350万人が利用する会社訪問アプリ

  • アートディレクター
  • 22エントリー

地方から世界にを掲げ急成長中の企業のアートディレクターを募集

アートディレクター
Mid-career
22エントリー

on 2020/12/25

9,251 views

22人がエントリー中

地方から世界にを掲げ急成長中の企業のアートディレクターを募集

Online interviews OK
Okayama
Mid-career
Okayama
Mid-career

Yuichi Akiba

大学で上京して30歳まで東京で人材・IT業界でのスタートアップなどを経験。地元である倉敷に戻り、地方からでも世界に通用する企業をつくるため日夜奮闘中。事業のキーワードは「地方 グローカル デザイン 楽しい 働きやすさ AI」

Hideaki Masago

ある時手にした某入門書がきっかけで、この業界の門を叩きました。専門学校で得たデザインの知識とうろ覚えのコーディングスキルを元に、日々の独学と実戦経験のみで約15年間WEB制作に従事してきました。 現在は、WEB制作に関わるデザイン、コーディング、プログラミングはもちろん、ディレクションや後続の指導も行っています。

基 白髭

個人デザイン事務所で5年修行ののち、自社ブランドや飲食事業などを立ち上げる企画力に惹かれクラビズに転職。入社当時からとんでもないスピード感で変化するこの会社にいい意味で飽き性の僕はとてもマッチしました! 前職では万年後輩だったのに、今は10数名(毎年増える!)いるクリエイティブチームを率いて、さまざまなソリューションをデザインで解決しています! 趣味は料理、時間をかけてコトコト・・が好きなので、さっさと帰る!がマイスタイルです。

katsutaka yamawaki

見えないところを磨くと見えるところが輝きだす Art director/designerとして広告・ブランディング・プロモーション全域に携わってきました。to B、to C、企業・公共・自治体まであらゆるプロジェクトに参画。いま最も関心があることはDesign×Art×Socialの融合と、広義のデザインによって新しい価値提供を生み出すこと。

株式会社クラビズのメンバー

大学で上京して30歳まで東京で人材・IT業界でのスタートアップなどを経験。地元である倉敷に戻り、地方からでも世界に通用する企業をつくるため日夜奮闘中。事業のキーワードは「地方 グローカル デザイン 楽しい 働きやすさ AI」

