Wantedlyを使うと運命のチームやシゴトに出会えたり、シゴト仲間のつながり管理が簡単になります

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
マーケティング

農家さん漁師さんから直接買えるフリマアプリ・新会社立ち上げメンバー募集!

特定非営利活動法人東北開墾

特定非営利活動法人東北開墾のメンバー

全員みる(8)
  • 2001富士通→2005モバイルベンチャーのロケーションバリュー創業(取締役COO)→2年間夫婦で世界一周→2011『東北復興新聞』創刊(NPO法人HUG代表理事)→2013『東北食べる通信』創刊(NPO法人東北開墾理事)。
    主に事業開発を担当。著書に『ソーシャルトラベル』『3YEARS 復興の現場から、希望と愛を込めて』。

  • NPO法人東北開墾 専務理事。代表の高橋博之とともに2013年に東北開墾を立ちあげ、「東北食べる通信」創刊から事業にたずさわり、現在は「東北食べる通信」運営統括のほか全国の食べる通信の展開基盤となるシステム、運営ノウハウの構築をおこなっている。2011年までは関西のシステム会社勤務のごく普通のサラリーマン。2012年に岩手県大槌町の復興団体に参加したことをきっかけに高橋と知り合い、巻き込まれ開墾の立ちあげメンバーに。北海道札幌市出身。

  • 1972年、兵庫県西宮市生まれ、宝塚市育ち。首都圏在住。阪神淡路大震災後の96年に上京し、リクルート、アスキー、メディアファクトリーを経てKADOKAWAで編集長を務める。編集者としてのキャリアは雑誌9年、書籍10年。旅や食、新書、写真集、実用書など編集した本は百数十冊以上。
    仕事を通して様々な地域を巡るなか、その現状を目の当たりにし、そこに自身の「編集力」を生かしたく2015年4月退職。一般社団法人 日本食べる通信リーグのコーディネーターとして、食べもの付き情報誌「食べる通信」を全国に広める活動を行っている。

  • 団塊ジュニアの最後の年、1974年に岩手県花巻市に生まれる。前年、高度経済成長が終わる。その残像を引きずる団塊世代から、都会の会社でネクタイ締める人生がよいとの価値観を刷り込まれ、18歳で上京。見つかるわけもない自分探しに没頭(2年生を3回やりました)。大学出るときは超就職氷河期で、大きく価値観が揺さぶられる。29歳、リアリティを求め、帰郷。社会づくりの矢面に立とうと、政治家を目指す。岩手で県議を2期やって、震災後の県知事選に挑戦し、被災地沿岸部270キロをぜんぶ歩いて遊説するという前代未聞の選挙戦をやって、散る。口で言ってきたことを今度は手足を動かしてやってみようと、事業家に転身。生産...

なにをやっているのか

  • 78f43ce8 4ce6 48b9 83d7 b90f6e1c778c 情報誌と食材がセットで届き、また特集生産者と直接つながることができる
  • Bb191167 7297 4fb4 abc8 f401211c8d1a 米国でも、つくる人と食べる人をつなぐ新たな挑戦を開始しています(関連法人)

▼全国30地域に広がる食べ物つき情報誌「食べる通信」

「食べる通信」は、食のつくり手を特集した情報誌と、彼らが収穫した食べものがセットで定期的に届く“食べもの付き情報誌”です。

つくる人と食べる人をつなぐこの新たな情報誌は大きな反響をよび、全国30地域から発行される(2016年3月時点)まで成長を続けています。http://taberu.me/league

(参考)2014 Good Design Award ”金賞”
https://www.g-mark.org/award/describe/41840?locale=ja
(参考)日経ソーシャルイニシアチブ大賞 第3回クリエイティブ賞
http://social.nikkei.co.jp/result03.html#c08

▼kakaxi.Inc(米国法人)

「食べる通信」により蓄積した知見を米国で事業展開。日本ではまだ少ないCSA(Community Supported Agriculture=会員制農業)農場向けに、会員とのコミュニケーションを促進するセンシングデバイスとスマホアプリを提供しています。

(参考情報)
http://kakaxi.jp
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/030800043/031500009/?P=3

▼農家・漁師から直接買えるスマホアプリ・マーケットプレイス(新事業)

