1
/
5
事業開発、事業企画、新規事業
中途
48
エントリー
on 2020/07/10 1,438 views

社会課題解決のための事業を生み出し普及させる、事業開発・企画担当募集!

認定NPO法人フローレンス

認定NPO法人フローレンスのメンバー もっと見る

  • 昭和58年、東京出身。慶応義塾大学総合政策学部中退。株式会社リクルートホールディングスの新規事業開発室でプロダクトマネージャーを経て、現在、認定NPO法人フローレンスでマーケティング、事業開発に従事。合わせて、政府・行政に政策を提案、実現するソーシャルアクションを行う。著書『パパの家庭進出がニッポンを変えるのだ!』(光文社)。noteでは社会問題や家族の日常を発信。妻と娘と三人暮らし。毎日子育てに奮闘中!

  • 社会人となってからの地震や土砂災害、コロナというものを経験し、「自分の死に時は自分では選べない」と改めて強く実感。元々関心が一番高かった児童福祉の世界に飛び込むことを一大決心。ごりごり理系な素材メーカー開発職から認定NPO法人フローレンスに転職。

    代表室に所属、事業開発担当として各事業部の課題解決や、横断プロジェクトの推進に従事。今後は政策提言担当も兼務予定。
    芯の強さとしなやかさを大事にしつつ、周りを気持ちよく楽しく明るく巻き込める人間を目指してます。

  • 認定NPO法人フローレンス代表室所属。
    多胎児(双子、三つ子)の育児環境をアップデートするための新規事業「ふたご助っ人くじ」の開発と、子育てに関わる政策提言を担当。
    note:https://note.com/k_ichikura
    Twitter:https://twitter.com/KazuyoIchikura

  • 赤ちゃんって不思議だな、子どもって不思議だなという好奇心から保育の現場へ。
    教育や保育現場といった公共セクターの経営難を身をもって感じ、経営コンサルタントとして修行。
    シティズンシップ教育やインクルーシブ保育に共鳴し、2020年フローレンスに転職。
    代表室の一員として、新規事業の立ち上げや、事業部の課題解決に取り組む。

    最近は保育現場の先生と子ども、先生と親、相互の学び合いに興味を持ってます。

    #1991年生まれ #日韓夫婦 #保護猫

なにをやっているのか

  • 働きがいのある会社ランキングでトップクラスに!働きやすさにも、こだわりがあります
  • 病児保育、障害児保育…子に関わる様々な社会課題を解決します

◆新しいあたりまえを、すべての親子に。
フローレンスは、保育サービスを展開するNPO法人。それも、小規模保育園や病児保育などの“それまではなかった”ような斬新なサービスを、業界の常識や慣習にとらわれず、先がけて展開してきたことが大きな特徴です。ただのビジネスではなく、「社会課題の解消」という観点から本当に必要とされているサービスや新事業の開拓に、チャレンジし続けています。

その取り組みは、小規模認可保育所が制度化されるきっかけを生んだり、病児保育サービスがマンガやドラマのモデルになったりと、大きなインパクトを生み出してきました。子どもたちと家族の笑顔があふれる社会にしていくため、10年後には「あたりまえ」となっているような新しい事業を、これからも生み出していきます。

【主な事業内容】
・都心でも展開しやすい小規模保育園で待機児童問題を解消する「小規模保育事業」
・家庭に訪問して、熱が出てしまったお子さんの保育を実施する「病児保育事業」
・受け入れ先が極度に不足している障害児保育問題を解決する「障害児保育事業」
・家庭を必要とする子どもが、一生の家庭に出会うための「赤ちゃん縁組事業」
 …など

【これまでの受賞歴】
・フローレンスの病児保育が第1回日本サービス大賞優秀賞(SPRING賞)受賞(2016年)
・日本経済新聞社「日経ソーシャルビジネスイニシアチブ大賞」受賞(2013年)
・ニューズウイーク日本版 「日本を救う中小企業100」に選出(2011年)
・経済産業省「ソーシャルビジネス55選」に選出(2009年)
・『ハイ・サービス日本300選』NPO法人で全国初受賞(2008年)
・Great Place to Work「働きがいのある会社」5年連続で20位以内にランクイン

