350万人が利用する会社訪問アプリ

  • アプリケーションエンジニア
  • 27エントリー

居住地に制限なし!本気でグローバルに挑戦したいエンジニアを募集

アプリケーションエンジニア
Mid-career
27エントリー

on 2021/02/18

1,162 views

27人がエントリー中

居住地に制限なし!本気でグローバルに挑戦したいエンジニアを募集

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Use foreign languages
Tokyo
Mid-career
Use foreign languages

Tomohiro Hashidate

2016/7よりRepro inc. CTO パーフェクトRuby, パーフェクトRuby on Rails 著者

Eido Nabeshima

もともとはデザイナーでしたが、現在ではウェブを中心にプログラミングをしています。 現在使っているのは Ruby, Golang, HTML5, CSS3, JavaScript など。 Ruby on Rails, Golang での開発がメインです。 最近はプッシュ通知送信基盤を Golang で実装しました。

Edward Ken Fox

美大で映像を専攻するかたわら、WEB系の技術やスタートアップの世界に魅力を感じ、個人的にWEBサイトを作ったり音楽系のスタートアップに参画したりしていました。大学卒業後は美術系の仕事とスタートアップの二足のわらじを履きながらエンジニアリングを勉強し、徐々に開発の仕事が増えていきました。 現在ReproではフロントエンドやWeb SDKの開発を中心に、アプリケーションの幅広い部分を触っています。

創業期を知るエンジニアが語るReproの未来

Edward Ken Foxさんのストーリー

Repro Inc.のメンバー

2016/7よりRepro inc. CTO パーフェクトRuby, パーフェクトRuby on Rails 著者

なにをやっているのか

Reproは企業と顧客のつながりや関係性を強化するエンゲージメントマーケティングが実行可能なCE(カスタマーエンゲージメント)プラットフォーム「Repro」を提供しています。企業が保有するあらゆるデータを活用し顧客一人ひとりに最適なタイミング、内容、チャネルでのコミュニケーションを可能とします。企業からの不要なコミュニケーションをなくし世の中がより顧客視点のモノやサービスで溢れ、顧客一人ひとりが快適な生活を送ることのできる未来づくりに貢献してまいります。 https://repro.io/ Reproの提供するサービスは、開発組織の高い技術力によって安定的に動作し、仕組みとしてクライアントのマーケティング課題の解決に大きく寄与しています。更にその価値提供を深めるのが、カスタマーサクセス(CS)組織の役割です。ツールを通じて、クライアントの抱える課題を「解決する」という「価値」の提供を、組織全体の連携で実現しています。
社外向けイベントを頻繁に開催するイベントスペース。社内のメンバー同士でゲームをすることも。
ワークスタイルは人それぞれ
世の中のサービスとユーザーが結びつき、最適な体験を実現できる世界を実現
世界中で使われるサービスの成長を支援するやりがい

なにをやっているのか

Reproは企業と顧客のつながりや関係性を強化するエンゲージメントマーケティングが実行可能なCE(カスタマーエンゲージメント)プラットフォーム「Repro」を提供しています。企業が保有するあらゆるデータを活用し顧客一人ひとりに最適なタイミング、内容、チャネルでのコミュニケーションを可能とします。企業からの不要なコミュニケーションをなくし世の中がより顧客視点のモノやサービスで溢れ、顧客一人ひとりが快適な生活を送ることのできる未来づくりに貢献してまいります。 https://repro.io/ Reproの提供するサービスは、開発組織の高い技術力によって安定的に動作し、仕組みとしてクライアントのマーケティング課題の解決に大きく寄与しています。更にその価値提供を深めるのが、カスタマーサクセス(CS)組織の役割です。ツールを通じて、クライアントの抱える課題を「解決する」という「価値」の提供を、組織全体の連携で実現しています。

なぜやるのか

世の中のサービスとユーザーが結びつき、最適な体験を実現できる世界を実現

世界中で使われるサービスの成長を支援するやりがい

我々は、当初のM&A路線からIPO路線へとシフトし、さらなる成長、ひいては世界シェア1位のマーケティングプラットフォームとなるべく、人材採用や研究開発などへ積極的に投資を実行しています。 7年間の経営の中で代表の平田が強く感じたのは、"このままだと日本が暗い国になってしまうのではないか"ということです。才能ある若い人材が夢や目標を語れなかったり、社会に出ることを危ないことだと考えていたりと。これから人口も減りGDPも減少する中で、数少ない成長産業であるIT領域から外貨をしっかり獲得できるサービスを出せないと、日本の未来はもっと暗くなってしまうのではないかと危惧しています。 そのため、IT領域でグローバルでも通用するサービスを生みだすという、決して簡単ではない目標を掲げ、達成させることでチャレンジすることの面白さ・かっこよさを世の中に示していきたい。その結果、世の中全体でチャレンジする人が増え、日本をエンパワーメントできるのではないかと考えています。

