1
/
5
中途採用
インフラエンジニア
8
エントリー
on 2016/05/16 1,554 views

分身ロボットのインフラエンジニアを募集!

株式会社オリィ研究所

株式会社オリィ研究所のメンバー もっと見る

  • ソフトウェアだけでなくハードまで、現在の開発を一手に担っています

    好きな言語はLisp。AppStore2位かつ47万ダウンロードを記録した”シンプル顔文字手帳”を開発。Mediumに書いた“コードの書けるアントレプレナーはどこにいる”は、15000ユニークユーザを獲得。Clojure、Prolog、JavaScript、CoffeeScript、Objective-C、HTML、CSS、Python、Ruby、PHP、Perl、Java、C++、C#、VB、VB.NET、C、CASL II などを使用。オリィ研究所ではウェブ・アプリ・ファームウェアなど、すべての開発を一人で担って...

なにをやっているのか

  • 分身ロボットOriHimeプロトタイプ
  • 今では腕がつき、多様な感情表現が可能になりました。

オリィ研究所は、分身ロボット「OriHime」を作っています。

「OriHime」は、カメラ・スピーカー・マイクを内蔵しています。iOSデバイス、PCなど様々なデバイスからインターネット経由で通話をしながら、視界と腕を操作することができる、孤独なひとのためのもうひとつの身体です。

[分身ロボット OriHime] https://orihime.orylab.com/

なぜやるのか

  • 体が動かなくても、OriHimeがあなたの代わりに動いてみせます。
  • 遠く離れたアメリカにいたって、大事な人の結婚式に参加できます。

CEOの吉藤は、小学校時代から闘病や療養を重ね、3年半の間学校に通うことができませんでした。毎日毎日、家族や友人のお見舞いを待つだけの日々。電話をかけても友達は遊ぶのに忙しく、勉強には遅れ、学校行事での思い出づくりもできなかったのです。自分は人に迷惑をかけるだけの存在だ。そう思い込み、日本語を忘れ、笑うこともできなくなってしまった吉藤は、そこではじめて「孤独」という大きな病に気づきました。

同じような人間がもっとたくさんいるはずだ。

自分が感じた孤独とほかの誰かが戦わなくて済むように。吉藤はそのために分身ロボット「OriHime」を開発しました。

どうやっているのか

  • ハードウェア製作所
  • デスクにも工具やデバイスが転がっています

オリィ研究所では、若く個性的なメンバーが日々OriHimeの開発・販売のために働いています。小数ですが、それゆえにひとりひとりが大きな裁量を持ち、考えぬいて行動します。

目まぐるしいスピードで変化するテクノロジー業界の中で、さらにスピード感を持って働いています。

こんなことやります

主に分身ロボット「OriHime」アプリ・サービスを構築、運用する仕事です。
AWSを利用したインフラの設計・構築を行っていただきたいほか、サービスの監視や各種自動化のためのソフトウェア構築も行っていただきます。

【応募要項】

# 必須要件
・AWSを用いたWebアプリケーションの運用経験
・ネットワークに関する知識・経験
・Linuxに関するスキル・経験

# 歓迎するスキル
・Python・DjangoWebアプリケーションに関する専門知識
・nodejsの運用に関する専門知識
・AWSとミドルウェアによるサービスのスケールに関する専門知識
・セキュリティに関する専門知識

エントリー状況は公開されません
11人が応援しています
会社情報
株式会社オリィ研究所
  • 2012/09 に設立
  • TechCrunchに掲載実績あり /
    社長がプログラミングできる /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都三鷹市下連雀3-3-50 パークファミリア501
  • 分身ロボットのインフラエンジニアを募集!
    株式会社オリィ研究所