Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
その他

次世代イノベータ―を育てる大学生対象の新しい学校の立ち上げメンバー募集

NPO法人ETIC.

NPO法人ETIC.のメンバー

全員みる(4)
  • 早稲田大学商学部卒業。在学中よりETIC.に参画。
    生まれてきた国や仕事に対して誇りを持って生き生きと働いている。自分が持っている無限の可能性を最大限に発揮している。そんな人で溢れる社会を創るべく、日々、仕事に取り組んでいます。

  • 立命館大学法学部卒業。在学中2006年よりETIC.に参画。一環して次世代起業家型リーダー育成のためのアントレプレナー・インターンシップ・プログラムの企画・運営と起業家精神を育む研修プログラムの企画・開発に従事。自分自身の高校時代の経験から、自分の人生を自分の頭で考え決めて、切り拓いていく若い人たちを増やしたいという想いで、日々、大学生と起業家の方々と向き合っています。

  • 青山学院大学国際政治経済学部卒業。
    新卒で人材紹介の営業を経て、2015年4月より、ETIC.に参画。
    学生時代の2回の長期インターンを通じて、志を持った大人にたくさん出会い、自分もそうなりたいと思うと共に、自分の意志で道を切り開いていく人が増える社会をつくることを仕事にしたいと思い、ETIC.で仕事をしています。

  • 88年千葉県生まれ。新卒で株式会社リクルートにてコンサルティングに入社、営業の立場から中小企業経営者に対する販促支援に従事。加えて、市場拡大・売上拡大への取り組みが高く評価され月間・四半期MVP及び通期準MVPを受賞。
    14年には新規メディア発行の企画やマーケティングを担うメディア開発室を部内に立ち上げ、2014年10月よりETIC.に参画。TOKYO STARTUP GATEWAYの企画・運営に携わる。

なにをやっているのか

  • D852ca4a 4f20 47db 97e7 73ecc7f69b10
  • Fd40e43d 9b2d 4558 82b4 3d54ab9b45cc

2016年2月。NPO法人ETIC.は、起業家・イノベーターとして未来を創っていく大学生・大学院生を対象に、新しい形の学校(現代版・私塾)である「MAKERSUNIVERSITY」を開校しました。( http://makers-u.jp/ )
志高い同世代の仲間たちはもちろん、この国のイノベーションに挑む数多くの先輩起業家も巻き込み、共に学び、挑戦しあう場です。
Mistletoe孫泰蔵氏、DeNA南場智子氏、C Channel 森川亮氏、マネックス松本大氏、 ユーグレナ出雲充氏、佐俣アンリ氏、元和田中学校校長・藤原和博氏、 HASUNA白木夏子氏、
クロスフィールズ小沼大地氏など、日本有数の起業家/ イノベーターがメンターとして参画しています。

今回、MAKERS UNIVERSITYで目指しているのは「次世代の育成」と「イノベーションの創造」の融合です。
志を同じくする仲間や先輩たちとの関わりの中で、未来を創る人たちを育む「次世代の育成」。
想いを持ち、本気で挑戦する中で、先輩起業家や行政、大手企業関係者など様々なセクターが巻き込まれ、共に学び、社会・目の前の現実を大きく変革するような「イノベーションの創造」。
私たちは、両立しえないかに見えるこの2つの要素を融合し、これからのスタンダードとなる“学びの在り方“を創りあげる挑戦をしています。

2016年第1期も、6つの領域(「テクノロジー」「教育」「国際貢献」「地域活性」「インターネット」「ファイナンス」)に限定し、高い志を持ち、具体的に行動を起こしてきた塾生約100名を選出。その後2月に集中カリキュラムを行いました。塾生の持つ事業プランに対して、先輩起業家が本気のフィードバックをするなど、真剣勝負の対話を通じ、自身の事業構想や具体的に起こすべきアクションが明確化されます。そして4月からは、実践期間です。実践をしつつ、最前線で活躍する起業家による「ゼミ」によって、各自の実践を加速させています。また塾生が自主的に開催する「研究会」では、知識を得るだけでなく、相互に切磋琢磨するコミュニティが生まれています。

▼イノベーション実践(http://makers-u.jp/syllabus
▼ゼミを受け持つ起業家メンターたち(http://makers-u.jp/themes
▼MAKERS UNIVERSITYに参画中の先輩起業家・イノベーターの方々
(DeNA南場智子氏、C Channel 森川亮氏、マネックス松本大氏など、一部紹介)
http://makers-u.jp/themes