なにをやっているのか

【私たちクラビズは世の中にワクワクを提供する企画会社です】 「地方から世界に」をコンセプトにWEB事業・クリエイティブ事業・ポスティング事業・自社EC事業・飲食事業などを展開している企業です。 株式会社クラビズ https://kurabiz.jp/ ー事業紹介ー ◆WEB・マーケティング事業 企画・構成からデザインの作成、撮影、ライティング、CMSの活用からHTMLやCSS等のシステム構築まで、WEBサイトに関してワンストップで提供が可能です。また、「作ったら終わり」ではなく、サイトの公開後もサイト分析や改善提案、WEB広告による集客支援など、お客様のニーズに合わせて最適なソリューションを提供しています。 ◆クリエイティブ事業 ロゴ・名刺・パンフレット・パッケージからWebサイト・Web広告のバナーに至るまでジャンルを問わずデザイン制作をしています。クライアントとコミュニケーションを重ねて、デザイン性だけではなくユーザビリティをも考えた「付加価値」を生むクリエイティブを追求しています。 ◆広告事業 倉敷周辺の情報を凝縮した地域不動産情報誌「Classs不動産」を発行しています。限られたエリアの情報だけを取り扱うことで、そのエリアに住んでいる人たちが本当に必要な情報を発信しています。 ◆天然繊維の肌着・靴下「くらしきぬ」https://www.kurashikisilk.jp/ 「目の前の景色を大事にしたくなるものを」をコンセプトに、シルクやウールなど天然素材にこだわった冷えとり靴下や肌着の企画・販売・EC運営を行っています。倉敷美観地区内に本店を構え、その他全国の卸先様で販売しています。看板商品の「はらぱん」や冷えとり靴下は、女優さんやモデルさんの間でも広くご愛用頂いています。 ◆ドライフラワー&スワッグ専門店「土と風の植物園」https://tsuchikaze.jp/ 2018年に「もっと気軽にお花のある生活を取り入れてほしい」と花が好きな社員が立ち上げた事業です。ドライフラワー・スワッグの専門店としてネットショップの運営を行なっています。自社ECサイトを中心に販売しており、Instagramのフォロワーは約10万人。毎月お届けする「季節のドライフラワー定期便」も好評を頂いています。 ◆飲食事業「Cafe&Diner KAG(カグ)」https://hostel-kag.jp/ 2018年にクラウドファンディングの支援もあり、倉敷駅前にカフェ&ダイナーKAGをオープンしました。KAG -Kurashiki Avant-Garde- の名の下に、倉敷に前衛的な風を吹かせ、新たな文化を創造していくことが私たちの使命です。音楽イベントやワークショップの開催、アーティスト作品の展示など、クリエイティブが生まれるきっかけ作りを行っています。 ◆飲食事業「立ち呑み ura」https://www.instagram.com/tachinomi_ura/?hl=ja 「立ち呑み ura」では125年続く魚屋「魚春」の魚をはじめ、地元の新鮮な卵を使用した粋な料理を提供しています。建築はスキーマ建築計画代表の長坂常さんが手掛け、素材を活かした自由な空間に。店名である「立ち呑み ura」には、「裏」と「温羅」という2つの意味が込められています。 倉敷駅前という「表」に面していなら、訪れた人たちが気取らず、オープンな心で多様な価値観が混じり合う「裏」の場を提供したいと考えています。 ◆ポスティング事業 デジタルではなかなか届けることができない地域の情報をポスティングでしっかりと各家庭にお届けしています。お客様のご要望に応じて、エリアやセグメント(戸建て・集合住宅など)を設計した上で効果的な配布を行っています。
倉敷駅前にある本社は1階がカフェになっています
スタッフの声から立ち上がった「土と風の植物園」は急成長しています
若いスタッフ達がやりがいを感じ、生き生きと仕事をする環境を作っていきたい
代表の秋葉です。地方から面白いことを一緒にやっていきましょう
地方からでも世界に向けて面白い仕掛けができると思います。充実したライフワークをおくりませんか。
トータルブランディングをプロデュースします!