なぜやるのか

  • ランチの様子。子育て世代が多く、飲み会が少ないのでランチ文化があります。
  • 多様な働き方の一方、全員が集まる時間も大切にしています。

◆親子の笑顔をさまたげる社会課題を、事業によって解決する。
日々、多くの声があがっているように、現代の日本において子育てに関する社会課題は生まれ続けています。「病児保育問題」「ひとり親問題」「待機児童問題」「働き方問題」「障害児保育問題」「孤独な子育て問題」「赤ちゃん虐待死問題」…など、さまざまな社会課題が親子の笑顔を奪っています。

起きてしまった事態に対応する、つまり「マイナスをゼロにする」というだけでは、社会課題の本当の解決とは言えません。だからこそフローレンスでは、ただ単にサービスを提供するだけではなく、“日本全体を巻き込んで”子育て環境の課題解決に向かうよう、働きかける取り組みを行なっています。

少しずつでも、親子の笑顔を増やし、安心して子育てできる社会を創っていきたい。
それが私たちの願いであり、ミッションなのです。

◆“新たな価値”を創造する業界のイノベーターとして。
実はフローレンスは、NPO法人ながらサービス提供による事業収益を柱として成長を続けてきました。“社会課題の解決”という観点で生まれたサービスは多くの注目を集め、寄付者の皆さんからの支援も増えていますが、それ以上にビジネスとしても大きなニーズを獲得しているのです。

サービスとして継続できないものであったり、誰かに負担がかかるような事業では、安心して利用することはできません。安定した事業基盤を築いているからこそ、保育業界や社会へのソーシャルアクションや、新たな事業の立ち上げにも果敢にチャレンジすることができています。

どうやっているのか

  • 月10日程度の在宅勤務、ズレ勤務、短時間勤務…多様な働き方を世の中に発信します。
  • マラソン部、ヨガ部などの部活動も盛んです!

◆スタッフの「働き方」にもこだわりを発揮。
フローレンスでは、「多様な働き方」を推進しています。子育てを支えるためだからといって、スタッフが生活を犠牲にするようでは本末転倒。だからこそ、一人ひとりの状況や将来設計に合わせて、ワークスタイルも選べる環境と制度を整えています。

【多様なワークスタイルを実現する環境・制度の例】
・在宅勤務、ノマドワークの実現
・職種によっては正社員で週4日勤務もOK
・残業時間は平均20分!
・専門性の高い保育に、未経験から携われるサポート体制
└定期研修や段階別のスキルアップ研修、病児保育の際の看護師による電話サポートなど
・フリーアドレスでコミュニケーションの取りやすいオフィス
・ヨガ部、マラソン部、音楽部など、部活動でスタッフ間の交流も

こんなことやります

多様なステークホルダーと連携し、社会課題を解決へ導く事業を生み出し育て社会に普及させていく、事業の企画開発・立ち上げを担うメンバーを募集します!

フローレンスは事業を通じた社会課題の解決を目指していますが、解決方法は多種多様であり、その具体的な形は最初は誰にも分かりません。そこで、限られた情報やアイデアを基にして、その社会問題を解決しうる新しい事業モデルを生み出すことが必要となります。また、生み出した事業をより良くするために、絶えず発生する課題を一つずつ解決していくことも重要です。さらには政策提言という形で国や自治体を動かして、社会問題の解決策を制度に具体化し、根本から社会を変えていくようなことも重要な任務となっています。

このように事業を生み出し、育て、社会に普及させていくプロセスを、経営層や各事業部とともに推進していくのが、今回募集するポジションの主な業務です(所属は「代表室」という経営直下の組織です)。

