1
/
5
組み込みソフトウェアエンジニア
中途
2
エントリー
on 2020/10/28 574 views

次世代の医療をロボット技術で支える!組込エンジニア募集!

株式会社メルティンMMI

株式会社メルティンMMIのメンバー もっと見る

  • 1991年頃から人類の限界を感じ始め、1998年に医療と工学の融合分野に可能性を感じ、2002年からサイボーグ技術の研究を開始。2011年にはロボット分野で活躍した35歳未満の研究者に贈られる日本ロボット学会研究奨励賞を受賞。日本学術振興会特別研究員を経て2016年にはロボット工学と人工知能工学で博士号を取得。回路設計から機構設計、ファームウェア開発やネットワークシステム構築と幅広く開発をカバーする。

  • 幼少期より人を模したロボットの実現を夢見、生体信号で機械を操作する研究や、生物模倣によるロボットシステムの研究を行ってきた。ワイヤー駆動の機構設計や制御アルゴリズムの開発を統括し、在学中には従来のロボット工学の概念にとらわれない独自の駆動機構研究により2013 IEEE Robotics and Automation Society Japan Chapter Young Awardを受賞。機構開発といったハードウェアから、制御システムのファームウェア、ユーザーインターフェース用ソフトウェアの他、解析ソフトウェア構築までソフトウェア、ハードウェアともに全般的を担う。

  • 白幡 和也

なにをやっているのか

当社は、サイボーグ技術によって身体による限界から人類を開放し、誰もが自分自身に合った活躍ができる世界を創ることをビジョンとして掲げています。生体信号を利用した医療機器やアバターロボットなどの研究開発・事業化を通して、生体信号処理技術やロボット技術を高度に発展させ、サイボーグ技術の社会実装に繋げていくことを目指しています。

なぜやるのか

当社はサイボーグの社会実装という壮大なビジョンのもと、人間が身体に制限されず自由に創造性を発揮できる世界を目指し、その第一歩としてアバターロボットやロボットハンド(指先が動く、触覚もある義手)を研究開発しています。
MELTINのサイボーグ技術は宇宙空間や災害現場といった非日常空間から、通常の日常空間まで多岐にわたる用途が検討されており、様々な用途に応じたサイボーグ技術の研究開発を担当頂きたいと思います。

どうやっているのか

創業者のCEO粕谷、CTO關がエンジニアのため、研究開発するための環境(空間)・機材(PC、CAD)はかなり充実させています。

こんなことやります

【職種】
組込エンジニア(医療機器)

【仕事内容】
開発中の医療機器の組み込みソフトウェアの開発(大学、病院との共同研修開発)

【能力・経験】
【必須】医療機器の開発経験 に加え次の何れか
(1)機器制御ソフトウ ェア(ファームウェアやデバイスドライバ)の開発経験
(2)何らかのシステム開発の経験
(3)回路設計やアプリケーションの開発経験
(4)オシロスコープなど測定機器を使った動作検証
【尚可】動作検証用ソフトウェアの開発経験

身体の制約から人々を解き放ち、自分が最適と感じる生活スタイルを可能とする世界を実現する。
「どうしたら実現出来るのか?」をひたすらに求め走り続けた結果、
このような壮大な夢も現実味を帯びてきました。
一刻も早く、私たちの技術を必要としている人々に届くように、コアメンバーとして共に走る新しい仲間を求めています!

今まで世界になかった価値観や概念を私たちと一緒に創りあげていきませんか? サイボーグ技術が当たり前になる未来にワクワクした方は、ぜひエントリーをお願いします。

新しい仲間と夢を実現する日を楽しみにしています! !

会社の注目のストーリー

アラブ首長国連邦で開催の「GITEX Technology Week 2021」にてMELTINが3年連続で出展しています。

【オンライン開催】Think Summit Japanにて弊社代表粕谷が登壇します

【オンライン開催】福島イノベーション・コースト構想「見える化セミナーinこおりやま」にてMELTINが登壇します

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
株式会社メルティンMMIの会社情報
株式会社メルティンMMI
  • 2013/07 に設立
  • 25人のメンバー
  • 社長がプログラミングできる /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都中央区新川1-17-24 NMF茅場町ビル5階
  • 株式会社メルティンMMIの会社情報
    株式会社メルティンMMI から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?