なにをやっているのか

倉敷駅前にある本社は1階がカフェになっています

スタッフの声から立ち上がった「土と風の植物園」は急成長しています

【私たちクラビズは世の中にワクワクを提供する企画会社です】 「地方から世界に」をコンセプトにWEB事業・クリエイティブ事業・ポスティング事業・自社EC事業・飲食事業などを展開している企業です。 株式会社クラビズ https://kurabiz.jp/ ー事業紹介ー ◆WEB・マーケティング事業 企画・構成からデザインの作成、撮影、ライティング、CMSの活用からHTMLやCSS等のシステム構築まで、WEBサイトに関してワンストップで提供が可能です。また、「作ったら終わり」ではなく、サイトの公開後もサイト分析や改善提案、WEB広告による集客支援など、お客様のニーズに合わせて最適なソリューションを提供しています。 ◆クリエイティブ事業 ロゴ・名刺・パンフレット・パッケージからWebサイト・Web広告のバナーに至るまでジャンルを問わずデザイン制作をしています。クライアントとコミュニケーションを重ねて、デザイン性だけではなくユーザビリティをも考えた「付加価値」を生むクリエイティブを追求しています。 ◆広告事業 倉敷周辺の情報を凝縮した地域不動産情報誌「Classs不動産」を発行しています。限られたエリアの情報だけを取り扱うことで、そのエリアに住んでいる人たちが本当に必要な情報を発信しています。 ◆天然繊維の肌着・靴下「くらしきぬ」https://www.kurashikisilk.jp/ 「目の前の景色を大事にしたくなるものを」をコンセプトに、シルクやウールなど天然素材にこだわった冷えとり靴下や肌着の企画・販売・EC運営を行っています。倉敷美観地区内に本店を構え、その他全国の卸先様で販売しています。看板商品の「はらぱん」や冷えとり靴下は、女優さんやモデルさんの間でも広くご愛用頂いています。 ◆ドライフラワー&スワッグ専門店「土と風の植物園」https://tsuchikaze.jp/ 2018年に「もっと気軽にお花のある生活を取り入れてほしい」と花が好きな社員が立ち上げた事業です。ドライフラワー・スワッグの専門店としてネットショップの運営を行なっています。自社ECサイトを中心に販売しており、Instagramのフォロワーは約10万人。毎月お届けする「季節のドライフラワー定期便」も好評を頂いています。 ◆飲食事業「Cafe&Diner KAG(カグ)」https://hostel-kag.jp/ 2018年にクラウドファンディングの支援もあり、倉敷駅前にカフェ&ダイナーKAGをオープンしました。KAG -Kurashiki Avant-Garde- の名の下に、倉敷に前衛的な風を吹かせ、新たな文化を創造していくことが私たちの使命です。音楽イベントやワークショップの開催、アーティスト作品の展示など、クリエイティブが生まれるきっかけ作りを行っています。 ◆飲食事業「立ち呑み ura」https://www.instagram.com/tachinomi_ura/?hl=ja 「立ち呑み ura」では125年続く魚屋「魚春」の魚をはじめ、地元の新鮮な卵を使用した粋な料理を提供しています。建築はスキーマ建築計画代表の長坂常さんが手掛け、素材を活かした自由な空間に。店名である「立ち呑み ura」には、「裏」と「温羅」という2つの意味が込められています。 倉敷駅前という「表」に面していなら、訪れた人たちが気取らず、オープンな心で多様な価値観が混じり合う「裏」の場を提供したいと考えています。 ◆ポスティング事業 デジタルではなかなか届けることができない地域の情報をポスティングでしっかりと各家庭にお届けしています。お客様のご要望に応じて、エリアやセグメント(戸建て・集合住宅など)を設計した上で効果的な配布を行っています。

なぜやるのか

地方からでも世界に向けて面白い仕掛けができると思います。充実したライフワークをおくりませんか。

トータルブランディングをプロデュースします!

岡山も含めた瀬戸内は現在世界でも注目されているスポット。 米国で最も著名な媒体の一つであり、国際的な影響力も大きい「The New York Times」が2019年1月9日に発表した「52Places to Go in 2019」において、第7位に“Setouchi Islands”が日本で唯一選出されました。 これからの日本は地方がもっともっと活性化していかなければならないと思っています。都会の暮らしとは違い、のびのびとした環境が地方にはあります。そして岡山は天災が少なく住みやすい県としても有名です。そんな環境で世の中を驚かせるようなサービスを提供したいと考えています。私たちは自分たちの街を盛り上げる事と、この倉敷という地方都市から日本や世界に情報や物を発信することに情熱を捧げたいと思っています。 ■広告会社から企画会社へ 1972年の創業以来、広告会社として50年近く、新聞折込の集合チラシを手掛けてきました。時代の流れと共に新聞購読者数が減少する中「本当に伝えたい人に情報がきちんと届いているのだろうか」と業態を見つめ直し、新たにポスティング事業をスタート。現在はデザイン力や企画力を生かし、倉敷・総社周辺をエリアとする不動産情報誌「Classs不動産」の発行、WEB制作など幅広く事業展開するようになりました。 ■お客様の意図に応えるソリューション お客様が言われるままに手掛けて納品するのではなく、リターンが見込める高付加価値のサービスや商品を提供することが当社のこだわりです。価値を追求し続け、お客様に納得し、喜んでいただくものを制作するには時間もコストもかかりますが、妥協はしたくありません。お客様自身にも何を求めているのかを熟考し、目指すべきビジョンを明確にしてもらった上で、そこで見つけ出された課題を解決できるよう最適な方法を提案してこそ、本当の意味でお客様のお役に立てると考えます。まさに『ソリューション』の提供です。この部分がお客様に評価され、岡山県内に限らず全国各地からも仕事依頼を受けています。 ■新事業で築いたノウハウが会社の財産に 2012年には冷えとり靴下などを販売するオリジナルブランド「くらしきぬ」を立ち上げ、自社サイトでネットショップを開業。グーグルやヤフーなどの検索サイトでより上位に表示されるよう「「検察エンジン最適化(SEO)」や「広告運用」の手法を追求した結果、今では年商2億円規模の事業になっています。このSEO対策や広告運用のノウハウもとにWEBサイトでのプロモーションを行い、時代の変化に対応しながら、今後も社員が疲弊しない高収益な事業を複数展開し、安定したビジネスモデルを構築していきたいと思っています。 ■柔軟な発想ができる人材が必須 求めているのは自由な発想ができるクリエイティブな人材です。事業を成功に導く為には、言われた事だけをやるのではなく、自分で考え、自分で行動できることも重要。当社は常に「お客様はもちろん、働いているみんなが楽しく、HAPPYでいられる会社でありたい」と心掛けています。仕事もプライベートも大いに楽しみ、面白いものを次々と企画していってほしいです。

