1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
プログラマ
1
エントリー
on 2021/04/14 117 views

プログラマ大募集開始!!要件と成果物以外のアプローチは全てお任せします。

オーシャン・アンド・パートナーズ株式会社

オーシャン・アンド・パートナーズ株式会社のメンバー もっと見る

  • こんにちは。星野リゾートの星野佳路さんのような、遊んで経営できる経営者(?)を目指す経営者、オーシャンの代表の谷尾です。

    私たちのチームではITを使いこなした提案を生業としておりまして、コンピューター産業の隅から隅まで見て参りましたが、顕著に見受けるのは、発注側の企業が高い費用を投じて苦労して手に入れたシステムの満足度が皆さん決して高く無いということです。それは木を見て森を見なかった結果ですが、開発会社は「お客さんの指示通り作ったんですよ」と責任逃れをする場合もあります。そういう事例をヤマほど見て参りました。

    そんな私の根本にあるのは常に顧客が主体。メーカーが売りたい製品やサービスが...

  • SE(システムエンジニア)として設計、プログラミングを中心に技術を磨いてきました。
    現在は積極的に顧客への提案など案件になる前の段階から携わりながら、顧客の実際の悩みや課題を解決できるシステムを開発できるエンジニアを目指しています。

  • 坂根秀和
    Webプロデューサー

  • 野田佳代
    システムエンジニア

なにをやっているのか

  • 対談取材中
  • お客様先で

私たちの仕事はIT専門のコンサルティングです。分野は2つ。更新期限を迎える基幹システムのリニューアルと、デジタル変革の支援プログラム。長きにわたって上場企業から中小企業までの仕組みを作り替えてきました。コンサルティングを行うことは、一般のコンサルタントのイメージとは違います。理屈だけでは許されません。実際にシステムを動かして成果や実績を示さなければ存在価値を否定されるのです。お客様の業種業態は問わず、ITにかかわるあらゆる分野の課題に対応します。逆に言えば産業を絞らないほうが常識にとらわれない有益な提案ができます。
ITやデジタル技術に関するS.W.A.T集団(Special Weapons And Tactics)を名乗り、その名に恥じることがないように日々活動を営んでいます。

なぜやるのか

  • エンジニア向けイベント風景
  • プレゼン中

かつてコンピュータは電子計算機と呼ばれていた時代があり、このときシステムに要する費用は「コスト」として扱われていました。しかし今違います。企業の未来の成長のために欠かせない経営資源です。

これは人材を採用したり育成することを考えると分かりやすいのですが、今成長しているほとんどの企業が人材に費やす機会を投資と捉えていますね。逆に人材をコストと考える企業は、人を大事にしなかったり、リストラに走りがちですが、そういうところはあまり伸びていません。

ITに関しても今や企業のありとあらゆるところに存在するようになってきて、日々の仕事とほぼ一体化してきています。朝会社に来て帰るまでにどれだけの時間をパソコンと向き合っているかというと、結構な時間向き合っているはずです。もはやそんな時代ですので、その会社がもっているITの強さは、その会社が提供できる品質や価値と強い相関関係があります。

ですので企業のマネジメントの立場の方はITに真正面から向き合わざるを得なくなってきており「良く分からないから任せる」では通じなくなってきました。なぜなら会社にブラックボックスが生まれるからです。そうすると例えば新しいITに5000万投資する場合でも、その8割の4000万円はブラックボックスの究明に費やされて、新しいところには1000万しかかけられません。このようなことが日本の全国津々浦々で起こっています。

このような状況では、その会社の経営者も従業員も取引先も幸せにはなれません。
つまりITは人材採用や育成と同じくらい重要な投資なのです。これを会社のマネジメントの方々に伝えるのが私たちの最初のミッションとなります。

その次の課題もあります。IT調達に関するノウハウや、組織に導入していくというノウハウは充分確立されていません。人材採用や育成に関しては世の中にたくさんノウハウがあるに関わらずです。IT分野はテクノロジーは日進月歩ですが、組織にどう活かしていくかという知見についてはコストとして扱われていた時代からたいして進歩していないんですね。

そこで企業のマネジメントの方々にそのようなことを分かりやすくお伝え、意思決定を補佐することが必要になります。このような社会の要求に応えるのが私たちのミッションです。

どうやっているのか

  • 当社メンバー技術発表中
  • 当社メンバー技術発表会風景

私たちのチームには多様な能力特性の人物が集まっています。
ヒューマン分野では、抽象思考、メタ思考、ヒアリングが得意、業務理解が早い、とか。
テクニカル分野では、インフラ、ネットワーク、各アプリ言語、セキュリティ対策、U/Iデザイン系など。あとは案件テーマに応じてチームを組んで仕事にあたります。

