1
/
5
法人営業
11
エントリー
on 2020/10/11 752 views

新事業を創造する研究開発支援サービスの営業募集!

株式会社Co-LABO MAKER

株式会社Co-LABO MAKERのメンバー もっと見る

  • Co-LABO MAKER 代表取締役 / 株式会社C&A 主任研究員 / 東北大学工学研究科博士課程/東北大学特任准教授(客員)。趣味は釣り。大学ではシンチレータ(放射線検出用結晶材料)を研究した修士の2年間で、査読つき主著論文8本執筆(他に特許5本、国内外学会発表・共著論文多数)。2011年より昭和電工株式会社にて、パワー半導体結晶(SiC)の研究開発・事業立ち上げに従事。第2回MVPアワードにて最優秀賞を獲得したことを期に「Co-LABO MAKER」の立ち上げに注力。2017年4月に起業し、新たな研究開発エコシステムを形成すべく研究設備・ラボのシェアリングサービスを展開中。
    20...

  • 若林

なにをやっているのか

  • 実験設備を活かしたい人と、やりたい実験がある人が巡り合う場とサポートを提供しています
  • 利用者・提供者双方の研究開発のハードルを大幅に下げます

【 Co-LABO MAKERとは? 】
「Co-LABO MAKER」は、実施したい実験を依頼したり、必要な研究設備やラボを気軽に見つけて使用したりできる研究開発リソースのシェアリングプラットフォームです。
http://co-labo-maker.com/

ユーザーには大きく「利用者」と「提供者」がいます。「利用者」は、利用可能な実験設備やラボを利用したり、技術と設備を持つ方に実験を依頼することで、速く安く実験ができ、研究を加速することができます。「提供者」は、強みの技術や遊休設備等、活かしきれていない研究開発リソースを使って、簡単に資金や機会を得ることができます。
例えば、本来であれば新たなラボの立ち上げに4000万円&半年が必要な場合でも、数十万円/月で立ち上がったラボを即利用できた、というようなケースが多数あります。

更に、これまで積み重ねてきた研究設備・ラボ・研究者・企業のネットワークを用い、総合的に研究開発からの事業開発をサポートする研究開発支援サービスもスタートしています。

加えて、大学の研究開発リソースを活用する取り組みも進めております。

【 メディア掲載 】
多数。以下FBページ参照
https://www.facebook.com/colabomaker/

【 受賞 】
・第2回MVPアワード:最優秀賞
・BRAVEアクセラレーションプログラム:TECH LAB PAAK賞
・Incubate Camp 10th ベストグロース賞2位タイ
・Sendai for Startups!ビジネスコンテスト2018 社会起業家賞
・TOHOKU ACCELERATOR 2017 共感賞、ドイツアクセラレータ賞
・未来2018 シェアリングエコノミー賞、その他部門最優秀賞
・異能vation ジェネレーションアワード「何か・どこか・誰かとつながる」分野賞
・ EO North Japan Quantumleape Lightning talk battle 2020 大賞

【 採択事業 】
・経済産業省 Startup Factory(スタートアップファクトリー)構築事業
・つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業

会社の注目のストーリー

世界中を一つの研究室に ~研究開発の民主化を目指して~
研究者OS & 起業家OS 変えるのではなく、つくる
元研究者が起業して、壁にぶつかり立ち止まるまで
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社Co-LABO MAKER
  • 2017/04 に設立
  • 15人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都港区赤坂一丁目12番32号 アーク森ビル31階
  • 新事業を創造する研究開発支援サービスの営業募集!
    株式会社Co-LABO MAKER