350万人が利用する会社訪問アプリ

  • フロントエンドディレクター
  • 39エントリー

Web制作/開発経験者求む!グローバルに活躍するフロントエンドディレクター

フロントエンドディレクター
Mid-career
39エントリー

on 2020/10/02

1,990 views

39人がエントリー中

Web制作/開発経験者求む!グローバルに活躍するフロントエンドディレクター

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Expanding business abroad
Tokyo
Mid-career
Expanding business abroad

Takuya Miyakawa

2009年12月マークアップエンジニアとして株式会社モノサスに入社。Webサイトのコーディングを専門に行う「CODING FACTORY」のエンジニア/ディレクターとして様々なWebサイトの制作を担当。2013年11月、海外制作拠点としてタイ・バンコクに Monosus (Thailand) Co.,Ltd. を立ち上げ、現地法人の責任者として経営とスタッフ20名(日本人5名:タイ人15名)のマネジメントを行っています。

Yurika Machiyama

2016年4月にタイ・バンコクに移住& Monosus (Thailand) Co.,Ltd.でディレクターとして入社。「CODING FACTORY」、B to B案件のWebディレクターとして大小様々なWebサイトの制作に従事。プライベートではタイ人とルームシェアして異文化交流中。

Megumi Matsubara

学生時代に独学でWebサイトの制作を開始。卒業後、IT・Web業界専門の派遣スタッフとして、5年間で複数のWebサイト運用に携わる。 2012年、「CODING FACTORY」のコーダーとしてモノサスに入社。現在はディレクターとしてプロジェクトに加わったり、サービスに関する様々なサポート業務を行っています。 日本酒が大好きで趣味は酒蔵見学。特技はルービックキューブで20秒台で揃えることができます。

Maruyama Tomoyuki

大学ではC言語プログラミング・情報数学等を専攻。 大学在学中にweb業界に進むための進路に悩み、中退をして専門学校 か 大学に残って独学で頑張るか悩んだ末、後者を選択。 大学卒業後、株式会社モノサスに入社。 2013年に入社し、コーディングファクトリーでフロントエンドエンジニアとして 日々Nuxt/VueやMovableType・マークアップなどWebサイト構築・Webアプリケーション開発に携わっています。 2016.01〜03まで「神山ものさす塾」という会社の教育事業でコーディングの講師をやっていました。 2020.01からエンジニアユニットのユニットリーダーとして、エンジニアが活躍しやすい環境づくりに奮闘中です。

株式会社モノサスのメンバー

2009年12月マークアップエンジニアとして株式会社モノサスに入社。Webサイトのコーディングを専門に行う「CODING FACTORY」のエンジニア/ディレクターとして様々なWebサイトの制作を担当。2013年11月、海外制作拠点としてタイ・バンコクに Monosus (Thailand) Co.,Ltd. を立ち上げ、現地法人の責任者として経営とスタッフ20名(日本人5名:タイ人15名)のマネジメントを行っています。

なにをやっているのか

現在、モノサスでは東京・代々木や徳島・神山、タイ・バンコクなどの拠点で、50名ほどのメンバーが働いています。集まったメンバーがそれぞれの得意なこと・興味関心を仕事につなげ、Webに限らず大小さまざまなプロジェクトに取り組んでいます。 今回募集するWebディレクターは、フロントエンドのWebサイトコーディングを提供する「CODING FACTORY」や、BtoB事業に特化したWebサイト制作を行うチームとともに仕事をすることになります。 CODING FACTORY - https://coding-factory.com/ BtoB WEBメソッド - https://www.monosus.co.jp/btob/ また、Webの運用をサポートするチームや、マーケティングツール制作、大手企業のイベント運営を行うチームとも、連携しながら仕事を進めていくこともあります。 制作チームは主に東京とバンコクにあります。タイの現地法人であるモノサスタイランドは、2013年にタイ投資委員会(BOI)から奨励事業として認可を受け、モノサスの海外制作拠点として日本のWebサイト制作をバンコクで行なっています。
代々木オフィスの入口。中庭を囲むようにして働いています。2020年冬には左側にパン屋さんがオープン。
タイオフィスの休憩スペースからの眺め。広大な敷地にある最先端のサービスオフィスに入居しています。
自分たちが働く空間について考える勉強会の様子。部署も役割も異なるメンバー、外部の方も一緒になって考えていきました。
タイオフィスにはビデオ会議用の個人ブースや、卓球等のレクリエーションスペース、お昼寝スペースまで完備されています。
代々木オフィスは緑が茂る中庭を囲んで、いくつかの棟に分かれています。
タイオフィスのメンバー。一年に一度の楽しみは社員旅行です。

なにをやっているのか

代々木オフィスの入口。中庭を囲むようにして働いています。2020年冬には左側にパン屋さんがオープン。

タイオフィスの休憩スペースからの眺め。広大な敷地にある最先端のサービスオフィスに入居しています。

現在、モノサスでは東京・代々木や徳島・神山、タイ・バンコクなどの拠点で、50名ほどのメンバーが働いています。集まったメンバーがそれぞれの得意なこと・興味関心を仕事につなげ、Webに限らず大小さまざまなプロジェクトに取り組んでいます。 今回募集するWebディレクターは、フロントエンドのWebサイトコーディングを提供する「CODING FACTORY」や、BtoB事業に特化したWebサイト制作を行うチームとともに仕事をすることになります。 CODING FACTORY - https://coding-factory.com/ BtoB WEBメソッド - https://www.monosus.co.jp/btob/ また、Webの運用をサポートするチームや、マーケティングツール制作、大手企業のイベント運営を行うチームとも、連携しながら仕事を進めていくこともあります。 制作チームは主に東京とバンコクにあります。タイの現地法人であるモノサスタイランドは、2013年にタイ投資委員会(BOI)から奨励事業として認可を受け、モノサスの海外制作拠点として日本のWebサイト制作をバンコクで行なっています。

