350万人が利用する会社訪問アプリ

  • Engineering
  • 26エントリー

100万人の患者と医師を繋ぐサービスを作るRailsリードエンジニア募集中

Engineering
Mid-career
26エントリー

on 2020/09/08

14,741 views

26人がエントリー中

100万人の患者と医師を繋ぐサービスを作るRailsリードエンジニア募集中

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

Yuto Kataoka

株式会社 flixy CTO 1988年生まれ。東京大学情報理工学科修士卒。同大学院時代はDNAの大規模データ解析を研究。2014年リクルートホールディングス入社。リクルートキャリアにて、新規事業案件の企画及び開発エンジニアを担当し、2017よりflixy起業(CTO) すきなこと:ランニング(トライアスロン?)・読書・データ取り・初めてのこと

Kazutaka Yoshinaga

医師 • 株式会社フリクシー代表 • エンジニア(Rails, JS, python, Swift, C++)。 医療機関向けのWEB問診「メルプ」を開発提供しています。 http://monshin.melp.life 初期研修終了後、内科医として勤務するかたわら、外来での問診の非効率に課題を感じ2016年9月に株式会社フリクシーを創業。医療機関向けのWEB問診サービス提供を始める。 開発経緯はこちら https://monshin.melp.life/develop.html 趣味は、Netflixでドラマを見ること。最近はリングフィットにもはまっています。

Yoichi Mihara

前職はJMDCと同じグループ内にて農業ベンチャーの代表をやっていました。 2020年5月からJMDC。 株式会社JMDCキャピタルにてPMIを担当 株式会社flixyでは取締役COOとしてWEB問診サービスのグロース担当 プロジェクトベースで生きていていろんなプロジェクトに少しづつ参加してます。

山東 あみ

エンジニア学生と企業を繋ぐベンチャー企業に新卒1期生として入社。 営業、キャリアアドバイザー、総務業務など幅広い業務を経験。 その後、メディカル企業で人事・社長秘書・総務などコーポレートに関する業務を幅広く経験。 2017年1月よりJMDCで、採用・広報・法務を担当中。 人間ウォッチングとエビデンスが好き。 肉とワインも好き。

【社員インタビュー#3】2020年度新卒内定者・量子力学と海ライフを過ごしている浅井さんがなぜJMDCに決めたのか

山東 あみさんのストーリー

株式会社JMDCのメンバー

株式会社 flixy CTO 1988年生まれ。東京大学情報理工学科修士卒。同大学院時代はDNAの大規模データ解析を研究。2014年リクルートホールディングス入社。リクルートキャリアにて、新規事業案件の企画及び開発エンジニアを担当し、2017よりflixy起業(CTO) すきなこと:ランニング(トライアスロン?)・読書・データ取り・初めてのこと

なにをやっているのか

株式会社JMDCのグループ会社の株式会社flixyでは、「メルプWEB問診」という医療機関向けSaaSを提供しています。 メルプを導入することで、医療機関は問診入力の業務効率化ができ、患者さんにとっても待ち時間削減や診察の質の向上につながります。 リリースから2年足らずですが、累計100万件の問診回答を、800院以上のクリニックにてご利用いただいているサービスで、WEB問診界ではシェアトップです。(※当社調べ、2021/4時点) 今後は0=>1のフェーズから、1=>10のフェーズへとより成長スピードをより早めるために、2020年3月にM&Aによって、株式会社JMDCにグループインしました。 シンガポールで9月に導入を開始し、インドでも英語問診として展開するなど海外展開も積極的に行っています。同時に、ヘルスケアデータプラットフォームを持つJMDCと連携した新規事業創出を行っていくなど、常にサービスの成長を行っています。 <メルプWEB問診> https://monshin.melp.life/
「メルプWEB問診」患者はスマホから手軽に問診回答できます
導入医院数も増えています
JMDCオフィスも使用可能です
リモート開発がメインです
1問診あたりの時間を 1/30に削減します。
医師、患者、事務。三方良しのプロダクトです。

