1
/
5
サーバサイドエンジニア
48
エントリー
on 2020/11/10 1,804 views

モビリティSaaSやプラットフォームを開発するバックエンドエンジニア募集!

株式会社スマートドライブ

株式会社スマートドライブのメンバー もっと見る

  • 石津 真一
    エンジニア

  • obata yoshiki
    エンジニア

  • 2007年3月にカヤック入社。
    いくつかの事業部に所属したのち、
    2016年末よりLobiからスピンアウトしたプロジェクトのLobi Tournament(現在Tonamelと名称変更)にリードエンジニアとして参加
    https://www.kayac.com/service/other/1532
    2018年9月よりSmartDriveに転職。
    プラットフォーム基盤の開発に携わる

    趣味はジャズ演奏とクライミング。時々山登りをしたり自転車にも乗る。

    http://blog.smartdrive.co.jp/employee-interview-tanaka/

なにをやっているのか

【事業内容】
世界中の移動データを収集・解析し、事故のない社会、移動がより効率的で快適な社会をつくっていくため、様々なセンサーデバイスを通じて収集・解析されたビッグデータを活用してIoT時代の新たな移動にまつわるサービスを創造していいます。

【主要提供サービス】
・法人向け車両管理SaaS「SmartDrive Fleet」(導入事例:https://smartdrive-fleet.jp/case
法人企業様が日々事業活動で使用する営業車や配送・運送車、バイクなどの移動体を、IoT端末やスマートフォンでコネクテッド化することでリアルタイムに位置や動きが把握できます。危険運転の改善による交通事や保険料のコスト削減、そして車両稼働状況の分析による車両台数や走行経路などの効率化など、企業の事業活動を幅広くサポートしています。導入実績700社以上。
・Mobilityデータ解析
車両情報や利用・運転情報を、法人が持つ様々なデータと組み合わせることで事業改善に役立つデータに昇華させる解析サービスを提供しています。

【国内最大級モビリティ業界カンファレンス - Mobility Transformation】
https://mobility-transformation.com/

【コーポレートブログ】
https://blog.smartdrive.co.jp/

【株主一覧】
日本GLP
ゴールドマンサックス
産業革新機構
住友商事
アクサ損害保険
Sony Innovation Fund
2020(鴻海ベンチャー投資のパートナーファンド)
三菱UFJキャビタル
みずほキャピタル
SMBCベンチャーキャピタル
ANRI

【プレスリリース一覧】
https://smartdrive.co.jp/news/press

なぜやるのか

  • コロナ以前は社内全体会議も全員で集まって行っていました。

世界では今でも年間100万人以上の人が交通事故で亡くなっており、怪我をした方を含めると桁違いの人数の被害が出ています。また、渋滞による損失という点では、国交相は日本の交通渋滞の経済損失額を約12兆円と試算したこともあります。

すべての車が一気に自動化されれば事故渋滞は瞬時に大部分がなくなるかもしれませんが、自動運転車の「一般普及」にはまだまだ今後長い年月が必要になり、その間はずっと人が運転する車と自動運転車との共存の世界となります。事故や渋滞やその間簡単にはなくならず、法律の整備なども整えながら、ゆっくりと改善に向かっていくと終われますが、我々の事業はそれを座して待つのではなく、むしろその時代の到来を早めていくために「進化を後押し」する技術を提供していきたいと考えています。

直近は法人企業様におけるモビリティにまつわる経営課題の解決に注力しており、企業における課題の本質を見極めるためのデータの可視化や分析、そして実際の業務改善をサポートするアプリケーションやプラットフォームの提供により、弊社の事業の実際的な価値を高めることに努めています。

また、同時にスズキ様やホンダ様、出光興産様といったパートナー企業様との共同事業を推進し、弊社単独ではなし得ない事業やリーチを獲得していくことで、今後より大きなMaaSやスマートシティへの取り組みにもつながっていくと考えています。

我々の世代だけでなく、子や孫の世代の社会がより安全で快適なものになっていくように、事故や渋滞が昔話として語られるような世界になるように、今できることに全力で取り組んでいます。

どうやっているのか

  • 東京ミッドタウン日比谷はメトロでのアクセスも非常に良く、地上に出ずにオフィスまで行くことが可能です。ランチやショッピングなども便利です。
  • ワークスタイリングは施設がとても充実しており、コーヒーやスナックコーナー、シェアスペースや個室、MTGルームなども充実していて、非常に働きやすい環境です。

現在オフィスは、東京ミッドタウン日比谷に併設されているオフィスビル内の、ワークスタイリングというシェアオフィスに入っています。コロナ禍以前よりリモートワークは一部取り入れていましたが、過去2年間のコロナ禍における働き方のトライ&エラーを経て、現在は週1回程度のオフィス出社もしつつ、メインはリモートワークの中で組織としての生産性を上げていく工夫をしています。

【働き方】
・ほとんど社員が週1日オフィス勤務(週4日リモート勤務)※マネージャー & 経営陣はもう少し出社しています
・コアタイムなしフレックス制度
・平均残業時間15時間程度
・社内チャットおよびWeb会議は、SlackやGoogle Meet / Zoom を使用

弊社では、以下の価値観/バリューを基づいて毎月の社員MVPの表彰や、半期ごとの人事評価において、いかに各人がバリューを体現したかということを評価対象にもしています。

