Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

漁撈機械(漁船などでの作業を手助けする機械)の修理・製作

アサヤ株式会社

アサヤ株式会社のメンバー

全員みる(1)
  • こんにちは。アサヤ株式会社で専務取締役を勤めております、廣野一誠と申します。アサヤは三陸全域を商圏とする1850年創業の漁具屋で、現社長の父・廣野浩が6代目、私が7代目に当たります。

    三陸地方にとって、漁業は欠かすことの出来ない基幹産業です。漁業家を取り巻く環境は厳しさを増すばかりですが、どんな苦境に置かれようとも、私たちは決して最後まで諦めずに三陸の漁業を守ります。「三陸の漁業家にとっての真のパートナー」、それが私たちの目指す姿です。是非、一緒に三陸の漁業に貢献していきましょう。

なにをやっているのか

  • Ff59491d 54d0 447f 9c4e 079f3de72257
  • Acfea306 e008 4d93 96b5 18dc539692d2

アサヤは1850年創業の漁具屋で、三陸全域を商圏としています。代々、「漁民の利益につながる、よい漁具を」の理念を守り、漁業家の役に立つ資材や機械を提供してきました。

アサヤの歴史は、三陸の漁業への貢献の歴史です。釣糸を作るための麻の買い付けから始まった商売は、時代とともに釣針、ロープ、網、カゴ、樹脂製品、機械と遷り変わってきましたが、本質は創業以来一貫して変わりません。漁業家の話を親身になって聞き、どうすれば役に立てるかを真剣に考える。様々な関係者を巻込み、漁業家のために一所懸命に行動する。漁業家に貢献して喜んでもらえれば、仕事に張り合いが出てさらにのめり込める。三陸の漁業に貢献することこそが、アサヤの仕事の本質なのです。

漁業家を取り巻く環境がどれだけ厳しくなっても、アサヤはこの姿勢を貫き通します。たとえ、他の業者が諦めたとしても、アサヤだけは最後まで諦めずに、三陸の漁業を守ります。三陸の漁業家にとっての真のパートナー、それがアサヤの目指す姿です。

なぜやるのか

  • 4934bbb0 c1b8 417c b5a1 c5fb35d5f3e6
  • 16bcbb40 8b8b 49a1 965c 91b9ce67f519

アサヤは2015年に創業165年を迎えました。今後もお客様に価値を届け続けることが出来たのなら、2050年には創業200年を迎えることができます。そして、次の世代、その次の世代とバトンを引き継いでいくことが出来れば、2150年には創業300年を迎えることができるでしょう。

そのためには、お客様と社員に加えて、もう一つ大事にすべき存在があります。それは地域です。近江商人の「三方よし」という言葉の通り、「売り手よし、買い手よし、世間よし」のバランスを取ることで、会社は永く継続していくことができます。

では、アサヤが地域に対してできる貢献とは何でしょうか。最も大切なのは社員の日々の行動です。近所の人達に気持ちのよい挨拶をする。草刈りや雪かきなどを進んで行う。地域の行事のお手伝いをする。子ども達やお年寄りの面倒を見る。地域の模範となるような行動が一番の地域貢献なのです。

その積み重ねの結果として、アサヤの人はとても立派だ、アサヤの人に頼めば間違いない、アサヤの言うことなら信頼できる、自分の子供もアサヤで働かせたい、アサヤの活動を応援したい、といった信頼を獲得することは、次の世代に引き継ぐことができる無形の財産となるでしょう。

社員が楽しく働き、お客様に喜ばれ、地域にも貢献する。アサヤはそんな「三方よし」の企業であり続けることを目指します。

どうやっているのか

  • 81801c91 c1b7 45c4 8a02 6d0c61d85a85
  • 01537ddb 3988 4c8b 8644 d9fc5026fc99

アサヤにとって最も重要な資産は社員です。アサヤが商売を続けられるのは、お客様に一所懸命に貢献しようと頑張る社員がいるからです。アサヤの仕事の主役は社員なのです。

社員が主役であるならば、社員が仕事を通じて最も輝かなくてはなりません。仕事は人生の大半を費やす活動です。ただ単に自分の時間を切り売りして給与と交換する、そんな食い扶持を稼ぐだけの寂しい仕事では、貴重な人生を費やすだけの価値がありません。仕事をすること自体が楽しくて、仕事をすることで人生が充実する。アサヤはそんな仕事を提供できる会社を目指します。

では、楽しさと充実感のある仕事には何が必要でしょうか。

第一に、自分が取り組む仕事を「好き」であることです。仕事が好きであれば、仕事をすること自体が楽しいし、創意工夫が働くので良い結果が出るし、一所懸命に学ぶので成長します。

第二に、仕事で自分の「得意」なことが活かせることです。得意なことが活かせれば、人より苦労せずに結果が出せるし、お客様に喜んでもらえて嬉しいし、仕事をさらに好きになります。

第三に、自分で考えて行動できる「裁量」があることです。言われた通りに仕事をするだけでは楽しさも充実感もありません。どうすればもっと喜んでもらえるか、どうすればもっと楽になるか、常に考えながら新しい工夫を積み重ねることが大切です。

第四に、自分の仕事が「評価」されることです。誰にも喜んでもらえない仕事には楽しさも充実感もありません。相手の期待をきちんと知り、期待を満たせるように改善を積み重ね、心から相手に喜ばれる仕事をすることが大切です。

そんな楽しさと充実感のある仕事を通じて、アサヤはより多くのお客様に価値を届け、より多くの対価を受け取り、社員の生活をより豊かにすることを目指します。会社の規模を大きくしたり、多くの利益を残したりするよりも、皆で力を合わせて頑張って、頑張った分だけ報われる会社でありたいのです。会社一丸となって、夢と希望を共有して、全力で邁進する。アサヤはそんな活力のある会社を目指します。

こんなことやります

マグロ延縄船で魚を船の上に引っ張り上げるための機械、養殖所でカキやホタテを洗浄するための機械など、漁業では様々な機械が使われています。これらの機械を漁撈機械(ぎょろうきかい)と呼びますが、使っているうちにサビが付いたり故障したりするので、定期的な分解修理・メンテナンスを担っています。自動車などの機械いじりが好きな人、モノの仕組みを知るのが好きな人に向いている職種です。

募集情報
探している人 漁撈機械の修理・製作
採用形態 新卒採用 / 中途採用
会社情報
創業者 廣野 太兵衛
社員数 76人のメンバー
関連業界 流通・小売 / 商社・卸売 / 食品・飲料・農林水産

応援している人(7)

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(7)

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

宮城県気仙沼市松川前13-1

Page top icon