350万人が利用する会社訪問アプリ

  • インタラクションエンジニア
  • 27エントリー

新しい体験を作りたい、挑戦が好きなインタラクションエンジニアを募集

インタラクションエンジニア
Mid-career
27エントリー

on 2020/08/25

1,474 views

27人がエントリー中

新しい体験を作りたい、挑戦が好きなインタラクションエンジニアを募集

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

清和 河原田

1974年生まれ、大阪府出身。 京都工芸繊維大学大学院を修了(工学修士)後、コンシューマゲーム業界へ。元気株式会社にて、PlayStation2 / Xbox / PSP向けの様々なゲーム開発に従事。のちに、マイクロソフト株式会社(現日本マイクロソフト株式会社)Xbox事業部アドバンストテクノロジーグループにて、テクニカルゲームマネージャとして数多くのゲームデベロッパーのサポートを行う。 その後、インターネットとデジタルデバイスとの融合がもたらす可能性に魅力を感じ、Web業界に転身。Web制作会社にてディレクション業務およびスマートフォンアプリやインタラクティブなデジタルコンテンツ(Webカメラ連動ARやKinectアプリケーション等)の開発業務等を経て、その経験を活かし2012年6月に株式会社ハニカムラボを設立。 現在も自ら開発・研究業務に従事しつつ、面白くてワクワクする未来を模索中。

姜百合子

株式会社ハニカムラボのメンバー

1974年生まれ、大阪府出身。 京都工芸繊維大学大学院を修了(工学修士)後、コンシューマゲーム業界へ。元気株式会社にて、PlayStation2 / Xbox / PSP向けの様々なゲーム開発に従事。のちに、マイクロソフト株式会社(現日本マイクロソフト株式会社)Xbox事業部アドバンストテクノロジーグループにて、テクニカルゲームマネージャとして数多くのゲームデベロッパーのサポートを行う。 その後、インターネットとデジタルデバイスとの融合がもたらす可能性に魅力を感じ、Web業界に転身。Web制作会社にてディレクション業務およびスマートフォンアプリやインタラクティブなデジタルコンテンツ(We...

なにをやっているのか

▼テクノロジーとアイディアで様々な企画を実現 ハニカムラボは、ゲーム開発やウェブ業界の経験が豊富なメンバーたちが集まり、遊びゴコロを真面目に追求、人がワクワクする楽しいモノを生み出すテクニカル集団です。 xR(VR / AR / MR)コンテンツ、HoloLensアプリ、インスタレーション、デジタルサイネージ、イベントアプリケーション、リアルとバーチャルが連動した体験型コンテンツ、スマートフォンアプリの開発やWeb制作など、デジタルで実現可能な様々なコンテンツやシステムの開発をベースとし、世の中の人がワクワクする楽しいモノから「こんなこと本当に実現できるかな」というチャレンジングな企画まで、様々なものを実現しています。 「すごい企画を思いついたけど、実現方法がわからない」 「新しい技術を駆使して、みんながびっくりすることを実現してみたい」 「デジタルの力で、人々にとって少しでも便利な世の中にしたい」 そういう人たちの想いをテクノロジーやアイディアの力で企画・実現する、それが私たちハニカムラボのミッションです。 ▽会社サイト  https://www.honeycomb-lab.co.jp/ ▽Facebookページ  https://www.facebook.com/HoneycombLab/ ▼HoloLens、xRへの取り組み 様々な開発を行う一方で、HoloLensを始めとするxRコンテンツの開発に力を入れています。特に、HoloLensにおいては、Microsoft本社がワールドワイドで展開する Mixed Reality パートナープログラムにおいて日本での展開当初より認定を受けており、日本国内において有数のHoloLensアプリ開発実績を持つ企業です。 ▽HoloLens特設サイト  https://www.special.honeycomb-lab.co.jp/hololens
メインのオフィス空間。光がたくさん入る明るいオフィス。各自が集中しやすい空間を持ちつつ、議論もできるレイアウト。デスクは140cmと少し広め。
ミーティングルームでは楽しく真剣に議論します。時にはゆったりとランチスペースになったり、お昼寝スペースになることも。

