1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
弁護士
on 2021/01/08 32 views

成長率200%超!拠点拡大予定のベンチャー事務所で弁護士を募集!

弁護士法人東京スタートアップ法律事務所

弁護士法人東京スタートアップ法律事務所のメンバー もっと見る

  • 京都府出身
    2008年3月 同志社大学法学部法律学科卒業
    2010年3月 同大学院卒業
    2010年9月 司法試験合格
    2011年12月 弁護士登録
    2018年9月 東京スタートアップ法律事務所開設

    東京スタートアップ法律事務所(通称「TSL」)の代表弁護士です。

  • 2019年7月 東京スタートアップ法律事務所 入所

  • Reina Michitatsu

  • 2012年に神戸大学大学院法学研究科を卒業。不動産会社、テレビ局子会社、IT開発会社に勤務。専門は採用を中心とした人事領域。2020年5月からフリーランスとして複数社を支援。

    オンオフ問わず、Twitterヘビーユーザー。簡単なプロフィール・広報用写真は自前のSONYα7Ⅱで撮ってレタッチします。

なにをやっているのか

  • 事務所外観
  • 事務所風景

東京スタートアップ法律事務所(通称「TSL」)は、「Update Japan」を掲げ、その名の通り日本をアップデートすることを目的に、2018年9月に設立された事務所です。

「ルールメイキング」という従来の法律実務を超えたサービスを提供することによって、クライアントを成功に導き、日本を変えてしまおうという気概をもって日々業務に勤しんでおります。

2018年9月に開設され、現在3年目を迎えたばかりです。おかげさまで順調に事業拡大しており、現時点で弁護士16名(62期、64期、69期、70期、71期、72期、73期)、スタッフ17名が在籍しております。
支店を2ヶ所設立した2020年に続き、2021年も弁護士、スタッフともに積極採用を継続中で、都内だけでなく地方にも拡大予定です。

事件の種類としては、企業法務(ベンチャーやスタートアップ企業から100億円規模の会社まで)だけでなく、家事事件を含む一般民事や刑事事件なども幅広く取り扱っています。
あらゆる種類の事件があると言って良く、ここに来れば多くの経験を積むことができます。

企業法務案件においては、法的アドバイスを超えた事業構築のコンサルティングなども行なっており、全く新しい弁護士実務を経験することができます。

職場の環境もとても良く、風通しの良い事務所で、クライアントとの関係も良好です。

一緒に明るく楽しく働きませんか?

なぜやるのか

  • 代表の中川
  • 事務所ロゴ

代表の中川は3年間の弁護士実務を経験後、自身でITベンチャーを起業した経験を持ちます。
その際に感じたことは、「この国では何か新しいことをやろうとするといちいち法律や規制の壁に阻まれてしまう」ということでした。
優秀な起業家や投資家でも、この壁を前にするとどうしても尻込みしてしまい、イノベーションが生まれにくくなってしまっています。

そこで、自身が一領域でベンチャービジネスを行うよりも、法律や規制の壁を前にして困っている人たちをサポートすることができた方が、自分の価値を発揮できるかもしれないと考えました。

なぜなら、法律や規制の壁を越えるビジネスを行うには、リスクが付きまといます。
そこには、リスクテイクできるベンチャーマインドと、正しいことをするんだというビジョン、そのためのロジックを構築できる法的知識が必要です。
つまり、ビジョンとベンチャーマインドと法的知識を持ち、リスクテイクできるロイヤーがいなければ、この国は一生変わりません。

もし弁護士という存在がビジネスサイドからこの国を変えることができるとしたら、それは自分しかできないという思いから、TSLを設立しました。

どうやっているのか

  • 設立当初の後ろ姿
  • 現在の仲間たち

最初は2名で始めた事務所ですが、3期目にして30名を超えるメンバーが集まり、今も絶賛増員中です。

メンバーは概ね20〜30代で、みんな優秀で性格も良く、毎日和気あいあいと仕事に取り組んでいます。
一流大学を中退した人、大企業を辞めた人、起業していたけどTSLのビジョンに惹かれて入った人、喫茶店や和食の店長をしていた人、CAをしていた人、有名ブランドでアパレルをしていた人、元当事務所の相談者etc...バックグラウンドは本当に様々です。
みんながクライアントのため、日本のアップデートのために全力で仕事に取り組んでいます。

成長途上のベンチャー企業にいるような気分を味わいつつ、新しい形の弁護士実務という刺激的な仕事にも携わることができます。

こんなことやります

東京スタートアップ法律事務所では現在、都内および地方への支店展開を計画中です。
事務所拡大のコアメンバーとして、支店長をお任せできる弁護士を随時募集しています。

◆業務概要
まずは四谷の本店にて、ほかの弁護士をはじめとするメンバーと弁護士業務にあたっていただきます。早いタイミングで都内・地方に支店設立を計画中ですので、ゆくゆくは責任者として各事務所のうちひとつの運営をお任せします。

◆業務詳細
事件の種類としては、今後も企業法務から家事事件を含む一般民事、刑事事件まで、幅広く取り扱っていく予定です。マーケティング、インサイドセールスチームがお客様とのアポイントを獲得してきますので、受任〜事件処理に専念していただくことができる環境です。支店設立後は、事務所の売上、スタッフ管理をお任せしたいと思っていますので、将来独立を目指されている方にはぜひこのチャンスを活かしてステッップアップしていただけるのではと思っています。個人事件も受任いただいて問題ありません。

◆必須要件
・弁護士実務の経験をお持ちであること

◆求める人物像
・仕事を楽しむ姿勢(仕事が楽しいと、人生がとても豊になると信じています!)
・失敗をおそれない挑戦心があること
・チームを大切にできること
・TSL VALUE(Speed, Sales, Ownership, Consideration)を体現できる方
・自分がどんな価値を発揮していきたいか、将来に明確なイメージがある方

経験年数は問いません。少しでも興味をお持ちいただけましたら、ぜひお気軽に「話を聞きにいきたい」ボタンを押してください!

会社の注目のストーリー

TSLが行動指針として掲げる「TSL VALUE」とは。
【TSL:メンバーインタビュー 弁護士 中村望】企業法務から見える弁護士の面白さとは
代表中川が振り返る、TSLの今年のトピック
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
弁護士法人東京スタートアップ法律事務所
  • 2018/09 に設立
  • 33人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都千代田区麹町6-6-2 東急四谷ビル5F
  • 成長率200%超!拠点拡大予定のベンチャー事務所で弁護士を募集!
    弁護士法人東京スタートアップ法律事務所