1
/
5
中途
機械学習エンジニア
3
エントリー
on 2020/08/14 5,898 views

機械学習を用いた不定形物認識のプロフェッショナル募集!

東京ロボティクス株式会社

東京ロボティクス株式会社のメンバー もっと見る

  • 静岡大学創造科学技術大学院情報科学専攻修了。全方位カメラを用いたStructure from Motionに関する研究で博士(工学)を取得。専門は画像処理(コンピュータビジョン,ロボットビジョン)。元三菱電機。三菱電機在職中はFA向け画像処理システム、産業用ロボット向けの物体認識アルゴリズム、ピッキングロボットシステム等の研究開発に8年間従事。東京ロボティクスではソフトウェア開発のマネジメントおよび画像処理エンジニアを担当。趣味はウェイトトレーニングと囲碁。猫好き。

  • 東京大学大学院新領域創成科学研究科修了。元キヤノン。キヤノン在職中は、複合機の画質向上のための画像処理技術開発を10年以上手がける。東京ロボティクスでは、画像認識や機械学習、遠隔操縦、ROSの実装、Windowsアプリケーションの実装など、主に上位レイヤのソフトウェア開発を担当。趣味はバドミントンと将棋。

  • 早稲田大学卒。博士(工学)。専門はロボット工学と測位技術。これまで、フリーランスエンジニアとして、組み込み系開発から高周波回路設計、ロボット開発、Web・DBシステム開発、Windowsアプリ開発、サーバインフラ構築、データ分析など、様々な業務を経験。現在はロボット技術のビジネス化に興味を持っている。早稲田大学の招聘研究員と非常勤講師を兼任。歴史好き。

  • 早稲田大学総合機械工学専攻修了。元トヨタ自動車。在学中より、研究機関や企業から依頼を受け、ロボットの受託開発を行う。自身の研究においても、自重補償アームや森林作業支援ロボット(伐倒ロボット)を開発。東京ロボティクスでは、Toroboシリーズを0から設計。現在は技術系全般の管理をしながら、力制御の構築に注力している。趣味は車いじりとラーメン。

なにをやっているのか

  • 研究用ロボットアーム「Torobo Arm」
  • 研究用研究用人型ロボット「Torobo」

東京ロボティクスは、先進的なロボットの開発を行うために2015年に創業したロボティクスベンチャーです。主力製品として、これまで研究プラットフォームとしてのロボットアームと人型ロボットをゼロから設計し、製造・販売してきました。

2020年からはロボットアームの世界展開を目指し、ヤマハ発動機と業務資本提携を開始しました。これに伴い、当社の方ではロボットの製造から活用に軸足を移し、アプリケーション開発と客先PoCを進めています。

今後のロボットは、画像処理、機械学習、動作計画などの技術を統合し、ロボット自身が見て考えて動く「自律ロボット」が主流になります。当社においても、こうした自律ロボットを従来自動化が難しかった領域に適用する挑戦を開始し、それに伴い現在ソフトウェア開発チームの拡充を進めています。

なぜやるのか

  • 東京ロボティクスのビジョン

当社が目指すところは、人間共存ロボットの実現と、それに向けたロボットの実用化レベルの押し上げです。

現在、協働ロボットが現場で徐々に使われるようになってきましたが、今後は、力制御協働ロボット、移動マニピュレータ、多指ハンド、そして人型ロボットの実用化に向かうことが必然の流れと言えます。それに伴い、アプリケーションも、工場、倉庫、店舗から、オフィス、家庭と、徐々に人間に近付いて行きます。

我々が目指すところは、この流れを加速し、ロボットと人間が共存する世の中を実現することです。

どうやっているのか

  • ロボット開発中(旧オフィス)
  • ロボットの遠隔操作実演中

メンバーは、フルタイムが11人、企業の週末エンジニア・学生インターンが15~20人という構成です。皆、ロボットやAIが好きということで共通しています。

主要メンバーは、機械、電子回路、組み込みソフトウェア、認識・学習を含む上位アプリケーションの担当に分かれ、各自専門性を高めつつ、協力し合っています。それもあり、企画から1年足らずで産業用ロボットアームに準じる性能のロボットアームを完成させ、その後ヤマハ発動機との業務資本提携に至りました。

「良いロボットを作る」という一点に集中し、日々黙々と仕事をしています。口よりも手を動かすことが大事なので、職場は意外と静かです。

こんなことやります

ロボットに深層学習等の機械学習を適用した物体認識とマニピュレーションを実装した経験があるエンジニアを募集しています。

これまで当社のエンジニアは常に複数の分野を掛け持ちしてきましたが、今回は本分野専業かつ中核メンバーとしての募集になります。

<求める人材像>
・短期間でコードを実装できるような知的瞬発力
・複雑な問題でも諦めない知的持久力
・チームとして成果の最大化を目指せる視野の広さとコミュニケーション力
・ロボット開発に対する情熱(機械学習応用に限らず)

<必要なスキル>
〇必須項目
 ・C++もしくはPython,望ましくは両方のコーディング熟練者
 ・PyTorchやTensorFlowなどのAIライブラリの使用経験
〇できれば欲しいスキル(最低でも2項目は該当を希望)
 ・カメラ画像もしくは3次元点群を用いたアルゴリズム開発経験
 ・ロボットと3Dセンサ等を連携させるシステムの開発経験
 ・産業用ロボットもしくは協働ロボットの使用経験
 ・アイディア出しから明細書作成までの一貫した特許出願経験
 ・開発プロジェクトの企画立案経験(少なくとも年間開発費5千万規模以上)

一緒に知能ロボットの可能性を追求しましょう!

会社の注目のストーリー

第2回 社員インタビュー『Torobo Eye開発ストーリー』
第1回 社員インタビュー『新卒入社のロボットエンジニア』
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
東京ロボティクス株式会社
  • 2015/01 に設立
  • 27人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都新宿区西早稲田山吹町347 藤和江戸川橋ビル5階
  • 機械学習を用いた不定形物認識のプロフェッショナル募集!
    東京ロボティクス株式会社