Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

最先端SaaS開発をリードするProduct manager募集!

株式会社フロムスクラッチ

株式会社フロムスクラッチのメンバー

全員みる(4)
  • Marketing-Strategy Div. 企画室
    一橋大学 経済学部卒業
    新卒でリンクアンドモチベーション 入社     
    大手企業を中心に担当。 公立教育の変革プロジェクトに参画。
    2011年 フロムスクラッチ入社
    Marketing Strategy部門立上げ。中小~大手企業まで多数のクライアントの
    デジタルマーケティング戦略立案、実行支援に従事。       
    現在は、経営戦略ユニット及び組織人事担当を兼務
    コーポレート/サービスブランディング及び採用業務を担当。

  • 取締役副社長
    東京都立大学大学院(現:首都大東京大学院)工学研究科修了。
    2003年 新卒でフューチャーアーキテクト 株式会社へ入社。
    2007年 アクセンチュア株式会社へ転職。
    マネージャー職にて、金融業界(保険、銀行業)にて、
    IT基盤戦略、オフシュア(中国)開発、CRM戦略から
    システム構築などのプロジェクトに参画。
    2012年 株式会社フロムスクラッチへ入社。
    取締役副社長に就任。

  • Marketing-Strategy Div. 組織人事ユニット
    2015年 新卒入社

  • 取締役
    青山学院大学理工学部を修了。宇宙物理を専攻し、宇宙放射線の挙動
    シミュレーション計算を大型コンピューターで行う。
    2005年に新卒でアクセンチュア株式会社に入社。
    金融機関を中心に、コンサルティングからシステムの開発、導入に従事。
    2014年4月、株式会社フロムスクラッチ入社。
    2014年10月、事業部長に就任。
    2015年5月、取締役に就任。

なにをやっているのか

  • A41b661b 282a 40cf 8a45 135bc762818f?1555397529
  • 247ce46b 972b 488b b013 396db7d9f839?1555397529 2018年11月に引っ越したばかりの綺麗で快適なオフィス

■■■■■
業界最高峰 45億円の資金調達をしたデータテクノロジーカンパニー
■■■■■

フロムスクラッチは、ビッグデータ×人工知能を主軸に事業を展開するデータテクノロジーカンパニーです。現在は、マーケティングテクノロジー領域におけるソリューションである、マーケティングプラットフォーム「b→dash」の開発・提供を中心に事業を展開しています。 

『ビッグデータ』×『人工知能』×『マーケティング』

これらをキーワードに、世界のマーケティングの常識を塗り替えるようなテクノロジーの開発・推進をしています。

2017年5月に約32億円の資金調達を実施しました。過去には、シリコンバレーのVCをはじめとする有力企業からの調達も実施しており、これまでで総額累計は約45億円に達します。

■■■■■
世界的経済誌Forbesにおいても”次代のユニコーン企業”として評価
■■■■■

世界的経済誌であるForbes誌より2年連続で「スタートアップ有望株」に選出、またクラウド業界の優良企業リスト「日本版CLOUD TOP10」にも選出された、経済誌・投資家ともにグローバルで高い評価を得ているテクノロジーカンパニーです。

今後は、人工知能の研究開発、海外展開、「b→dash」の機能強化に加え、我々の強みでもある「ビッグデータの取得・統合」と「人工知能によるデータ活用」の技術を通じ、様々な領域へのサービスや事業展開を予定しています。

なぜやるのか

  • F4709aa0 05fb 4c5d 8c80 161d54c48539?1555393747
  • 167386b7 bcac 4179 8129 74b0957c0606?1555393752

■■■■■
「スマートデータ社会」を実現し、先進国が抱える労働生産性の向上という国家課題を解消する
■■■■■

ありとあらゆるものがインターネットにつながり、人の属性はもちろん、行動や感情といったデータまでもが取得できる時代が到来しました。検索エンジン、スマートフォン、SNSの普及により、生活者を取り巻く環境は激変しています。

企業でも、大量のデータを効率的に取得・管理するために、グローバルでクラウド化が進んでいますが、デジタル化を推進するために導入している複数のツールを使い「担当者の工数を増やしてしまう」「活用したいデータを直ぐに活用することが出来ない」といった課題に直面している企業も少なくありません。

