1
/
5
Webエンジニア
130
エントリー
on 2020/10/09 2,790 views

ヘルスケアスタートアップでサービスを作りあげるフロントエンジニア募集

株式会社フィルダクト

株式会社フィルダクト のメンバー もっと見る

  • 東京大学医学部医学科(在籍)、株式会社フィルダクトCOO。基本Biz-devで、フロント開発もやります(苦手)。好きなことはバックフローの効率化・自動化。Nocodeツールをうまいこといい感じに使うのに最近はまってます。

  • 大学院の時に株式会社フィルダクトを創業し、3Dプリンターを活用した透明マウスピース型の歯科矯正サービスを構想。修了と共に、事業を本格化しました。
    約9ヶ月の検証を経て、2020年1月にDPEARLをリリース。現在はスタートアップのシード期らしく、てんやわんやしております。

  • 大阪大学 大学院情報科学研究科に所属。
    父や伯父の影響でコンピュータに興味を持ち,情報科学の世界へ。
    卒論では,アルゴリズムの違いによって計算機の消費電力がどう変わるのかを研究していました。
    大学院では変わって,Web ブラウザ上で行う分散処理について研究しています。
    日々進化していく ICT の世界に感動しながら過ごしています。

なにをやっているのか

  • 気軽でお洒落、けれども信頼性のある歯科矯正サービスを目指しています。
  • DPEARLのブランドカラー

フィルダクトは、3DプリンターやCADなどのテクノロジーを活用した、透明なマウスピース型の歯科矯正ブランド「DPEARL」(ディパール)を提供しております。

歯並びを改善することは、審美的なコンプレックスを解消するだけではなく、虫歯や歯周病のリスクを下げ、良好な噛み合わせを実現することで全身の健康に繋がる効果があると言われています。

しかし現実はどうでしょう。実は現在国民の60%近くの人々が歯並びの改善を必要としているにも関わらず、そのうち約9割が未治療となっています。なぜこのようになってしまうのか。

その背景として既存の歯科矯正が、2〜3年と非常に治療期間が長く、平均100万円程度とも言われる多大な費用が掛かることがあげられます。

上記のような現実に加えて、世界先進の超高齢社会である日本は、歯の大切さにもっと目を向ける必要があると考えています。このような日本の歯科医療における課題をなんとかしたいと、一歯科技工士免許を持つ人間として代表の金子が大学院在学中に肌で感じ試行錯誤したことが、フィルダクト創業のキッカケです。

大きな課題を抱える日本の歯科医療に変革をもたらす、そのためにはレガシーで旧態依然とした歯科業界を変える必要があります。テクノロジーと新たな仕組みを掛け合わせ、歯科業界に時代に即したソリューションを生み出していくのがフィルダクトです。

関連リンクは以下をご覧ください

▼会社ホームページ
https://philduct.com/

▼透明マウスピース型矯正「DPEARL」ブランドページ
https://dpearl.jp/

▼ICC KYOTO 2020 での登壇の記事
https://industry-co-creation.com/catapult/59932

▼その他ニュース
https://jp.techcrunch.com/2020/04/08/dpearl-home-dental/
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000050457.html

会社の注目のストーリー

Healthtech/SUM 2021 のデンタルセッションでPHILDUCTが登壇しました!
【CEO インタビュー】なぜいま歯科矯正スタートアップなのか?東京医科歯科大学出身のCEOが語る歯科業界の現在と未来
福利厚生で歯並び整えませんか?「Wantedly Perk」始めました!
エントリー状況は公開されません
2人が応援しています
会社情報
株式会社フィルダクト
  • 2018/03 に設立
  • 7人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    社長が20代 /
  • 東京都千代田区神田淡路町1-15-3 西堀ビル2F
  • ヘルスケアスタートアップでサービスを作りあげるフロントエンジニア募集
    株式会社フィルダクト