1
/
5
iOSエンジニア
中途
30
エントリー
on 2021/01/12 2,161 views

AI英会話アプリのiOSリードエンジニア募集中!

株式会社スピークバディ

株式会社スピークバディのメンバー もっと見る

  • appArray株式会社代表。
    外資系投資銀行の投資銀行部門で通信・インターネット系上場企業の資金調達やM&Aアドバイザリーのプロフェッショナルとして働いた後、日系証券会社の香港支社駐在などを経て独立。
    Objective-CによるiOSアプリのプログラミングを習得後、英語学習アプリでApp Store総合1位を獲得。
    趣味は旅行で、訪問した国約40ヶ国。

  • iOS, Android Developer。

    ある日Max/MSPに出会い、まるでレゴブロックを組み立てるようなプログラミングの面白さにはまる。そこからソフトウェアエンジニアに。
    エディタの背景色設定は黒板色。

    Swift、Objective-C、
    Kotlin、
    Max/MSP、JavaScript、Processing
    Arduino、Raspberry Pi、センサーいろいろ

  • 将来の起業の夢や就職活動のためにインターンとして大学3年生のときにappArrayにインターンとして働き始めました。
    その後、スピークバディの社風や環境に魅せられ大手企業ではなくそのまま入社することを決意致しました。

    AI英会話アプリSpeakBuddyのエンジニアリング・グロース・マーケティングを担当しています。

  • バックエンド担当のエンジニアです。
    前職で大手EC系事業会社にて大規模サービスの運用・開発に従事した後、2017年8月にジョインしました。
    バックエンドサービスの開発運用全般や、エンジニアのマネージメントをしています。

なにをやっているのか

株式会社スピークバディは「真の言語習得を実現し、人生の可能性と選択肢を広げる。
」をミッションに2013年に設立された会社です。

2013年設立以来、自社開発アプリを中心に英語学習サービスを提供し、
2016年にAI英会話アプリ「スピークバディ」をリリース。
音声認識、会話AI、デジタル音声等の技術により、
感情豊かな AIキャラクターと対話しながら学ぶという新しい英語学習方法を創出しました。
2019年5月には App Store 教育ランキングで1位を獲得。
2022年2月に累計150万ダウンロードを突破し、現在もダウンロード数を伸ばし続けています。

その他にも、
2019年からは専属の英語コーチがユーザーの毎日の自主学習をサポートするオンライン英語コーチングサービス
「スピークバディ パーソナルコーチング」を開始、
2021年12月より英語学習者の悩みにプロの英語コーチが回答するQ&Aサイト「スピークバディ 英語学習Q&A」のベータ版をリリースするなど、新たなサービスも提供しております。

これまでに累計8億円の資金調達を完了し、IPOを見据えて体制強化に取り組んでいます。

なぜやるのか

◇TOEIC280点から990点に上げた代表立石の原体験から生まれたプロダクト

代表の立石は英語は大の苦手でした。それにもかかわらず、大学卒業後は外資系企業に入社し、英会話をマスターせざるを得ない状況になり、本気で英会話を学習を始めたところ、使いやすく効果の高い教材がほとんどありませんでした。

英会話学習に約3,000時間、数百万円費やし、それでも思うように英語を話すことができなかった体験を糧に、使い勝手のよい英会話学習教材を開発しようと思い立ったことがきっかけで、プロダクトが誕生しました。

『AI英会話スピークバディ』と『スピークバディ パーソナルコーチング』を通して、英語学習者の悩みを解決し、人生の選択肢を拡げる事を目標としています。

どうやっているのか

◇働きやすい環境整備👩‍💻
スピークバディではメンバーが思いっきり働けるような環境づくりを心がけています。
プロフェッショナルになっていただく方への環境整備は積極的に行っています。
新型コロナウイルス感染拡大に伴い、スピークバディではメンバー全員が在宅勤務をしています。また、状況に応じてオフィスのサイズを縮小し、必要な際は出社してメンバーとのコミュニケーションがとれる居場所を保ちつつ、ハイブリッドに働ける環境を作っています。

◇多国籍な仲間が活躍するフィールド 🇯🇵🇨🇳🇦🇺🇬🇧🇺🇸🇿🇦🇳🇴🇳🇱  
・欧州でComputerScience博士課程経験のサーバーサイドエンジニア
・インフラに長けたエンジニア、豊富な開発経験を持つiOSエンジニア
・オーストラリア出身の一流UI/UXデザイナー
など、世界8箇所の国と地域から集まった多様性に富んだメンバーが揃っています。
メンバー出身国一覧:日本、中国、オーストラリア、イギリス、アメリカ、南アフリカ、ノルウェー、オランダ(順不同)

