Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
研究開発エンジニア

ping -t 次世代SDN/SDI技術を研究開発したい人 Wanted!

TIS株式会社

TIS株式会社のメンバー

全員みる(5)
  • システム・インテグレータ企業において先進的な技術をエンタープライズシステムに導入するための検証と開発(R&D)の責任者を務める。1994年東京大学大学院人文科学研究科修了、人文科学修士(心理学)。株式会社東洋情報システム(当時)に入社し、Windows黎明期にエンタープライズWindowsサーバ製品向けのソフトウェア開発に携わる。その後、製造業を中心にエンタープライズシステム構築プロジェクトに従事。 2009年よりR&D部門を担当。電気通信大学非常勤講師。

  • TIS株式会社 戦略技術センター 所属。

    電気通信大学大学院情報理工学研究科総合情報学専攻2015年卒業。
    大学院ではGPUを用いた高速化の研究を行う。

    インフラ(クラウド、IaCなど)に関する研究・開発を行うチームに所属し、現在はAnsible・Serverspecのコード開発及び開発のためのCI環境の構築を担当している。

  • TIS株式会社 戦略技術センター所属。

    SDN/SDI関連の研究開発に従事し、SIerにとってのSDN/SDIの活路を検討しながら、ソリューション及びサービス企画、プロトタイピング、企業・学術機関との共同開発および共同研究推進などを担当。

  • TIS株式会社 戦略技術センター所属。

    金融系シンクタンクで銀行/証券向けインフラエンジニア、製造業向けインフラエンジニア、専業主婦、専門学校の講師を経て、現在SIerの研究開発部門でR&Dを行う専門性の高いエンジニアの人材採用や広報を担当しています。

    今は子育てと仕事を無理なく両立するため、時短勤務をしています。

    独身時代は顧客/会社のため、子育て時代は家族/教え子のために働いてきたので
    そろそろ、自分のために「自分のやりたいこと」をやっていきたいなと思っています。

    私と一緒に楽しく働いてくれる人を探しています。

なにをやっているのか

  • Ea486256 301d 4c02 81db fd277e06eb4a イベントで登壇している様子

TISはSIer(システムインテグレーター)として40年以上、銀行を始めとした金融業、大手メーカーを含む製造業、サービス業・公共・カードなど様々な業界の大規模システム構築を行ってきました。
そんな大手のクライアント企業のシステムを開発するTISの中で、自社の事業として、SDIやIoT、AI等に関連する技術を擁し、事業化を推進する異色の部署が戦略技術センターです。

戦略技術センターは、TISのR&D部門として
・先端技術の調査研究
・先端技術を使った実証実験
・技術情報の発信
を行っています。

なぜやるのか

  • 4caa7f20 fb42 4aa5 afe0 7be969f18970 弊社メンバーが執筆にかかわった書籍です

SDNが"インターネットの次"として注目を浴びた時代から、一足早くメガベンチャーによる自社サービス基盤への適用が行われ、キャリアやデータセンター事業者などでも次々と活用が行われてきました。一方で、我々SIerの顧客であるエンドユーザ企業様のネットワーク、所謂企業ネットワークなどは旧来の形のまま成長を続けているケースも多く残り、これらのネットワークの運用にかかる負荷は人手で対処できる限界に近づいています。

戦略技術センターでは、SDN/SDIの応用研究を行っており、現在は課題の1つである「企業ネットワークの運用におけるテスト」を解決する研究開発を進めています。

物理ネットワーク環境では、FWやSWなどの設定変更をおこなう場合、設定内容に誤りがあると、大規模なシステム障害や重大な情報漏えいなどのインシデントが発生する恐れがあります。そのため、作業内容や作業手順、検証方法について事前レビューが必要です。特に大規模基幹ネットワークの場合、本番環境と同等のテスト環境を用いての検証は現実的ではありません。しかし、机上でのレビューだけではネットワーク設定の妥当性について完全に検証することは難しく、また人手を介するため、レビューや設定変更に多くの時間を要します。

そのため、本番環境のネットワークに仮想化の技術を応用してシミュレーションし、設定の正しさをテストできれば、正確かつ多くのパターンを網羅した検証が可能になります。また、ネットワークの設定変更にかかる運用コストを低減でき、スピードも向上させることが可能です。

当戦略技術センターでは、SDN/SDI応用研究開発の1つとしてこの仮想ネットワークを使ったネットワークテスト基盤について調査し、実際に環境を構築しお客様/技術ベンダー/大学などの研究機関で実証実験を行っています。さらに、構築した仮想ネットワークに対するテストフレームワークを開発することで、現状の物理ネットワークにおける諸問題を解決するためのソリューションを提供すべく、研究開発をすすめています。

