350万人が利用する会社訪問アプリ

  • PRアシスタント(英語尚良)
  • 24エントリー

統合PRのコミニケーションメーカーでアジアNo.1を目指す方を募集します

PRアシスタント(英語尚良)
Mid-career
24エントリー

on 2021/01/20

865 views

24人がエントリー中

統合PRのコミニケーションメーカーでアジアNo.1を目指す方を募集します

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Business trips abroad
Tokyo
Mid-career
Business trips abroad

Maeda Keisuke

19歳で渡伊、ペルージャのサッカーリーグ、セリエDでプレイ後、中田英寿で有名な東証1部上場PR会社、サニーサイドアップ、博報堂プロダクツ、ゼロから2千億市場のキシリトールブームをつくったインテグレートにて、PR、広告、マーケティングに関するキャリアを積んだのち、2012年1月にラクレタを創業。

秋元 一哉

株式会社ラ・クレタのメンバー

19歳で渡伊、ペルージャのサッカーリーグ、セリエDでプレイ後、中田英寿で有名な東証1部上場PR会社、サニーサイドアップ、博報堂プロダクツ、ゼロから2千億市場のキシリトールブームをつくったインテグレートにて、PR、広告、マーケティングに関するキャリアを積んだのち、2012年1月にラクレタを創業。

なにをやっているのか

越境せよ。 PR×BR×CR 統合ソリューションカンパニー Public Relations × BRanding × CReative Solution Company 変革の時代にあって、そのまん中を進もう。 立ち位置は、マスメディアか、デジタルメディアか。 開発するのは、コンテンツか、プロダクトか、サービスか。 必要なのは、ブランディングか、プロモーションか。 これまでの枠組みだけでは狭すぎる。 それぞれ領域を統合し、最良の策を構築してこそ生まれる新しい解答がある。 伝えるだけでは終わらない。 大切なのは、ターゲットを動かすこと。 だから、越境せよ。 ラ・クレタは、自由自在にフィールドを動き回る。 巨大な組織ではできない、ベンチャーならではのアクションや発想で、 インパクトのある新しい価値を提供する「PR×BR×CR 統合ソリューションカンパニー」。 私たちは、時代と社会と人間を見つめ続ける 最良のパートナーでありたい。 グループ会社には、外資系クライアントへ向けたPR会社Asoviva LLCがあり、PRグループ企業売上ランキング世界10位で248億ドルのIPREX(世界約100のPRエージェンシーネットワークも保有)へ日本で唯一参画。日本をビジネスドメインにして、アメリカ、イギリス、イタリア、イスラエル、オランダ、シンガポール、台湾などのクライアントのPR支援をしてきました。日本にない海外情報も常にアップデートしています。 asoviva LLC. → https://asovivapr.com/ IPREX各国加盟PRエージェンシー → https://www.iprex.com/partners/ ▼ラ・クレタ クレド クレドとは、「自分」「仲間」「クライアント」への約束であり、どのように活動するか、の指針である。 作業ではなく、仕事をしよう。 受け身ではなく、チャレンジしよう。 あらゆるコミュニケーションを統合する仕事だが、その中核にあるのは、「アイデア」と「仲間」である。 クライアントの問題解決に、チームで考え抜く。 「伝える」だけでは終わらず、「人を動かす」までが役割である。 考えることに夢中になろう。 前例のないことをつくろう。 社会に誇れる仕事をしよう。 ▼ラ・クレタ メソッド・トゥエルヴ ひとつひとつの仕事へ、ひとりひとりが問い続けます。 01. それは、愛される提案か。 02. それは、他とは違いユニークか。 03. それは、新しい価値を提示しているか。 04. それは、話題性があるか。 05. それは、社会や時代とのつながりが強いか。 06. それは、共感性をともなっているか。 07. それは、わかりやすく、具体的か。 08. それは、嘘がなく信頼感が生まれるか。 09. それは、いいイメージが伝わるものか。 10. それは、期待を超えているか。 11. それは、仲間を思いやったり、一緒に熱狂したか。 12. そして、次につながる仕事か。
統合PR×BRとは
統合PRの使い方のベース
統合PR×BR

