファーやテーブルなど好きなところで仕事ができる環境です。効率が良い方法で自由に働いていただけます。
  • 営業・デザイナー・エンジニアなど、職種問わず、また、社長・副社長も含めて社員全員がワンフロアで座っています。Slackを使ってのオフラインコミュニケーションもありますが、気軽に席に行って話しかけることもできます。

営業現場がすばやく人事情報を得られぬ不便さ、
それを解決するツールの必要性を感じて「カオナビ」がスタート。

例えば、現場の部長が「新人の履歴書をくれ」と人事部にお願いしたとき、人事部は「明日出します」と言う。今ほしいのに翌日に情報共有では遅い。おまけにフォーマットも統一されていないことが多い。
また、現場ではプロジェクトメンバーの選定などに人事情報を必要としているのに、人事がそれに対応できていない。

また、社員のデータが、
“この情報はExcelに入っていて、そっちは紙で保管してるからキャビネットにあって。その情報はここにあるけど、そっちは他の部署にある”という会社も多い。

現場のための情報活用の重要さは高まってきています。
人材を有効活用できる企業しか生き残れないこの時代に、
人材マネジメントを変革させるプラットフォームを提供することで、
業務効率化、生産性向上、離職防止などの
企業課題を解決していくことを目指しています。

どうやっているのか

  • カオナビ社エントランスです。バリアフリー設計となっています。
  • 休憩スぺ―スです。お昼はお弁当を食べている社員もいます!

働くメンバーは、IT業界を中心に、さまざまな業界から集まっています。
30代を中心に、20代から40代まで幅広い年代の社員が在籍。年齢関係なく、それぞれが専門性を持って仕事をしています。

・2020年3月末社員数:154名(正社員のみ)
・男性60%、女性40%
・平均年齢34歳
・1日当たりの平均残業時間:10分

こんなことやります

【業務内容】
2019年3月に上場し、組織強化をしている状況です。
総務法務グループにて中心となり、社員が能力を発揮しやすい環境を整え、会社の成長に寄与いただく方を募集します。

【詳細】
・社内環境の整備・改善
・オフィス管理、企画の実行
・全社イベントの企画・運営、全社会議体運営
・株主総会運営
・その他事業の拡大にあわせて業務改善/構築

4月にテレワーク導入が決定し、当社の働き方はどんどん変化をしています。
また、2020年12月には虎ノ門オフィスへの移転を予定しています。
スピード感をもって、社内環境における課題に挑戦していきたい方を歓迎します。

社内の利用ツールは
 Slack / Confluence / ZOOM / Gsuite などです。

■求めるスキル・経験(MUST)
・総務経験3年以上

■求めるスキル・経験(WANT)
・自社ミッション、ビジョン、サービスに共感いただける方
・当事者意識をもって業務に取り組める方
・社内外とのコミュニケーションおよびリレーション構築、調整が得意な方
・定例業務だけでなく、イレギュラーの業務も臨機応変に対応でき、楽しみながら仕事ができる方
・新しいことへのチャレンジ意欲がある方

■応募について
拡大期の弊社に少しでも興味を持っていただいた方は、「話を聞いてみたい」を押してください!
※応募多数の場合、Wantedlyプロフィールを拝見させていただき、お話させていただきたい方にご連絡差し上げます。

会社の注目のストーリー

時間ではなくアタマを使う。カオナビが脱・労働集約を本気で追求する理由
日本の人材マネジメントはヤバい!労働生産性が先進国ワースト1である理由
カオナビ流のマーケット戦略~SaaSビジネス構築の舞台裏を語る~
エントリー状況は公開されません
2人が応援しています
会社情報
株式会社カオナビ
  • 2008/05 に設立
  • 151人のメンバー
  • 海外進出している /
    3000万円以上の資金を調達済み /
    社長がプログラミングできる /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都港区元赤坂1-2-7 AKASAKA K-TOWER 5F
  • 業界シェアNo.1企業の総務担当としてキャリアを伸ばしませんか?
    株式会社カオナビ