1
/
5
Androidエンジニア
中途
6
エントリー
on 2021/01/28 953 views

IoTに興味があるAndroid車載エンジニア募集!

株式会社Mobility Technologies

株式会社Mobility Technologiesのメンバー もっと見る

  • 松島 由紘
    IoT統括部IoT開発部部長

  • ソフトウェアエンジニア

なにをやっているのか

株式会社Mobility Technologiesは、JapanTaxi株式会社と、DeNAのタクシー配車アプリ『MOV』、AIを活用した事故削減サービス『DRIVE CHART』が事業統合して誕生しました。

# プロジェクト概要
「GO」は、「JapanTaxi」と「MOV」が統合して生まれた新しいタクシーアプリで、全国のタクシー車両の約半数である約10万台が配車対象です。(2020年7月29日時点 全国の事業者数及び車両数の推移)

今後は単なるタクシー配車にとどまらず、「希望の日時に呼ぶ」といった「タクシー利用者にも、タクシー事業者にも嬉しい機能」を順次開発、提供していき、
相乗りなどのより複雑なシステムを含めたモビリティプラットフォームを作り上げていきます。

MoTは技術を強みとしていますが、技術そのものを目的とした会社ではありません。技術は課題解決の手段であるため、プロダクトに向き合うことが重要です。
言われたものをそのまま作るのではなく、ユーザーの課題やニーズを理解した上で、より良い体験を追求するための議論をしながら開発を進めていただける方をお待ちしています。

タクシーアプリ「JapanTaxi」と「MOV」をわずか5ヶ月で統合―― 開発責任者が語る、新タクシーアプリ「GO」誕生秘話
https://now.mo-t.com/n/nb27de673a061

「希望の日時に呼ぶ」とは
https://mo-t.force.com/go/s/article/3065?language=ja

# 仕事内容
タクシー配車サービス「GO」の、車載向けAndroidアプリ開発をお任せいたします。
https://go.mo-t.com/

実は『GO』にはGoogle Playで一般公開されていない、秘密のAndroidアプリがいくつかあります。

[タクシー乗務員様向けアプリ]
タクシーに乗車した時、乗務員様が運転席に設置されたタブレットを触っているのをご覧になったことはありませんか?
実は、あのアプリも私たちが作っています。
GOアプリからの注文は、このアプリに届き、お客様がお待ちする場所までの道案内など、乗務員様の日々の業務をサポートします。

[タクシー後部座席タブレットアプリ]
タクシーに乗車すると、目の前で自動的にデジタル広告が流れ出す、そういった経験はありませんか?
あのデジタルサイネージ端末も、Mobility Technologiesが開発しています。
リリースする約4年前までは、タクシー車内の広告は紙が当たり前でしたが、
今では全国のタクシー5万台に設置され、多くの人の目に触れていただくまでになりました。

しかし、弊社は「JapanTaxi」と「MOV」が事業統合した会社です。
そのため、上記のAndroidアプリが旧JapanTaxi、旧MOVの二種類存在するのです!
また、タクシーメーターとの通信があったりKioskアプリ化されているなど、
普通のAndroidアプリとはちょっと趣が異なります。

現在、既存の上記アプリ達を開発、メンテナンスしつつ、
「JapanTaxi, MOVの2つの乗務員様向けアプリを元に、一つの新しい乗務員様向けアプリを開発する」というプロジェクトを進めているところです。

なぜやるのか

「移動で人を幸せに」

かつてみんなと同じであることが良いとされた時代があった。
定時出社、大量輸送、みんなが世の中の形に合わせて生きてきた。
しかし時代は変わりつつあり、ひとりひとりの価値感に合わせて社会が形を変えていく必要がある。

どんな時代もヒトは移動し、モノは移動し、その移動量がわたしたちの豊かさを示してきた。
ヒトの移動、モノの移動。言い換えればそれは人々の暮らしを豊かにする価値の移動。
わたしたちはそれぞれの形に合わせて移動を最適化し、豊かに届けたい。

都市化による交通渋滞、交通事故。過疎化による公共交通の空白地帯。
そんな交通不全な状態も、まだまだ解決されていない。

いつの時代も、移動を進化させてきたのはテクノロジーの力だ。
これまで人類は素材や動力の技術革新で、輸送のスピードと量を向上させてきた。
さらにこれからは、データを活用し、ひとりひとりのニーズに最適化していく必要がある。
そして移動したいヒトやモノ、移動の提供に携わる全てのヒトやモノが、共に安心・安全に移動できる世界を、つくりたい。

目指そう。ストレスのない、もっとやさしい未来を。
移動で人を幸せに。

このミッションに共感し、一緒にチャレンジしてくれる仲間をお待ちしています!

どうやっているのか

事業統合して日が浅いこともありお互いの意見が対立することもあったのですが、
今は「同じ課題に対して別のアプローチを取って乗り越えてきた人たちが集結した面白い環境」だと捉えられるようになってきました。

きっと「統合されたタクシー乗務員様向けアプリ」は、
旧JapanTaxと旧MOVの良いところを合わせた、より良いアプリとなりそうです。

このカオスな状況を一緒に乗り越えて下さる仲間を、絶賛募集中です!

こんなことやります

[開発環境]
IDE:
Android Studio

プログラミング言語:
Kotlin, Java

Android Jetpack:
databinding, hilt, lifecycle, navigation, paging, room, work, constraintlayout, etc.

Android Jetpack以外のライブラリ類:
mockk, Kotlin coroutines, Firebase, Moshi, PermissionsDispatcher, RxJava, OkHttp,
Retrofit, Hyperion, Arrow, Kotpref, Timber, AWS S3, AWSIoT, etc.

CI/CD:
Bitrise, CircleCI

テスト:
espresso, testrail, Spek, JUnit

タスク管理:
backlog, Jira

# 必須の経験/能力
・KotlinとJava言語を使ったAndroidアプリの開発、運用経験
・MVVMなどアーキテクチャパターンを利用した開発経験
・Kotlin coroutines、LiveData、Rxなどによる非同期処理の実装経験
・Gitの利用経験

# 歓迎する経験/能力
・自社、もしくは個人サービス向けのAndroidアプリ開発、運用経験
・GitHubを用いたチーム開発経験
・開発環境で上げたAndroid Jetpack、Android Jetpack以外のライブラリ類を使用した経験
・スクラムなどのアジャイル開発の経験
・CI/CDを活用した環境での開発経験
・BLE/BTによる外部機器との通信機能の開発経験
・キオスク端末向けアプリの開発経験
・決済系アプリの開発経験

# 求める人物像
・モビリティ領域の進化や社会貢献に共感し、技術だけではなくサービスそのものにコミット出来る方
・「広い視野」と「長い視点」と「柔軟性」を持って自ら行動できる方
・継続的に求められるスキル向上に努められる方
・相手を尊重したコミュニケーションを取れる方

会社の注目のストーリー

タクシーアプリ「JapanTaxi」と「MOV」をわずか5ヶ月で統合―― 開発責任者が語る、新タクシーアプリ「GO」誕生秘話
エンジニアにとって魅力しかない、移動の未来へ繋がるアプリ開発の現在地
【後編】MoTのMVVができるまで 〜MoT 4WHEELSに込めた想い〜
エントリー状況は公開されません
11人が応援しています
会社情報
株式会社Mobility Technologiesの会社情報
株式会社Mobility Technologies
  • 2020/04 に設立
  • 360人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー16F 
  • 株式会社Mobility Technologiesの会社情報
    IoTに興味があるAndroid車載エンジニア募集!
    株式会社Mobility Technologies