なぜやるのか

代々木オフィスは緑が茂る中庭を囲んで、いくつかの棟に分かれています。

タイオフィスのメンバー。一年に一度の楽しみは社員旅行です。

モノサスのタイ進出の背景には、日本の深刻な人材不足と受注の増加、フロントエンドWeb開発特有の要因がありました。 タイは東南アジアでシンガポールに次ぐ経済大国で、日本人居住者数や日本食の店舗数は世界トップクラス。世界でも有数の「日本人が住みやすい国」と言えます。 そんなタイのバンコクにあるオフィスでは現在、タイ最難関の理系大学でコンピューターサイエンスを学んだ優秀なタイ人エンジニア11名と、日本人ディレクター4名、通訳2名、チェッカー1名が、大小さまざまな日本のWebサイトをつくっています。 フロントエンドWeb開発では、デザインやUIについての要件が日本語特有の曖昧な表現になることがあり、日本人同士のヒアリングでなければ難しい場面があります。 制作拠点を海外につくるとしても、日本のクライアントとの「コミュニケーション」が重要であることから、やはりディレクションを行なう日本人は必要だと考えました。 日本人とタイ人、それぞれの特性やスキルを融合したハイブリッドな制作チームとして、個人の強みを最大限活かしながら、人種も文化も違うからこそ生み出せる成果を、私たちは追い求めています。

どうやっているのか

自分たちが働く空間について考える勉強会の様子。部署も役割も異なるメンバー、外部の方も一緒になって考えていきました。

タイオフィスにはビデオ会議用の個人ブースや、卓球等のレクリエーションスペース、お昼寝スペースまで完備されています。

モノサスは、東京・代々木を中心に、タイ・バンコク、徳島・神山、山口・周防大島などに拠点をつくっています。自分の生活や関わる仕事によって住む場所を変えたり、定期的に拠点を行き来しながら働くメンバーもいます。 生活の拠点がどこであれ、社内外の勉強会にオンラインで参加して技術や知識を増やしたり、会社の制度や仕組みを考えるワーキンググループに所属するメンバーもいます。 代々木オフィスもバンコクオフィスも、密に連携をとりながら業務を行い、クライアントともIP電話で国内通話感覚で繋がっています。 現在のようにテレワークが働き方の選択肢となった状況においては、日本もタイも、各自が離れているという条件は同じ。もはや距離のハンディキャップはなくなったとさえ思えるほどです。 モノサスは日本もタイも大きな会社ではありませんが、コンパクトなチームだからこそ、個人の存在感や影響力は大きくなるものです。 日々誰かのアイデアが少しずつ会社を良くしていっていると実感できるくらい、どうやったらもっと良くなるのかを常に考え、行動に移せるメンバーが活躍しています。

こんなことやります

現在モノサスでは、フロントエンドWeb制作のディレクターを任せられる実務経験者の方を募集しています。 主な仕事は、フロントエンド・コーディング(HTML/CSS/JavaScript/TypeScript)やCMS実装(WordPress/MovableType等)のディレクション業務です。 モノサスのWebディレクターは東京・代々木、そしてタイ・バンコクを拠点に働いています。クライアントや、各拠点にいるデザイナー、ディレクター、日本人やタイ人のエンジニアとコミュニケーションを取りながら、お互いの得意分野を合わせてさまざまなWebサイトをつくっています。 タイ人エンジニアともソースコードレベルで会話ができて、互いにスキルを高め合える。テクニカルなディレクターを求めています。通訳スタッフも一緒に働いているので、入社時点でタイ語や英語のスキルは必要ありません。 モノサスでWebディレクターとして働くことに関心のある方も、より詳しく話を聞いてみたいという方からのご連絡もお待ちしています。 制作実績 - https://www.monosus.co.jp/service/works/ <必要な経験 / 求める人物像> ・Webサイト制作(HTML/CSS/JavaScript/TypeScript/CMS実装 等)実務経験 ・新しいWebの技術動向を追い続けている ・求められていることが何かを正しく理解して、それを伝えられる ・課題に敏感に気づき、解決まで導ける ・他者も自分も尊重できる ・海外転職にも興味がある <あると望ましい経験 / スキル> ・WordPressの実装もしくは仕様設計経験 ・Vue.js, Nuxt.js, Node.js を使用した制作経験 ・Gitを使用したプルリクエストベースでの開発経験 ・Webアプリの開発経験 ・ソースコードのレビューが出来る ・コーディングスキル、プログラミングスキル ・外国人スタッフの制作ディレクション経験 ・英語でのコミュニケーションスキル ※通訳スタッフはいます <主な仕事内容> ・フロントエンドWeb制作のディレクション(仕様の精査や提案、エンジニアとのやり取り、進行管理、技術的な課題の抽出と解決、品質チェックチームへのチェック依頼) ・クライアント対応(チャットツール、メールや電話、ビデオ会議)、営業とのやり取り ・品質管理(制作中、納品前のある程度のソースチェック及び修正対応、修正指示)
3人がこの募集を応援しています

3人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2004/10に設立

85人のメンバー

  • Expanding business abroad/

東京都渋谷区代々木3-9-5