どうやっているのか

若いスタッフ達がやりがいを感じ、生き生きと仕事をする環境を作っていきたい

代表の秋葉です。地方から面白いことを一緒にやっていきましょう

日本の大部分が地方と呼ばれるところです。 それならば、地方が盛り上がって行かなければ日本はよくならない。 私たちは地方から様々な情報を発信し、地方活性化のプロフェッショナルと呼ばれるような存在になりたいと思っています。 そして面白いことを考える企業であれば、当然そこで働く人も面白くなければならない。 やる時にはやり、 遊ぶ時には遊ぶをモットーに仕事もプライベートも楽しめる職場環境を作るようにしています。 新しい事業もどんどん立ち上げています。 時代のニーズにあった面白いことをこれからもチャレンジしていきます。 ■■令和元年「将来世代応援企業賞」を受賞■■ 「日本創生のための将来世代応援知事同盟」より授与されたこの賞は、子育て支援、女性や若者への支援及び働き方改革に対し、独自性、先進性のある取組みを積極的に行っている企業・事業所へ贈られるもので、令和元年度の岡山県代表として選出されました。 受賞理由となった取組みとしては、リアルタイムで社員が情報を共有できる社内チャットシステムの構築、フリーデスク制・リフレッシュタイム制の導入や、短時間正社員制度の採用、育児休業代替社員の正社員登用、女性の管理職登用など、働き方改革や子育て支援、女性の活躍を積極的に推進していることが評価されました。 ■■平成28年度 おかやま子育て応援宣言企業「岡山県知事賞」を受賞■■ 当社は平成26年度に子育て応援宣言を行い、ニーズにきめ細かに対応した両立支援の整備や短時間正社員制度、勤務時間の変更・短縮等、多様な働き方を選択できる仕組みの積極的な構築に、尽力してまいりました。 今回、岡山県内の登録している663社のうち、取組内容の実現に向けて特に積極的に取り組み、他の模範となる優れた成果があった企業として、平成29年2月17日に県知事賞を贈呈頂きました。 今後も、スタッフが仕事もプライベートも楽しめる働きやすい環境づくりを積極的に進めて参ります。 ※おかやま子育て応援宣言とは、岡山県が県内の企業等が安心して子育てができる環境づくりとして取り組む内容を「子育て応援宣言」として県へ登録をする制度で、平成29年1月31日現在663社が登録しているものです。

こんなことやります

企業のブランディングや広告プロモーション、映像などの企画から、自社で行うイベントや商品企画まで、幅広いアートディレクション、デザインワークを行うことができます。 「Photoshop、Illustratorの操作が可能な方」「アートディレクターの実務経験が2年以上またはデザイナーの実務経験が5年以上の方」
0人がこの募集を応援しています

    0人がこの募集を応援しています

    話を聞きに行くステップ

    1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
    2. 会社からの返信を待つ
    3. 話す日程を決める
    4. 話を聞きに行く
    募集の特徴
    オンライン面談OK

    会社情報

    1972/01に設立

    59人のメンバー

    岡山県倉敷市阿知1丁目5-17 マルカンビル3F