どうやっているのか

  • 789e01de 8ece 4b9f bb9c 9a617779d0cb Tech-Circle勉強会の様子です

ソフトウェアによって自由にネットワークを制御しようというSDN(Software-Defined Network)の代表的な仕組みとして注目されているのがOpenFlowです。プロジェクトでは、このOpenFlowを使った仮想ネットワークを構築するためのオープンソースソフトウエアである「OpenVNet」を使い、さまざまな環境を構築しています。

OpenVNet
http://openvnet.org/

OpenVNetは、WSFのプロジェクトの1つであるWakame-vdcからネットワーク機能を切り出したものです。Wakame-vdcは、データセンター全体を仮想化するためのオープンソースソフトウエアで、現在いくつもの企業や研究所で実用化されています。OpenVNetでは、OpenFlowプログラミングのためのフレームワークであるTremaを使ってパケットの挙動を制御します。

プロジェクトでは、これらの技術を使い、構築した仮想ネットワークに対して、自動テストを行うため、既存技術の調査やテストフレームワークの設計開発を行う予定です。Linuxで開発を行いますので、ネットワークプログラミングに関する知識、LinuxNetworking全般に関する知識、Open vSwitchやコンテナ仮想化技術などに精通されている方などは、大変やりがいのある職場だと思います。

当社には、OpenFlowに関する書籍を執筆している社員も在籍しています。

また、ネットワークプログラマビリティ勉強会やNetOpsCoding、SDN開発者が集まるTrema Dayなどオープンなコミュニティにも積極的に参加しています。昨年度は、InteropのSDI ShowCaseに出展し、SDI部門で賞を受賞しました。

さらに、SDN/SDIに限らず、戦略技術センターで保有するノウハウは、社外に開けるものは可能な限り開くようにしています。
2016年度には沖縄オープンラボラトリにも賛助会員として加入し、同様の課題解決を目指す企業様との間で連携しながら、オープンなソフトウェア開発を行っています。

◇技術ブログの公開
TechSketchという技術ブログサイトを運営しています。私たち戦略技術センターのメンバーが中心となって、技術ブログを公開しています。
ご興味があれば、是非覘いてみてください
http://tech-sketch.jp/

◇技術勉強会
戦略技術センターのメンバーが中心に外部の人も参加可能な勉強会を開催しています。
開催ごとにテーマを決めて講義形式というよりはハンズオンのように参加者に実際に技術に触れてもらうような形式を取り入れて実施しています。
毎回多くの参加希望があり、参加者からも好評をいただいています、またこの場で新しい人脈が生まれたり、技術の交流を行ったりしていますので、是非一度参加してみてください。
http://techcircle.connpass.com/

こんなことやります

・物理ネットワークテスト基盤の構築と実証実験
物理ネットワークテストの自動化は、物理OpenFlowスイッチを活用した物理結線の仮想化、仮想OpenFlowスイッチとOpenVNetなどを活用した論理ネットワークの仮想化や、仮想化基盤による仮想テストノード配置の自動化などで構成されます。プロジェクトでは、ソフトウェアOpenFlowスイッチと物理OpenFlowスイッチの連携検証、また、テストノード配備に必要な基盤や、環境を具現化するオーケストレータ、例えばWakame-vdcやOpenStack、TerraformやCloudifyといったソフトウェアの検証および選定も行います。

・自動テストフレームワークの構築
RspecやServerspecなど、オープンなテストフレームワークやテストツールはプログラマ、サーバエンジニア界隈では今や常識となりましたが、ネットワークは一歩も二歩も遅れているのが現状です。プロジェクトでは、ネットワーク運用者が手軽に利用できるようなテストフレームワーク自体の考案、パケットジェネレータの検証、選定とフレームワークへの組み込みも行います。

◎チェックリスト
・自分のスキルに縛られず、新しいことにチャレンジしたい人
・SIerにおけるSDN/SDIおよび先端インフラ技術活用の考案や、課題解決に必要な検証、技術開発に意欲を感じる人
・制御系プログラミングやネットワークプログラミングの経験がある人
・開発ベンダーや研究機関と連携しながら、自発的に仕事に取り組める人
・情報発信に積極的な人

◎ こういう方歓迎
・Python/Go、Rubyのいずれかで開発経験がある人
・ネットワークの基礎知識がある人
・OpenFlow(OpenVNet)を使ったことがある人

チームの新着トピックス

募集情報
探している人 研究開発エンジニア
採用形態 中途採用
募集の特徴 特になし
会社情報
設立年月 1971年4月
社員数 6067 人
関連業界 情報通信(基盤/SI/パッケージ)

応援している人(50)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(50)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー(総合受付14F)

Page top icon