なにをやっているのか

▼テクノロジーとアイディアで様々な企画を実現 ハニカムラボは、ゲーム開発やウェブ業界の経験が豊富なメンバーたちが集まり、遊びゴコロを真面目に追求、人がワクワクする楽しいモノを生み出すテクニカル集団です。 xR(VR / AR / MR)コンテンツ、HoloLensアプリ、インスタレーション、デジタルサイネージ、イベントアプリケーション、リアルとバーチャルが連動した体験型コンテンツ、スマートフォンアプリの開発やWeb制作など、デジタルで実現可能な様々なコンテンツやシステムの開発をベースとし、世の中の人がワクワクする楽しいモノから「こんなこと本当に実現できるかな」というチャレンジングな企画まで、様々なものを実現しています。 「すごい企画を思いついたけど、実現方法がわからない」 「新しい技術を駆使して、みんながびっくりすることを実現してみたい」 「デジタルの力で、人々にとって少しでも便利な世の中にしたい」 そういう人たちの想いをテクノロジーやアイディアの力で企画・実現する、それが私たちハニカムラボのミッションです。 ▽会社サイト  https://www.honeycomb-lab.co.jp/ ▽Facebookページ  https://www.facebook.com/HoneycombLab/ ▼HoloLens、xRへの取り組み 様々な開発を行う一方で、HoloLensを始めとするxRコンテンツの開発に力を入れています。特に、HoloLensにおいては、Microsoft本社がワールドワイドで展開する Mixed Reality パートナープログラムにおいて日本での展開当初より認定を受けており、日本国内において有数のHoloLensアプリ開発実績を持つ企業です。 ▽HoloLens特設サイト  https://www.special.honeycomb-lab.co.jp/hololens

なぜやるのか

メインのオフィス空間。光がたくさん入る明るいオフィス。各自が集中しやすい空間を持ちつつ、議論もできるレイアウト。デスクは140cmと少し広め。

ミーティングルームでは楽しく真剣に議論します。時にはゆったりとランチスペースになったり、お昼寝スペースになることも。

▼ハニカムラボの想いとミッション モノづくりに対しワクワクすることができるメンバー、いろいろな得意ジャンルを持つメンバーが集まり、各自の力を結集して、どうやって実現したらいいのか分からないものをあの手この手で形にしていく、それがハニカムラボのミッションのひとつです。 もうひとつ設立時からの想いとして存在しているミッションが、世の中に新しい文化を作ること。 「叶えたい想いをテクノロジーの力で実現させること」 「頭の中にしかなかった未来を、実在するものとしてこの世に生み出すこと」 私たちにとってはそれが最高にワクワクすることであり、まわりの人や自分自身の喜ぶ姿が何よりも楽しくて日々モノづくりに取り組んでいます。

どうやっているのか

▼真剣に遊ぶことを大事にしたい ハニカムラボの採用基準の一つにもなっているポイントは「熱く語れるものが何かひとつでもある人」。 面接時に「あなたの熱く語れるものはなんですか?」と聞いたりします。不意を付かれて答えに困っちゃう人も中にはいますが、本当になんでもいいんです。 おいしいラーメン屋についてでも、大好きな音楽のジャンルでも、推しアイドルについてでも、映画でもアニメでもスポーツでも。 何かに対して深く知ろうとしたり興味を持てる探求心、好奇心を持っていることが何よりも大事なことだと思っています。 ゆるりとした空気が流れるオフィスでは、テラスで野菜を育ててみたり、みんなでゲームで遊んでみたり、アクアリウムに凝ってみたり。それぞれにやりたいことを楽しみつつ、やらなきゃいけないこともしっかりやる。そんな環境でそれぞれ自分の領域を広げています。 そんな環境だからこそクライアントからくる多種多様なオーダーに応えることができるテクニカル集団であり続けられるとともに、今日もまた様々な人たちの様々な夢を実現すべく、試行錯誤と実験に取り組んでいます。 少しでもハニカムラボに興味を持っていただけたなら、気軽に遊びに来てあなたの好きなモノも是非教えてください。