「b→dash」とは、企業に存在するあらゆるデータを一元管理し、活用に至るまでを一気通貫で行えるデータマーケティングプラットフォームです。

"いつでも"、"ひとつで"、"誰でも"

という、3つのポイントをおさえることで、「いつでも使える状態にデータを統合し、」「ひとつのツールで完結して業務ができ、」「リテラシーに左右されずに誰でも簡単に使える」を叶えています。

企業のデータ活用経営の実現に寄与し、担当者の工数削減や適切なデータ分析、マーケティング施策の実行を容易にすることで、スマートデータ社会を実現し、"課題先進国が抱える労働生産性の向上という国家課題を解消します。

★TOPIC★

◆Forbes Japan 「急成長スタートアップCEOに聞く!データ経営が「社会的責任」である理由」 https://forbesjapan.com/articles/detail/17141

◆【新CM公開のお知らせ】 ボブ・サップが企業のデータマーケティング部の新入社員に!? 「b→dash」の新CMにて、 おぎやはぎ×ボブ・サップが共演し、企業のデータ活用現場の奮闘を描く 
https://f-scratch.co.jp/news/5093/

◆【Forbesの「日本版CLOUD TOP10」に選ばれました!】
https://f-scratch.co.jp/news/5050/

■■■■■
導入実績
■■■■■

b→dashは“データ活用を通じた、生産性の向上”を実現させるパートナーとして、あらゆる業種業態、規模の企業に導入され、数百社を超える企業に利用されています。

▼導入企業(抜粋)
KIRIN/GMOクリック証券/ミュゼプラチナム/Panasonic/日清食品/クレディセゾン/楽天イーグルス/読売巨人軍/スリムビューティーハウス/ビッグローブ/ネオキャリア/HIS/John master organics/CROOZE SHOPLIST/NTT スマートコネクト

どうやっているのか

  • F8979c3c f593 4f90 9958 aa74247fbf63?1555398520
  • 29f4bcc3 0040 4fbf a92a d3a5320a2e69?1555397530

■■■■■
最先端技術を持った奇跡のテクノロジーチーム
■■■■■

人間では処理しきれない良質なビッグデータを保有し、さらに国内最先端の人工知能の研究機関との提携を通じて、新たなマーケティングソリューションの開発を推進しています。そのようなプロダクトの開発を支えるのは、優秀なテクノロジーチームです。

採用活動は”経営のトップマター”としてとらえ、全社を挙げて取り組んでいます。
そのような活動を経て集まったのは、まるで奇跡のようなテクノロジーチームです。

・世界の人工衛星開発をリードしていた宇宙工学研究者
・OracleやIBMなどのグローバルITカンパニーでFirst Productの開発を手掛けたエンジニア
・AccentureやPwCなどのグローバルテクノロジーファームで世界のシステムインフラを構築したエンジニア
・最先端のテクノロジー企業にて金融FXトレーディング基盤を構築したエンジニア
・マルチテナント型IoTプラットフォーム基盤開発をリードしたエンジニア
・総工数10,000人月規模の経済産業省直轄プロジェクトを統括したPMO
・世界最大規模のロジスティクスビッグデータ解析を担ったデータサイエンティスト

このチームで、世界最大のクラウドプラットフォームAWSが開催するスタートアップアーキテクチャーオブザイヤーにて最優秀賞を受賞しており、世界最先端の技術を備え、ビッグデータの大量×高速処理を実現しています。

また、社外取締役としてはDraper Nexus Venture Partnersの倉林陽氏、リンクアンドモチベーションの麻野耕司氏、戦略顧問としてLINE 前代表取締役社長で、C Channel 代表取締役社長 森川亮氏が就任しており、まさに急成長をしている企業です。

★TOPIC★

・AWS Summit Tokyo「Startup Architecture of the year 2018」で最優秀賞を受賞
https://f-scratch.co.jp/news/4525/

■■■■■
社内の雰囲気
■■■■■

30歳前後の若いメンバーが多く、One for all, All for oneの考えのもと業務に取り組んでおり、組織、年齢、役職を問わず、コミュニケーションも盛んです。

