1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
Webエンジニア
21
エントリー
on 2020/12/29 1,044 views

創業初期!toB向けSaaSプロダクトの立ち上げメンバーを募集

SecureNavi Inc.

SecureNavi Inc.のメンバー もっと見る

  • ISMSをラクラクにする日本初の「ISMS自動化ツール」を提供する SecureNavi Inc. の代表です。ISMSは面倒...ISMS取っても何も変わらなかった...を滅ぼすぞ🔥
    BizteX, Inc.でBizDevとエンジニアもやってます。アライアンスや、Ruby, React, Node.jsを書いています💻

  • 株式会社クラウドワークスにて、Rails, Vue.js を使用したWebサービスの開発をしています。また、SecureNavi Inc. にて副業として Rails, React.js を使用したWebサービスの開発をサポートしています。
    アニメとコーヒーが好き。

  • 個人の活動ではPHPメインの開発やWordPressなど受託開発の他にAWSについてのコンサルティング案件など教育にまつわる仕事を中心にお話をいただいてます。
    https://www.linkedin.com/in/wakanayoshizawa/

    コミュニティ活動や趣味については http://wakanayoshizawa.com/ をご覧ください。

    筋トレを週2~4回行っています。2019年11月にはパワーリフティングの全国大会に出場し52kg級の女子一般でTOTAL272.5kg上げ、7位になりました。
    子供の頃からゲームが好きでそのきっかけもあり、現在でもドラゴンクエストX...

  • 美術大学卒業後、人材広告代理店にwebデザイナーとして入社。
    wordpressを用いた小規模コーポレートサイト制作、ランディングページ制作クライアントへの営業同行バナー制作などを経験。

    その後、アプリの制作に従事し、ディレクターと共にアプリコンテンツの企画 、Yappliを使ってのアプリの作成におけるデザイン 、アプリリリースに合わせた、販促物の制作等を行う。

    現在は、HR,Fintech業界でUIデザイナーをしています。
    得意なことは、人に伝わるデザインを作ることです。

    ポートフォリオ:https://popodesign.studio.site/

    デザインカリキュラムも執...

なにをやっているのか

SecureNavi Inc. は、ISMSの構築・運用を自動化するSaaS「SecureNavi」の開発・運営を行っており、
2020年1月に創業した【情報セキュリティの投資対効果(ROI)を最大化する】をミッションとした日本発のセキュリティスタートアップ企業で、まだ創業して1年程度の歴史の浅い会社です。
スタートアップのフェーズとしては、シード〜アーリーの段階で、現在は PMF に向けた仮説検証や、プロダクトのプラッシュアップを行っています。

【ISMSの構築・運用を自動化するSaaS「SecureNavi」とは】
簡単にいうと経営層や情シス向けのセキュリティSaaSです。
ISMSとは、情報セキュリティマネジメントシステムの略称です。企業の情報セキュリティを維持・向上するための仕組みと言い換えることもできます!
https://secure-navi.jp/

◆DXにより「情報セキュリティリスク管理」の重要性が増す
DXと叫ばれて久しい今日この頃ですが、企業が取り扱う情報のデジタル化や、IT環境の変化は、企業の規模や業種を問わず、確実にその勢いを増しています。
経産省のDXレポートでは、いわゆる「2025年の崖」問題が提起されており、今後多くの従来型システムが刷新されていくものと思われます。
そこで問題になってくるのが「情報セキュリティリスクの管理」だと私たちは考えています。

DXの推進により、今まで活用できていなかった様々なデータが利用可能になり、会社の事業や経営において意味を持つようになり
物理的にも、ネットワーク的にも、企業の内部で保管されていたデータが、クラウド化により企業の外で処理・保存されるケースも増えるでしょう。
このような「管理すべき情報の増加」「情報の処理・保存場所の多様化」に伴い、企業の情報セキュリティリスクの管理は、今よりも複雑性と重要性が増してきます。

「SecureNavi」は上記のような企業の課題に対して
・企業の状況に合わせて、最新のリスクが確認できる
・リスクを経営陣にわかりやすく説明でき、意思決定を促すことができる
・サプライチェーン上(例えば、委託先やクラウドサービス)のリスクにも対応
していきます!

◆リスク管理におけるCRMツールになる
今まで、リードや顧客は、担当者の頭の中や、あるいはExcelなどで管理していたものを、CRMツールを利用することで、細かい情報を登録・確認でき、案件を漏れなく管理することができます。
情報がリアルタイムで一括管理されることで、業務効率も改善しますし、確実な情報をマネージャーや経営層に伝えることで、意思決定の精度を上げることができます。

SecureNaviは、情報セキュリティの領域でも享受できる「情報セキュリティリスクのCRM」を目指しています。
様々な情報セキュリティリスクをリアルタイムで漏れなく一元管理することで、セキュリティ担当者の業務改善はもちろん、経営の意思決定の精度向上や、もちろんインシデントの発生を未然に防げるツールにしていきたいと考えております。

また、ISMSオートメーションツールは、欧米では広く流通しているものの、日本国内ではまだ普及していません。
日本国内でのISMSオートメーションツール市場のリーダーとして、新しい市場を切り開いております!