なにをやっているのか

越境せよ。 PR×BR×CR 統合ソリューションカンパニー Public Relations × BRanding × CReative Solution Company 変革の時代にあって、そのまん中を進もう。 立ち位置は、マスメディアか、デジタルメディアか。 開発するのは、コンテンツか、プロダクトか、サービスか。 必要なのは、ブランディングか、プロモーションか。 これまでの枠組みだけでは狭すぎる。 それぞれ領域を統合し、最良の策を構築してこそ生まれる新しい解答がある。 伝えるだけでは終わらない。 大切なのは、ターゲットを動かすこと。 だから、越境せよ。 ラ・クレタは、自由自在にフィールドを動き回る。 巨大な組織ではできない、ベンチャーならではのアクションや発想で、 インパクトのある新しい価値を提供する「PR×BR×CR 統合ソリューションカンパニー」。 私たちは、時代と社会と人間を見つめ続ける 最良のパートナーでありたい。 グループ会社には、外資系クライアントへ向けたPR会社Asoviva LLCがあり、PRグループ企業売上ランキング世界10位で248億ドルのIPREX(世界約100のPRエージェンシーネットワークも保有)へ日本で唯一参画。日本をビジネスドメインにして、アメリカ、イギリス、イタリア、イスラエル、オランダ、シンガポール、台湾などのクライアントのPR支援をしてきました。日本にない海外情報も常にアップデートしています。 asoviva LLC. → https://asovivapr.com/ IPREX各国加盟PRエージェンシー → https://www.iprex.com/partners/ ▼ラ・クレタ クレド クレドとは、「自分」「仲間」「クライアント」への約束であり、どのように活動するか、の指針である。 作業ではなく、仕事をしよう。 受け身ではなく、チャレンジしよう。 あらゆるコミュニケーションを統合する仕事だが、その中核にあるのは、「アイデア」と「仲間」である。 クライアントの問題解決に、チームで考え抜く。 「伝える」だけでは終わらず、「人を動かす」までが役割である。 考えることに夢中になろう。 前例のないことをつくろう。 社会に誇れる仕事をしよう。 ▼ラ・クレタ メソッド・トゥエルヴ ひとつひとつの仕事へ、ひとりひとりが問い続けます。 01. それは、愛される提案か。 02. それは、他とは違いユニークか。 03. それは、新しい価値を提示しているか。 04. それは、話題性があるか。 05. それは、社会や時代とのつながりが強いか。 06. それは、共感性をともなっているか。 07. それは、わかりやすく、具体的か。 08. それは、嘘がなく信頼感が生まれるか。 09. それは、いいイメージが伝わるものか。 10. それは、期待を超えているか。 11. それは、仲間を思いやったり、一緒に熱狂したか。 12. そして、次につながる仕事か。

なぜやるのか

統合PR×BR

当社代表は、PRプロフェッショナルとして、大手からベンチャーまで様々な国内外クライアントのPRソリューションを17年以上行ってきましたが、広報・PRやマーケティング・宣伝等のコミュニケーション部門は、商品開発や営業の部門、海外本社らとの効果的に連携することに課題感をもち、悩む姿を数多く目の当たりにしてきました。そういったクライアントのマーケティング活動の課題解決を実践するために、社会の合意形成を大義にし、クライアントと一緒に組織そのものをリードするPRを提供してきました。 当社のバリューは、メディア露出するだけでは、クライアントの課題が解決されない。ということを踏まえ、メディア露出+アルファで、クライアントの課題を解決する。ということ。 もし、クライアント組織の広報と宣伝が縦割りで、なおかつ、事業部や営業部のことまで考える余裕がなければ、それらを統合することで、会社全体にとってベストなソリューションにさせていきます。当社は、各部門毎の異なる意見や考え、言語化できない想いを纏め上げる、統合PRコミュニケーションメーカーです。