★★★★インターン生や正社員として、このMAKERS UNIVERSITYを立ち上げる!という関わりではなく、この『MAKERS UNIVERSITY』自体に2期生として、応募したいという方は、事前登録をしていただけますと新しい情報や締切間近のご連絡等をお送りいたします。
こちらにエントリーいただき、個別相談に乗ることも可能です!
https://makers-u.jp/pre-entry

また、こちらからメールニュース登録をお願いします。http://makers-u.jp/mailmagazine/
第2期生の募集開始は2016年10月、11月30(水)に募集〆切、2月開校を予定しています。

なぜやるのか

  • Caf2748a 2f33 4a31 85c8 d55804e839f7
  • 04988866 2861 4f63 b57e 7fc8e32f8a9c

「この国の可能性ある若者が、世の中を変える事業の創造に、 果敢に挑んでいく。
いまここにない未来の仕事を、つくりだしていく。
そんなチャレンジングな若者が、次々と生まれる世の中を。
そんな若者の可能性が最大限、生かされる社会を。
挑戦が心から賞賛され、リスペクトされる社会を。」

そんな創造的な社会をつくりたい。と、私たちは願っています。

そのためには、次の時代を担う若い世代の育成を、既存の大学教育や、社会に任せるのではなく、その誕生を心から願う、大人たちの手で創っていく必要があります。

この新しい学校を通じて、既にある雇用のパイを競って奪い合うのではなく、みずから主体となって新たな雇用や、事業、プロジェクトを創造できる「ジョブ・メーカー」を育てます。

自分の置かれた環境のせいにしたり、他責志向で生きるのではなく、”自分の本当に好きなこと、やりたいことで人を幸せにする”そんな生き方に挑戦する人を応援する社会に。
自分の道は自分の手で切り拓く!という働きかた・人生が当たり前になり、それぞれが夢を実現し、その好循環が連鎖していく社会に。

ただ、願う社会と現実にはギャップが大きい。現実はいまだに、大学3年になったら就活のために何かを始めないと、と焦り始め手当たり次第にインターンに行くという現状。

その差を少しずつでも埋めていくためにも、まずは私たちが「未来をつくる人を育てる」ことで、「新卒一括採用」に一石を投じたいと思っています。

MAKERS UNIVERSITYのコンセプトは、「つくる人を創る」。
「いまここにない『未来の仕事』」を創造しうる次世代イノベーターを育てると共に、日本の「学び」と「挑戦」のスタイルに変革を起こしていきます。

どうやっているのか

  • 9b8df03e 7ba6 42b7 8740 6a441b57006c
  • 1739184c 3228 4f03 bcb9 8e44f941788e

MAKERS UNIVERSITYは、2月に開校し、約8か月間のプログラムを通して、起業家・イノベーターを志す全国から選ばれた100人の志高い仲間たちと共に、日本を代表する多彩な起業家・イノベーターから「未来のつくり方」を徹底的に学び、目指すビジョンを深め、具体的な事業構想を実践を通じて形にしていきます。

2月は、平日週5日毎日、日本を代表する起業家・イノベーターの方々が登壇をし、塾生たちの事業プランへ直接フィードバックをし、自身のビジョンや事業プランをブラッシュアップする、事前カリキュラムを実施。

4月以降は、事前カリキュラムを経て明確になったビジョンや構想を具体的な実践の場でアウトプットを出していくフェーズ。実践のパターンは、塾生によって異なりますが、①スタートアップインターン②プロジェクトリーダー参画③マイプロジェクト・起業の3パターンに分かれて、半年間成果創出に向けて走り切ります。

塾生たちが半年間駆け抜けた先にあるのが、11月に開催するDEMODAY(デモデイ)です。
半年間で、圧倒的な成長を遂げた約12名の塾生が、約500人の聴衆の前で成果をピッチし、多様なステークホルダーとの関わりの中から、新たな事業提携の話や投資先の獲得、仲間やサービスのファンの獲得など、事業加速や人生のターニングポイントになる場での登壇を一つの目標とし実践に挑みます。

私達はこの8か月間をともに伴走することで、世の中に自ら主体となって、人生を切り拓いていく人を育てていこうと考えています。

こんなことやります

【MAKERS二期生募集中!応募検討してる方も歓迎です!】

2月に設立・開校したばかりのため、全てが新しい挑戦。創業メンバーとして、土台が無いところから、MAKERS UNIVERSITYを構成する全てに関わり、共に継続的な仕組みを考案・企画し、実際に創り上げることを期待しています。ぜひ、”MAKERS UNIVERSITYの土台は自分が創った!”そう言えるくらいの活躍を期待しています!