▼担当者が伝える業務の魅力(やりがい!)
代表室の仕事の特徴は「越境」という言葉に集約されると思います。事業部という組織内の垣根を超えるのはもちろん、国や自治体、NPO、民間企業といった外部の多種多様なプレイヤーを巻き込み、志を同じくして、一つ一つの社会問題の解決に挑んでいきます。
具体的には事業部横断のプロジェクトの企画や推進、各事業部における事業開発や課題解決の促進、国や自治体への政策提言など、狭い視野にとらわれることなく、全社的・社会的な広い視野から発見される課題と向き合い、縦横無尽に境界線を飛び越えていくポジションです。

さまざまな関係者と協調したり、多様な価値観の中で最善を追求することの不安や難しさもあり、意思と責任が求められるタフな場面も多いですが、そうした環境だからこそ得られる喜びややりがいもまた大きな魅力です!

▼こんな方、お待ちしています!
代表室は「意思決定が早い」、「経営層と近い」、「様々な職種・経歴の人がいる」、「新しいことに挑戦することに前向き」といった特徴があります。全ての要素を満たしている必要はもちろんありません!少しでもピンと来た方、この記事を読んでワクワクした方、ご応募をお待ちしています!

・新しいことを恐れず、前のめりにやってみようと思う好奇心と行動力
・自分の考えと異なる意見を否定せず、とりあえず試してみようと思える柔軟性
・経営層やマネージャーと率直に、対等に、議論ができる胆力
・当事者意識を持って仕事に臨める自律性
・複数のプロジェクトを一度に回すことができるマネジメント力
・数字やデータを使って仮説を構築する論理的思考力
・事業の状況が複雑な中でも本質的な課題を発見し、言語化できる課題設定力
・ステークホルダーと気持ちよく仕事を進めていけるコミュニケーション能力
・仕事に真剣に取り組み、プライベートも充実させて働くことができるバランス力

▼こんな職場です
・基本残業不可です。仕事は長さではなく、成果だと考えます。
・業務は多岐にわたります。ひとつの専門分野を極めるというよりは、オールマイティに動く事が求められます。
・風土はベンチャー気質です。迅速に動き、動きながらその場に応じて業務やプロジェクトの軌道を修正していくことが求められます。

▼代表室はこんなチームです!
社会問題やフローレンスで発生する課題を、多様な関係者と創意工夫しながら解決まで導くチームです。チームとしては若く、今後は全社の経営企画的な機能も担っていくなど変革期の真っ只中にあり、変化に適応しながら新しいチームを一緒に創っていきたいと思っています。

メンバーは多様なバックグラウンドを持ち、出身企業はIT企業や総合人材会社、商社、官公庁など様々。業務経験も多様で、営業から事業開発、マーケティングやコンサルティングなど、それぞれが培ってきたスキルや持ち味を代表室で発揮しています。

▼フローレンスの新規事業について更に知りたい方はこちら!
https://comemo.nikkei.com/n/n241f1ac5e123

▼こんな仕事をお任せします
※入社後のメイン業務はご経験や適性、志向性に応じて決定します。
・事業部横断/新規プロジェクトの推進支援
・事業部の課題解決支援
・新規事業の立ち上げ
・各種調査の企画・実施・データ分析
・経営層の意思決定支援
・国・自治体への政策提言

▼必要なスキル・経験
【必須経験・スキル】
・Word、Excel、PowerPointをビジネスレベル使用

会社の注目のストーリー

【8/30・9/2オンライントークイベント開催記念企画第三弾】募集要項を10回読んでも何をやるのかわからずに入社したマネージャーが語る!ナンシーのお仕事と「こんな人と仲間になりたい!」

【寄付募集開始】今、フローレンスが寄付を必要としている取り組み

【8/30・9/2オンライントークイベント開催記念企画第二弾】ヘレン・アニー・ナンシー「仕事は違うの?」「サービス内容は?」など事業部の特徴を徹底比較!

エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
認定NPO法人フローレンスの会社情報
認定NPO法人フローレンス
  • 2004/04 に設立
  • 750人のメンバー
  • 東京都千代田区神田神保町1-14-1 KDX神保町4F
  • 認定NPO法人フローレンスの会社情報
    社会課題解決のための事業を生み出し普及させる、事業開発・企画担当募集!