なにをやっているのか

「メルプWEB問診」患者はスマホから手軽に問診回答できます

導入医院数も増えています

株式会社JMDCのグループ会社の株式会社flixyでは、「メルプWEB問診」という医療機関向けSaaSを提供しています。 メルプを導入することで、医療機関は問診入力の業務効率化ができ、患者さんにとっても待ち時間削減や診察の質の向上につながります。 リリースから2年足らずですが、累計100万件の問診回答を、800院以上のクリニックにてご利用いただいているサービスで、WEB問診界ではシェアトップです。(※当社調べ、2021/4時点) 今後は0=>1のフェーズから、1=>10のフェーズへとより成長スピードをより早めるために、2020年3月にM&Aによって、株式会社JMDCにグループインしました。 シンガポールで9月に導入を開始し、インドでも英語問診として展開するなど海外展開も積極的に行っています。同時に、ヘルスケアデータプラットフォームを持つJMDCと連携した新規事業創出を行っていくなど、常にサービスの成長を行っています。 <メルプWEB問診> https://monshin.melp.life/

なぜやるのか

1問診あたりの時間を 1/30に削減します。

医師、患者、事務。三方良しのプロダクトです。

今まで、多くの観点で「日本医療業界のDXの遅れ」が叫ばれてきましたが、多くの負が残され続けています。 「なぜそのようなことが起こってしまっているのでしょうか?」 我々は、多くの医療ITサービスが、 「真に、医師視点を持ったプロダクトになっていないのではないか」 と考えています。 同時にここに、弊社の強みがあります。 代表の吉永は、エンジニアであるとともに現役の医師でもあり「医療現場に寄り添ったプロダクト」を開発しています。実際にメルプWEB問診も、代表であり医師の吉永が「今が一番体調が悪く、そのあと診察室ですぐに医師に症状を伝えるのに、どうして待合室でわざわざ紙の問診票に記入しないといけないのか?」と疑問を感じたことからスタートしています。 (詳細) https://monshin.melp.life/develop.html 現在大変ありがたいことに800医院に導入いただいていますが、これはまだまだ始まりにすぎません。日本には現在20万弱の医療機関(歯科含む)があり、そのほどんどが紙問診を行っていることを踏まえると、圧倒的に成長余白の大きい分野です。 この分野を、誰よりも速く駆け抜けることで 「WEB問診をあたりまえの世の中に変える」 を行っていきます。 プロダクトとしても、ユーザが爆発的に増えることによるスケール問題や、今まで手弁当で行ってきたカスタマーサクセスのシステム化。医院からも「こういう風なシステム拡張があればもっと助かるのに」という声を数多く頂いております。 既存プロダクトのブラッシュアップと共に、へルスケアデータプラットフォームを持つJMDCと連携した新規事業創出プロジェクトも進行中です。 急拡大の根本を支える「プロダクト」の開発メンバーの増強が急務となっております。この拡大期を乗り切ることは、エンジニアとしても最高にスリリングなことかと思います。是非あなたのお力をお貸しください。 【1日の開発風景動画】 https://www.youtube.com/watch?v=ZJPqwBmKze0

どうやっているのか

JMDCオフィスも使用可能です

リモート開発がメインです

flixyチームで大切にしている中核価値は、 「Simple」「スピード」「顧客第一」です。 Simpleで、顧客第一のサービス設計を心がけるため、リーンでスピーディーな開発体制を取っています。3名のエンジニアで開発チームです。 最大の特徴的は、開発メンバー全員がフルリモートワークを行っていることです。 必要な際は、株式会社JMDC内にあるオフィスに集まりますが、基本的にはリモートでそれぞれが活動しています。(CTO片岡は、福島県郡山市在住です。) リモートワークでの様子に関しては、下記ブログにも載せていますので、是非ご覧ください。 https://note.com/ktok_log/n/n375bccf48303 小さくフラットな組織です。また、透明性を重視した風通しの良い組織です。 ベンチャーであるために、開発といっても「何を作るか」「どう作るか」「優先度」「運用」これら全てを皆で見る必要があります。 多くの「やりたいこと」の中から「本質的なものに優先度をつけ」実行していく。サービス全体を見ることが出来るポジションで様々な経験を積みたい、その中で成長したいという方を望んでいます。 # 具体的な開発の流れ ・朝礼、夕礼でtodo確認 ・asanaを使って週次で優先度確認 ・全員フルスタックで、要件定義から実装、PRまで行う ・質問がある時は、適宜テレカンで相談可能 ・営業も開発もslackでお互いのチャネルに入り、オープンに情報共有 ・CTOがコードレビュー ・技術勉強会(rails輪読など)も適宜開催 詳しくは【1日の開発風景】youtube動画をご覧ください https://youtu.be/ZJPqwBmKze0