具体的に担ってほしいミッションは、大きく分けて以下の3つを想定しています。

1.第一期塾生の成果・学びの最大化に向けたサポート
それぞれの実践に挑む塾生たちが半年間で、成果と学びを最大化するために、彼らとの対話を積極的に持ち、必要なことは何かを考え、ゼミや研究会といったサポート仕組みにどう生かしていくかを企画・運営することで、共に伴走する役割です。インターン生がどこまで塾生に寄り添えるかによって、ゼミや研究会で得られる学びの厚みも変わります。
特にインターン生は、塾生たちと同じ学生という立場だからこそ悩みを理解し、等身大の想いを汲み取れる存在でもあります。事務局でありながら、一番身近な存在として、塾生たちの想いを一番に察知し、彼らに還元できる仕組みを構築

2.第1期塾生の晴れ舞台「DEMODAY」の企画・運営&マーケティング施策立案・実行
2016年11月に、塾生たちの半年間の実践成果を発表するDEMODAYを開催します。
この場は、単なる成果発表会ではありません。起業を志す塾生にとっては、最初のファンの獲得や事業提携先、投資家候補、サービスをPRしてくれるメディア、経営メンバーとの出会いの場を創ります。
また、塾生と一緒に働きたいと思う企業が、塾生の持つプランを企業内で事業化する形で迎え入れる新しい採用の形が生まれるかもしれません。そして、1期生が大勢の観客の前でピッチをする姿を見て、第2期生応募したい学生さんにも「この場を目指したい」と思ってもらえる場になるよう、想像もつかないくらい多くの人たちを巻き込みながら500人規模のイベントを企画・運営してもらいます!
世の中がまさにこの場から変わっていく、そんなうねりを創り出して下さい。

3.MAKERS UNIVERSITY第二期の企画構想・実行・運営
第1期の塾生たちのサポートと並行して、第2期をどのようなものにしていくのか構想を始めます。
また、第2期のコンセプトと具体的な中身を詰めていきながら、第2期の塾生募集の企画段階から立案・実行までをお任せします。
10年後、20年後の未来をつくる人になる全国の大学生・大学院生にMAKERS UNIVERSITYという場の存在と価値を届けていくための方法を出来ることはすべて実行していってほしいと思っているので、積極な提案を待っています!
今まさに創業メンバーとして参画しているインターン生のリアルな声を一部ご紹介。

<MAKERS UNIVERSITY運営を通じて得たこと①>
このインターンで得た最大のものは仲間です。これからの日本を共に創っていく、本当に面白い人たち達と出会うことができました。
良い意味での“変人達”をサポートする事で、自分もMAKERS UNIVERSITYでのイノベーションの一端を担っている実感が有ります。変人たちに負けないようインターン生も日々努力するので、精神面、スキル面ともに、他のインターンシップでは得られないほど圧倒的に自己成長を成し遂げることができたと思います。(慶應義塾大1年)

<MAKERS UNIVERSITY運営を通じて得たこと②>
ここでのインターンは想像していたインターンと違い、自分のやる仕事の範囲があらかじめ決められているわけではなく、塾生に対してMAKERSという場をどういうものととらえてほしいか、そのために何をすればいいかということを考え、自分から提案をし、実行に移していくスタイルでした。
その中で、自分の力で考え、実践する力はもちろん、任される責任感、プレッシャーに耐える力も身に付きました(早稲田大4年)
“未来を変える挑戦者である塾生たちをサポートしたい、自分もMAKERSに関わることで世界を変えたい”そんな志を持った方の応募をお待ちしています。

★インターン生や正社員として、このMAKERS UNIVERSITYを立ち上げる!という関わりではなく、この『MAKERS UNIVERSITY』自体に2期生として、応募したいという方は、こちらからメールニュース登録をして下さい。http://makers-u.jp/mailmagazine/

募集情報
探している人 その他
採用形態 インターン・学生バイト
募集の特徴 学生さんも歓迎
会社情報
創業者 宮城 治男
社員数 50 人

応援している人(83)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(83)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

東京都渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル4階

Page top icon