◇英語でのコミュニケーション 🗣️
国際色豊かな社内では、仕事上でもプライベート上でも、英語を多用しています。週一の全社定例、”weekly wrap-up”は完全英語です。また、英語を勉強中のメンバーには、福利厚生として社内サービスの活用や、資格試験のサポートなど、会社として全面バックアップしています。

こんなことやります

Swiftを使いAI英会話アプリ『スピークバディiOS』の開発をしていただきます。
『スピークバディ』は現在累計130万以上ダウンロードしていただいておりますが、私たちの目標は誰もが知っているアプリにすることです。
そのために今後より多くの人に知ってもらえるよう開発体制を拡大していきたいと考えており、その体制の中核を担える方を探しております。

◇この仕事の魅力
◎日本の英語教育を変える可能性を秘めたAI英語学習アプリ作りに携われます。
◎担当領域はクライアントサイドでありユーザーの直接的なフィードバックを開発に活かせます。
◎国籍に関係なく様々な経験やバックグラウンドを持った魅力的な仲間が活躍しています。
◎代表は開発経験のあるエンジニア経営者であり、エンジニアが働きやすい環境作りを目指せます。 メリハリをつけて働くことができる環境です。(平均残業時間は10時間)
◎今現在はフルリモートで勤務中
◎2020年8月に3億円の資金調達をし、IPOを目指す成長中企業で働けます。

事業内容
AI英会話アプリ『スピークバディ』の企画・開発

◇『スピークバディ』とは
AIキャラクターが英語の話し相手になってくれる英語学習アプリです。iOS ですが、2019年5月以降、App Store教育部門で複数回トップランクを獲得しています。
最近では、大学の授業や企業の研修カリキュラムでの導入も広まっています。

仕事内容
・AI英会話アプリスピークバディ -iOSの開発
 フロントエンドのメインの機能開発をお任せします。

【開発環境について】
現在利用している技術スタック/設計手法など
言語: Swift
IDE: Xcode
アーキテクチャ等: VIPER, RxSwift, Realm, Swift5

【ツール等】
- Github, Jira, Bitrise, Slack

【必須経験・スキル】
・SwiftによるiOSアプリケーション開発の実務経験
・UI/UXの設計・実装経験
・アプリのパフォーマンス最適化に関する知識・経験
・チームでリードエンジニアとしての経験

【歓迎経験・スキル】
・大規模ユーザーを持つネイティブアプリの開発・運用経験
・個人でアプリリリース経験
・英語力 (社内でのコミュニケーションが英語が多いため)
 ※今現在、TOEIC 何点必要ということではございません。
  苦手意識がないことが重要となります。英語力を身につけたい方も歓迎!

【期待すること】
アーキテクチャ選定、仕様調整、設計検討において経験や知見を基にリーダーやメンバー、関係者に対して、提案や問題提起を行い、アプリ開発を技術面で支えていただきたいです。

【こんな人と働きたい】
・サービスを成長させたい方
・よりよい設計/コードを追い求めたい方
・英語が好き/更に英語力を伸ばしたい方
・社員同士を尊敬し、信頼できる環境で仕事がしたい方
(リファレンスチェックを選考の一部として取り入れています。)

という方にピッタリの仕事です。自分の働きぶり=会社の成長と実感できるこのフェーズから参画してみませんか?あなたからの「話を聞きたい」をお待ちしています!

会社の注目のストーリー

AI英会話スピークバディ、初の書籍化 英語学習本「AI英会話スピークバディ 実際に使って身につける 英会話キーフレーズ100」が4月6日発売!

スピークバディ、総額3億円の資金調達を実施

AI英会話アプリ「スピークバディ」を開発・運営するappArray株式会社、株式会社スピークバディに社名変更

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
31人が応援しています
会社情報
株式会社スピークバディの会社情報
株式会社スピークバディ
  • 2013/05 に設立
  • 36人のメンバー
  • TechCrunchに掲載実績あり /
    海外進出している /
    1億円以上の資金を調達済み /
    社長がプログラミングできる /
  • 〒107-0062 東京都港区南青山2-6-12 アヌシー青山 1F
  • 株式会社スピークバディの会社情報
    株式会社スピークバディ から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?