1
/
5
GroupAccounting
中途
6
エントリー
on 2020/08/26 635 views

グローバル経営の安定した基盤を創り上げるGroup Accounting

17LIVE株式会社

17LIVE株式会社のメンバー もっと見る

  • Akari Mima
    コーポレート・スタッフ

なにをやっているのか

  • 17LIVE株式会社 代表の小野裕史。ライブ配信事業はこれまで手掛けた数多くの事業の中で最もエキサイティングだといつも話しています!
  • いつでも、誰でも、どこでもライブ配信を楽しめる新時代のエンターテイメント。世界でも爆発的に拡大中!

私たちは、“「 ライブ」テクノロジーを通して、人と人のつながりを豊かにすること”
というミッションを掲げ、2017年6月に17LIVE株式会社を設立しました。

17LIVE株式会社は、ライブ配信を通じて17LIVER(ライブ配信者)がオーディエンス(視聴者)と
リアルタイムでコミュニケーションを取ることができる場所として、
今や日本トップクラスのライブ配信アプリとなった「17 LIVE」を運営しています。

「17LIVE」は、世界6カ国で展開し5,000万人ユーザーを超えるサービスにまで成長、
月収1,000万円を超える17LIVERも誕生し、新たな雇用を創出しています。
今や「17LIVE」が輩出した17LIVERが、既存メディアに登場する逆流現象が起きています。

しかし、日本での挑戦はまだ始まったばかり。

日本ではまだ未成熟なライブ配信市場を盛り上げるための「啓蒙」、
ライブ配信を日常生活の一部として楽しむ「文化」を作ることが必要とされています。

これまでにない新たなエンターテイメントを創造し、
ビジネスを拡大させていくために日々挑戦を続けています。

なぜやるのか

  • 『17 Live』を通して夢を叶える17 ライバーが続々と増えています。彼らの活躍の場を拡げることも私たちの大きなミッションです。
  • 多様な才能を持った17 Liverが、それぞれの個性を生かして活躍しています。

「17LIVE」の創業理念は、「既存の業界や慣習に縛られず、夢を持った人を応援したい。」という想いを持ち、ライブ配信アプリ事業を立ち上げました。

そんな想いを実現する環境が整いつつあります。

2019年、“4G”からより動画視聴に適した“5G”へと通信システムが移遷り変わると言われています。
「今」しか見れないライブ動画だからこそできるリアルタイムでの双方向のコミュニケーション、
編集ができないことによるコンテンツへの信頼性に人々は関心を寄せ始めています。

多様化する消費者のニーズに応え、ライブ配信市場を牽引すべく、事業を進めています。

どうやっているのか

次世代のエンターテイメントを創出する、弊社の体制や制度をご紹介します。

【グローバルビジネス】
「17LIVE」は、現在アジアを中心に世界6か国で展開しており、
5,000万人を超えるユーザーにお楽しみいただいています。
すべてのライブ配信を世界中で視聴できる環境が整っており、
17LIVER(ライブ配信者)の活躍の場がグローバルに広がっていることは他社にはない圧倒的な強みです。

また、台湾本社からも日本の成長が最も期待されており、
スタートアップの中でもグローバル企業の中でリーダーシップを担える稀有な環境です。

【優れた開発体制 】
台湾本社には100名を超えるエンジニアが在籍しています。
充実した開発体制により、ライブ配信の醍醐味であるリアルタイムでのコミュニケーションを
ストレスなく行える「タイムラグの少なさ」を実現しています。

【より快適に、クリエイティブに働ける環境】
中国語で「一緒」を意味する、「Ichi(=17)」という名前を付けた福利厚生を
数多く用意しています。
在籍年数に合わせた休暇の付与など働く環境の整備だけでなく、
部活動支援など部署や役職を超えた社員同士の繋がりを強める制度にも力を入れています。

こんなことやります

【業務内容】
急成長を続けている当社グループの、グローバルでのAccountingのトップのポジションです。グローバル経営においてより安定した基盤を作り上げるため、HQのAccountingの体制の強化および経営管理体制の再構築を担っていただききます。

新しいメディア形態であるインタラクティブなライブ配信サービスの中でのトップ企業である当社は、グローバルの拠点として東京、台湾、香港、マレーシア、シンガポール、アメリカの6拠点を展開しています。その中でもビジネス上の最重要拠点である東京をベースにグローバルのAccountingトップとしてご活躍いただきます。現在はグローバルで800名、うち東京に170名ほどの社員が在籍していますが、2020年11月時点で東京だけで50以上のオープンポジションがあるほどの急速な成長を遂げています。

Global CFO とシリアル・アントレプレナーでもあるGlobal CEO兼Japan CEO、並びにGlobal COOと密接に連携しながら、グローバル経営としてのAccounting戦略の立案と実行を実現していくことができます。

レポートラインはGlobal CFO となります。

■具体的な業務内容
・Global AccountingTeamの全体の統括管理責任者
・Global HQ(台湾)のFinanceDirectorやGlobal CFOとの連携業務
・決算業務の統括及び体制構築(連結・単体決算//監査法人対応)
・収支見通し、事業計画策定、管理会計、財務報告に係る内部統制業務
・Accounting知識、経験を活かした経営支援業務
・経理財務の業務フロー構築及び改善改善(ワークフロー等システム関連も含む)

【採用要件】
◆必須
10年以上の会計・経理領域での経験をお持ちの方で、下記要件をすべて満たす方を募集しています。
・グローバルで展開している事業会社(年商300億円以上)での経理財務の統括経験
・大手監査法人での会計監査の経験・IFRSの知識・経験
・ビジネスレベルの英語力
・組織マネージメント経験(10人程度以上)

◆歓迎
・IT、BtoCサービスの業界経験
・ビジネスレベルの中国語

会社の注目のストーリー

リモートワークと子育て〜男性メンバーの育休について〜
17LIVEのChief Operating Officerに迫る!17LIVEのカルチャーとは
Global Chief Brand & Marketing Officer が語る17LIVEの魅力とは
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
17LIVE株式会社
  • 2017/06 に設立
  • 170人のメンバー
  • 海外進出している /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都港区北青山 2丁目12番28号青山(SEIZAN)ビル2F
  • グローバル経営の安定した基盤を創り上げるGroup Accounting
    17LIVE株式会社