どうやっているのか

統合PR×BRとは

統合PRの使い方のベース

大手のPR会社や広告会社、インターネット広告会社の出身者らが集結する統合PRエージェンシーです。 国内外の大手エージェンシーに比べると小規模ですが、これまでには、Ogilvy、Edelman、博報堂、サニーサイドアップ、ベクトルグループなど、様々な大手エージェンシー出身のメンバーで構成されてきました。クライアントと密接な関係を築くことで、渡された仕事をただこなすのではなく、クリエイティブ・PR・広告・デジタルをつなぐ、統合PR施策を一緒に考えていくことができるのです。必要に応じて、PR部門に代わってクライアント企業内の各部門のメンバーと連絡を取り合い、実行だけにこだわらず、総合的にサポートすることも可能です。 <当社の強み・他社との優位性> ・代表前田の約20年にわたるIT業界をはじめとするPR業界の多様なジャンルのPR実績 ・大手PR会社や広告代理店での経験を誇り、迅速かつ柔軟なフットワークを誇る少数精鋭のブティックエージェンシー ・PRファクトベースのメッセージングとメディアリレーションズの専門知識と長年のスキル ・メディアへの露出だけでなく、クリエイティブチームによるブランディング・コンテンツ開発やデジタルマーケティングチームによる販売促進といった、統合的なPR戦略を実践 ・デジタル領域で広告換算以外の費用対効果を定義する <統合PR×BRとは> コミュニケーションの軸(コピー)を開発し、それを起点にFACTとなるコンテンツを設計。 共通のメッセージで継続的にニュース発信(PR)と、広告投下(AD)するフロー。 CR×PR(オウンド含め)×ADで世の中に打ち出すメニューを展開しています。 いかがでしたでしょうか? 当社採用ポリシーの本音を申し上げますと、 ====== ・会社や上司から業務を指示されることを待つ・望む方 ・業務領域を制限される方 ・新しいコトよりもやり慣れたことを好む方 ・あらゆる変化や未来への適合を嫌う方 ・みんなが先に動いてからではないと動きづらい方 ・周囲の評価・評判を本能的に優先する方 ====== 上記のような方は、当社では相性が悪いかもしれません。 一方で、当社のメンバーらもそうでしたが、 ====== ・自社やクライアントが描く、ソリューションが旧態依然としている ・従来のやり方をこなすだけで、新たなやり方を探求する環境がない(既成品ではなく、自分でつくりたい) ・クライアントとの関係において、エージェンシーからパートナーになれない ・「とはいえ」を多様し、結局は忖度ばかりな会社や自分がいる(忖度が楽しめない) ====== など、上記のようなことで悩んでおられ、 本来の自分を表現したくて、共に統合PR業を創造することに興味がある方には、 最適な環境であると思っています!PRだけではなく、広告、クリエイティブ、デジタル、イベントの舞台もあります。 業績や労働環境のことなど、気になることがあれば何でも聞いてください。 面談では包み隠さず、お互いを知る意味で全て正直にお話ができればと思っています。 皆さまとお会いできるのを楽しみにしています!

こんなことやります

▼PRアシスタント 仕事の流れ ------------------------------------------------ 先輩社員と一緒に取り組んでいただく主な2パターンです。 ※英語スキルは必須ではありませんが、スキルをお持ちであれば存分に活かせます! パターン1:事業会社の案件(50%) <対応領域> (1)アカウント推進/コンサルティング (2)マーケティングプランニング+PRプランニング (3)エグゼキューション+PRエグゼキューション パターン2:大手の広告会社や大手のPR会社の案件(50%) <対応領域> (1)PRプランニング (2)PRエグゼキューション 具体的には・・・ ・国内外のハイテクノロジー企業のPR戦略 ・某大手海外アパレルや家電メーカーのPRプロモーション ・大手メガネメーカーの統合型PR、鉄道会社等の広報支援 ・大手通信キャリアのブランド戦略 など 大手や海外クライアントを中心に、インパクトの大きなPR案件に企画からトータルに携われる舞台です! 【例えば新サービスのPRでは】 ・新サービスや日本初上陸の詳細をヒアリング ・統合型PR戦略をプランニング ・企画に応じてクリエイティブ、Webサイト、SNS、イベント等を制作・運用 ・プレスリリース配信、メディア対応 ・効果検証、レポート作成 --------------------------------- 応募資格 --------------------------------- 【こんな方を募集】 ・トレンドに敏感な方 ・ロジカル思考を常に意識できる方 ・待つのではなく、自ら積極的に行動できる方 ・スピード感をもって業務に取り組める方 ・自らのアイデアをカタチにしたい方 【歓迎するスキル・経験】 ・PR会社、広告代理店、ウェブ関連会社、制作会社、メディア会社の経験者 ・事業会社の広報や宣伝経験 ・無形商材の営業経験
0人がこの募集を応援しています

    0人がこの募集を応援しています

    話を聞きに行くステップ

    1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
    2. 会社からの返信を待つ
    3. 話す日程を決める
    4. 話を聞きに行く
    募集の特徴
    オンライン面談OK

    会社情報

    2014/04に設立

    10人のメンバー

    • Funded more than $300,000/

    東京都渋谷区桜丘町31-14 岡三桜丘ビル SLACK SHIBUYA 7F