1
/
5
医療機関向けマーケティング
中途
29
エントリー
on 2021/01/20 1,166 views

治療アプリの展開を担う医療機関向けマーケティング担当を募集!

株式会社CureApp

株式会社CureAppのメンバー もっと見る

  • 株式会社キュア・アップ 代表取締役社長, MD, MBA, MPH

    1982年生まれ、慶應義塾大学医学部卒、都内と地方の病院にて内科医として勤務後、上海にあるアジアNo.1のビジネススクールCEIBSへMBA留学。その後、米国Johns Hopkins大学公衆衛生大学院にMPH留学し、医療インフォマティクス専攻。在学中CureAppのビジネスモデルを思いつき、帰国後起業。

    カンボジアやラオスでの国際医療活動経験あり。また様々な医療現場を実際に見るために、これまで世界各国の病院を渡り歩いてきました。

  • 京都大学法学部卒、(旧)司法試験合格。
    国内VCを経て戦略コンサルティング会社ベイン・アンド・カンパニーに参画。医薬・ヘルスケアを中心としたプロジェクトに多数従事。
    医薬品のR&D〜マーケティング・セールスまで医薬品の業界構造やバリューチェーンに幅広い知見を取得。
    2012-2013:上海中欧国際工商学院(CEIBS)に留学(休学)。同期生だった佐竹の事業ビジョンに共感し、2016年6月より携わり、同年10月より現職

  • 社会人一年目より一貫して製薬ビジネス。開業医営業での成功から、本社マーケティングへ。有名女優さんのテレビCMで尿失禁治療市場開拓、尿失禁パッドとコラボするなど、医薬品から一歩はみ出たプロダクトマーケティングを経験。製薬専門コンサルティングでの武者修行を経て、オンコロジー新製品企画へ。事業開発も兼任、自称オンコロジー新製品上市請負人。ニュースにもなった日本初CAR-T細胞療法商業化リーダー、社内最高経営会議ファシリテーター、オンコロジー医薬品開発にコマーシャル代表としてプロジェクト参加数知れず、社内プロセス改善リーダー、承認整理や事業譲渡のプロジェクトマネージャー経験で製薬の酸いも甘いも知...

  • 新卒でスリーエムジャパン株式会社に入社後、建築業界および食品業界で法人営業を7年経験。SMB~エンタープライズまで幅広い顧客を担当しつつ、販売代理店のマネジメントから大手クライアントへの仕様化提案まで行う。

    その後、食品衛生管理製品のマーケティングを9年担当。
    ビジネスプランの策定、新製品開発、P/L管理、マーケティングコミュニケーション(オフライン、オンライン共に)を通じたリードジェネレーションに従事。

    現在は、株式会社CureAppにて「日本で初めて薬事承認を取得した治療用アプリ」のマーケティング部門の立ち上げを行っている。

なにをやっているのか

  • テクノロジーが実現する新しい医療のパイオニアとして「治療アプリ」の開発を行い「病院でアプリが処方される」ことの実現を目指します
  • ニコチン依存症治療用アプリは2020年8月薬事承認され、2020年12月より保険適用にて処方開始しました

2014年に法律が改正され、スマホアプリも「医療機器」として認められるようになったことをご存知でしょうか。

私たちはまさにその領域で事業を行っているMedTechベンチャーです。

私たちのミッションは【ソフトウェアで治療を「再創造」する】ことです。
患者の"行動変容"を促すことで病気の治療を目指すというコンセプトの「治療アプリ」を、ソフトウェア医療機器として開発しています。

海外では "DTx" (Digital Therapeutics) と呼ばれ、世界的に成長が大きく期待されている領域です。
今後5年で5兆円規模の市場になるというレポートもあります。
https://www.businessinsider.jp/post-229557

日本では、2020年に弊社のニコチン依存症の治療アプリが日本で初めて医療機器として承認され、販売を開始いたしました。
世界に10年ほど遅れてようやく日本でも芽が出てきた領域です。

弊社ではニコチン依存症に続いて、高血圧、脂肪肝、がんなど多くの疾患領域に対して治療アプリの開発を進めています。
会社としても急拡大のフェーズで、従業員は150名を超え、上場も間近に控えています。

ありがたいことに日経デジタルヘルスの「注目のデジタルヘルスベンチャー」に3年連続で1位に選んでいただいております。
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01687/00098/?ST=health

今年は高血圧の治療アプリの上市(販売開始)を予定しており、組織を急ピッチで組成しています。
高血圧は潜在患者数が4300万人と非常に市場が大きく、会社としても大きな挑戦となる事業です。

どうやっているのか

  • 医師、看護師、エンジニア、臨床開発、薬事、事業開発、デザイナー、経理、広報など様々な部門のチームが一緒に働いています
  • オープンソースへの貢献やグローバルでの活躍を奨励しており、エンジニア各々の積極的な活動を会社も支援しています

私たちのバリューは、社名からとった「CURE」。

C: Chase Ideal: 妥協せず理想を追求しよう
U: be Unique: 独創性で世界をリードしよう
R: be Responsible: 当事者意識をもってやり遂げよう
E: Enrich your loved ones: 親愛なる人々を豊かにしよう

多種多様なバックグラウンドを持ったメンバーが、ひとつのビジョンに向かって働いています。

メンバーは、穏やかですが内なる情熱をもったメンバーが多いです。そして、互いのプロフェッショナリズムを尊重しあいながら、協業して事業をすすめています。

固い雰囲気と思われがちな医療分野ですが、メンバーの考えも、働き方も、利用しているツールも、スタートアップらしく柔軟です。

こんなことやります

事業立ち上げフェーズである高血圧事業で、医療機関向け(BtoB)のマーケティングを担っていただきます。

マーケティングチームのサブリーダーとして、医療機関向けマーケティング戦略と施策の立案と、実行・改善をしていきます。
Webマーケティングだけでなく、オフラインでのイベント開催など、オンライン・オフライン双方の企画を実施し、PDCAを回していくことをリードしていただきます。

既存の枠組みにとらわれず、インターネット・テクノロジーを最大限活用したマーケティングに取り組んでいくつもりです。
事業立ち上げフェーズのため多くのトライアンドエラーがあるかと思いますが、攻めの姿勢で積極的に動いていただける方と一緒に働きたいと考えています。

医療業界でマーケティング経験がありスタートアップに挑戦したいと考えている方、ぜひ一度お話させてください!

少しでもご関心があればまずはオンライン面談でざっくばらんにお話できればと思っておりますので、ぜひご連絡ください。
業務詳細も面談の場でお伝えします。

よろしくお願いいたします!

マーケティングチーム リーダー 山本

会社の注目のストーリー

「ベンチャーが選ぶ注目すべきデジタルヘルス関連ベンチャートップ10」3年連続1位
「病気をアプリで治療する」?...これなら医療に携わる全ての人々を幸せにできる!そう確信しました
OKR weekが始まりました!〜キュア・アップの目標設定とは〜
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
株式会社CureAppの会社情報
株式会社CureApp
  • 2014/07 に設立
  • 170人のメンバー
  • 海外進出している /
    3000万円以上の資金を調達済み /
    1億円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都中央区日本橋小伝馬町12-5 小伝馬町YSビル4階
  • 株式会社CureAppの会社情報
    治療アプリの展開を担う医療機関向けマーケティング担当を募集!
    株式会社CureApp