コミュニケーションを大事にしている為、月次で開催しているチームごとの納会、クオーターで開催する全社で行う総会など、社内のイベントも多く実施しています。

などがあります。

★TOPIC★

◆「創造性を刺激する空間」フロムスクラッチ新オフィスを徹底解剖!
https://www.wantedly.com/companies/fromscratch/post_articles/145241

■■■■■
■fsのはたらく環境
■■■■■

メンバーがパフォーマンスを最大限発揮できるよう、制度も日々アップデートされています。

〇スキルアップ
・cycle4(年4回の昇給、昇格の機会)
・モチベーション サーベイ(定期的に組織のモチベーションレベルを測定)
・ジャンクション(中途社員専用、入社時研修)
・fs college(海外VC等、豪華ゲストの社内講演会)
・b→tech lab(技術を獲得できる勉強会)
・リクルーター トレーニング(人を惹きつけるための面接官トレーニング)

fsではメンバーが業務に思う存分、集中できるような環境づくりを心がけています。

〇働きやすさ
・近距離住宅手当(近距離に住んでいる社員に補助)
・ファミリア(毎月社員飲み会補助金)
・クオーターピットイン(3ヵ月に1度、fs独自の全社休業日)
・健康なカラダづくり(週1でパーソナルトレーナー来社)

〇女性のライフイベント時も安心
・産休育休
・出産祝い金
・育児サポート(毎月保育園費用補助)

こんなことやります

【仕事概要】
プロダクトマネージャーとして、ビッグデータプラットフォーム「b→dash」や新規プロダクトの
企画/立案、要件定義、設計、開発に従事して頂きます。

マーケティングやテクノロジー領域における幅広い知識/経験を元に、プロダクトの構想から市場リリースまでのプロダクト責任者として、事業成長に貢献して頂く重要なポジションです。

ITスキルのみならず、論理的思考力やプロジェクトマネジメント視点、更にはクライアントが持つ課題にまで視界を
高めるマーケティング観点を持って、能動的に開発をリードしていくことが求められます。

また、デジタルマーケティング領域におけるテクノロジーの刷新は速く、”All in one”をコンセプトとする「b→dash」は常に新たなマーケティングテクノロジーを実装し、 グレードアップし続けていく必要があります。

競合他社より先に”最先端”を形にしていく中で感じられるマーケットのダイナミクスを是非楽しんでください。

【仕事内容】
・新規プロダクトの企画
・開発プロジェクトマネジメント
・開発環境検討~開発工程の仕組み化
・データ分析環境構築
・セキュリティ要件検討~企画
etc.

【開発環境】
 ・使用言語: Ruby(Ruby on Rails)、Java、Scala、HTML5、Javascript
 ・OS: Windows / Mac / Linux(Amazon Linux)
 ・DB: RDS、Redshift、DynamoDB、Aurora
 ・フロント: AngularJS、CSS3 、vue.js
 ・ミドルウェア: Hadoop、Spark、Ruby on Rails、Java、Scala
 ・IDE: WebStorm / RubyMine / Netbeans / Eclipse / Vim / Sublime Text など(完全に個人裁量)
 ・その他: redmine / Slack / git / github / Confluence/ Bitbucket / バックログ

※開発ツールについては特に決まった環境は無く、ツールの選定は各個人に委ねられています。

【応募条件】
〇必須
・社会人経験5年以上
・SIerまたはITコンサルティング会社における就業経験
・PMOの経験

〇歓迎
・Product Managerの経験(ビジネス要件定義やシステム要件定義の策定経験)

会社の注目の投稿

募集情報
探している人 プロダクトマネージャー
採用形態 中途採用
募集の特徴 Skypeで話を聞ける
会社情報
創業者 安部 泰洋
設立年月 2010年4月
社員数 200人のメンバー
関連業界 コンサルティング・調査 / 情報通信(Web/モバイル) / 広告・販売促進

応援している人(30)

全員見る

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(30)

全員見る

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目20番1号 住友不動産西新宿ビル26階

Page top icon