そして、私たちは次の一手は、お気に入りの生産者さんから、スマホで簡単に、しかも生産者さんとの会話を楽しみながらお取り寄せできるサービスです。

「食べる通信」で広がった、全国各地で美味しい食べものを作ってる生産者さんとのつながり。そして、生産現場の課題を理解し、どうすれば煩わしい個人配送を実現できるかを学びました。つくる人と食べる人がつながるコミュニティはどのようなものか、試行錯誤を続けてきました。このサービスは、私たちでしかできないものだと自負しています。

なぜやるのか

  • 95cfc7fa d83f 41ec a5fa b06b176aa61b 経済成長や技術の進化の結果、離れてしまったつくる人と食べる人のつながりを取り戻します
  • 5aacaf48 4384 4e55 a245 4fa1f19d22b2 独自の哲学やこだわりを持って、自然と向き合い命の糧である食べものをつくる生産者。彼らの世界には消費社会が失った価値があります

あなたが昨日食べた3回の食事のうち、知っている農家さん漁師さんによる食べものは、いくつありますか?

私たちは、食べものをつくる人と食べる人がつながる、より楽しくより豊かな世の中を目指しています。

▼「世なおしは、食なおし。」立ち上げの思い

消費とは、費やして消す、と書きます。

私たちの暮らしは、他人がつくったものを貨幣と交換して手に入れることで成り立っています。効率もよく、楽ですが、そこには、自分たちの暮らしを、自らの知恵、創意工夫でつくりあげる喜び、感動がありません。私たちの暮らしは、私たちの手の届かないところに遠のいてしまいました。

暮らしには、衣食住が欠かせません。そして、一人の力で解決できない大きな課題はみんなで力を合わせて解決し、暮らしやすい地域をつくっていかなければなりません。

私たちはこれまで、衣食住、地域づくりを他人の手にゆだね、観客席の上から高見の見物をしてきたと言えます。誰かがつくってくれるだろう、誰かがやってくれるだろう、と。暮らしをつくる主人公(当事者)ではなく、お客様(他人事)でした。当事者を失った社会から活力などうまれようがありません。

わたしたちは考えました。
世なおしは、食なおし。

自分の暮らしを取り巻く環境に主体的に”参画”する。まずは、基本の“食”から。自分の命を支える食をつくる“ふるさと”を、一人ひとりがみつけてほしい。できるなら、その食をつくる人や海や土と、関わってほしい。自分たちの暮らしを手の届くところに取り戻すことで、自ら暮らしをつくりあげる喜びを思い出し、自然災害や経済的リスク、生活習慣病などを抱える脆弱な社会に備える。わたしたちは、そんな思いをもって、東北開墾を立ち上げました。

日本には古くから、人も、海も、土も、支えあって生きる社会がありました。ほころんでいたとはいえ、まだ残っていたその支え合いの精神が、震災直後の被災地で生きる人々の命綱となりました。日本食べる通信リーグはここから出発し、もう一度、人も、海も、土も、支えあって生きる社会を力強くめざします。

そのためにわたしたちが果たすべき使命は、食に”参画”する回路を開くことです。海や土からつくられる食が食卓へ届くまでのプロセスを共有し、生産者の思いや哲学に触れ、様々なかたちで”参画”していく。そのかたちには、知る、購入する、体験する、学ぶ、交流する、コミュニケーションをはかるなどがあります。

食に関わるおもしろさ、社会にコミットするおもしろさを実感できる独自のサービスを開発、提供します。食をつくるプロセスの一部に自ら”参画”した食材が、数ヶ月後に食卓に届くことで、断絶していた「つくる」と「たべる」をつなぎます。これまでの消費社会には、このつながりが欠落していました。そこにあるのは、単なる食とお金のやりとりだけ。

生活とは、活かして生きる、と書きます。

このつながりを回復することで、「消費者」を「生活者」に変えたい。そのためには、単に生産者がつくった食べ物だけでなく、人間の力が及ばない自然に働きかけて命の糧をうみだす生産者の生きざまそのものに価値を見出だしていく必要があります。その価値を伝える情報を生活者に届け、その価値を共有する「生産者=郷人(さとびと)」と「生活者=都人(まちびと)」で新しいふるさとを創造するプラットフォームをつくります。