こんなことやります

▶インタラクティブコンテンツ開発のエンジニアを募集します HoloLens等様々なxR(VR/AR/MR)デバイス、Kinect等のカメラデバイス、各種センサーデバイス、RaspberryPi等を使用した電子工作、透過液晶等の表示デバイス、各種クラウド等を組み合わせて様々なインタラクティブコンテンツの実現、開発を行います。 xR技術に未来を感じる方、電子工作とソフトウェアの組み合わせにロマンを感じる方、世界で初めてのことにチャレンジしてみたい方、無理難題を技術の力で叶えてみたい方、体験した人が驚く姿に喜びを感じる方には働きがいのある仕事です。 ▶仕事環境について 私たちは、"モノづくり"においては真摯に物事に取り組む姿勢がもちろん大事だと考えていますが、同時に自由な発想やひらめきの土台となる自由な環境や雰囲気もとても大切だと思っています。 ハニカムラボではフレックスタイム制や裁量労働制の導入、社内のくつろぎスペースなど、できるだけ自由な環境や雰囲気作りをスタッフみんなの力で考えて維持しています。 オフィスデザインをみんなで考えながらやったり、遊んだり、サービスについて議論したり、散歩したり。自由な環境がクリエイティブやひらめきに与える影響は大きいです。 そんな環境の中で、一緒に試行錯誤しながらみんながワクワクできるものの開発に一緒にチャレンジしていけるメンバーを募集します。 ※現在はコロナ感染症の感染対策ため、テレワークを推奨しております。 ▶仕事内容や求める人物像など 【業務内容】 ■インタラクションシステムの設計、開発 ■インタラクティブコンテンツの開発 ■リアルタイム3Dプログラミングやグラフィック表現・演出 ■センサーデバイスとのソフトウェア連携 ■電子工作およびソフトウェア制御 ■技術面からの企画および提案サポート ■その他、様々なソフトウェア開発 【必須スキル】 ■新しいことに挑戦するのが好きであること ■以下のいずれかひとつ以上の経験があること  ・UnityもしくはUE4での開発経験2年以上  ・リアルタイム3Dプログラミングの経験2年以上  ・VR/AR/MRコンテンツの開発経験2年以上  ・Arduino/RaspberryPiを使ったコンテンツ開発の経験 【歓迎スキル】 ■必要要件にある開発経験のうち、複数の経験 ■C/C++での開発経験 ■3Dプログラム/シェーダの知識 ■3Dモデリング/3Dアニメーションの知識 ■サーバサイド/クラウドの知識 【求める人物像】 ■ポジティブに物事を考えられて、前向きに行動ができる方 ■主体的に自らの仕事を作り、取り組んでいける方 ■何かひとつでも熱く語れることがある方 ■好奇心旺盛/挑戦することが好きな方 ■新しい技術やテクノロジーが好きな方 【開発環境】 ■開発プラットフォーム Windows/Mac/Linux ■社内インフラ GitHub/Slack/Notion/G Suite 等 ■使用ツール Unity/UE4/TouchDesigner/VisualStudio/Xcode/AndroidStudio/Blender/Photoshop等 ■使用言語 C/C++, C#, Python等 ■使用デバイス HoloLens/HoloLens2/OculusRift/OculusQuest/OculusGo/HTCVIVE/AzureKinect/RealSense/LeapMotion/Arduino/RaspberryPi/Gatebox等様々なデバイス
2人がこの募集を応援しています

2人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2012/06に設立

24人のメンバー

  • CEO can code/

東京都渋谷区代々木1-15-7 キャッスル代々木4F