原則として他社との分業や再委託はせずに当社ワンチームで全部やりきります。なお私たちはプロダクトを持っていないので統合的な立場で采配するケースはあります。

お客様は中小企業から上場企業まで幅広いです。難しいテーマを扱うことが多いため、お客様との互恵関係を大事にしています。直接の対話や時には腹を割ることが、難しい課題を解く鍵になるためです。下請けとしての仕事はしません。全てお客様との直接契約です。したがって常駐とは無縁で、創業以来ずっとリモートワークスタイルです。

あと対比でご説明していきますと、まず一般的なコンサルティング会社との違いは「システムを動かしてなんぼ!」なことです。システムプロジェクトやソフトウェア開発など、実際に仕組みを完成させて、組織に導入するという実践スタイルから発祥したコンサルティングスタイルなので自ずとこうなります。あと一般的なシステム会社とも違います。やること、しないことでまとめるとこんな感じです。

【やること】
・お客様ファースト(神様扱いするではなく、表のニーズ、裏のニーズしっかり掴むこと。判断を迷ったときは「それはお客様の為になるか」で考えること)
・いと難しきことを、いと易しく伝える(小学生が理解できることが基準)
・良く無いことでも包み隠さず(善管注意義務もありますし)
・そもそもwhyをお客様に問い続ける
・お客様が霧中にいて、もやもやしている状態でも始めることができる
・提案だけではなくて実施もやる
・互恵関係を深めるためのちょっとしたインフォーマルな交流

【しないこと】
・膨大なるドキュメント作成
・お客様のスキルやリソースを言い訳にすること
・途中で投げること(ここから先はお客様次第、というのも同様)
・テンプレート提案や対応
・お客様への迎合
・常駐作業

あとシステム開発体制側としてしないことは
・無駄な会議
・オフィスへの出社
・メンバーの勤務時間の管理(納期と品質さえしっかりすれば後は何やっていても良いです)

ということで管理のための管理とは無縁。プロフェッショナルとしてお互いに尊重しながら仕事をします。ある意味厳しい世界なのかも知れませんが。また属人的といえな属人的かも知れません。それで良いと思っています。これが私たちのスタイルです。

こんなことやります

■募集職種■
アーキテクト、システムエンジニア、プログラマー。
オーシャンのメンバーとして一緒にやりたい人を募集します。
まずは、本人が興味を持つ分野の短納期小規模案件を担当していただきます。具体的な業務内容としては、システム設計やプログラミングがあります。雇用形態も多様です。正社員をはじめ、フリーランス契約、社会人週末副業、フリータイムで仕事をアサインします。

■今後のキャリア■
実案件を通じ当社のリソースを活用し、プログラミングの研鑽を積めます。顧客直契約で案件を進めるため、主体的に本人が描いたシステムデザインを実現していただく支援を惜しみません。

■仕事の醍醐味■
当社の業務でが現実に体当たりして最大限の能力を引き出し顧客と苦労を共にします。顧客企業と直接関わると、複雑に絡み合った課題を発見することができます。多様な要素を1つひとつ分解し解いていく喜びを発掘できるのです。レポートを出して終わってしまうコンサルティング会社が多い中、私たちは実施を行い成果が出るまでとことん突き詰めるので、顧客から感謝の言葉を頂く機会もたくさんあります。

■勤務スタイル
創業以来完全フルリモートです。定期出社無し。納期と品質さえしっかりすれば、いつ仕事をしても何をしていても不問。勤怠管理や日々の進捗管理などはしません。徹底した自己管理をお願いしています。正社員が20人以上になるまでは、管理のための管理はせず、このスタイルでやります。

■求める人物像■
・難解なことを平易な言葉で伝えることができる方
・理不尽な状況も客観的に解決できる方
・困難な状況、良く無い状況も客観的に報告できる方
・勝負にこだわる方

■歓迎するスキル■
・得意な技術分野をひとつ極めている方
・極め分野外の技術分野も取り込んでいくという柔軟性
・好奇心の塊
・仁義と感謝を重んじるスタンス

当社の環境であなたがどんなことをしてみたいか、まずはお話してみませんか?
是非お気軽に「話を聞きにいきたい」ボタンよりエントリーしてください!

会社の注目のストーリー

チームの価値観について
【タイムトリップ】オーシャンBBQ大会の様子
技術音痴な自分がデジタルS.W.A.T集団を作るまで
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
オーシャン・アンド・パートナーズ株式会社
  • 2007/07 に設立
  • 10人のメンバー
  • 東京都中央区京橋1丁目1−5 セントラルビル2F
  • プログラマ大募集開始!!要件と成果物以外のアプローチは全てお任せします。
    オーシャン・アンド・パートナーズ株式会社