断たれていた郷人と都人のつながりが回復されたとき、都市と地方はしなやかに結び合っていきます。そうして、両者が一緒になって新しいコミュニティとしての「命を支えるふるさと」、「心の拠り所となるふるさと」を創造する喜びと感動を分かち合っていく。

都市の背後に立派な地方(農山漁村)がなければ、やがて共倒れします。今、郷人も、都人も、消費社会に飲み込まれ、疲弊しています。元気を取り戻すには、「つくる」で両者がつながることです。郷人にはつくる力がなくなり、都人にはつくる喜びがない。わたしたちは、食を通じて両者を混ぜ合わせ、一人ひとりの暮らしにつくる力と感動を回復していきたい。

これまで相容れないとされてきた「競争を避ける内に閉じた『地方の共同体を重視する社会』」と「競争を促進する外に開いた『都市の個人を重視する社会』」が、食を介して混ざり合った先に、活力に満ちた新たなコミュニティ、新たなふるさとを創出し、心躍るフロンティアを開墾していきます。

どうやっているのか

  • E87f11db 21ca 42fc 83f0 b5d1d3bbaf4f 花巻事務所には、チームメンバーのほか、全国各地の農家漁師や「食べる通信」編集長が集います
  • Af384271 0b91 4533 a83a 0ac56378420a 「食べる通信」で確信した、つくる人と食べる人がつながる豊かな世界を、更に広げていきます。

▼多様なチームとフレキシブルな環境

全体でもフルタイムは10名ほどの小さなチームです。代表の高橋博之を中心に集まったメンバーは、元ベンチャー企業経営者や、元大手出版社の編集長、元NPO職員に海外MBAホルダーまで多種多用。共通するのは、目指すビジョン実現へのアツい思いだけです。

また、岩手県花巻市と東京に拠点を構えつつも、各メンバー全国各地を飛び回りながらITツールを活用しながらフレキシブルに業務を遂行しています。

▼「食のC2Cマーケット」実現を目指す新事業の魅力

これまで私たちが口にする食べものは、全国各地まで張り巡らされた流通網や、効率化を極めたネットおよびリアルの小売店など、巨大化した流通システムによって支えられてきました。しかしその結果、流通規格にあわない旬の稀少食材や、食べものの裏にあるストーリー、つくり手とつながる喜びなど様々な価値がこぼれ落ちてしまいました。

構築するサービスは、スマホアプリをベースとして全国の生産者と直接つながり、つくり手から直接食べものを購入できるC2Cのマーケットプレイスです。食の安心安全へ関心が高まり、またTPPへの参加や農協改革等にも注目が集まる中、まったく新しい食流通のあり方を提案します。壮大なチャレンジですが、掲げたビジョン実現へ向けて邁進します。

こんなことやります

▼概要
現在新事業の担当は4名。事業立ち上げを行う、5人目のメンバーを募集します。生産者およびユーザー獲得のマーケティングを中心としつつ、経営視点であらゆるチャレンジができる重要なポジションです。

▼業務内容
・ユーザーマーケティングの企画および実行
・生産者マーケティングの企画および実行
・上記実行のための事業開発・サービスディレクション

▼歓迎条件
・スマホ・Webサービスに関わった経験
・事業の立ち上げやスタートアップ企業での経験

▼求める人物像
・チャレンジを好み立ち上げ期のヒリヒリを楽しめる人
・結果にコミットし行動するプロ意識のある人
・人が好きでチームワークを大切にできる人
・一次産業や食に関してアツい思いを持っている人

▼勤務地
東京(日本全国への出張多数)

=============================================
この応募のエントリーは、NPO法人ETICが運営する
「みちのく仕事」を窓口としています。下記より、詳細ご確認とエントリーをおねがいします。

http://michinokushigoto.jp/project/9668
=============================================

チームの新着トピックス

募集情報
探している人 マーケティング
採用形態 中途採用 / 社会人バイト・契約・委託
募集の特徴 特になし
会社情報
創業者 高橋博之
設立年月 2013年10月
社員数 7 人
関連業界 流通・小売 / メディア・出版 / 食品・飲料・農林水産

応援している人(58)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(58)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

Page top icon