【SmartDrive Values】
1. 社会・顧客軸
 ・社会をより良くすることに取り組む
 ・顧客の期待以上の価値を提供する
2. 組織・チーム軸
 ・チームとしての成果にコミットする
 ・Valuesの浸透・体現をサポートする
 ・粘り強くコミュニケーションする
3. 個人軸
 ・チャレンジし続ける
 ・自分ごとにして最後までやりきる
 ・フィードバックを宝物として受け取る

弊社が取り組んでいる社会課題は壮大かつチャレンジングなものであり、弊社単独で成し遂げられるような世界観ではありません。今後はさらにモビリティ業界の垣根を超えたコラボレーション事業が生まれてくることが想定される中で、弊社組織内においても個々人が高いアウトプットを出そうと切磋琢磨することはもちろんのこと、その上でいかに組織としてパフォームするかというところを重要視しています。

こんなことやります

弊社の自社サービスを提供する上でデータ解析の基盤となっている Data Platform の開発・運用、SmartDrive Fleet/Cars/Families といった Data Platform を利用した自社サービス群の開発・運用を担当していただきます。

【モビリティData Platform の開発・運用】
Golang による API サーバーの開発・運用、各種非同期処理部分の開発・運用がメインの業務となります。
自社/3rd party 問わず、さまざまな IoT デバイスから最初にデータを受け取る部分に始まり、集めたデータを正確にストアしつつ、さまざまな補正処理や解析処理のフローを実行しています。日々増加するデータを適切に処理しつづけること、また、将来を見据えた継続的なアーキテクチャのリデザイン、よりよいコスト・パフォーマンスな技術をリサーチ・選定し続けていただくこと等も期待しています。
Platform というプロダクトの特性上、社内外問わず、関連する人・ステークホルダーが多いため、個としての成果よりもチーム/組織としての成果を求めることにやりがいを感じる方がパフォーマンスを発揮しやすい環境になっています。

【モビリティSaaS - SmartDrive Fleetの開発・運用】
Rails による API サーバーの開発・運用、各種非同期処理部分の開発・運用がメインの業務となります。
たとえば Fleet チームでは法人向けの車両管理 SaaS として継続的に改善を続けることに始まり、大規模な運用を想定されているお客様向けに、すでにお客様が保持されている各種業務データと Fleet のデータを結合することによってお客様が実現したい価値/利益を一緒に構築するような案件が増えてきました。

大規模 Rails プロダクトになってきており、将来を見据えたアーキテクチャのリデザインが必要なフェーズに差し掛かってきているため、最適なコスト・パフォーマンスを見極めつつ、作り切る・動かし続けることにコミットできる方を求めています。プロダクトの性質上、カスタマーサクセスに向けて社内外一丸となってプロダクトを成長させ続けることにやりがいを感じる方がパフォーマンスを発揮しやすい環境になっているかと思います。

【求める技術スキル・経験】
下記のいずれか1つ以上の経験 (3年以上目安)
・Go, Ruby, Javaなどの言語を用いたAPIの開発・運用経験
・RSpec等のテストフレームワークを用いたソフトウェアテストの経験
・API/データベース設計の経験

【求めるソフトスキル】
・チームメンバー、ステークホルダーと連携し、プロダクト開発を進めるコミュニケーション能力

【使用技術・ツール】
・Go (GIn, GORM), Ruby (Ruby on Rails, RSpec)
・React.js
・MySQL, PostgreSQL, Amazon DynamoDB, Amazon ElastiCache (Redis)
・AWS (SQS, Lambda等)、Google Cloud Platform上の各種マネージドサービス

【ストックオプション・働き方】
・ストックオプション有(上場準備中ですが、現在も社員に付与しております。また、上述のように壮大な業界ですので、今後のIPOやその先の成長において業界的なキャップ(上限)がなく、ストックオプションのリターンへの期待値という意味でもロマンがあります)
・週4日リモート勤務可能(現状はオフィスでの勤務は週1日程度で、かつコアタイムなしのフレックス制度です)

以下は参考リンクになりますので、ぜひご覧ください。
・会社紹介資料
https://docs.google.com/presentation/d/1rSW9hwiQkKWnfJDy3ld-xv39MKfmWUDyzlP6OVEYk0E/edit?usp=sharing

・データプラットフォームとモビリティデータの活用具体例
https://mobility-transformation.com/magazine/analytical-base/

・SmartDrive Fleet お客様事例
https://smartdrive-fleet.jp/case

会社の注目のストーリー

【顧客やマーケットの課題と向き合う SaaSセールスの醍醐味とは?】対談:FORCAS 田口様 x SmartDrive稲垣
【顧客やマーケットの課題と向き合う SaaSセールスの醍醐味とは?】対談:FORCAS吉田様 x SmartDrive弘中
オンラインセミナー「30代から始めるSaaSキャリア」
エントリー状況は公開されません
2人が応援しています
会社情報
株式会社スマートドライブの会社情報
株式会社スマートドライブ
  • 2013/10 に設立
  • 66人のメンバー
  • 海外進出している /
    3000万円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都千代田区有楽町1-1-2 日比谷三井タワー12F(東京ミッドタウン日比谷)
  • 株式会社スマートドライブの会社情報
    モビリティSaaSやプラットフォームを開発するバックエンドエンジニア募集!
    株式会社スマートドライブ