なぜやるのか

▼ 「ISMSはコンサルに依頼」という、20年続いた常識を壊す!
ISMS の構築支援というと、いわゆるコンサルティング会社のコンサルタントが、お客様 1 社あたり平均 30 〜 100 時間ほどの時間をかけて支援するのが常識です。

そのため、コンサルティング会社には人件費がかかり、その分、お客様への金銭面でのご負担も大きくなってしまいます。また、コンサルタントという個人に依存する属人的な支援が行われるケースが多く、品質のバラツキが発生することがあります。

そのような「支援にかかる金額の高さ」「品質のばらつき」が、ISMS 構築や認証取得のための大きなハードルとなっていました。特に、中小企業や、創業直後の企業は、このようなハードルがネックとなり、情報セキュリティ体制を構築することが難しい状況でした。この仕組みは、日本にISMS制度が誕生してから20年間変わっていません。

【コンサルタントによる支援のまとめ】
・費用:50万〜300万円
・品質:コンサルタントによりばらつきあり

▼ 「SecureNavi」 のコンセプト
そのような現状に対して、弊社は SaaS を活用することで、従来のコンサルティングサービスと比較して、より効率的・低コスト・安定した品質で、お客様の ISMS 構築・運用を支援できるサービスを提供しています。

【SecureNaviによる支援のまとめ】
・費用:およそ30万円〜50万円
・品質:安定した品質

▼「SecureNavi」の特徴
・ガイドに従うだけでだれでも簡単にISMSを取得
ISMSへの取り組みが初めての方でも、画面に表示されるガイドに従って取り組みを行うだけで、ISMSを構築し、認証を取得することができるような設計を組み込んでおります。
ちょっとしたスキマ時間に、自分のペースでISMS構築を進めることができます。

・優れたビジュアルで効率の良い管理・分析
今までのISMSのように、数10ページの文書をWordで管理したり、数100の情報資産やリスクをExcelで管理する必要はありません。
すべてWeb上で管理されているので、管理や分析もらくらく。マネージャーや経営層に、ISMSの取り組みの成果も報告しやすくなります。

・「みんなで作るISMS」だから絶対に枯れさせない
ISMS担当者のみでISMSの構築を進めてしまうと、社内で情報セキュリティ文化が育たず、結果として、セキュリティリスクの増大に繋がってしまいます。
SecureNaviでは、各部署に協力してもらう様々な仕組みがあります。みんなで作るISMSだから、ISMSを枯らすことなく、社内にセキュリティ文化を深く根付かせることができます。

※サービスについての詳細はこちら!
https://secure-navi.jp/

ISMS業界の市場規模は年間60億円、ISMSを含む認証取得市場やポリシー構築市場は年間700億円(*)の市場とされています。これらの市場は「コンサル」が独占しています。そのような市場に対し「SaaSによるアプローチ」という、今までになかった全く新しい切り口で挑み続けています。

(*) JNSA 国内情報セキュリティ市場2018報告書 より

どうやっているのか

<SecureNaviの働き方>
フルリモート/フルフレックス制度を導入しています。

<SecureNaviの文化>
▼ デザインの技法を使い、ユーザーの体験にフォーカスする
当社は「広義のデザインを重視する」会社です。デザインを重視するということは、ユーザーを中心に考えることと同義だと考えています。
社内のあらゆる意思決定はユーザーファーストの原則に基づいて行われます。例えば、新機能の開発のプロセスには、必ずユーザーインタビューが含まれます。
営業力でもなく、技術力でもなく、デザイン力を重要視しています。

▼ 会社の成長も大事。個人の成長も大事。
会社のさまざまな意思決定では、そのタイミングで所属している従業員がやりたいことが考慮されます。例えば、エンジニアが新しい技術を選定するとき、「エンジニアはその技術を使ってみたいと思っているのか」という、各個人の will が非常に重要視されます。
会社は、従業員がやりたいことを実験・実現する場であるという意識があります。

また、日々の業務では、リーンスタートアップの手法を積極的に取り入れています。

こんなことやります

弊社のプロダクトである「SecureNavi」のプロダクト開発をお願いします。
https://secure-navi.jp/
現在MVP開発までは完了しており、顧客提供を開始しました!
これから、正式リリースに向けてテコ入れをしていくフェーズです。

具体的には、以下のような業務を担っていただきます。

・顧客の課題を理解し、プロダクトの仕様決定を行う
・開発を行う(フロントエンド / バックエンド / インフラを問わず)
・より良いプロダクトをデリバリーするための開発ライフサイクルやDXを整備する
・必要であればお客様と直接会話し、Webエンジニアの視点から顧客の課題を深堀りする

以下のような経験を得ることができます。

・顧客と会社の長期的な成長を意識しつつ、決して設計がきれいとは言えないMVPのようなプロダクトを目の前にして、技術的負債を考慮しながら、適切にやるべきことの優先順位をハンドリングしていく経験
・デザインドリブン / ユーザーファーストな組織における、エンジニアとして立ち振る舞う経験(顧客やデザイナーとのコミュニケーション、本当に必要なものを見極める力を含む)
・ビジネスチームからのフィードバックをもとに、プロダクト改善を小さく高速に繰り返し、会社全体でPMFを達成していく経験

▼プロダクトの特徴
・利用技術とサービス:Ruby on Rails / React / heroku / Git / GitHub
・創業初期のため、素早くリリース(価値提供)して、素早くスクラップすることを心がけています。herokuを利用しているのはそのためですが、将来的にはAWSやGCPなどへの乗り換えも検討しています
・サービスの全利用者に対して弊社のサポート担当がついているため、新しい機能のフィードバックを素早く得ることができます。必要に応じて、直接顧客から機能フィードバックを聞きながら開発を行うこともできます
・代表がWebエンジニアで、直接プロダクトコードを書きます

エントリー状況は公開されません
4人が応援しています
会社情報
SecureNavi Inc.
  • 2020/01 に設立
  • 7人のメンバー
  • 東京都中央区
  • 創業初期!toB向けSaaSプロダクトの立ち上げメンバーを募集
    SecureNavi Inc.