こんなことやります

flixyが提供する「メルプWEB問診」の開発を担当して頂きます。 セールスサイドと連携しながら課題発見、仕様策定、開発と全ての分野を担当頂きます。 特に開発チームをリードとして率いてもらえる人材を求めております。 【具体的な業務内容】 ・「メルプWEB問診」の課題発見、仕様策定、新機能開発、機能改善、運用 ・連携システムに提供する提供するAPI構築 ・データ処理基盤の構築、運用 【開発環境】 バックエンド: Ruby, Ruby on Rails テスト: RSpec, Turnip, Ghost Inspector フロントエンド: HTML, CSS, JavaScript スマートフォンアプリ: Swift Windowsアプリケーション: C# データベース: MySQL(RDS) インフラ: AWS, GCP DevOps: Docker, CircleCI コード管理: GitHub, Bitbucket ドキュメント: Confluence, Apiary, Google Document モニタリング: AWS CloudWatch, NewRelic, Datadog コミュニケーション: Slack, Asana, Zoom, Whereby, Workyspace 【働く環境】 ・ Macbook Pro最新型、27インチ4Kディスプレイ貸与 ・ 技術書購入補助制度 ・ エンジニアリングイベント参加費用補助 ・ フレックス制度 (11:00-15:00のコアタイムあり) ※JMDC採用、flixy出向という形になります。ベンチャーながら大企業のアセットを利用できる点もメリットです。JMDCグループの方とディスカッションしたり、協業することも可能です。 【必須条件】 ・ Rubyなどを用いた開発実務経験 ・ 現場での開発経験3年以上 ・ Ruby on Rails などフレームワークを用いたWebシステム開発実務経験 ・ MySQLやPostgreSQLなどのRDBMSを用いたデータベースの設計、構築経験 ・ Gitを用いた複数人での開発経験 【歓迎条件】 ・ 規模やトラフィックが大きいWebサービスやプロダクトの開発・運用実務経験 ・ アジャイル開発の開発プロジェクトのリード経験 ・ リーダー経験ある方 ・ 勉強会での発表、技術コミュニティ活動をしている方 ・ GitHub、Qiitaなどでアウトプットを出している方 【求める人物像】 ・ チームプレイを好み、多様性を尊重できる方 ・ 自ら正しい課題を見つけ、課題に向き合える方 ・ 失敗を恐れず挑戦できる方 ・ 自分ごととして責任感を持てる方 ・ 技術が好きで学ぶことを楽しめる方 ・ 「生産性向上」「健康投資」を大切にされている方 ・ オープンであること 【積める経験】 ・急成長ベンチャーでスピード感ある開発をしたい方 ・中期的には、開発メンバーのコア人材として、チームリーダーとして全体を引っ張っていきたい方 ・開発と共に、サービス運用から、新規開発企画までオーナシップをもって取り組みたい方 ・フルリモートで自走しながら開発できる方 スピード感のあり自由な会社です。 ただ、拡大を契機に開発チームの増強が急務です。是非あなたのお力をお貸しください。 よろしくお願いいたします!!! ※応募多数の場合、Wantedlyプロフィールを拝見させていただき、お話させていただきたい方にご連絡差し上げます。
3人がこの募集を応援しています

3人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2002/01に設立

348人のメンバー

東京都港区芝大門2-5-5 住友芝大門ビル12階