どうやっているのか

社外向けイベントを頻繁に開催するイベントスペース。社内のメンバー同士でゲームをすることも。

ワークスタイルは人それぞれ

◆我々はマーケティングソリューションカンパニーである。 クライアントの「成功」に対してどの会社よりもコミットし、結果を出すことにこだわります。その分仕事は厳しいですが、結果が出ていてクライアントが満足していれば、働く時間や働く場所は自由です。厳しさと自由さが両立された組織です。 Reproの提供するサービスは、開発組織の高い技術力によって安定的に動作し、仕組みとしてクライアントのマーケティング課題の解決に大きく寄与しています。更にその価値提供を深めるのが、カスタマーサクセス(CS)組織の役割です。ツールを通じて、クライアントの抱える課題を「解決する」という「価値」の提供を、組織全体の連携で実現しています。 ◆Reproという組織を通じて多くの「前例」を作っていく Reproという組織では、何かの領域で前例を作っていただける方を強く求めています。日本は、前例ができると、どんどん後続が育っていく傾向があります。スポーツ界を例に見ても、今や多くの日本人が世界のプロリーグで戦えているのは、野茂英雄や中田英寿が先陣を切って海外で活躍したからこそ。ビジネスも同じく、この“前例主義”をうまく活用していきたい。Reproが日本企業として世界シェアを獲得した前例になれば、世界を目指す若者が続いてくれるはずです。 我々の掲げる目標に対して、実態はまだ未整備なところも多く、解くべき課題が無数に存在しています。この課題解決に向き合うことが、前例をつくる最初の1歩になると我々は考えています。

こんなことやります

Reproでは、地方でも都内でも居住地に関係なく、フルリモートで働くことも選択できるメンバーの採用募集を行っています。 【地方採用の背景】 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い多くの企業がリモートワーク体制に移行しています。 東京・代々木にオフィスを構えるReproでもフルリモートワークを推奨しています。 体制移行の困難さの一方で、社員のほとんどがリモートワーク体制になったことで、「首都圏でしか働けない」という場所の制限がなくなりました。 これまで居住地の問題で活躍の場を制限されていた優秀なエンジニアを対象に、フルリモートワークで勤務いただくメンバーを募集します。 【仕事概要】 Reproはグローバル市場で最も活用されるウェブ・モバイルアプリ向けの成長支援サービスを目指して挑戦を続けています。 その実現に向けて、マーケターにとって真に価値のあるプロダクトを開発することがApplication Engineerのミッションです。 技術的には、大規模トラフィック・大規模データを扱いながら、B2B SaaSとしての品質が求められるシステムを設計・実装する能力が求められます。 <専門性を持ったメンバーとともに大規模スクラムで開発> Reproでは大規模スクラム(Large Scale Scrum, LeSS)を導入しています。バックエンドやフロントエンド、そしてネイティブアプリ開発などの技術スタック・コンポーネント単位でチームを分けるのではなく、それぞれの技術スタックを持つメンバーが機能開発チームとして集まり、ビジネス課題の把握や仕様の詳細化から各コンポーネントの開発、そして機能のリリースまでをすべて担当します。 Application Engineerもこの機能開発チームの一員として、様々な専門性を持つチームメンバーや、チーム外のステークホルダーとコミュニケーションしながら、プロダクト開発に従事していきます。 【業務内容】 スクラムの機能開発チームの中で、Webアプリケーションに関する専門性を発揮しながら機能開発を行います。 ・Ruby on Railsなどのフレームワークを用いたWebアプリケーション開発 ・マーケティングキャンペーン用API、外部連携用APIなどのAPI開発 ・Kafka Streamを用いたストリーム処理アプリケーションの開発 ・開発に利用するフレームワークやライブラリのソースコードを調べて問題を解決。解決した問題は OSS のコミュニティに還元 また、機能開発チームの一員として、より良いプロダクトを高い生産性で届けるための活動も行います。 ・社内外のステークホルダーからフィードバックを受けるための能動的なコミュニケーション ・開発プロセスやプロダクトを継続的に改善するための振り返りとトライ ・Go言語やJVM言語、MobileおよびWeb用SDK開発などを必要に応じて学び、スキルの幅を広げてチームの生産性向上に貢献 【必須スキル】 ・Ruby, Go, Javaなどを用いたWebアプリケーションの開発経験 ・SQLおよびリレーショナルデータベースを利用した開発経験 ・NoSQLまたはKey-Valueデータストアを利用した開発経験 ・Queueing Serviceを利用した非同期システムの開発経験 ・大規模データを扱うシステムの開発経験 【歓迎スキル】 ・アドテクやMAなどのマーケティング関連サービスの開発、または運用経験 ・パブリッククラウド(AWSもしくはGCP)を利用した開発経験。特にCDNを利用した開発経験 ・Apache HadoopやKafkaなどの分散処理ミドルウェアを用いたスケーラブルなシステムの設計・構築およびプロダクションでの運用経験 ・マイクロサービスアーキテクチャや認証/認可に関わる経験 ・業務要件やユースケースなどをもとに対象のビジネス領域やコンテキストへの理解を深め、適切に業務モデリングを行いながらシステム設計に落とし込む経験 ・要件をヒアリングしたり開発スコープについて合意形成するなど、ステークホルダーと直接コミュニケーションしてプロダクトの仕様策定に関わった経験 ・スクラムまたはそれに類する開発体制を通じて、開発プロセスやプロダクトの改善を行った経験 【求める人物像】 ・様々なバックグラウンドを持つメンバーとプロアクティブにコミュニケーションが取るのが好き ・データドリブンな意思決定のための準備をいとわない ・やるならプロダクトに熱狂し、本気で勝ちたい
1人がこの募集を応援しています

1人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2014/04に設立

150人のメンバー

  • Funded more than $1,000,000/

東京都渋谷区代々木1-36-4 全理連ビル4階