Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
まちづくり・地域活動担当
241
エントリー
on 2016/05/12 7,698 views

日本中のチャレンジャーからありがとうと言われる仕事を一緒にしませんか?

READYFOR株式会社

READYFOR株式会社のメンバー もっと見る

  • 1987年生まれ。2012年慶應義塾大学メディアデザイン研究科修了。2010年スタンフォード大学へ留学し、帰国後、2011年3月日本初のクラウドファンディングサービスREADYFOR?の立ち上げを行う。World Economic Forumグローバルシェイパーズ2011に選出され、日本人史上最年少でスイスで行われたダボス会議に参加。St.Gallen Symposium Leaders of Tomorrow、内閣府・国・行政のあり方懇談会 委員等国内外の数多くの会議に参加。2014年7月READYFOR株式会社 代表取締役に就任。

  • 早稲田大学商学部出身。在学中は石川の老舗温泉旅館での住み込みインターンや、ロードバイクでのロングライド(鹿児島~北海道)、ラジオ局報道部でのアルバイトなどをしていました。就職活動を終えた4年次の春、大学の授業でREADYFORの存在を知り、インターンとしてREADYFORに参画。半年間のインターンを経てREADYFORに入社し、現在は主にサービス改善を担当しています。

    座右の銘は「勝っておごらず、負けてくさらず」、趣味はハロー!プロジェクトです。

  • 東京大学卒業後、ボストン・コンサルティング・グループにて小売・消費財業界を中心とした大企業のコンサルティング業務に従事。
    「誰もがやりたいことを実現できる世の中に」というREADYFOR?の思想に賛同し、2015年READYFORに参画。
    1人でも多くの実行者を後押しできるサービスに育てるべく、戦略の策定、実行を指揮。

  • READYFORで働いていて、世界を少しでもより良く、より面白く、より素敵なものに変えようとする、アイデアと大きな志を持った人たちに、私はこれまでたくさん出会ってきました。世の中をよくしようとする想いを持った人たちのために、自分は何ができるのかを一生懸命考えられる人と、考えるだけでなく同じゴールに向かって行動できる力のある人と一緒に働きたいです。READYFORには、そんな仲間がたくさん集まっています。

なにをやっているのか

READYFOR(https://readyfor.jp/)は、日本最大級※のクラウドファンディングサービスです。2011年3月のオープンから1万件以上のプロジェクトを掲載、総額100億円の資金を全国のチャレンジャーへ流してきました。
2019年7月にはこれまでのクラウドファンディングの実績や培ったネットワークを活かし、「READYFOR SDGs」(https://sdgs.readyfor.jp/)をローンチ。企業のお金を志のある活動へ流していく取り組みを始めています。

※日本最大級=プロジェクト掲載件数、累計支援額

<READYFORが、第5回日本ベンチャー大賞 経済産業大臣賞を受賞!>
https://blog.readyfor.jp/n/n18aeda6e4989

<READYFORで実際に資金を集めたプロジェクト>
・ぜん息の子供と親の負担を減らしたい。新しい治療法への挑戦
https://readyfor.jp/projects/difto

・認知症の方と作る「注文をまちがえる料理店」広がれてへぺろの輪
https://readyfor.jp/projects/ORDERMISTAKES

なぜやるのか

  • プロジェクトの記者会見の様子
  • 第5回日本ベンチャー大賞経済産業大臣賞(女性起業家賞)を受賞

私たちREADYFORは、資金がないことを理由に「やりたいこと」や「夢」を諦めてしまう、そんな人々を1人でも減らしたいという思いから、クラウドファンディングサービスを業界に先駆けて2011年よりスタートしました。

最初は6件のプロジェクトからスタートしましたが、8年かけて掲載は10,000件ほどに。少しずつクラウドファンディングの認知も広がり、個人から個人のお金の流れのみならず、研究機関や医療法人・ソーシャルセクターなどに資金調達の手段を提供してきました。

今後はよりお金の「出し手」「受け手」を増やしていくため、人や事業への投資を加速させています。
2019年10月にはCI(コーポレート・アイデンディティ)の刷新を敢行し、クラウドファンディングの枠を超えたお金の流れの創出を目指しています。

<CI刷新について>
https://blog.readyfor.jp/n/nc1e3777a53e4

どうやっているのか

  • 緑に囲まれた開放的なオフィス
  • 社内はソファーやビーズクッションもありリフレッシュしながら働ける環境です。

【組織】
社員80名、アルバイトやインターンのメンバー含めると120名を超える組織となりました。
Web・コンサル・金融・メーカーなど様々なバックボーンを持つメンバーがそれぞれの専門性を活かしながら、部署をまたいで協力しつつ、仕事に取り組んでいます

【大切にしていること】
「安心してエネルギー高く働き続けられる組織」を掲げ、相互の信頼と尊敬を持ってアクションしています。
全メンバーがSlackにジョインしており、カジュアルなコミュニケーションで情報共有しながら、組織としてのアウトプット最大化を重視しています。

こんなことやります

「やりたいこと」「夢」があるけど、資金がないからできない。そんな人が、全国・全世界にいます。

もちろん、お金を集めることにはリスクや責任がともないます。様々なプロジェクトの様々なリスクを洗い出し、資金を集める実行者の方々を守ることもREADYFORの仕事です。

その人はなぜお金を必要としているのか。お金が集まったらどんなことができて、どんな人がハッピーになるのか。そんなことを実行者の方々と打ち合わせをしながらwebページをつくっています。

夢あるプロジェクト、世の中の負を解決するようなプロジェクト、思わずクスッと笑ってしまうようなプロジェクト。世界中の多様な人が考える企画を世の中に発信していく仕事は言いようのないやりがいがあります。

プロジェクトに支援してくださる方々がどんな人かを想像しながら、企画を考え、ページをつくっています。だからこそ、実際に貴重な資金を支援してくださった方があらわれたときの喜び。

これからのクラウドファンディングのスタンダードを一緒につくっていけるような、そんな人をお待ちしています。

クラウドファンディングの認知を広げ、困ったときに「あ、クラウドファンディングを使えばいいんだ」とみんなが思えるような、そんなライフラインにしていきたいと思います。

ちょっとでもわくわくしたら、ぜひ一度ご連絡ください。
お会いできること、楽しみにしています。

会社の注目の投稿

10ヶ月に渡るCIリニューアルの裏側「想いをつなぐ金融機関へ」-電通チーム×READYFOR米良はるか
「まずやってみよう」が許容される世の中をつくりたい
クラウドファンディングの「キュレーター」って、なに?
エントリー状況は公開されません
106人が応援しています
会社情報
READYFOR株式会社
  • 2014/07 に設立
  • 85人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都文京区本郷5−33−10 いちご本郷ビル3階
  • 日本中のチャレンジャーからありがとうと言われる仕事を一緒にしませんか?
    READYFOR株式会社